下町ロケット 半沢直樹に関するニュース

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

作家・池井戸潤さんの「下町ロケット」プロジェクト始動 朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)はTBSテレビ、小学館とともに「下町ロケット」プロジェクトに取り組みます。「半沢直樹」シリーズで知られる人気作家、池井戸潤さんの作品「下町ロケット」の続編「下町ロケット2 ガウディ計画」(以下「下町ロケット2」)を朝日新聞で連載し、小学館が単行本を出版、TBSがドラ [全文を読む]

阿部寛インタビュー「プラス思考ばっかりだと良くない。むしろマイナスを学ぶべき」

Woman Insight / 2015年10月17日11時00分

TBS日曜劇場枠で、10月18日より、池井戸潤氏原作の“すべての働く人たちに向けた感動のエンターテイメント巨編”『下町ロケット』が放送スタート! 主演を務める阿部寛さんにインタビューを行ないました。阿部さんが考える、「下町の雑草魂」やドラマに対する思い。そして、俳優・阿部寛を前編・後編にてお届けします。 今回は、ドラマと阿部さん演じる佃航平について語ってい [全文を読む]

下町ロケットの続編決定!?「半沢直樹の二の舞に…」関係者が懸念

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日16時00分

阿部寛(51)主演の連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)最終回が、今年放送された連ドラでは最高値となる22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美を飾った。そして番組打ち上げでは、早くも番組プロデューサーが続編の制作を示唆するコメントを出すというお祭りムード。だが、過去にTBSは同様のパターンから“大失態”を犯していたという。 半 [全文を読む]

『小さな巨人』 「倍返し」級の流行語を生み出せるか?

NEWSポストセブン / 2017年05月31日07時00分

観れば「日曜劇場」のヒット作『半沢直樹』『下町ロケット』などを意識しているのが、よくわかる。中でも際立つのが、3つのポイントだ。 第一のポイントは、異業種陣VS俳優陣の対決構造。前半の「芝署編」では、誘拐の被害者で裏の顔を持つ大手企業のトップに桂文枝。その企業の顧問弁護士に堀尾正明、捜査情報を漏らすばかりか、証拠隠滅まで謀る“裏切り者”署長に春風亭昇太、「 [全文を読む]

脚本とキャスティングの勝利!?『下町ロケット』の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2016年02月08日14時55分

2015秋ドラマ、もっとも話題になった作品といえば、やはり『下町ロケット』ではないでしょうか。秋ドラマだけではなく2015年の最高ドラマのひとつと言っても過言ではないかもしれません。 池井戸作品にはずれなし!『半沢直樹』の原作『オレたちバブル入行組』がもっとも有名と思われがちな池井戸潤氏の作品ですが、もしも一作だけ代表作をあげるとしたら、この作品『下町ロケ [全文を読む]

敵役「小泉孝太郎」を生んだ父・純一郎の辛口

WEB女性自身 / 2015年12月16日06時00分

絶好調のドラマ『下町ロケット』は20日が最終回。後半の「ガウディ計画編」で、主人公・佃航平の最強の敵、サヤマ製作所社長・椎名直之を演じるのは、小泉孝太郎(37歳)である。 3・11をきっかけに原発ゼロを唱え、「文藝春秋」2016年1月号のインタビューでは「安倍総理は全部強引」と吠えた小泉純一郎元首相(73歳)の長男が、TBSで脚光を浴びている。 「『下町ロ [全文を読む]

SMAP・香取慎吾、演技は大コケ続き!? 『ギャラクシー街道』酷評もドラマ決定の重圧

サイゾーウーマン / 2015年11月14日09時00分

さらに今作の放送枠は現在、阿部寛主演の『下町ロケット』が、第3話で18.6%を記録するなど好調な日曜劇場。『下町ロケット』は『半沢直樹』が大ヒットした作家・池井戸潤氏の作品で、最終話まで高数字をキープするとみられており、次枠のスタッフ・キャストもプレッシャーを感じることでしょう。13年には同じくSMAP・木村拓哉の『安堂ロイド~A.I. knows LOV [全文を読む]

エクスペンダブルズかよ!TBS系ドラマ『下町ロケット』吉川晃司、ピーター、春風亭昇太ら個性派キャストが大量投入されすぎてスゴい

AOLニュース / 2015年10月19日12時00分

10月18日に放送を開始したTBS系の新ドラマ『下町ロケット』に、歌手・吉川晃司をはじめとする実に意外な個性派キャストが多数出演。その怪演ぶりが早くも話題となっている。 まず注目を集めたのは、阿部寛演じる佃製作所が経営する中小企業・佃工業と対極にある巨大企業・帝国重工で宇宙航空部部長をつとめる財前道生役の吉川晃司。社長からの命で純国産ロケット開発計画を推進 [全文を読む]

ドラマ『小さな巨人』 に見る、組織内派閥抗争の行方

HANJO HANJO / 2017年05月28日15時27分

ドラマ自体はオリジナルだが、『半沢直樹』や『下町ロケット』といった池井戸潤の原作小説のテイストは『小さな巨人』にも受け継がれており、警察版『半沢直樹』とでも言うような話となっている。 本作における警察組織は魑魅魍魎が集う伏魔殿だ。何度も繰り返される「敵は味方のフリをする」という台詞は、「クレタ人はみな嘘つきだ」というエピメニデスのパラドックスを思わせる言葉 [全文を読む]

『小さな巨人』13%台止まりにTBSあぜん!? 豪華キャスト&スタッフもヒットしない2つの理由

サイゾーウーマン / 2017年05月28日12時00分

伊與田氏といえば『半沢直樹』や『下町ロケット』など、“TBS日9枠”のドラマを大ヒットに導いた敏腕プロデューサー。TBS的には、ひとつの木村拓哉主演ドラマ『A LIFE ~愛しき人~』よりも『小さな巨人』に力を入れていたといい、放送前にJR東日本とコラボ商品を発売するなど、積極的にPRを行っていました。しかし視聴率は13%台止まりで、放送前に期待されていた [全文を読む]

気分スカッ!「小さな巨人」後半に控える視聴率UP作戦

アサジョ / 2017年05月21日10時15分

これは『半沢直樹』『下町ロケット』でも採り入れられた手法で、これまで見ていなかった人、前半で見るのをやめた人も取り込んで、視聴率アップを狙っています」(前出・芸能ライター)「半沢直樹」と「下町ロケット」の“いいとこ取り”で、「小さな巨人」は「半沢直樹」の最終回視聴率42.2%に近づくことができるのか。(伊藤その子) [全文を読む]

「下町ロケット」の影響でドラマの「二段階ロケット方式」が定着する!?

アサ芸プラス / 2015年11月18日09時58分

11月15日、ドラマ「下町ロケット」の第5回が放送された。「世界野球プレミア12」の延長でスタートが当初予定の21時30分から1時間5分遅れたものの、平均視聴率はこれまでで最高の20.2%を記録。人気の高さを裏付ける結果となった。「野球で日本が劇的なサヨナラ勝ちという最高の結果だったことも奏功しました。そのまま視聴者を引き込めましたからね。それと、この回は [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

『銀翼のイカロス』は、『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞した池井戸潤の人気小説で、堺雅人主演でドラマ化されて 大ヒットした『半沢直樹』シリーズの最新作(第4弾)となります。逆境にさらされるバブル入行組の男たちの意地と挑戦が 鮮やかに描かれ、「やられたら倍返し!」の精神を持つ半沢の痛快な戦いっぷりが大人気となっています。最新作(第4弾)では、 国営航 [全文を読む]

傑作『小さな巨人』が極めた超単純=王道…『半沢直樹』感丸出しで『A LIFE』超え確実

Business Journal / 2017年04月17日06時00分

これまで『半沢直樹』『下町ロケット』をはじめ数多くのヒット作を生んできた、TBS系日曜夜9時台の連続テレビドラマ枠『日曜劇場』。その今クール作『小さな巨人』第1話が16日、放送された。 主人公の香坂真一郎(長谷川博己)は警視庁の花形部署、捜査第一課に所属し出世コースをひた走る優秀な刑事だったが、酒を飲んだ状態で職務質問をするという失態をおかし、所轄の芝署に [全文を読む]

ドラマ『下町ロケット』ヒットの理由、実は…。小泉、今田は来年結婚も?

週プレNEWS / 2015年12月20日06時00分

視聴率も好調で、またまた池井戸潤原作のドラマ化が話題となった『下町ロケット』(TBS系)がついに20日、最終回を迎える。 “最強の占い師”ゲッターズ飯田氏が『週刊プレイボーイ』本誌連載中のコラムで旬の話題を取り上げる「ゲッターズ飯田の占い放浪記」で占ったところによると…。 * * * ドラマ『下町ロケット』(TBS系)が人気ですね。あまりドラマを見ることが [全文を読む]

『下町ロケット』人気を支える“理系女子” 土屋太鳳と朝倉あきのポジションを読む

リアルサウンド / 2015年12月13日07時10分

現在TBSの日曜劇場で放送されている『下町ロケット』の勢いが止まらない。第1部の最終話であった第5話で、今年の民放連続ドラマとしては唯一の20%超えを記録し、先週放送された第8話もまた20%を超えたのだ。大ヒットとなった『半沢直樹』から続く、この枠での池井戸原作の快進撃は言うまでもなく、またしても福澤克雄が演出ということもあり、いくら期待をかけてもその何倍 [全文を読む]

バカリズムの登場で「下町ロケット」は並のドラマに成り下がる!?

アサ芸プラス / 2015年11月30日09時58分

ドラマ「下町ロケット」(TBS系)に、人気お笑い芸人・バカリズム升野英知の出演が決定。主人公の阿部寛が社長を務める佃製作所のライバル会社に勤務する社員の役を務める。 当のバカリズムは、「最後は主演の阿部さんを食うぐらいの勢いで横田(役名)がかっさらっていきます」とコメント。テレビ誌のライターはバカリズムのコメントが現実のものになる可能性を口にする。「最近は [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

2015年10月クールの連続ドラマの中で最も注目を浴びている作品といえば、やはり『下町ロケット』(TBS系)になるだろう。原作はご存じ、池井戸潤。『半沢直樹』(同)の大ヒットは記憶に新しいが、ここ最近の地上波だけでも『七つの会議』(NHK総合)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)、『ようこそ、わが家へ』(フジテレ [全文を読む]

「下町ロケット」は理系プロデューサーが作る“理系☓文系”のハイブリッドドラマ【前編】

Smartザテレビジョン / 2015年11月21日00時37分

ロケット打ち上げ成功! 日曜劇場「下町ロケット」(TBS系)が、11/15に放送された第5話で、ついに視聴率20.2%(関東地区)を記録した。放送当日は「世界野球WBSCプレミア12」の生中継延長によって、通常より95分も放送開始が遅れたにも関わらずの大台突破。最後の場面で主人公・佃航平(阿部寛)たちの技術を採用した純国産ロケットが打ち上げられ、感動を呼ん [全文を読む]

宇宙工学がないのになぜ慶應...『下町ロケット』の“慶應推し“にツッコミ殺到! 半沢直樹=堺雅人が理由を暴露

リテラ / 2015年11月17日13時00分

視聴者のドラマ離れが指摘されて久しい昨今だが、『下町ロケット』(TBS)の勢いが止まらない。15日放送の第5話で前半「ロケット編」が完結したが、視聴率はついに20%を越えた。 阿部寛演じる佃航平が社長を務める佃製作所が部品提供したロケットは無事打ち上げ成功し、物語は大団円。視聴者の感動を呼んだわけだが、その一方、あるシーンに「?」の声が殺到している。 それ [全文を読む]

フォーカス