主演ドラマ 反町隆史に関するニュース

反町隆史はやっぱりカッコいい! 『相棒』好演で再評価、ファッションショーでは大きな歓声が

messy / 2017年03月22日18時30分

その後は主演ドラマが途切れなかったが、2007年の『ドリーム☆アゲイン』(日本テレビ系)、2008年の『ロト6で3億2千万円当てた男』(テレビ朝日系)、2011年の『グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~』(フジテレビ系)など、一時は主演ドラマがどれも低視聴率に終わってしまい、低視聴率俳優の汚名がついてしまった。「カッコイイ男」以外の役柄に幅を広げたも [全文を読む]

10月新ドラマ 菅野美穂単独主演は松嶋菜々子サイドの意向大

NEWSポストセブン / 2016年09月10日16時00分

「昨年8月の出産でしばらく仕事から遠ざかっていたうえに、4年ぶりの主演ドラマですからね。しかも共演者が松嶋菜々子さん(42才)。新人のような緊張ぶりで、子役の女の子にも“よろしくお願いします”と、敬語で挨拶していました」(ドラマ関係者) 舞台はとあるタワーマンション。菅野演じる主人公、専業主婦の亜紀は、夫(田中直樹、45才)と2人の子供たちと家族4人でこ [全文を読む]

湘南乃風の新曲「ロード」が反町隆史主演ドラマ主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年01月13日19時00分

■ドラマ『限界集落株式会社』 公式サイト http://www.nhk.or.jp/dodra/genkai/ [全文を読む]

山下智久、主演ドラマが低視聴率で打ち切りの可能性も!

サイゾーウーマン / 2012年02月12日08時00分

昨年、NEWSを脱退した山下智久のソロ活動初となる主演ドラマ『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』(TBS系)。2月2日に放送された第4話の視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、9日の第5話が9.8%と連続で一桁台に陥り、最悪の場合、放送が第7~8話で終了される可能性も出ているという。(画像はこちら) AKB48前田敦子、反町 [全文を読む]

仲間由紀恵“仕事セーブ”の陰にあった「37歳の本気妊活」

WEB女性自身 / 2017年04月14日12時00分

1月にはWOWOWで主演ドラマ『楽園』が放送され話題を呼んだが4月からは休む間もなく『貴族探偵』に登場。まさに、ひっぱりダコの人気だ。 「14年に俳優・田中哲司さん(51)と結婚すると、翌年には故・森光子さんの看板舞台『放浪記』の主役を引き継ぎました。とにかく本人が仕事を大好きで、多い年には年に3クールも連続ドラマに出ていたことがありました。結婚後もずっと [全文を読む]

反町隆史への“三行半”は近い?卒業キャストに頼る『相棒』の危機

デイリーニュースオンライン / 2017年02月11日07時05分

2月8日に放送された『相棒season15』(テレビ朝日系)の第14話の視聴率が14.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)を記録、今期ドラマの視聴率戦線でトップを走る、木村拓哉(44)主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の同週放送視聴率の13.9%を越え、話題になっている。 テレビ朝日の刑事ドラマとして、長きにわたり放送されている『相 [全文を読む]

水谷豊が反町隆史の軽薄演技に嫌気?「相棒」最低視聴率で聞こえる不協和音

アサ芸プラス / 2016年11月10日15時05分

高視聴率を誇る水谷豊主演ドラマ「相棒シーズン15」(テレビ朝日系)の第5話が11月9日放送され、平均視聴率が13.6%だったと発表された。前回比1.7ポイントのダウンで、今シーズンの最低記録となってしまった。つまり“相棒落ち”した視聴者が増えたということだ。 テレビ誌のライターは「深刻な状況が起きている」という。「以前は、ネット上で放送を観ながら感想を言い [全文を読む]

「家政婦のミタ」から35%も下落!松嶋菜々子、主演ドラマ爆死でリストラの危機

アサ芸プラス / 2016年08月22日17時59分

松嶋といえば主演ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で視聴率40%を記録していたにもかかわらず、現在はそこから35%も視聴率が下がるという非常に厳しい状態となっています」(テレビ誌記者)「吉良奈津子」は、産後に職場復帰した主人公が、仕事と家庭を両立させるために奮闘する姿が描かれている。しかし、ベビーシッターと夫による不貞要素が女性視聴者から批判されており [全文を読む]

周囲の期待が総崩れ?松嶋菜々子の3年ぶり主演ドラマ”絶不調”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年08月04日10時05分

7月28日に放送された、女優の松嶋菜々子(42)が主演をつとめるドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)の第2話の視聴率が7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、初回の放送視聴率10.2%から一転して1ケタ台に下落した。 同ドラマは、産後に職場復帰した女性の奮闘を描くストーリーになっており、松嶋は広告代理店の元売れっ子クリエイティブディレ [全文を読む]

斎藤工、大沢たかお、そして坂上忍も…歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優

日本タレント名鑑 / 2016年06月28日09時55分

1993年には主演ドラマ『チャンス!』の主人公「本城裕二」名義でシングル『HANG OUT!』『夢 With You』をリリース。35歳以上くらいの人で覚えている人も多いかもしれません。 90年代から「俳優」「歌手」の両輪で活動する藤木直人 ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』でのクールな演技も記憶に新しい藤木直人さん。「俳優が歌手もやる」 [全文を読む]

松嶋菜々子が主演ドラマの配役にクレーム!?キャストが白紙になる緊急事態に!

アサ芸プラス / 2016年05月28日09時59分

松嶋菜々子が7月期から放送されるドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)に主演することが発表された。2013年に出演した「救命病棟24時 第5シリーズ」(フジテレビ系)以降、連続ドラマでの主演は実に3年ぶりだ。 しかし、このドラマを巡って局内は騒然となっているという。「ドラマの配役などについて松嶋サイドが『これでは出演できない』とクレームをつけて来た [全文を読む]

EXILEドラマ好調の秘密は三代目JSBファンによる「AKIRA排除工作」!?

アサ芸プラス / 2015年11月07日09時59分

さらには、今年夏に放送された主演ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)では平均視聴率4.1%。第6話ではテレビ東京を除く民放のプライムタイム(午後7~11時)の連続ドラマでは、今世紀最低視聴率の2.8%を記録し、低視聴率の帝王として歴史に名を刻んでしまったのだ。 もはやAKIRAの出演を視聴者が望むのは、ファン専用のEXILEファミリーが幅を利かせるドラマだけ [全文を読む]

松嶋菜々子、「オバサン化」が話題に?視聴率低調で「主演はもうキツい」との声も

Business Journal / 2015年08月15日23時00分

業界内からは、『もう、松嶋が主演を張るのはキツい』という声も上がっています」 2011年に放送された主演ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)では、最終回で40%と驚異的な視聴率を記録した松嶋。一時は「高視聴率女優」との呼び声も高かったが、その威光は薄れてしまったのだろうか。 「『レッドクロス』は松嶋の4年ぶりの主演ドラマという点でも注目されており、前クー [全文を読む]

4代目『相棒』射止めた反町隆史、あの“ドーベルマン事件”はなかったことに!?

日刊サイゾー / 2015年07月27日11時00分

反町はことごとく主演ドラマがコケ、“低視聴率男”という、ありがたくない呼ばれ方をしているが、自分の中で役づくりをして忠実に役をこなすので、その点は評価されている。おそらく、水谷の耳にもそんな反町の評判が伝わっていたのだろう」(テレ朝関係者) 現時点では反町の役名も役柄もまったく白紙。5月に同局で放送されたドラマスペシャル『迷宮捜査』では天涯孤独な刑事・名波 [全文を読む]

柳葉主演ドラマ 視聴率低迷も「暑い時に熱いドラマ」評価の声

NEWSポストセブン / 2014年08月10日07時00分

8月5日に放送された、柳葉敏郎(53)主演のフジテレビ系連続ドラマ『あすなろ三三七拍子』の第4話の視聴率は、4.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。初回は7.7%で、第2話5.1%、第3話5.3%と低迷が続いたなか、さらに平均視聴率を下げることとなった。 同ドラマでは、50歳のサラリーマン・藤巻大介が、リストラ免除の交換条件として、廃 [全文を読む]

「ミタ」はハッタリ?松嶋菜々子「女の勲章」惨敗で視聴率女王株がダダ下がり

アサジョ / 2017年04月18日18時15分

「松嶋は2011年に放送された『家政婦のミタ』(日本テレビ系)最終回で40%の高視聴率を得ましたが、16年の主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)では、全話の平均視聴率7.05%と振るわなかった。今作で“高視聴率女優・松嶋の底力”を見せたいと張り切っていましたが、結果は惨敗。結局、『家政婦~』の実績は、脚本の力であることを証明した形になってしま [全文を読む]

右京に必要なのは反町隆史ではなく六角精児?「相棒15」に“米沢ロス”の声

アサ芸プラス / 2016年10月13日17時59分

水谷豊主演ドラマ「相棒season15」(テレビ朝日系)初回2時間スペシャルが10月12日放送され、平均視聴率は15.5%だった。 前シーズンから登場した警察官ではない4代目相棒の冠城亘(反町隆史)が、今シーズンでは警察学校での研修を終え、警視庁の広報部に配属。そして、冠城本人の強い希望で特命係配属となり、晴れて真の“相棒”となった。「やはり警察官でもなく [全文を読む]

松嶋菜々子「あのドラマで夫婦共演!?」低迷する視聴率女王の“秘策”

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

そんな大物が主役の地位から追い落とされるとは、いったい何が? 「実は、現在放送中の主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)は当初、シリーズ化も検討されていたほどの期待作だったにもかかわらず、視聴率が5~7%と超低空飛行を続けています。当然、シリーズ化は白紙に。もはや、主役にこだわっていたら、仕事が来ないんですよ」(芸能事務所関係者) そこに追い打 [全文を読む]

松嶋菜々子、「二番手」飲んだ事情

NewsCafe / 2016年09月07日10時33分

デスク「女優、松嶋菜々子(42)がピンチだってな」 記者「3年ぶりの連ドラとして期待された主演作『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)が、コケましたからねえ」 デスク「放送はまだ続いてるけど、今月1日放送の7話までに視聴率5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を2度記録したんだよね」 記者「2011年放送の主演ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の最終 [全文を読む]

松嶋菜々子、連ドラで初の母親役もあの騒動で家族向けCMのオファーが来ない!

アサジョ / 2016年07月26日09時59分

松嶋菜々子主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の初回平均視聴率が10.2%のスタートを切った。松嶋にとって連ドラ出演は約3年ぶりとなる。 物語は、敏腕だが鼻持ちならない女王然としたCMディレクターの吉良が、3年の出産休暇を経て会社に復帰するも、元のポジションに戻れず“訳アリ部署”の営業開発部部長に就任。仕事と家庭を両立させるため奮闘する“ビジ [全文を読む]

フォーカス