視聴率 富川悠太に関するニュース

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

4シーズン目となる今作は、8話までの平均視聴率が21.3%(関東地区・以下同)。20%を割ったのは、わずかに2話の19.7%のみ。これは前3シリーズに引けを取らない堂々の数字だ。連ドラの視聴率が年々下がる昨今、いやはやすごい。いくら巷で『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が話題沸騰といっても――あちらは8話までの平均視聴率が13.1%。段違いだ。そうそう [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

1月18日夜、冒頭7分間にメンバー5人が生出演した回の視聴率は、驚異の31.2%――。この数字、今年の視聴率ランキングで、ほぼNHK『紅白歌合戦』に次ぐことが確定しています。それくらい歴史的出来事であったと。とはいえ、それは派手なセットもCGもない、往年のヒット曲が流れるでも、抱腹絶倒のトークが交わされるでもない、極めて地味な絵面。それに、国民の3割がクギ [全文を読む]

古舘キャスター退任間際に『報ステ』視聴率上昇の理由

NEWSポストセブン / 2016年03月28日16時00分

古舘伊知郎キャスター(61)の退任を目前に控え、3月に入って、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の視聴率が上昇している。3月限りで12年間キャスターを務めた古舘氏が退き、後任にはテレビ朝日の富川悠太アナウンサー(39)が就く。 人気番組『ニュースステーション』の後を受けて始まった同番組は、2004年の放送開始から昨年末時点まで全2960回の平均視聴率13 [全文を読む]

古舘伊知郎時代を上回る視聴率! 富川悠太の新『報ステ』絶好調の秘密とは

日刊サイゾー / 2016年05月02日13時00分

視聴率で見ると、古舘時代の最後の4週の平均が11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。これに対し、富川体制になってからの2週間の平均視聴率は12.6%を記録。12日と20日には、14.1%の高い視聴率をマークした。古舘アナの降板で、数字が下がることが懸念されたが、逆にアップしたのだから、テレ朝上層部は上機嫌だという。 14日に熊本地震が発生し、 [全文を読む]

富川悠太の新『報ステ』好発進も、消えぬ“ショートリリーフ”説「次は羽鳥か橋下徹か」

日刊サイゾー / 2016年04月16日11時00分

リニューアル初日の視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。古舘体制時代の前4週の平均が11.6%だったが、それを上回った。ただ、初日は“ご祝儀”もあるため、高くて当然との見方もあろうが、翌12日は初日を超える14.1%の好視聴率を記録した。視聴者側にも視聴習慣があるだけに、当面は急激に下がることはなさそうだ。 予想以上の好スタ [全文を読む]

古舘アナが降板するテレ朝『報ステ』新サブキャスター候補に竹内由恵アナの名も浮上

日刊サイゾー / 2016年01月02日11時00分

『報ステ』は12~13%程度(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を取っており、報道番組としてはトップクラスの人気を誇っている。視聴率的には、古舘アナの貢献度は高く、テレ朝にとっては頭が痛いところでもある。 後任候補には、羽鳥慎一アナ、宮根誠司アナといった“フリーの大物”の名が挙がっており、“大穴”として、TBSのエース・安住紳一郎アナの名も浮上。その [全文を読む]

報ステ「富川悠太アナ」決定までの人事抗争をすっぱ抜く!

WEB女性自身 / 2016年01月14日06時00分

しかも局アナがメインキャスターを務める報道番組でも『数字(視聴率)は大丈夫』と上層部は考えた」(報ステ幹部) そしてテレ朝看板番組の「顔」をめぐり、熾烈な局アナ同士のバトルの火ぶたが切って落とされた。名前が挙がったのが富川アナに加え、渡辺宜嗣アナ(61)、坪井直樹アナ(46)、中丸徹記者(40)の4人。候補者と親しいテレ朝関係者はこう話す。 「4人とも意欲 [全文を読む]

羽鳥慎一、橋下徹、浅田真央……テレビ朝日『報ステ』が、リニューアルで盤石体制に!?

日刊サイゾー / 2017年03月31日07時00分

『報ステ』は、昨年3月に古舘伊知郎から富川悠太アナに司会が代わり、視聴率は下落傾向にある。 「北朝鮮の金正男暗殺事件や、森友学園の籠池泰典氏の証人喚問といった、大きなニュースがあったときには数字が伸びるものの、平時は視聴率がガクッと下がるなど安定していないのが実情。富川アナに知名度がないのがその要因です」(テレビ誌編集者) そこで、新キャスター候補に浮上し [全文を読む]

浅田真央、現役引退後はテレビ朝日『報道ステーション』スポーツキャスターに内定か

日刊サイゾー / 2017年03月16日07時00分

視聴率が低迷する『報道ステーション』(テレビ朝日系)の起爆剤として期待されており、松岡修造との2枚看板で平昌五輪をリポートすることになりそう。『報ステ』は、古舘伊知郎から知名度の低い富川悠太アナに代わり、視聴率が3%近く落ちています。国民的人気アスリートの浅田が加われば、数字は急回復するかもしれませんね」(同) 浅田には悲願の金メダルを獲ってもらいたいと願 [全文を読む]

報ステ絶好調!テレ朝・小川彩佳アナ「古舘降板」で“暗”から“明”へ「激変」

アサ芸プラス / 2017年01月28日09時57分

視聴率は今年度も安定していて、報道番組のカテゴリーでは民放内で毎週トップか、それに次ぐ数字を残しています。昨年の日本シリーズの中継を引き継いだ10月25日の放送では19%もの高視聴率をマークして、局内を沸かせました」(テレビ朝日関係者) 16年3月に古舘伊知郎(62)が「報ステ」のキャスターを降板。引き継いだのは、知名度・実績の面で足元にも及ばない同僚の [全文を読む]

テレビ朝日“わずか1年”で社長交代の裏事情 『報ステ』宮根誠司の起用に前進か

日刊サイゾー / 2016年05月20日11時00分

実績が乏しい局アナの起用に視聴率が心配されたが、富川体制でもコンスタントに12%を超える視聴率を獲得して、局内外でもそのキャスターぶりの評判は上々だ。しかし、「局アナの富川は、あくまでワンポイントリリーフ」とのウワサは消えない。 そんな中、早河会長の“目の下のタンコブ”だった吉田社長に代わって、角南常務が社長に昇格するという。吉田社長退任の理由は、古舘降 [全文を読む]

視聴率好調でも危惧される新『報道ステーション』。気になる変化に懸念の声…

週プレNEWS / 2016年04月22日06時00分

初回4月11日の視聴率が12.0%、翌12日はなんと、14.1%! だが、TV業界関係者の評判は芳(かんば)しくない。 「硬派なイメージがなくなった印象。軸がなくなったというか、番組がフワッとした感じになってしまった。トップニュースもゴールデン街の火事や保育園問題など、当たり障りのないものばかり。好視聴率はリニューアルしたことへの視聴者からのご祝儀という側 [全文を読む]

テレビ朝日が“大爆死”橋下徹に固執するワケ「10月期から『報ステ』キャスターに」

日刊サイゾー / 2016年04月06日09時00分

ところが、視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタに届かず惨敗。同時間帯でもNHK、日本テレビ、TBSに続く4位と、散々な結果に終わった。4月からレギュラー化が予定されているだけに、テレ朝局員もショックを隠せない。 「新番組は、深夜帯で7~10%の視聴率をキープしていた人気番組『ビートたけしのTVタックル』を、わざわざ日曜日に移動させてま [全文を読む]

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

近年、女子アナの存在感が低下し、それに伴うかのように視聴率も下降気味のテレビ朝日では、「屋台骨」ともいえる番組でキャスター交代が控える。 『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキャスターの席には変わらず小川彩佳アナ(31)が座る予定だ。 [全文を読む]

古館伊知郎「報ステ降板」の次は…囁かれる「東京オリンピック総合司会」説

デイリーニュースオンライン / 2015年12月27日12時00分

2015年8月には2年ぶりに視聴率20%を超えるなど、視聴率が好調な中での降板劇。マスコミも視聴者も驚き、「古賀茂明氏(元コメンテーター)の放送事故の件で嫌になったか」「高須クリニックがスポンサーを降りた影響か」など、様々な憶測が流れた。 「不自由だらけな11年間」降板会見で“古舘節” 古舘は12月24日、報道ステーションの降板に関する記者会見に出席し、 [全文を読む]

いきなり総選挙の重圧 新米キャスター東山紀之は大丈夫か

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月21日09時26分

おまけに「テレ朝の選挙特番はいつもどおり、富川悠太と小川彩佳、後藤謙次の報ステトリオで決まりだろうが、そこに東山を加えれば視聴率アップが狙える」(テレビ関係者)と、特番のキャスティング入りまで囁かれている。 ■意外と“ジャーナル”なところも 放送ジャーナリストの小田桐誠氏も「このタイミングでの衆院選挙は『キャスター東山紀之』にとって大舞台になる」とこう続 [全文を読む]

渡辺謙「女性スキャンダル」文春砲でテレビ業界に大余震!(2)第3子を妊娠中の娘・杏は…

アサ芸プラス / 2017年04月17日05時57分

最近の『ミヤネ屋』は視聴率が伸び悩み、同時間帯の『ゴゴスマ』(CBC系)に負けることも珍しくない。早ければ今秋の改編時から、宮根がテレ朝の夜の顔になるかもしれません」(テレ朝関係者) 渡辺の「禁断愛」は、身内にも大余震をもたらした。タイミングが悪いことに、実娘で女優の杏(30)は、不倫発覚の翌3月31日に、総合電機メーカーのイベントに出席。マスコミの前に姿 [全文を読む]

露骨なステマで崩れ落ちた「報道ステーション」の信頼感

メディアゴン / 2016年11月06日07時30分

ただ、視聴率に縛られたらじり貧位なるだけなので、工夫すればこれからも20%を超える番組は出来る。・自分たちの目標はメディア企業になることである。・・・といった程度のことである。藤田社長の究極の目標は「メディア企業になること」である点を確認できたことくらいが収穫であるが、そんなことは言われずとも誰でも勘づいてる。藤田社長も、TBSが欲しかった楽天の三木谷浩史 [全文を読む]

『報ステ』小川彩佳アナが明るくなって視聴率も絶好調に

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

スタジオ中が和気あいあいとしています」(テレ朝社員) 視聴率も絶好調。古舘時代の最後の4週間の平均が11.6%だったのに対し、富川アナに代わって最初の2週間で平均12.6%(ビデオリサーチのデータを元に平均値を算出)。熊本大地震では得意の現場ルポをこなすなど、富川アナの評価はうなぎ登りだ。 しかし、ベテランスタッフからは苦言も出ている。 「一方で、『ニュー [全文を読む]

視聴者ドン引き!「報ステ」新キャスターが子供に付けた驚きのキラキラネーム

アサ芸プラス / 2016年04月14日17時59分

4月11日からリニューアルされた「報道ステーション」(テレビ朝日系)の初回視聴率が12%だったことがわかった。同番組は今月から、古舘伊知郎に代わり、富川悠太アナウンサーがメインキャスターを務めている。「前任の古舘伊知郎が、最後に出演した3月31日の視聴率は15.2%でした。今回のリニューアルでは、その数字に比べれば大きく下げたものの、過去12年間の平均は1 [全文を読む]

フォーカス