日本ダービー 武豊に関するニュース

日本ダービーに関する意識調査 by『THE DERBY CASTLE』競馬ファンが選んだ、初心者に伝えたい最高の日本ダービーを発表!ベスト・オブ・日本ダービーは『2005年優勝馬ディープインパクト』

PR TIMES / 2016年05月12日13時28分

『THE DERBY CASTLE』開催:2016年5月23日(月)~29日(日) @新宿高島屋 <1階JR口特設会場>JRA日本中央競馬会は、2016年5月29日(日)に東京競馬場で行われる第83回日本ダービー(GI)の開催に先立ち、5月23日(月)から29日(日)までの7日間、“ダービーの歴史と伝統が集う 競馬エンターテインメントの城”をコンセプトにし [全文を読む]

武豊、北大路欣也の前で日本ダービー連覇を誓う

Entame Plex / 2014年05月26日23時25分

6月1日(日)の「東京優駿(第81回日本ダービー)」の開催に先駆けて、本日26日、新宿モア4番街にて「新宿 日本ダービー フェスティバル」キックオフセレモニーが行われ、俳優:北大路欣也と競馬騎手:武豊が登壇した。 イベントスペースには、日本ダービー当日までの時間をカウントダウンするモニュメントとして「カウントダウンクロック」が設置され、北大路、武、JRA土 [全文を読む]

今週末の競馬・日本ダービー、注目の牝馬に課題で大混戦?高精度の異色競馬サイトが分析

Business Journal / 2014年05月30日14時00分

●いよいよ日本ダービー。栄光をつかむのは… 5月26日、東京・新宿で行われた「新宿日本ダービーフェスティバル」のキックオフセレモニーに、俳優の北大路欣也氏と武豊騎手が登場。第81回東京優駿(日本ダービー)へ向けて、ファンに熱い思いを語った。 いよいよ6月1日 日本ダービーが行われる。競馬ファンだけでなく、日本中が日本ダービー一色に染まるこの一週間。職場や居 [全文を読む]

今こそ思い出す、1998年の史上最強「G1完全制覇」世代。18年の時を経て、新・最強ダービー世代に託された「夢」の継承

Business Journal / 2016年05月28日23時00分

「どんなレースをするかはもちろん、騎乗馬の癖や個性なども、これ以上話したくありません」 18年前の1998年、日本ダービー(G1)。デビュー当時からいつも明るく、常にウィットに富んだ発言で、競馬ファンだけでなくマスコミの人間まで楽しませる稀代のエンターテイナー武豊。 そんな天才騎手にここまで言わせたのは、それが未だ一度も勝っていない日本ダービーだからか、そ [全文を読む]

「ベスト・オブ・日本ダービー」はファンそれぞれにある! ディープインパクト断然1位も、思いが爆発!?

Business Journal / 2016年05月14日18時00分

競馬における「象徴的」なレースは、やはり今月末に開催される日本ダービー(G1)だろう。競走馬にとっては一生一度の「夢舞台」であり、すべての関係者にとっても「ダービー勝利」を超える栄誉はない。ファンにとっても重要度は同じではないか。 そんな中、JRAは12日「日本ダービーに関する意識調査」を実施し「ベスト・オブ・日本ダービー」を選出。これは「名勝負」「感動」 [全文を読む]

今週末の日本ダービー、10万人以上が集う競馬界最大の祭典 元競馬学校教師らの予想は?

Business Journal / 2014年05月27日14時00分

日本ダービーの優勝賞金は、2億円 今週末、6月1には、競馬の祭典である第81回東京優駿(日本ダービー)が開催される。日本ダービーは、過去にシンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルといった時代を代表する名馬が勝利してきた。 今年は、2011年に日本で誕生した7064頭のサラブレッドの頂点を目指し、皐月賞馬イスラボニータ、競りで [全文を読む]

【日本ダービー特別再寄稿】託された思いと飽くなき挑戦。ホースマンの夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<前編>

Business Journal / 2016年05月26日14時00分

ダービーの味っていいものだな、と思いました」スポーツ雑誌のトップランナー「Sports Graphic Number」(文藝春秋)の6月2日号の巻頭インタビューで、初勝利となったスペシャルウィークでの日本ダービー(G1)制覇を振り返って、武豊はそう語っている。3歳サラブレッドの頂点を決める「日本ダービーの勝利」は、やはり騎手にとって極めて特別な勲章であり、 [全文を読む]

【ケンタッキーダービー出走特別連載】その時、競馬は「古き良き時代」を取り戻した。夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<2>

Business Journal / 2016年05月04日18時00分

2013年5月26日、第80回日本ダービー。日本競馬が“古き良き時代”を取り戻した日「成績が悪い時も変わらず応援してくれた、前田(幸治)代表の悲願を叶えたい」と強い気持ちで挑んだ2013年5月26日、第80回日本ダービー。キズナと武豊は、前哨戦となった皐月賞を経由していないにもかかわらず1番人気で迎えた。 2番人気が皐月賞を勝ったロゴタイプ。3番人気はキズ [全文を読む]

ディープ&キズナの実物大馬像も登場する「新宿 日本ダービー フェスティバル」開催中!

週プレNEWS / 2014年05月26日17時00分

いよいよ今年も、日本ダービーの季節がやってきた。 6月1日(日)、東京競馬場で開催される“競馬の祭典”「第81回東京優駿(日本ダービー)」。芝2400mを舞台に、2011年生まれの優駿たちが一生に一度の頂点を目指すこのレース。 今年は皐月賞を制したイスラボニータ、2着に敗れたトゥザワールド、巻き返しを狙うトーセンスターダムらの有力馬に加え、なんと桜花賞2着 [全文を読む]

未だローテーションが不明なエアスピネル。「5強」の一角が狙うべきは「盾」か「菊」か......?

Business Journal / 2016年07月15日13時00分

現時点で日本ダービーを制したマカヒキは凱旋門賞に挑戦する事が決定。皐月賞馬ディーマジェスティとサトノダイヤモンドは、凱旋門賞を回避して菊花賞を目指す。リオンディーズに関しては菊花賞ではなく天皇賞・秋を目指す予定となっている。 しかし「5強」の一角エアスピネルに関しては今後の予定が明確になっていない。 皐月賞では不利を受けつつも掲示板を確保。日本ダービー[全文を読む]

武豊がホームで語った“ウイニングランの瞬間”「10万人の“ユタカ・コール”がたまらなく気持ちいいんですよ」

週プレNEWS / 2016年05月25日06時00分

日本ダービーを1ヵ月後に控え、競馬サークルも少しずつ熱を帯びはじめた4月某日。東海道新幹線に飛び乗ったファンキー加藤は、初めてという京都競馬場に足を踏み入れた。 歓声も、拍手もない。ついでに言えば、ヤジもない、いつもとはちょっと違った佇(たたず)まい…。 これまでは先に対談場所に赴き、相手を待ち構えていた加藤を今回、逆に迎え入れたのは…天才ジョッキー、武 [全文を読む]

累計450万ダウンロード突破の競走馬育成ゲーム『ダービーインパクト』2周年&TVCM放映開始!記念キャンペーンを開催!

PR TIMES / 2015年05月22日12時01分

【キャンペーン概要】・種牡馬ディープインパクト、武豊騎手プレゼント・ログインキャンペーン・2周年記念パック限定販売・VSレース出走応援キャンペーン・レース出走キャンペーン・カムバックキャンペーン・種回復1.5倍・ダービートーナメント・日本ダービー記念ログインボーナスぜひこの機会にゲームを優位に進められるDメダル、有力騎手、高レアリティの種牡馬を獲得し、愛馬 [全文を読む]

田原成貴 1993年有馬記念のお立ち台でウソ泣きしたとの説も

NEWSポストセブン / 2013年12月01日16時00分

3歳時は皐月賞、日本ダービーを制し、4歳ではジャパンカップも勝った。しかしジャパンCをはさんだ秋の天皇賞は7着、有馬記念は田原が騎乗したものの11着と惨敗している。たび重なる故障で、有馬はぶっつけ本番となった。 テイオーにとっては364日ぶりのレースだ。順調でありさえすれば、テイオーが現役最強馬であることは、誰もが認めていた。おまけに聡明そうな目と額の美し [全文を読む]

藤田菜七子騎手/武豊騎手のサイン色紙が当たる!スゴ得コンテンツ会員限定のプレゼントキャンペーン実施

@Press / 2017年05月15日11時00分

スマートフォンコンテンツ提供サービスを運営する株式会社デジマース(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石川 達絵)は、2017年5月15日11時より、株式会社NTTドコモ「スゴ得コンテンツ(R)」内で提供中の「WIN!競馬 forスゴ得」利用者を対象に、「日本ダービー開催記念プレゼントキャンペーン」を実施いたします。本キャンペーンでは、JRAにとって16年 [全文を読む]

安田美沙子が語る有馬記念の思い出「ウオッカが馬群に沈んで頭が真っ白になった」後に待っていた歓喜

週プレNEWS / 2016年12月23日06時00分

ディープが引退したその翌年の07年、牝馬(ひんば)のウオッカが“競馬の祭典”日本ダービーを制するという偉業を成し遂げた。 「牝馬が日本ダービーを勝ったのは64年ぶり。単勝馬券を握り締めて、ゴール前で絶叫していたんですけど、勝った瞬間、なぜか涙があふれでて。号泣していましたね。あの瞬間、もう競馬の魅力から抜け出せないと思いました(苦笑)。彼女が私の最初のヒロ [全文を読む]

武豊の実績さえ霞む「鉄人」的場文男。すべてを掴んだ大井の帝王が「オレが乗らなければ......」と自虐する因縁レースとは

Business Journal / 2016年06月06日13時00分

そして中央競馬に日本ダービー(G1)があるように、大井競馬にも3歳馬の王者を決める『東京ダービー』がある。1着賞金が4200万円と中央の重賞にも匹敵する、大井競馬最大級の規模と人気を誇るレースだ。 今ではもうただの“笑い話”になってしまったが、一昔前まで武豊騎手もダービーを勝てなかった。特にクビ差の2着に惜敗した1996年頃には「武豊騎手はダービーだけは勝 [全文を読む]

【G1展望・日本ダービー】ついに始まる史上最強世代の頂上決戦!! さあ、「競馬の祭典」の幕開けだ!

Business Journal / 2016年05月22日17時00分

いよいよ、競馬の祭典・第83回日本ダービー(G1)が開幕する。 まだ、あどけなささえ残る3歳牡馬の頂上決戦・日本ダービーだが、国内外から極めて高い評価を受けている今年の3歳世代は、すでに「史上最強世代」との呼び名も高い。 従って、この世代の頂点を決める一戦は、まさに「日本競馬の未来の象徴を決める戦い」と述べても、決して大げさではない。 ここを勝って史上最強 [全文を読む]

日本ダービー(G1)登録馬を主な「戦績」「騎手」入りで掲載。競馬の祭典を彩るのは、このメンバーだ!

Business Journal / 2016年05月16日11時00分

いよいよ、競馬の祭典・日本ダービー(G1)が2週間後に迫ってきた。 今年の3歳牡馬クラシック世代は、早くから「史上最強レベル」と評され、ここまでその評価に違わぬハイレベルな戦いを繰り広げている。そんな優駿たちの戦いも、ついに日本ダービーという「頂上決戦」を迎えることとなった。 果たして、クラシック第一弾となる皐月賞(G1)を制したディーマジェスティが二冠を [全文を読む]

【徹底考察】弥生賞(G2)エアスピネル「このままでは終わらせない。不屈のエリート馬の雪辱戦が幕を開ける」

Business Journal / 2016年03月02日17時00分

何故なら、それ以降に日本ダービー(G1)、菊花賞(G1)と距離が延長されれば、有利になるのは距離適性に融通性のありそうなリオンディーズと考えられるからだ。 前走の朝日杯FS(G1)のレースレベル等は、前回の【徹底考察】を参考にして頂きたい。結論だけを述べると、リオンディーズとエアスピネルの2頭だけは、例年の2歳トップクラスの水準は十分に満たしている。 エア [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

「2年前、エピファネイアで菊花賞を勝つまで、牡馬クラシック競走(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)は1996年のデビュー以来未勝利でした。デビュー当初のキングヘイローにはじまり、最近もワールドエースやリアルスティールなど世代きっての素質馬に乗り続ける福永としては、物足りなさすぎる数字です。特にG1ではあと一歩、ほんの少しの差で2着に甘んじる姿も目立つことから [全文を読む]

フォーカス