菊花賞 武豊に関するニュース

武豊「競馬記者&ファンが選んだ“GI100勝”渾身騎乗ベスト10レース!」(1)

アサ芸プラス / 2013年11月29日09時57分

そもそもデビュー翌年、史上最年少でGIを制した菊花賞でも、出走権19位の次点馬スーパークリークにこだわり、「この馬と出走ができないのなら諦めます」と、他の騎乗依頼を断っていたという。 しかし、若くして天才と呼ばれた理由は、こうした相馬眼だけではない。卓越した騎乗センスでもユタカ・マジックを披露し、ファンばかりか競馬サークルをうならせてきた。 前出・片山氏 [全文を読む]

未だローテーションが不明なエアスピネル。「5強」の一角が狙うべきは「盾」か「菊」か......?

Business Journal / 2016年07月15日13時00分

皐月賞馬ディーマジェスティとサトノダイヤモンドは、凱旋門賞を回避して菊花賞を目指す。リオンディーズに関しては菊花賞ではなく天皇賞・秋を目指す予定となっている。 しかし「5強」の一角エアスピネルに関しては今後の予定が明確になっていない。 皐月賞では不利を受けつつも掲示板を確保。日本ダービーでも先行集団を引っ張る形で積極的な競馬を披露。最後は上位3頭の切れ味に [全文を読む]

【天皇賞・春(G1)回顧】北島三郎の「無茶ぶり」に武豊騎手もパニック!?キタサンまつりに終わった春の天皇賞

Business Journal / 2016年05月01日20時00分

前年の菊花賞馬キタサンブラックに、阪神大賞典で強い競馬を見せていたシュヴァルグラン。昨年2着のフェイムゲームに3着のカレンミロティック、さらにはここで復活を期すトーホウジャッカルと、各世代から魅力的なメンバーが集結した見所のある一戦だった。 レースは、最内枠から抜群のスタートを切ったキタサンブラックがまずハナを切る。だが、武豊騎手の手は、それほど激しいアク [全文を読む]

【徹底考察】大阪杯(G2) キタサンブラック&アンビシャス「新時代を切り開く4歳勢の強豪をチェック!」

Business Journal / 2016年03月31日16時00分

しかし、周囲の予想を良い意味で裏切り続け、あれよあれよという間に菊花賞(G1)を制して一躍スターダムにのし上がると、年末の有馬記念(G1)でも3着に好走。その実力が、本物であることを証明してみせた。通算8戦5勝のG1馬と聞けば完全にエリートだが、実は本馬は未だ1番人気に支持されたことが一度もない。いわゆる走っても走っても人気にならないタイプで、武豊との新コ [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(1)

アサ芸プラス / 2014年02月10日09時57分

一方、昨年のリーディング1位の福永祐一は、牡馬クラシックは昨年の菊花賞のみ。だが、ダービーを制するチャンスは10年前にあった。 「03年、同厩舎のネオユニヴァースとエイシンチャンプの2頭のお手馬が重なった際、福永はエイシンチャンプを選択した。ところが、ネオユニヴァースが皐月賞とダービーを制している。豊さんはそういった“選択ミス”をしないし、菊花賞を勝ったの [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

「2年前、エピファネイアで菊花賞を勝つまで、牡馬クラシック競走(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)は1996年のデビュー以来未勝利でした。デビュー当初のキングヘイローにはじまり、最近もワールドエースやリアルスティールなど世代きっての素質馬に乗り続ける福永としては、物足りなさすぎる数字です。特にG1ではあと一歩、ほんの少しの差で2着に甘んじる姿も目立つことから [全文を読む]

武豊と名馬たち(3)初めてダービーを意識した馬

アサ芸プラス / 2013年06月12日09時59分

そして秋、復帰戦の神戸新聞杯は3着、つづく京都新聞杯は直線での不利が響いて6着となり、菊花賞の優先出走権を得ることができなかった。ほかの馬で菊花賞に出ることもできたのだが、武は「クリーク以外の馬に乗るつもりはありません」と言い放った。背景には、伊藤に「何事もなければ勝てる。うちの馬に乗りなさい」と言われていたこともあった。 直前に回避馬が出たため、菊本番 [全文を読む]

【特別追悼寄稿】決して「天才」にはなれなかった天才武豊の父・武邦彦 『魔術師』と呼ばれた名手が駆け抜けた時代

Business Journal / 2016年08月13日10時00分

デビューわずか2年で菊花賞を制した息子・武豊と比較して、決して「天才」の軌跡ではないことは明らかだ。 だが、自身にとって初の八大競走制覇となったアチーブスターの桜花賞勝利で、世の武邦彦に対する評価は劇的に向上した。 詩人の志摩直人が競馬雑誌『優駿』に寄稿した文中で「今の彼なら絹糸一本で馬を御せる」と評し、同じく詩人の寺山修司は「一見、線が細く見えながら実に [全文を読む]

【あの馬主は何者?】 ついに最高の愛馬に出会った演歌歌手・北島三郎

Business Journal / 2016年06月24日18時00分

菊花賞、天皇賞で同馬が勝利したときの北島三郎氏の絶唱パフォーマンスは、一部の馬主から批判的な目があるものの、競馬場への来場者を押し上げ、地上波での露出頻度を考えればその広告効果は絶大だ。 もちろんこれは芸能界、演歌界の大御所である北島三郎氏だからこそなしえるものであり、過去に紹介したディープインパクトの金子氏や元メジャーリーガー佐々木主浩氏ではここまでファ [全文を読む]

北島サブちゃんの馬がキター!春の天皇賞

クオリティ埼玉 / 2016年05月09日15時38分

この馬は2015年の菊花賞に続くGIレース、二勝目を飾った。 武豊騎手は「まだまださらに強くなりそうですね。楽しみです」と言っていた。 武豊は近年不調にあえぎ天皇賞(春)は2006年ディープインパクト以来となる久々の栄冠だった。 サブちゃんの強運が馬と騎手に勝利をあたえたのだ。 その後、サブチャンはマイクを握り「まつり」を熱唱。 紅白を引退したサブちゃん [全文を読む]

フォーカス