侍ジャパン 平田良介に関するニュース

WBCの小久保采配には不安ばかり?見えてきた”侍ジャパンの課題”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日17時00分

その試合で侍ジャパンの課題が見えてきた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■複雑な心境のオリックスファン 筆者をはじめオリックスファンの大半は、試合が終わった後、こう思ったのではないか? 「侍ジャパンが勝ってよかった」と。 侍ジャパンはそれまでCPBL選抜チーム(台湾)にしか勝っていなかった。ファンが思った以上に勝てていな [全文を読む]

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

ぴあ株式会社より、ぴあMOOK『がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド』が発売となりました。2017年3月7日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2017がついに開幕。野球ファンならば、小久保裕紀監督率いる侍ジャパンが、並みいる強豪を打ち破り2大会ぶりの優勝奪回となるか、大いに注目したいところです。本書は、山田哲人、中田翔、坂本勇人、筒香 [全文を読む]

WBC日本代表 絶好調中田翔が「声出し拒否」?優勝に「待った」をかける「地雷ナイン」はコイツだ!

アサ芸プラス / 2017年03月18日17時56分

WBC本番では主力打者の調整不足など、強化試合での不安要素を払拭、「打ち勝つ野球」で快進撃を続ける侍ジャパン。だが、たった1人のミスでゲームを落としてしまうのが野球の怖さだ。さて、優勝に「待った」をかけそうな“モンダイ侍”は‥‥。 1次ラウンドから2次ラウンドまで無傷の6連勝で突破した侍ジャパン。世界一奪還へ期待が高まる中、チームの内情を知る球界OBはあき [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

大谷翔平(日本ハム)の離脱が決定し、チーム戦略の立て直しが急務となった侍ジャパン。この原稿を書いている時点(2月3日17時)では、まだ大谷の代替選手は発表されていない。 大谷に代わる先発の柱は誰か? といった議論も必要だが、そもそも小久保裕紀監督によって選ばれた代表選手たちにはどんな特徴があるのだろうか? あらためて過去3回のWBCに臨んだ選手たちと比較し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】モー娘。牧野真莉愛 “侍ポーズ”の相手ついに決まる 「まりあは筒香選手」

TechinsightJapan / 2017年03月17日19時06分

WBC日本代表“侍ジャパン”で外野手の筒香嘉智選手、青木宣親選手、平田良介選手が3人輪になって刀を抜く仕草をする“侍ポーズ”が注目を集めている。野球が大好きなモー娘。の牧野真莉愛は3月14日の「日本VSキューバ戦」前から『モーニング娘。’17 12期オフィシャルブログ』で「侍ポーズが好きすぎ。まりあ一人で侍ポーズやってます」と明かし、一緒にやってくれるメン [全文を読む]

ますだおかだ・岡田圭右のWBC大胆予想!侍の変則投手陣に外国選手が“WAO!”

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日22時03分

大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)の離脱も残念!」とやや肩を落としつつも、「過去の侍ジャパンと比べて“変則ピッチャー”と言いますか、力で押すタイプよりも変化球で翻弄するタイプが多く選ばれている気がします」と特色を指摘。その上で「外国人打者はかなりてこずると思いますよ。牧田和久(埼玉西武ライオンズ)なんかは面白いでしょ。あのアンダースローがピンポイントで [全文を読む]

ナイナイが元日本代表・川口能活とPK対決!

Smartザテレビジョン / 2017年02月12日17時00分

2月26日(日)夜6時57分より放送の「ビートたけしのスポーツ大将2017 ナインティナインも参戦SP」(テレビ朝日系)の「サッカーPK対決」に川口能活選手が、「野球対決」に秋山翔吾選手ら“侍ジャパン”の選手たちが登場することが分かった。 '20年東京五輪で活躍が期待される天才キッズたちが、各競技のトップアスリートと対決を行う同番組。'15年3月、25年ぶ [全文を読む]

自主トレ派閥 大阪桐蔭軍団に変化発生、「むさい男塾」結成

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

一昨年の日米野球で侍ジャパンに呼ばれた際、ノースロー調整を貫くマエケンを見て心酔したための行動でした。しかし今年はマエケンがメジャーに移籍したため藤浪は鳴尾浜で単独自主トレに励みました」(阪神担当記者) ※週刊ポスト2016年2月5日号 [全文を読む]

フォーカス