松嶋菜々子 米倉涼子に関するニュース

台湾人が愛する日本ドラマ、人気トップは「ドクターX」=第4位は意外なあの作品―台湾

Record China / 2017年01月07日11時50分

2位は松嶋菜々子主演の「営業部長 吉良奈津子」だった。日本では視聴率が振るわなかったものの、台湾で根強い人気を持つ松嶋菜々子の作品だけに、注目度が高かったと思われる。 3位は同じく松嶋菜々子と、菅野美穂が主演した「砂の塔〜知りすぎた隣人」だった。 4位に登場したのは、テレビ東京で放送された「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」。森三中の大島美幸とメイプル超合 [全文を読む]

「フジは韓流に頼り過ぎ。手抜きで数字取れぬ」と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月17日16時00分

日テレA:最終回に平均視聴率40%をマークした松嶋菜々子主演の『家政婦のミタ』(日本テレビ)が悪例を作った。松嶋の衣装は帽子にダウンジャケットで、ほぼ全編が一軒家での撮影だった。カネを使わなくても数字が取れることを証明してしまった。 テレ朝C:ハイビジョンになってからドラマの大道具さんが泣いている。あまりに鮮明に映るのでセットのアラが見えてしまう。そのた [全文を読む]

CMギャラ 大御所が下落する中松嶋菜々子は「ミタ」ヒットでup

NEWSポストセブン / 2012年05月09日07時00分

藤原紀香(40・同4800万円→3800万円)、篠原涼子(38・同4500万円→3000万円)、米倉涼子(36・同4200万円→3100万円)など、アラフォーの重鎮たちが軒並み数字を下げるなか「カムバック賞」に輝いたのが松嶋菜々子(38・同3000万円→4300万円)だ。理由はいうまでもなく視聴率40%超えを記録したドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系) [全文を読む]

『Chef』大コケで……松嶋菜々子に続いて、天海祐希もフジテレビと絶縁へ!?

日刊サイゾー / 2016年11月22日11時00分

フジといえば、7月クールの主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』が爆死したことで松嶋菜々子が絶縁宣告したと伝えられていますが、もし打ち切りとなったら、天海がフジのドラマに出るのは、これが最後となるでしょう」 いまや「女優殺し」と呼ばれるフジテレビ。天海にも、その呪いがかけられてしまったようだ。 [全文を読む]

米倉涼子 「親方」と呼び慕う天海祐希にドクターXで勝利

NEWSポストセブン / 2016年11月03日11時00分

予定より調理シーンを減らしたとも聞いています」(ドラマ関係者) それでも、「視聴率女王」として篠原涼子(43才)や松嶋菜々子(43才)の名前もよくあげられるが、米倉の最大のライバルと比較されてきたのは、天海。 年齢は8才離れているものの、背が高く舞台映えし、男気のある一面──2人はいろいろな面で「カブっている」(テレビ局関係者)といわれてきた。 「天海は『 [全文を読む]

女装・TOKIO松岡の半端ない仕事人ぶり!『家政夫のミタゾノ』は痛快か胸糞か

messy / 2016年11月01日00時00分

そして2011年には、大胆にもタイトルをパロッた松嶋菜々子(42)主演『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が大ヒット! 最終回の平均視聴率が今のテレビ界では奇跡に近い40・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことは驚嘆の一言でした。そんな『ミタ』をさらにパロディ化したような『ミタゾノ』は、家政婦モノの主権を我が手に取り戻すべくテレ朝が放った一 [全文を読む]

10月の秋ドラ「ギャラ戦争」松嶋菜々子は準主役でも200万円

WEB女性自身 / 2016年10月07日06時00分

菅野美穂、松嶋菜々子の二大女優が共演する『砂の塔~知りすぎた隣人』と、織田裕二主演の『IQ246~華麗なる事件簿~』だ。 「育休から復帰し、4年ぶりに主演を張る菅野と、17年ぶりに悪役に挑戦する松嶋。一方、織田は暑苦しい役を演じることが多かったが、今作では天才的な頭脳を持った変人役に挑戦する。他局が保守的に恋愛ドラマや医療ものばかり作っているなかで、こうい [全文を読む]

えっ、松嶋菜々子は12万円!大物美女たちのハイレグ水着テレカが急騰中

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時59分

ちなみに、無名時代の松嶋菜々子がニベアの広告用にハイレグ水着で寝そべるテレカは現在でも12万円の価値がありますよ」(テレカ評論家・次元逸世氏) そんなお宝テレカの中から、松嶋らのキャンペーンガール時代、最近人妻になったばかりの優香らのアイドル時代など、しかも「夏のビーチサイド」限定で特集しているのが、8月3日に発売されたばかりの「アサ芸シークレットVol. [全文を読む]

名女優はコント番組で作られる!? 清水富美加は篠原涼子や松嶋菜々子に続けるか

メンズサイゾー / 2015年09月07日10時00分

また、松嶋菜々子(41)も今の姿からは到底想像できない姿をコントで披露している。松嶋は『とんねるずのみなさんのおかげです(現・おかげでした)』(フジテレビ系)に出演した際に、「近未来警察072」と題されたコントに登場。そのタイトルからして下ネタ感が満載だが、この中で松嶋は戦隊コスプレに身を包みながら「私はメスブタよ!」「下から突き上げて!」などと刺激的な [全文を読む]

連ドラ主演の米倉涼子 1個5000円の高級弁当100食を差し入れ

NEWSポストセブン / 2013年04月13日07時00分

視聴率女王のプライドをかけて、撮影に臨んでいます」(日テレ関係者) 日テレサイドとしては、一昨年放送し、最終回視聴率40%で幕を閉じた『家政婦のミタ』(主演・松嶋菜々子)を超えたいとの思惑もあるようだ。 ドラマは18年ぶりに復学した米倉涼子演ずるヒロインがイジメや引きこもりも解決する社会派学園ドラマである。撮影は、教室の舞台セットのある生田スタジオがメイン [全文を読む]

やはり強かった!前クールのドラマ出演者ヒロインランキングTOP5

しらべぇ / 2017年01月03日06時30分

ちなみにTOP5には入らなかったが、第6位:菅野美穂(95票)、第7位:武井咲(84票)、第8位:土屋太鳳(82票)、第9位:松嶋菜々子(81票)、第10位:沢口靖子(74票)といった顔ぶれが並ぶ結果となった。もうすぐ始まる2017年冬クールも、私たちをドキドキさせたり、応援したい気持ちにさせたり...うっとりするようなヒロインたちの登場が楽しみだ。・合わ [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

その後も、瀬戸朝香、和久井映見、常盤貴子、菅野美穂、松嶋菜々子らの美人顔路線が10年以上続いた。 2000年代に入ると、天海祐希、米倉涼子、篠原涼子らの“カッコよさが武器のハンサム顔”が、女性からの圧倒的な支持を獲得。その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれ [全文を読む]

TOKIO松岡昌宏、“家政夫”役で新境地へーー頼れる兄貴分はダークな役柄をどうモノにする?

リアルサウンド / 2016年09月05日06時10分

ちなみに松嶋菜々子主演で大ヒットした『家政婦のミタ』は、日本テレビ系だったため、テレ朝としては勝負をかけてきた作品といえそうだ。 参考:滝沢秀明 vs 中村蒼、好対照のイケメンぶりーー『せいせいするほど、愛してる』のキャラ比較 『家政夫のミタゾノ』は、松岡演じる家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が主人公。三田園は掃除、選択、料理、子守など家事全般を完璧に [全文を読む]

寺尾聰『仰げば尊し』映画化か、藤原竜也ドラマにパクリ疑惑、向井理ドラマが「さむい」……初回視聴率ランキング

日刊サイゾー / 2016年07月26日00時00分

北川は、瞳孔開きっぱなしで、ロボットのような口調で家を売りまくる主人公・三軒家万智を演じていますが、開始早々、「『家政婦のミタ』の松嶋菜々子みたい」「『ハケンの品格』の篠原涼子みたい」「『ドクターX』の米倉涼子みたい」などと、既視感を訴える視聴者が続出。総じて「二番煎じ」という評価のようです。 しかしながら、回を追うごとに役が板に付いてきた印象の北川。さら [全文を読む]

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

松嶋菜々子は旭化成の提供番組『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)の放送10周年とタイアップした1992年のキャンペーンガールに選出された。同年のアサヒビールのソフトドリンク部門でも選ばれて、1996年の朝ドラ『ひまわり』で女優として開花した。「新作水着や化粧品のキャンギャルは女性に共感される要素を持つ必要がある。女優としても売れる存在感があり、その [全文を読む]

松嶋菜々子、波瑠、フジテレビ連ドラ出演に「女優生命の危機」と心配の声

アサジョ / 2016年05月25日09時58分

女優の松嶋菜々子や波瑠が、7月からスタートするフジテレビのドラマで主演を務めることが発表された。今回、実績のある人気女優の起用が決まったことで、ドラマファンからは大きな注目を集めているという。「松嶋は『救命病棟24時』(フジテレビ系)以来、約3年ぶりに連ドラの主演を務めます。彼女が出演する『営業部長 吉良奈津子』は、出産と育児休暇を経て職場復帰する女性が主 [全文を読む]

森高千里 ウェイトレス姿でアイドルと脚の歴史を変えた

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

松嶋菜々子や藤原紀香、米倉涼子という群を抜いたプロポーションを誇る女優も、ドラマの主演や女性誌の表紙を飾った。 1998年には、ドラマ『ショムニ』で江角マキコのタイトスカート姿が話題に。巨乳の代名詞だったイエローキャブからデビューした佐藤江梨子は脚も美しく、後に人気アニメ『キューティーハニー』の実写映画で主演を務めるほど抜群のスタイルだった。 1980年代 [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

第1シーズンでは研修医として進藤の指導を受けていた松嶋菜々子さん演じる小島楓が、第3シーズンでは指導医、第4、5シーズンでは医局長へと出世しています。第5シーズンは、進藤医師が出演しておらず、また、肝心の「救命」と少し内容がかけ離れてしまったこともあり賛否両論。しかし、小児医療や脳死、臓器移植など難しい問題を取り上げ、これまた深く考えさせられる作品でした。 [全文を読む]

トリンドル玲奈が「山本モナ」似に? 主演女優に抜擢もパッとしない現状

messy / 2015年07月21日18時30分

モデル業から女優に転身してうまくいった例は、松嶋菜々子や米倉涼子、榮倉奈々、杏らがいるものの、大根役者と酷評され魅力を開花できない例の方がずっと多い。トリンドルは成功者となれるだろうか?(シュガー乙子) [全文を読む]

水原希子、杏、桐谷美玲‥‥“モデル出身女優”増加の理由とは?

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時59分

賀来千香子、江角マキコ、夏川結衣、松嶋菜々子、松雪泰子などは、モデル出身の肩書きなどいらぬほど女優としての実績も貫録も十分。米倉涼子、杏、吉瀬美智子、榮倉奈々、桐谷美玲、能年玲奈など、近年のドラマや映画で主役クラスの女優たちもモデル出身だ。この“元モデル女優”増加の原因は何だろうか。「“読者モデル”という事務所に所属しない、一般読者の肩書きを持った素人モデ [全文を読む]

フォーカス