最終回 米倉涼子に関するニュース

『まっしろ』平均5.8%でワースト2位、『銭の戦争』は月9超え! 冬ドラマ視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年03月28日12時45分

2015年1月にスタートした連続ドラマ(民放、午後8~10時台)が、それぞれ最終回を迎えた。単純平均視聴率で14.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)の同数を記録しベスト1に輝いたのは、沢村一樹主演の人気シリーズ『DOCTORS 3 最強の名医』(テレビ朝日系)と、柴咲コウ主演の『○○妻』(日本テレビ系)だった。 『DOCTORS』は米倉涼子主演 [全文を読む]

武井咲版『黒革の手帖』、完全な失敗…最高視聴率が米倉涼子版の最低にすら届かず

Business Journal / 2017年09月15日20時00分

9月14日放送の連続テレビドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)最終回の平均視聴率は、13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。主演・武井咲が同1日にEXILE・TAKAHIROとの結婚、そして妊娠を発表するというサプライズの影響もあってか、ドラマは最終回にして自己最高記録を達成した。とはいえ、武井が所属するオスカープロモーショ [全文を読む]

米倉涼子主演、テレ朝ドラマ『ドクターX』パート3が10月スタート TBS『半沢直樹』と一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2014年03月19日11時00分

「次回作のキャステイングの詳細はまだ決まっていませんが、パート3は10月からスタートします」(オスカー関係者) 2012年10月から放送された『ドクターX』は最終回が24.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)という高視聴率を記録したことで、パート2が昨年10月から放送された。最終回視聴率では前回を上回る26.9%を記録し、テレ朝は、パート3を米倉 [全文を読む]

秋クールドラマ総決算!米倉涼子『ドクターX』と“不快すぎる”『純と愛』が快進撃を果たした理由とは

日刊サイゾー / 2013年01月05日12時00分

『高校入試』『Piece』が年末に最終回を迎え、視聴率が出揃った10月クールの連ドラ。 いささか地味なメンツが揃ってしまった印象の前クールでは、『連続テレビ小説 梅ちゃん先生』(NHK)の独走状態となったが、今期の結果やいかに? ランキング形式で振り返っていきたい。■ラブホが登場する連続テレビ小説に「家族で見れない!」 まず、平均視聴率のトップ10は以下の [全文を読む]

天海祐希『緊急取調室』第3弾も決定済!? 米倉涼子『ドクターX』とのテレ朝内“派閥争い”激化へ

日刊サイゾー / 2017年07月26日23時30分

ただ、すでに来年以降のシリーズ第3弾の制作は決まったようです」(芸能事務所関係者) 実際、『緊急取調室』の最終回では、次回につながる終わり方をしていた。 「天海さんも最終回はスタッフや共演者と飲みながら見たそうですし、クランクイン前、撮影中、打ち上げと、かなり“飲みニケーション”を取っています。本人いわく『友達が少ないから、スタッフや共演者と見たい』と話し [全文を読む]

“最後のとりで”『ドクターX』は失敗しなかった米倉涼子 続編オファーを蹴れない事情

日刊サイゾー / 2016年12月28日13時00分

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第4弾の最終回(第11話)が22日に放送され、22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得し、有終の美を飾った。 同ドラマは、初回20.4%と好発進し、第2話では19.7%と大台を割ったものの、以後、24.3%→21.3%→20.4%→21.5%→22 [全文を読む]

『ドクターX』独走、“恋ダンス”違法YouTuber続出、『IQ246』『砂の塔』のトンデモ脚本……秋ドラマランキング

日刊サイゾー / 2016年12月27日00時00分

続々と最終回を迎えた秋ドラマ。視聴率をランキング形式で振り返ります。■『ドクターX』2016年首位独走 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区/クールまたぎの作品は除く)。1位『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)21.5%2位『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)14.6%3位『地味にスゴイ!校閲ガール・河野 [全文を読む]

テレ朝『ドクターX』『相棒』がトップ独占、ワースト揃いのフジ! 10月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年10月23日12時45分

14年10月期の第3シリーズは全話20%超えとなり、最終回に至っては27.4%という驚異的な数字を叩き出していた。新シリーズでは内田有紀、岸部一徳、西田敏行といったレギュラーメンバーに加え、“シリーズ史上最も危険で最強の敵”として泉ピン子が出演。最終話に向けて米倉とどんな対決を繰り広げるのか、注目が集まっている。 水谷豊主演の人気シリーズ『相棒 seaso [全文を読む]

『下町ロケット』の独り勝ちだった10月期ドラマ フジは1ケタ台連発で惨敗!

日刊サイゾー / 2015年12月28日20時30分

最終回(第10話)は自己最高の22.3%で、有終の美を飾った。平均は18.5%で、同枠で2013年7月期に放送された池井戸作品の『半沢直樹』(TBS系/堺雅人主演)の平均28.7%には遠く及ばなかったが、近年の連ドラの中では高視聴率を記録し、独り勝ちとなった。 終始、安定した視聴率で推移したのが、『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演/水曜午後10時~ [全文を読む]

10月期ドラマの視聴率まとめ! 「ドクターX」の次に高かったのはあの“胸キュン”ドラマ!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日22時40分

沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」の最終回が12月24日に放送され、平均視聴率は6.5%だったことが分かった。これで10月期のゴールデン・プライム帯で放送の民放連続ドラマは全て最終回を迎え、視聴率の面ではテレビ朝日系の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第3弾が“一人勝ち”となった。(本記事内の数字は全てビデオリサーチ調べ、関東 [全文を読む]

小栗旬『信長協奏曲』最終回に批判殺到、米倉涼子『ドクターX』前作超えも“続編予定なし”?……連ドラ総まとめ

日刊サイゾー / 2014年12月25日00時00分

最終回ラッシュもひと段落した10月クールの連ドラ。各作品の全話平均視聴率を、ランキング形式で振り返ります(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。1位『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/木曜21時~)22.8%2位『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系/水曜22時~)16.0%3位『科捜研の女』(テレビ朝日系/木曜19時58分~)12. [全文を読む]

「ドクターX」最終回拡大SPで未知子が号泣! “失敗しない女医”が最愛の人のオペに挑む!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月16日21時59分

米倉涼子演じる一匹狼のフリーランス外科医・大門未知子の活躍を描くドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が、12月18日(木)にいよいよ最終回を迎える。12月11日の第10話まで10話連続で平均視聴率20%超え(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)をしてきた同作だが、最終回は90分の拡大スペシャルで放送。未知子の最終決戦の行方に注目が集ま [全文を読む]

『ドクターX』大成功だった米倉涼子の気遣いがすごすぎる!「50万円分の焼肉弁当を差し入れて……」

日刊サイゾー / 2013年12月27日11時00分

米倉涼子が主演する連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の最終回が19日に放送され、視聴率26.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。昨年の民放連ドラトップを獲得した前作の最終回24.4%を上回り、全9話の平均も23.0%となり、こちらも前作の19.1%を大幅に上回った。 「すでにテレ朝としては続編製作を決めて、米倉さん [全文を読む]

人気主演女優「W涼子」の好感度対決!

NewsCafe / 2013年07月01日15時00分

4月スタートのドラマが次々と最終回を迎えるなか、やはり注目度が高かったのは「35歳の高校生」(AX系)と「ラスト・シンデレラ」(CX系)だろう。3年ぶりの同クールドラマとなった米倉涼子と篠原涼子の"W涼子"対決が話題を集めた。平均視聴率はそれぞれ13.2%と15.2%…今回は僅差ながら篠原涼子の主演ドラマに軍配が上がったようだ(ともにビデオリサーチ調べ)。 [全文を読む]

『ガリレオ』勝ち逃げ、嵐・櫻井も猛追! 『雲の階段』惨敗の4月期ドラマ視聴率

サイゾーウーマン / 2013年06月28日13時00分

初回22.6%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得後、4週連続で20%台を維持するなど相変わらずの人気を見せつけたが、最終回は19.1%。初回を超える高視聴率は出せなかったが、平均視聴率19.9%で今期1位に輝き、6月29日に公開となる映画『真夏の方程式』に向けて良い足がかりとなった。 2位は、篠原涼子・三浦春馬・藤木直人がメイン出演した『ラス [全文を読む]

勝因は「女性向けAV」!? 米倉&篠原“W涼子”対決は『ラスト・シンデレラ』の勝利

サイゾーウーマン / 2013年06月14日13時00分

2010年の『ナサケの女~国税局査察官~』(テレビ朝日系)、『黄金の豚‐会計検査庁 特別調査課‐』(日本テレビ系)以来、3年ぶりの同クールドラマとなった米倉涼子と篠原涼子の“W涼子”対決だが、最終回を前に勝敗が見えてしまったようだ。米倉主演の『35歳の高校生』(日本テレビ系)の第9回視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、ついに一桁を記 [全文を読む]

山口智子ドラマ 大コケもDVD化で再評価される可能性あり

NEWSポストセブン / 2013年01月05日07時00分

希望さえ失わなければなんとかなるというメッセージがいい」(ドラマ評論家・丸山タケシさん) 「私、失敗しませんので」を決めゼリフに米倉涼子(37才)がフリーの外科医を好演した『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は、最終回に驚異の24.4%を記録。早くも、「『相棒』に次ぐ看板ドラマとしてシリーズ化はほぼ決定」(テレビ朝日関係者)なんて声が聞こえ [全文を読む]

キムタク神通力もはやナシ! 月9視聴率が米倉涼子に完敗

メンズサイゾー / 2012年10月23日15時05分

その後も関西では5度も30%超えを記録し、最終回は39.3%と40%に迫る勢いだった。陰りが見え始めたのは、09年の『MR.BRAIN』(TBS)だ。初回の24.8%が最高で、以降は伸び悩み、平均値は20.5%。翌年には久々のトレンディドラマで美女たちとの恋模様を描いた月9『月の恋人~MoonLovers~』(フジ)に取り組むも、初回こそ22%だったが平均 [全文を読む]

武井咲『黒革の手帖』最終回13.0%で有終もすっきりしない演出に疑問符

デイリーニュースオンライン / 2017年09月16日16時00分

9月14日に最終回(第8話)を迎えた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)。主演を務める武井咲(23)の結婚・妊娠の話題もあり視聴率を伸ばしてきていたが、さらに前回から1.2ポイント上昇し視聴率13.0%と自己最高で有終の美を飾った。 長谷川会長(伊東四朗)にクラブ「カルネ」を奪われてしまったが、果たして取り戻すことができるのか?それともこれまでの悪事がバレて逮捕 [全文を読む]

“結婚効果”武井咲主演「黒革の手帖」最終回13・0% 自己最高で有終

スポニチアネックス / 2017年09月15日09時19分

今月1日にEXILEのTAKAHIRO(32)と電撃結婚し、妊娠を発表した女優の武井咲(23)が主演を務めるテレビ朝日「黒革の手帖」(木曜後9・00)の最終回が14日に15分拡大で放送され、平均視聴率は13・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を記録したことが15日、分かった。 初回11・7%、第2話12・3%、第3話10・9%、第4話10・7% [全文を読む]

フォーカス