ラブリン 片岡愛之助に関するニュース

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

歌舞伎界初、しかも唯一の仮面ライダー俳優…片岡愛之助 愛之助から連想された“ラブリン”の愛称で知られる歌舞伎役者・片岡愛之助。テレビドラマ「半沢直樹」(2013年)ではおネエ口調のエリート官僚役で注目を集めた彼は、歌舞伎とは無縁のスクリュー製造工場を営む家庭の生まれ。実家の工場で子どもがウロチョロするのは危ないという理由で、松竹芸能のタレント養成所に習い [全文を読む]

【ウラ芸能】片岡愛之助、破局の先に背負うもの

NewsCafe / 2015年06月02日15時00分

デスク「先週発覚したラブリンこと歌舞伎俳優、片岡愛之助(43)と女優、藤原紀香(43)の熱愛だけど、話がこじれてきたな」記者「愛之助は2年半近く交際し、結婚もウワサされたグラドル上がりのタレント、熊切あさ美(34)をバッサリ切り捨てようとしていますが…」デスク「熱愛報道後、熊切が『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で破局を完全否定したから、事態がややこ [全文を読む]

片岡愛之助 梨園の視線もあり…“崖っぷちアイドル”から逃げた!

WEB女性自身 / 2014年04月23日07時00分

「一時期は、結婚秒読みといわれた2人だが、結婚どころかすでに破局していると聞いた」(芸能プロ関係者) 昨年、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で敵役であるオネエ口調の金融庁エリートを演じ、いま引っ張りだこの歌舞伎俳優「ラブリン」こと片岡愛之助(42)。そんなラブリンの「ラブ」を一身に受けていたのが、熊切あさ美(33)。だが、ここにきて暗雲がたれこめている。 2 [全文を読む]

今井翼と歌舞伎共演の片岡愛之助 連日の焼き肉で「破産寸前」

NEWSポストセブン / 2014年10月27日16時00分

「(片岡愛之助の屋号の)松嶋屋! だけじゃなく、翼屋! と声かけがあるのが楽しいんです」 今、ラブリン(愛之助の愛称)や今井翼を一目見ようと新規客で連日大盛況なのが、10月27日まで、大阪松竹座で上演中の十月花形歌舞伎の『GOEMON 石川五右衛門』だ。 愛之助演じる石川五右衛門は、スペイン人宣教師の血を引く赤毛のハーフで、フラメンコが踊れるという“奇想天 [全文を読む]

藤原紀香、星条旗に身を包んだ胸の谷間披露で「ラブリンに怒られない?」の声 5億円披露宴疑惑には、「ラブリンがコブクロを?」と期待

おたぽる / 2016年06月11日09時00分

これにはファンから「胸の谷間、丸見えっす!」「そんなにサービスしちゃって、ラブリンに怒られない?」など、喜びと興奮の声が殺到した。 ミュージカル『南太平洋』は、1949年にブロードウェイで初演され、大ヒットを記録。日本では66年に初演を迎え、今回が7度目の公演となるが、藤原は、昨年の公演に引き続いて、海軍の従軍看護婦・ネリー・フォーブッシュ役で出演。40年 [全文を読む]

片岡愛之助、芸能界のドン「バーニング」を使い「恫喝」?激怒・興奮するも玉砕

Business Journal / 2016年05月25日07時00分

愛之助といえば“ラブリン”の愛称で親しまれ、歌舞伎役者のなかでも抜群の人気を誇るが、知られる通り片岡家の芸養子であるため、いわゆる本家ではない。よって、愛之助と藤原が子宝に恵まれるかどうかということは、片岡家の世継ぎ問題に少なからぬ影響を及ぼすセンシティブな問題でもある。それゆえに藤原が3月31日の結婚会見で「彼の子を産みたいと思うのが女心」と明言したこ [全文を読む]

藤原紀香、55歳秘書役に「ミスキャスト!」と批判の声 片岡愛之助とのツーショットには「ゴツさが目立つ」との指摘も

おたぽる / 2016年05月18日12時00分

3月末に金屏風を背に片岡と肩を並べ結婚会見をした際には、『ラブリンと並ぶと余計にゴツさが目立つな』『幸せアピールがウザい』などと、批判や失笑を買ってしまったようです。さらに、今月10日、“コットンの日”にちなんで、“コットンのもつ優しさや爽やかさ、責任感というイメージにふさわしい著名人”に贈られる『COTTON USA AWARD 2016』の授賞式に、俳 [全文を読む]

【ウラ芸能】松也、愛之助が嫌われるワケ

NewsCafe / 2015年12月05日15時00分

というより、会見の態度です」デスク「ああ、そうなんだ…」記者「ラブリンなんて愛称で持ち上げられ、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で大ビレークしてからは、いろんな会見に出る立場になりましたが、態度が悪化しています」デスク「質問には笑顔で真摯に答えるタイプでは? ラブリンの名が泣くぞ。さんざんノロケてるし…」記者「ちょっと変化してきました。先日、本業の歌舞伎の会 [全文を読む]

片岡愛之助、紀香との来年結婚報道は「半沢直樹」スピンオフ作品の布石!?

アサ芸プラス / 2015年10月20日05時59分

「“ラブリン”ブームを巻き起こした『半沢直樹』(TBS系)の続編がついに決定したとの情報が飛び交っています。しかし、主演の堺雅人は2016年に放送される大河ドラマ『真田丸』の出演が決まっているため、続編の放送は早くとも再来年となる。“その間”を片岡主演のスピンオフ作品でつなぐという案が浮上しているようです。おそらく、紀香との結婚もその番宣となるタイミングに [全文を読む]

『半沢直樹』続編が、ついに決定!?「まずは、片岡愛之助のスピンオフで……」

日刊サイゾー / 2015年10月14日11時00分

そんな中、“ラブリン”ブームを巻き起こした『半沢直樹』(TBS系)の続編が、ついに決定したとの情報が飛び交っている。 「TBSの熱意に、ついに主演の堺雅人が根負けしたようです。スケジュールの調整がつかず、一向にやる気を見せない堺にTBSが三くだり半を突きつけ、一時は主演を西島秀俊に交代させるプランも出ていました。しかし、やはり堺でないとファンが納得しないだ [全文を読む]

片岡愛之助の一番弟子・愛一郎がキャラ濃すぎて面白すぎると話題に

AOLニュース / 2015年07月25日12時00分

ラブリンの愛称でおなじみの言わずと知れた、歌舞伎界のプリンス。この半年で歌舞伎の舞台6公演のほかに、ドラマや映画でも活躍。更に現在、CM契... Posted by 櫻井有吉アブナイ夜会 on 2015年7月22日 <関連動画はこちら> ■参照リンク ・『櫻井有吉アブナイ夜会』公式サイト [全文を読む]

藤原紀香 片岡愛之助との熱愛報道も元カノ・熊切あさ美の暴露で泥沼騒動に発展

アサ芸プラス / 2015年06月15日09時57分

人気歌舞伎役者の“ラブリン”こと片岡愛之助(43)との熱愛が報じられた藤原紀香(43)。幸せの絶頂と思いきや、“元カノ”の暴露で三角関係が露呈。四十路女は絶望の淵に立たされたのであった。「熊切さんとは別れたと本人から聞きました。私たちの交際はこれからうまくいきますか?」 新恋人として愛之助との「同棲愛」が報じられる約1カ月前のこと。藤原は信頼する占い師に交 [全文を読む]

テレビで号泣!熊切あさ美と片岡愛之助を引き離した“ある障害”

アサ芸プラス / 2015年06月01日17時59分

彼女は交際中から、ブログで片岡の愛称であるラブリンを連呼したり、ネイルには彼のイニシャルを書くなど親密さのアピールがすごかった。また料理教室などの習い事に通い始めるなど、今年35歳を迎える彼女はなんとしても結婚にこぎつけたかったのでしょう。しかしそんな必死な熊切を前に、遊び人の片岡からは“重い女”として映っていたのかもしれません」(芸能誌記者) 歌舞伎の世 [全文を読む]

歌舞伎俳優・片岡愛之助のおすすめ! 苦みと香りを楽しむ大人のクッキー!

ぐるなび / 2015年05月12日14時10分

4月29日放送の「PON!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前10時25分)では「片岡愛之助さんのラブリンおやつ」と題して、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが「レストラン タテル ヨシノ 銀座」(東京都中央区)を紹介した。 銀座駅から程近いフレンチの名店。愛之助さんのおすすめ、コーヒー豆とマカダミアナッツを練り込んだクッキー「サブレカフェ」は、お土産として人気を集 [全文を読む]

交際継続の片岡愛之助と熊切あさ美、今恐れているのはあの男の存在?

messy / 2015年01月06日17時00分

ラブリン>の愛称で若い女性からオバサマまでとにかく大人気である。 そんなあらゆる方面からモテモテの片岡だが、プライベートでは2013年2月に自称・崖っぷちアイドルの熊切あさ美(34)と堂々の交際宣言。その後、何度も破局説が流れ(その大半は、熊切との交際に反対する片岡サイドからのリークではないかと言われている)、2人揃ってのツーショットを撮られることもなく [全文を読む]

片岡愛之助 妖怪ウォッチ声優の仕事をしても本筋は歌舞伎

NEWSポストセブン / 2014年12月07日07時00分

10年間休み知らずでも、彼とその周りが笑顔で居続ける理由とは? 愛称は、ラブリン。端正な顔立ちから、女性ファンが多いことで知られる彼だが、歌舞伎ファン以外に知られるきっかけとなったのは、おそらく、市川海老蔵(36才)が大けがをして降板することとなった舞台の代役を務めたことだろう。市川宗家のお家芸『外郎売』をわずか3日の稽古で舞台に立ち、拍手喝采を浴びた。以 [全文を読む]

片岡愛之助「楽しくて仕方なかった初めての歌舞伎」

WEB女性自身 / 2014年07月15日05時00分

今や新世代の歌舞伎を盛り上げるシンボル的な存在となった“ラブリン”の胸のうちに迫った。中山「愛之助さんは、もともとは梨園の生まれではないわけですよね」愛之助「実家は船のスクリューのプロペラを作る会社を祖父がやっていまして、その工場が自宅と同じ敷地にある。そんな工場地帯に住んでいるので、子どものときは危ないから外に出るなと。家の中で妹とお手伝いのおばあちゃん [全文を読む]

片岡愛之介『半沢直樹』出演で“嬉しかったこと”

WEB女性自身 / 2014年07月15日05時00分

今や新世代の歌舞伎を盛り上げるシンボル的な存在となった“ラブリン”の胸のうちに迫った。中山「『半沢直樹』はヒットしましたよね」愛之助「テレビで片岡愛之助って歌舞伎役者がいるんだと知って、歌舞伎座に何人来てくれたかなんて普通はわからない。でもあるとき、(市川)海老蔵さんとしゃべってまして、あの方のブログってすごいじゃないですか。それで『面白いからブログやった [全文を読む]

片岡愛之助が解説「歌舞伎の魅力を知る5つ基礎知識」

WEB女性自身 / 2014年07月15日05時00分

今や新世代の歌舞伎を盛り上げるシンボル的な存在となった“ラブリン”が、“歌舞伎”の魅力を知るための5つの基礎知識を解説してくれた。【一、歌舞伎とは“かぶいている人”がやること!】 そもそも歌舞伎のはじまりは、傾(かぶ)いていると言われた人たちがはじめたこと。歌舞伎狂言のなかでかぶけば、何をやっても歌舞伎になるのだ。【二、歌舞伎は“今を映す”時代の最先端!】 [全文を読む]

ラブリン 歌舞伎界入りの背景に“とじこもりがちな少年時代”

WEB女性自身 / 2014年05月13日14時00分

(撮影/小山伸正) [全文を読む]

フォーカス