浅田真央 本郷理華に関するニュース

ピアノソロ楽譜集『フィギュアスケート名曲集~氷上に響くメロディ~ 2016-2017』1月21日発売!国内外の選手達の最新プログラム曲や、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の主人公FS曲を収載。

PR TIMES / 2017年01月12日15時43分

ピアノで華麗なるフィギュアスケートの世界をお楽しみください! ピアノソロ 中上級 フィギュアスケート名曲集~氷上に響くメロディ~ 2016-2017 定価:1,800円(本体価格)+税 仕様:菊倍判縦/128ページ 発売日:2017年1月21日発売予定 ISBN:978-4-636-94378-8 商品コード:GTP01094378 http://www. [全文を読む]

本郷理華、本田真凜…若手女子選手のCM出演でフィギュア界に新時代到来?

アサジョ / 2016年10月07日09時58分

フィギュアスケート選手のCMというと、浅田真央選手と羽生結弦選手が印象的だが、今季のフィギュアスケートシーズンに照準を合わせて、新たなフィギュアスケート選手を起用したCMが登場し、スケートファンの話題を呼んでいる。「本郷理華は、ヘアケアブランド『h&s』の新CMに出演しています。鈴木明子選手を育てた長久保裕コーチの秘蔵っ子の1人で、シニアデビュー2年目の昨 [全文を読む]

浅田真央、現役引退後はテレビ朝日『報道ステーション』スポーツキャスターに内定か

日刊サイゾー / 2017年03月16日07時00分

1年後に迫った平昌五輪代表選考では、今大会は欠場したものの、国際大会で安定した成績を残すエース宮原知子を中心に、三原、樋口新葉、本田真凜、本郷理華、そして奇跡の復活を狙う浅田真央の6人での熾烈な争いが予想される。 「現時点で一番厳しいのが浅田でしょうね。昨年の全日本選手権で12位に終わってしまい、今季のGPシリーズの出場が厳しくなった以上、今年の全日本で [全文を読む]

本郷理華も苦戦!女子フィギュア「平昌五輪出場」への熾烈な代表争い

アサジョ / 2017年03月09日10時15分

昨年、一昨年は四大陸選手権で表彰台に乗り、宮原に次いで平昌五輪出場は濃厚という見方もあったのですが、今季は不調に加え、四大陸選手権でも台頭してきた若手の三原舞依、樋口新葉に順位で下回り、平昌五輪出場に黄色信号が灯っています」(女性誌記者) 五輪出場には女王・宮原選手に三原、樋口、本田真凜、悲願の復活を狙う浅田真央、そして本郷の6人での熾烈な争いが予想される [全文を読む]

浅田真央「夢」と「引退」で揺れ続けた“女王の苦悩”(3)姉・舞に「一緒に戦って」

アサジョ / 2017年03月05日06時00分

姉・舞とは不仲が伝えられた時期もあったが、母の闘病生活を経て和解し、姉が母に代わり支えてきた。「例えば休養問題。15歳から世界で戦い続け、体も心も金属疲労のような状態がずっと続いてきた真央ちゃんに、舞は休息を勧めていました。小さな頃から負けず嫌いで、とにかく跳びまくってうまくなり、いくつになっても努力を欠かさないタイプなことを知っているだけに、妹の体を気遣 [全文を読む]

エース宮原?浅田復活?若手台頭?フィギュア全日本選手権は高橋大輔も予想不能

アサジョ / 2016年12月18日18時15分

「現在世界ランキング1位の宮原知子選手はともかく、今季GPシリーズでは今ひとつだった本郷理華選手、そして浅田真央選手が本気で挑んできますからね。さらに勝ち気で強気な、今年シニアデビューの樋口新葉選手もいます」(スポーツライター) ジュニアの選手も全日本6位までが出場するので、平昌五輪を夢見る世代も表彰台の一角を狙っているはず。なかでも、ジュニアGPファイナ [全文を読む]

練習では飛べたのに…浅田真央、ファイナル進出どころか平昌五輪出場も大ピンチ

アサジョ / 2016年10月24日17時59分

日本からは浅田真央、村上佳菜子、三原舞依、宇野昌磨選手が参戦。結果、男子は宇野選手が圧勝。三原選手はGPシリーズデビューにして3位に入賞。期待された浅田選手は6位、村上選手は10位だった。 初戦のフィンランディア杯のあと、膝に故障を抱えていることを公表した浅田選手は、トリプルアクセルを封印して臨んだ。ショートは5位だったが、トップのアシュリー・ワグナー選手 [全文を読む]

浅田真央 「現役続行宣言」でもくすぶる「すわ引退」事件

アサ芸プラス / 2016年04月17日09時56分

4月2日、女子フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央(25)が、「(来季もまだ)できる」と現役続行宣言し、ファンをホッとさせた。その一方で、過去最低の7位に終わった世界選手権の舞台裏では、「電撃引退」という言葉が飛び交っていたのである。 米国のボストンで開催されていた世界選手権。日本の女子陣は11大会ぶりにメダルなしという結果に終わり、18年の平昌五輪に [全文を読む]

フィギュア世界選手権は浅田真央VS若き新星の世代間闘争!

アサジョ / 2016年03月30日09時58分

過去に3度の優勝経験がある浅田真央選手に期待するファンが多い一方、フィギュア界は若い新星たちの台頭が目立つ。「男女ともにフィギュア界は世代交代が進んでいます。いまや浅田真央選手が25歳と大ベテランの位置にあり、同世代は24歳のアシュリー・ワグナー選手くらいです。表彰台に絡んでくる有力選手ではグレイシー・ゴールド選手が20歳、本郷理華選手が19歳。シニアデビ [全文を読む]

「四大陸選手権」本郷理華の“リバーダンス”ステップを生んだ2人の元選手

アサジョ / 2016年02月23日17時59分

浅田真央選手も以前はステップが苦手で、高橋選手を見て“どうやったらあんなふうにできるんだろう”と言っていたほど。今ではそれがウソのように、ステップで高得点を稼げる選手になっています」(前出・スポーツライター) 技術が生まれ、受け継がれ、フィギュアスケートは進化を続ける。(芝公子) [全文を読む]

「四大陸選手権」村上佳菜子に見せてほしいのは“変顔”より“満面の笑顔”!

アサジョ / 2016年02月14日09時58分

日本からは男子は宇野昌磨、無良崇人、田中刑事、女子は宮原知子、浅田真央、本郷理華が派遣されることになっていたが、浅田真央が出場を辞退し、村上佳菜子の出場が決まった。「村上選手は、今季はグランプリシリーズでも表彰台に乗れず、全日本でも6位という結果に終わっていますが、本人も『せっかくの回ってきたチャンスなので、それをつかみ取って来シーズンにつなげたい』と語っ [全文を読む]

浅田真央「四大陸選手権欠場」で皮算用が狂った人々とは?

アサ芸プラス / 2016年01月22日09時58分

日本からは宇野昌磨、無良崇人、田中刑事、宮原知子、浅田真央、本郷理華の各選手が出場する予定だったが、1月15日、スケート連盟は浅田選手の辞退と、補欠の村上佳菜子選手の出場を発表した。「当初、浅田も出るとあって旅行会社では航空券、観戦チケット、宿泊をセットにしたツアーをいくつも売り出していました」(スポーツライター) 日本から近いだけに、今どき2~3万円台と [全文を読む]

【フジテレビ】大会史上初「滑走順抽選」を独占インターネット生中継!『全日本フィギュアスケート選手権2015』!12月24日(木)~12月28日(月)

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

また女子では、1年の休養を経てこの全日本選手権に照準を絞り復帰した浅田真央、そして「浅田真央を見て育ってきた世代」の、去年の女王にして世界選手権銀メダルを獲得した17歳の宮原知子をはじめ、躍進が止まらない本郷理華、そして昨年衝撃的なデビューを飾った樋口新葉ら続々と若い選手が台頭してきており、彼女たちの激しくも華やかな戦いに注目が集まります。 [全文を読む]

浅田真央の復帰に立ちはだかる若きライバルたち

アサ芸プラス / 2015年06月18日09時59分

「15‐16フィギュアスケート/グランプリシリーズ」に参戦が決定した浅田真央。復帰表明時、指導する佐藤信夫コーチは「(グランプリシリーズの出場は)急ぎたくない。無理も出てくる」として、全日本選手権を目安に「まずは半年間しっかりと練習して、そこでまた判断したい」と語っていた。 しかし、出場が正式に決定したということは、1年間のブランクをものともせず実戦で十分 [全文を読む]

ブランクの心配は不要! 浅田真央の本当の完成はこれから期待できる

週プレNEWS / 2015年05月27日13時50分

5月18日、フィギュアスケートの浅田真央(24歳)が現役続行を表明。 自ら座長を務めるアイスショー「ザ・アイス」の発表会見で「1年間休養してきたのですけど、自然と試合が恋しくなり、試合でいい演技ができたときの達成感をまた感じたいなと思い始めたのもひとつの理由です」と語った。 彼女の復帰は、日本フィギュア界すべてが歓迎するものである。以前、日本スケート連盟の [全文を読む]

浅田真央「現役続行」に若手ホープがパニックに!

アサ芸プラス / 2015年05月22日09時59分

5月18日、1年間の休養を経て、浅田真央が現役続行を表明した。あの華麗な演技をもう1度見たいと切望していたファンには、待ちに待ったうれしい発表となった。 が、一方で複雑な心境なのが女子フィギュアの若手選手たちだ。なかでもこれからの活躍を期待される樋口新葉、本田真凛、青木祐奈といったホープたちにとっては、人ごとではない切実な事態なのだ。 5月16日放送のスポ [全文を読む]

浅田真央“現役続行”の思いを奮い立たせた「五輪で金」と「ソチのリベンジ」

アサ芸プラス / 2015年05月14日17時59分

一部スポーツ紙が報じた「浅田真央現役続行」のニュースがファンを歓喜させている。「浅田の後輩としては、村上佳菜子、本郷理華、宮原知子らがいますが、安定した強さはまだない。一番の違いは“華”でしょうか。浅田の持つカリスマ的な魅力に欠ける。大会を見ていても“やはり浅田がいなければ‥‥”という感は否めません」(スポーツ紙記者) だが、ここで心配なのは、ほぼ1年間選 [全文を読む]

新世紀の王者・女王は誰に?シーズンラストを飾る世界最高峰の氷上決戦スタート!

Woman Insight / 2015年03月26日18時00分

羽生結弦選手が初の世界王者に輝き、国民的ヒロイン浅田真央選手が五輪の雪辱を果たし、三度目の女王となった、満員のさいたまスーパーアリーナでの激闘から1年、今年もまた世界最高峰の戦い『世界フィギュアスケート選手権2015』がはじまります! 【世界フィギュアスケート選手権2015 On-Airスケジュール】 ■3月26日(木) 19:00~21:24 女子ショー [全文を読む]

浅田真央の叔父「五輪出場ない」宣言で懸念される、“アノ悲劇“の再発

tocana / 2014年12月10日08時00分

9日発売の「女性自身」(光文社)に、浅田真央の叔父が登場し、彼女の今後について「平昌五輪の出場はないだろう」と語った。記事によると、浅田本人の口から直接叔父にその決心を伝えられたかは定かではないが、その口調には"確信がこもっていた"と記されている。 「荒川静香さんは、24歳の時にトリノオリンピックの金メダリストとなりましたが、これは五輪女子フィギュア史上最 [全文を読む]

羽生を超える大躍進! 女子フィギュア三原舞依の快挙の要因は「真央イズム」

アサジョ / 2017年04月06日07時15分

三原選手は浅田真央選手の大ファンで、いつも浅田選手のビデオを見てイメージトレーニングをしています。諦めずに最後まで頑張るという浅田選手がこれまで見せてきた強い姿勢が、三原選手を奮い立たせたのではないでしょうか」(スポーツライター) 挽回してみせた三原選手も、急遽出場の本郷選手や初出場の樋口選手も、どれほどのプレッシャーと闘ったことか。それを想像すれば、3枠 [全文を読む]

フォーカス