浦和レッズ 槙野智章に関するニュース

鈴木奈々が暴露連発…おバカタレント急増で無礼キャラに転向か

デイリーニュースオンライン / 2016年02月13日07時30分

浦和レッズに所属するサッカー日本代表・槙野智章(28)のプライベートを暴露するも、その内容に「デリカシーなさすぎ」「口軽い」と批判が殺到している。 番組では、ゲストの浦和レッズチームと、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(35)と鈴木奈々を加えた嵐チームが体感型ゲームで対戦。「ショットガンディスク」というゲームでの対戦前、鈴木奈々が「槙野さんに [全文を読む]

ユーザー選出のJリーグ年間ベスト11が決定! 最多得票は横浜FMのMF齋藤学!

超ワールドサッカー / 2016年12月16日23時30分

年間2位の浦和レッズからは3名、年間3位の川崎フロンターレからも3名が選出されました。その他、サンフレッチェ広島から1名が選出されています。▽12月20日(火)の18:30より横浜アリーナにて2016シーズンの年間表彰式「2016Jリーグアウォーズ」が開催され、今シーズンのJリーグの各賞が表彰されます。本家のJリーグアウォーズもお楽しみに。◆超WSアウォー [全文を読む]

浦和が大逆転でACLベスト4進出! 後半怒涛の猛攻撃で川崎に4得点大勝

サッカーキング / 2017年09月13日21時21分

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝・セカンドレグが13日に行われ、浦和レッズと川崎フロンターレが対戦した。 8月23日に等々力陸上競技場で行われたファーストレグでは、ホームの川崎が3-1で浦和に勝利。川崎はこの試合に引き分け以上でベスト4進出が決まり、敗れても点差次第では勝ち抜けられる優位な立場となっている。一方の浦和は、逆転でのベスト4 [全文を読む]

前回とメンバー編成はどう変わった?サッカー日本代表を考察

サイクルスタイル / 2017年08月24日22時16分

前回、それまで守護神として活躍していた西川周作(浦和レッズ)が落選し、中村が初選出。リーグでの活躍が認められた。〈CB〉吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)三浦弦太(ガンバ大阪)昌子源(鹿島アントラーズ)【IN】植田直通(鹿島アントラーズ)【OUT】槙野智章(浦和レッズ)CBとして今回は槙野が外れ、植田が選出。槙野は前回の豪州戦の高さに対抗するため左S [全文を読む]

−選手の全力プレーが、プレゼントに。− 新しいサッカーチャリティの形『after the match, project』を実施

PR TIMES / 2013年06月14日10時08分

今回のスペシャルマッチでは、中村俊輔選手(横浜F・マリノス)、槙野智章選手(浦和レッズ)、柏木陽介選手(浦和レッズ)、柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)らがこのプロジェクトに賛同して参加を予定しています。また、中村俊輔選手は「より多くの子供たちにボールをプレゼントできるよう、いつも以上に全力でプレーしたいと思います」とコメントし、槙野智章選手は、「全力でピッ [全文を読む]

【浦和レッズ・日本代表DF槙野智章選手に聞く ≪後編≫】誰よりもSNSを積極的に活用する理由

サイクルスタイル / 2017年09月01日20時30分

ただ単に自分がどうこう、ということを発信するためではなくて、浦和レッズにはこういう選手がいますとか、今はこんな刺激をもらっていますといったことを槙野智章という人間を介して、いろいろな人にサッカーをより広く知ってもらうための発信をしているつもりです。使い方や発信の仕方を間違えてしまえば自分が追い込まれる、あるいは自分がマイナスに見られても仕方のないツールでも [全文を読む]

浦和が死闘制し大逆転でACLベスト8進出! 延長後半に森脇良太が決勝弾

サッカーキング / 2017年05月31日22時05分

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16・セカンドレグが31日に行われ、浦和レッズは済州ユナイテッド(韓国)と対戦した。 アウェイでのファーストレグを0-2で落とした浦和。勝利が必須の中、ファーストレグからは先発を2人変更してきた。宇賀神友弥に代わって駒井善成が、ズラタンに代わって李忠成が起用されている。 ファーストシュートは浦和。1分、右サイドか [全文を読む]

乾が2年ぶりの代表復帰、ブルガリアの加藤がサプライズ選出…日本代表メンバー発表

サッカーキング / 2017年05月25日15時30分

GKではしばらく正GKを務めた西川周作(浦和レッズ)が外れた。代わりに東口順昭(ガンバ大阪)が選出され、中村航輔(柏レイソル)も選ばれた。 サイドバックでは宇賀神友弥(浦和レッズ)がヴァヒッド・ハリルホジッチ監督体制では初選出。MF陣では加藤恒平(REC・ペロエ・スタラ・ザゴラ)がサプライズ選出。ケガで戦線を離脱していた今野泰幸(ガンバ大阪)も選ばれた。 [全文を読む]

“さいたまダービー”を制すのは橙か赤か…昨季の熱戦を写真でプレイバック

サッカーキング / 2017年04月29日12時00分

4月30日、大宮アルディージャと浦和レッズによる“さいたまダービー”が、NACK5スタジアム大宮にて開催される。今シーズンいまだ公式戦で勝利のない大宮とリーグ戦4連勝で首位に立つ浦和。ここまで対称的なシーズンを送る両者によるダービーは、一体どちらに軍配が上がるのか。 J1、J2リーグ戦の通算対戦成績は、大宮から見て8勝6分け12敗となっている。ともに熱戦と [全文を読む]

浦和から4選手! Jリーグのベストイレブン発表《2016 Jリーグアウォーズ》

超ワールドサッカー / 2016年12月20日19時39分

▽ベストイレブンに最も多く名を連ねたチームは、年間勝ち点1位を記録した浦和レッズで4選手。GK西川周作、DF槙野智章、MF阿部勇樹、MF柏木陽介が選ばれた。 ▽年間勝ち点2位の川崎フロンターレからは、MF中村憲剛とFW小林悠の2選手。チャンピオンシップを制した鹿島アントラーズからは、DF昌子源のみが選出された。 ▽なお、ヴィッセル神戸からFWレアンドロが [全文を読む]

浦和レッズDF・槙野智章、川崎F戦に勝利で皆へ感謝...「みんなの力で掴んだ今日の大逆転劇!皆さんに拍手」

サイクルスタイル / 2017年09月14日20時30分

ACLチャンピオンズリーグ(AFC)準々決勝セカンドレグで川崎フロンターレに奇跡の逆転勝利を挙げ、準決勝進出を決めた浦和レッズの槙野智章選手が9月13日、インスタグラムを更新した。 「フロントの皆さんは朝からビラ配りをしてくれた。ファン、サポーターの皆さんは声をからしながらずっと応援してくれた。後は選手の俺たちがやる番だった。信じる気持ち、諦めない気持ち。 [全文を読む]

ドルトムント、19歳モルの2得点で浦和に逆転勝利! ゲッツェ復帰に花を添える

サッカーキング / 2017年07月15日21時09分

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日に行われ、浦和レッズとドルトムントが対戦した。 昨シーズンのドイツカップ戦王者をホームに迎える浦和は槙野智章、柏木陽介、ドルトムントのピーター・ボス監督ともプレー経験のある阿部勇樹らが先発。対するドルトムントはマルセル・シュメルツァー、クリスティアン・プリシッチ、ピエール・エメリク・オーバメヤンらが先発 [全文を読む]

浦和、3名が日本代表へ…初選出の宇賀神「支えてくれる人のおかげ」

サッカーキング / 2017年05月25日16時58分

浦和レッズは公式HP上で選出された選手達のコメントを掲載した。 浦和レッズから日本代表に選ばれたのはDF槙野智章、DF宇賀神友弥、MF遠藤航の3選手。それぞれが日本代表に対する意気込みを語った。 以下、3選手のコメント。 ■槙野智章 「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。最終予選突破に向けて非常に重要な一戦になりますし、日本代表という期待と責任 [全文を読む]

“因縁の一戦”再び…火花散る浦和対鹿島、昨季のCS決勝を写真で振り返る

サッカーキング / 2017年05月03日20時50分

2017明治安田生命J1リーグ第10節、首位に立つ浦和レッズの相手は3位の鹿島アントラーズ。昨季の明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦以来、埼スタで浦和が鹿島と相まみえる。 昨季のCS決勝では浦和が敵地で先勝したものの、第2戦で金崎夢生が2得点をマークする活躍で、鹿島が勝利。2戦合計2-2となり、アウェイゴールの差で鹿島が年間王者に輝い [全文を読む]

決勝PK献上の浦和DF槙野智章「跳ね返す力と、我慢する力がなかった」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年12月04日12時44分

▽3日、明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で鹿島が勝利。2戦合計2-2となるもアウェイゴール数差で鹿島がリーグ優勝を達成した。 ▽試合後、リーグ優勝を逃した浦和レッズのDF槙野智章がミックスゾーンで取材に応対。チャンピオンシップでの敗退に悔しさを見せた。 ◆DF [全文を読む]

ゴールよりも無失点とキーマン封じに喜び…DF槙野智章「昔は4-3でも勝てれば良いと思っていたけど…」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年11月30日13時34分

▽明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝が29日に県立鹿島サッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズvs浦和レッズはアウェイの浦和が1-0で先勝した。 ▽試合後、ミックスゾーンでの取材陣のインタビューに応じた浦和レッズのDF槙野智章は守備に重きをおいたプレーぶりについて、「ゴールを取る喜びよりもゼロに抑える喜びと相手のキーマンを抑える喜びを [全文を読む]

恩師・ミシャ監督へタイトルを誓う浦和DF槙野智章「明日こそ本当の笑顔を見せてもらう」《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2016年10月14日22時37分

▽2016 JリーグYBCルヴァンカップ決勝を翌日に控えた浦和レッズが14日、前日公式練習を行った。 ▽決勝の会場となる埼玉スタジアム2002のサブグラウンドと、埼玉スタジアム2002で約1時間15分に渡ってトレーニングを行った浦和。トレーニング後、DF槙野智章が記者の質問に応対。ガンバ大阪への思いや、ペトロビッチ監督にタイトルを贈りたと意気込みを語った。 [全文を読む]

レーティング:大宮アルディージャ 0-1 浦和レッズ《J1》

超ワールドサッカー / 2016年05月08日18時00分

▽8日にNACK5スタジアム大宮で明治安田生命J1リーグ・1stステージ第11節、大宮アルディージャvs浦和レッズの“さいたまダービー”が行われ、1-0で浦和が勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽大宮アルディージャ採点(C)CWS Brains,LTD.GK1 加藤順大 5.5失点場面は相手を褒めるべき。その他の場面では好守を見せて最少失 [全文を読む]

レーティング:浦和レッズ 2-1 ヴァンフォーレ甲府《J1》

超ワールドサッカー / 2016年04月01日21時46分

▽1日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第5節の浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府は、2-1で勝利した。これで浦和はリーグ3連勝。対する甲府は4戦未勝利となった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽浦和レッズ採点(C)CWS Brains,LTD.GK1 西川周作 5.5終盤に訪れた1つのピンチを凌ぎ切れず失点。 [全文を読む]

悪ふざけ?愛情?浦和マスコット「レディア」の“逆選挙活動”に槙野やOBが反応

ゲキサカ / 2016年02月17日18時14分

Jリーグマスコット総選挙の結果で、浦和レッズのマスコットキャラクター『レディア』が最下位になったことに選手やOBが反応して話題になっている。 同企画は13年より始まったもので、今年で4回目。「Jリーグマスコット総選挙投票ページ」の各マスコットごとの投票ボタンを押してツイートする形で、投票を受け付けていた。12日に投票が締め切られ、16日より段階的に最終結果 [全文を読む]

フォーカス