レギュラー番組 明石家さんまに関するニュース

【ベッキー騒動】テレビ各局は視聴率上昇、出演CM商品“不買運動”で二極化の動きに

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日08時00分

だが、レギュラー番組に関しては改編後も「続投」との意志をテレビ局サイドが示しており、それに反発の声が強まっている。 ■CM打ち切り続出も…番組レギュラーは生き残り? 騒動前はCM契約10社の超人気タレントだったベッキー。しかし、不倫疑惑の発覚後に太田胃散が早々にCM打ち切りを決定。それをきっかけに様子見していた他社も続々と追随し、大半の契約を失うことになっ [全文を読む]

小出恵介の代役志願?木村拓哉が立候補した“お蔵入りドラマ”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日08時25分

CMの契約も次々と打ち切られ、木村のレギュラー番組はラジオ1本のみ。俳優としては嵐・二宮和也(34)主演の映画『検察側の罪人』が予定されているだけ。時間が有り余っている木村であれば小出の出演部分の撮り直しは十分可能だ。 「小出の不祥事によって、キムタク版『Jimmy』に差し替えられるとなれば話題性は十分。しかし、実際は問題が山積みであり得ない話です。しかし [全文を読む]

“島田紳助”への思い、さんまが吐露「帰ってくるのはココやな」

日刊大衆 / 2016年12月02日19時00分

さらに、さんまは今年9月に最終回となった自身のレギュラー番組『さんまのまんま』(フジテレビ系)の裏話も告白。「ぶっちゃけた話すると、『さんまのまんま』二年延ばしたのは、紳助帰ってくると思って。(復帰は)『さんまのまんま』からだと思って。紳助帰るとこ、最初ココやなと思ってたから」と語り、これには神妙にさんまのインタビューVTRを見ていたアンジャッシュの渡部 [全文を読む]

アンタ柴田、ついに「ザキヤマ超え」で“コンビ復活”近し?

日刊大衆 / 2016年10月26日22時00分

しかし、地道に仕事に向き合っていたことが功を奏したようで、現在ではレギュラー番組を11本持つまでに。一方の山崎はレギュラー番組7本で、レギュラー番組の本数だけを見ると、相方をも上回る活躍ぶりだ。 10月15日には、柴田は『お笑い演芸館』(BS朝日)で、ピン芸人のヒロシ(44)とのコンビで7年ぶりにテレビで漫才を披露するなど、着々と活動の場を広げている。この [全文を読む]

60歳にして神格化されない「所ジョージ」が辿り着いた境地とは?

しらべぇ / 2015年07月28日11時00分

画像は日本テレビ公式HPのスクリーンショット http://www.ntv.co.jp/warakora/ 現在、1週間ほぼ毎日レギュラー番組を持っている芸能人といえば、すぐに名前が浮かぶのは、有吉弘行とマツコ・デラックスであろう。 両者とも各テレビ局で多くの冠番組を持ち、それぞれの番組で成果をあげている。 だが、今、毎日レギュラー番組がある芸能人は彼らだ [全文を読む]

今一番面白い・実力があると思う、お笑いタレントは?理由は?伸び悩む若手、健在の大御所

Business Journal / 2013年11月13日07時00分

現在も『さんま御殿』(日本テレビ系)、『さんまのまんま』(関西テレビ系)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)など地上波だけで5本のレギュラー番組を抱えている。「さんまさんが出ている番組は見ちゃいます。どんな番組でも面白い」(30代女性)、「機転の利いたおしゃべりから、頭の回転の良さが伝わる」(60代男性)、「個人でも面白く、ほかの人も面白く見せること [全文を読む]

ダウンタウンの出演料は1本1,000万円!? 降板もウワサされる大物司会者9人たちのギャラは?

tocana / 2017年07月24日09時00分

それに伴い、現在同局でメインのレギュラー番組を持ち、高額ギャランティが支払われている大物芸能人たちにも大ナタが振るわれるといわれている。 しかしそもそも論として、大物MCと呼ばれる人々は一体どの程度の金銭を受け取っているのか。関係者から、フジテレビでレギュラー番組を持つ芸能人たちのギャラ事情を聞いた。「SMAPがなくなった今、フジでレギュラー番組を持ってい [全文を読む]

たけし・タモリ・さんま テレビから消えてほしくないお笑いBIG3は?

しらべぇ / 2016年10月13日20時00分

また、さんまも30年続いた『さんまのまんま』が2016年9月25日をもって終了していたりと、さまざまな事情によってレギュラー番組が終了していることも事実。それでも、キャラや人柄がまったく違う3人は、テレビに欠かせない人物であることに間違いないだろう。どのようにして芸能生活を終えるのか、その日がくるまでお茶の間を笑わせてほしい。・合わせて読みたい→若手芸人に [全文を読む]

SMAP中居は解散後も高値? 人気芸能人の「最新ギャラ事情」

日刊大衆 / 2016年10月09日16時00分

月~金の『いいとも』の司会をサラリーマン以上に勤勉に務め上げた結果が、合計120億円といわれる莫大な額になったわけです」(テレビ誌記者) 他にも多数のレギュラー番組を抱えていたタモリだが、『いいとも』なくして現在の“資産家タモリ”の姿がなかったことは確かだ。「タモリは都内・目黒の一等地に土地百数坪、地上3階建ての豪邸を建て、総額7000万円といわれるクルー [全文を読む]

明石家さんまがお笑い界を向上させる新番組スタート!

Smartザテレビジョン / 2015年02月27日18時36分

さんまの土曜夜フジテレビレギュラー番組への出演は「オレたちひょうきん族」('81年~'89年)以来26年ぶりとなる。 '08年放送の「FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」のコーナー企画「向上委員会」と'13年放送の「FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」のコーナー企画「明石家さんまの大反省会」が進化 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋がさんまとの共演で見せた“さりげないアシスト”。

TechinsightJapan / 2014年05月19日19時30分

大泉は今でも、北海道に3本のレギュラー番組を抱えている。これに驚いた明石家さんまが、「えっ、週に3回くらい(北海道に)帰ってるの?」と訊ねた。 実際に北海道に帰るのは月に3回くらいのようだが、大泉は自身のレギュラー番組ならではの“特徴”について語った。「1回ロケに行ったら、下手したら4週くらい(の放送時間分)は撮れちゃう」というのだ。大人気番組『水曜どう [全文を読む]

IMALU「(明石家さんまは)反面教師だと思う」

Entame Plex / 2017年08月28日21時40分

AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて毎週金曜夜10時より放送中の、お笑いコンビ:キングコングの西野亮廣のレギュラー番組『エゴサーチTV』。8月25日の放送回では、タレントのIMALUがゲスト出演した。本番組は、“エゴサーチ(=インターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと)”が得意な西野がMCを務め、毎週迎 [全文を読む]

意外に大差!?「お笑いBIG3」一番人気は誰?

日刊大衆 / 2017年08月15日08時05分

それぞれ現在もレギュラー番組を抱えており、お笑い界やテレビ業界にとってなくてはならない存在である。そこで今回は、20代から60代までの男女100人に、“お笑いBIG3”の中で最も好きな人をリサーチしてみた。 まず第3位(28%)となったのは、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)を30年以上続け、日本の“お昼の顔”だったタモリ。最近では『ブラタモリ』(NHK [全文を読む]

【独自入手】芸能人長者番付トップ10! 最高収入者は8億5千万円!? 大御所がズラリ

tocana / 2017年08月13日08時00分

「テレビのレギュラー番組などのギャラを合わせれば余裕で5億は超えています。ただし、映画監督としての収入や印税がこれとは別に入るはずなので、それらを総合するともっと年収額は上がるはずです」(テレビ業界関係者) これ以上の年収も想定されるとは……。さすがの一言だ。【3位】笑福亭鶴瓶・浜田雅功 7億円「多数のレギュラー番組を持つ鶴瓶さんと浜田さんはともに7億円が [全文を読む]

仕事においては2〜3割の人が「そこそこの成功」にたどり着ける? クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方

lifehacker / 2017年06月30日06時30分

テレビでレギュラー番組を多く持ち、億万長者になっている人たちです。ただし彼らは、後世にわたって名をとどろかせるお笑いビッグ4(冒頭で触れたビートたけし、タモリ、明石家さんま、松本人志)ほどの大成功者とはいえない。そのくらいの状態を、「そこそこの成功」と呼んでいるのです。野球でいうなら、一軍のレギュラーになるクラス。イチローや王選手のようなレジェンドとまでは [全文を読む]

「タレントランク」2位!博多大吉がさんま、ダウンタウンより優れているワケ

アサジョ / 2017年06月23日10時14分

コンビで3本のレギュラー番組をもち、大吉単体でもテレビ、ラジオ、WebTV6本のレギュラー番組があり、不定期やゲスト出演番組も多数抱えている。 その人気の秘密はどこにあるのか? 芸能ジャーナリストに聞いた。「番組制作関係者からは『急な指示カンペを出しても、こちらの意図通りに動いてくれる』進行の救世主のような存在だと絶賛されています。芸人が多く出ていると、い [全文を読む]

八木亜希子が語る『明石家サンタ』で学んだアナウンサーの原点

文春オンライン / 2017年06月03日11時00分

◆ 有賀が「F1」、景子が「ニュース」、私が「笑っていいとも!」 ―― 初めてついたレギュラー番組は『笑っていいとも!』ですか? 八木 そうですね。木曜日のテレフォンアナウンサー(「テレフォンショッキング」で翌日のゲストに電話をかける役割)でした。同期の有賀(さつき)は、車のA級ライセンスを持っていたり、F1が好きだったので『F1中継』の担当。(河野)景 [全文を読む]

さんま 800万円のセット使わず「テレビは空気が大事なんや」

NEWSポストセブン / 2017年04月03日11時00分

その対極にあるのが、長くレギュラー番組を続ける大御所タレントだ。特にビートたけし、明石家さんま、所ジョージの3人は、テレビでその姿を見ない日はない。彼らはなぜ、いつまでもテレビに出られるのか? 彼らの出演番組はなぜ長寿なのか? 吉川圭三氏の新著『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』(小学館新書)は、その謎を正面から解き明かす。 吉川氏は日本テレビで数々 [全文を読む]

和田アキ子に明石家さんま…大物芸能人に見えてきた”カリスマの綻び”

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日07時55分

こうした流れからも他のレギュラー番組も徐々に終了していくのではないかと言われているようです」(芸能レポーター) かつてのテレビを牽引してきた長寿番組が終わりを迎えるとともに、大物芸能人たちもそろそろ引退を迎える日が近づいているのかもしれない。 文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダ [全文を読む]

岡村隆史、2本目の“関西ローカル”レギュラー決定はナイナイ解散への布石?

日刊サイゾー / 2016年10月16日19時00分

ナインティナインの岡村隆史が、関西テレビで初のレギュラー番組を持つことがわかった。タイトルは未定ながら、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が店主を務める飲食店に岡村扮する常連客が訪れ、ゲストに質問をぶつけていくシチュエーショントークバラエティ番組であるという。放送時間は土曜の午後であり、家族で楽しめる内容を目指す。 岡村といえば2013年10月から、朝日放送の [全文を読む]

フォーカス