自民党 野田毅に関するニュース

増税同調の自民 野田政権の援護に駆けつけることありえない

NEWSポストセブン / 2012年05月21日07時00分

野田政権としては谷垣禎一・総裁率いる自民党と組んで「増税党」を作り法案成立を目指しているものの、民主党内からも異論が続出し、いまや八方ふさがりの状態だ。 「増税党」の伴侶となる自民党は、本当に包囲されつつある野田本陣に援軍として駆け付けるのだろうか。NOである。 谷垣総裁は「自民党の考え方と首相の考え方は基本的に同じ方向を向いている」(4月16日の講演)と [全文を読む]

小渕優子氏ら親中派2世の自民党議員 中国側のターゲットに

NEWSポストセブン / 2014年08月21日07時00分

主なターゲットになっているのは、自民党の若手幹部候補だ。 中国が対日政界工作を強める背景には、自民党の世代交代で親中派と呼ばれる議員が急速に減っていることがある。 過去、日中のパイプ役となってきた野中広務氏、加藤紘一氏、河野洋平氏といった自民党の大物親中派議員たちは軒並み引退し、政権への影響力もなくなった。しかも、日中関係が悪化する中、前回総選挙で大量に当 [全文を読む]

「法人税引き下げ」で異なる意見「政府税調」と「自民税調」はどう違う?

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月30日16時30分

一方、自民党税制調査会(自民税調)は、法人税率を引き下げるためには代替財源が不可欠という立場で、野田毅会長は「(政府内で)前寄りか少し前広に議論が進んでいる」と、議論の動きをけん制しているようだ。 議論は12月に与党税制大綱としてまとめられ、最終的に来年の国会に提出される法案となるようだが・・・。この「政府税制調査会」と「自民党税制調査会」には、どんな違 [全文を読む]

総裁なのに総理になれなかった谷垣氏 衆院議長職も厳しいか

NEWSポストセブン / 2012年09月24日16時00分

「素直に石原を支援する気持ちにはなれない」 そう無念の胸の内を漏らしているのが自民党の谷垣禎一・総裁だ。 なにしろ総理の座を目前にしながら、“平成の明智光秀”こと石原伸晃・幹事長の裏切りで総裁選出馬断念に追い込まれたのだから心中穏やかではないのは当然だろう。自民党の60年近い歴史の中で2人目の「総理になれなかった総裁」の不名誉な称号を受けることになった。 [全文を読む]

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

自民党厚労部会(部会長・渡嘉敷奈緒美衆院議員)では、健康被害を懸念する声に一定の理解を示すものの、小規模な飲食店にも摘要されることに異論が続出し、法案が通るメドすら立っていない状態。また、党たばこ議連(会長・野田毅前党税制調査会長)は7日に臨時総会を開催し、たばこ葉農家の保護や小売店、飲食店、旅館・ホテルの経営悪化を阻止するために気炎を上げた。 自民党[全文を読む]

「たばこ部会」が怒号飛び交う紛糾 誰がための対策か

NEWSポストセブン / 2017年05月19日16時00分

このままでは法律なんて絶対にできっこないよ!」 5月15日夕刻から開かれた自民党の厚生労働部会に出席した党幹部は、帰り際にこう吐き捨てた。 この日、同部会では塩崎恭久・厚労大臣も出席し、今国会会期中の法案提出(健康増進法改正)を目指す受動喫煙防止対策の「厚労省案」と「自民党案」の妥協点が諮られ、いよいよ閣議にかける大詰めの段階に入ると見られていた。 ところ [全文を読む]

安倍政権を操るサントリー、「優遇」政策に批判噴出…狡猾な政治家・新浪社長の暗躍

Business Journal / 2017年01月10日06時00分

同7時33分、同ホテル発」(16年10月24日付時事ドットコム「首相動静」より) 懇談会に同席したのは、二階俊博自民党幹事長、高村正彦自民党副総裁、大島理森衆院議長など政府・自民党の要人たちだ。首相が30分余りで退席すると、入れ替わるように菅義偉官房長官が入った。「まるで閣議だね、集まった顔ぶれは」。宴会場から出てきた甘利明元経済財政政策担当相は、記者団の [全文を読む]

覚せい剤逮捕の議員秘書と親密「創価学会の熱心な信者」の“危ない”女性タレントAって!?

日刊サイゾー / 2015年10月09日20時30分

自民党の衆議院議員、野田毅税制調査会長の秘書が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された際、大手新聞社の政治記者が「女性タレントAも危ないらしい」と話していたことがわかった。 逮捕されたのは野田議員の私設秘書、藤木寿人容疑者(39)で、9月下旬に覚せい剤を使用した疑い。警察の取り調べを受けた容疑者の尿検査により覚せい剤成分が検出され、10月1日に逮捕された。容疑者 [全文を読む]

安倍首相“消費増税で党内対立”は確信犯的パフォーマンス?

WEB女性自身 / 2014年11月10日08時00分

「勉強会の講師には、安倍首相のブレーンである本田悦朗内閣官房参与が呼ばれ、消費税再引き上げの時期を 17年4月まで、1年半先送りするよう求めたのです」(自民党担当記者) 10月22日、安倍晋三(60)内閣の目玉だった女性閣僚がダブル辞任した2日後の話だ。全国紙政治部デスクは、「後ろで糸を引いている」のは菅義偉官房長官(65)と解説したうえ、増税議論に冷や [全文を読む]

安倍晋三 庶民を苦しめる大増税「デタラメノミクス」を暴く!(1)携帯電話とパチンコに課税?

アサ芸プラス / 2014年07月22日09時56分

携帯電話やパチンコを標的としたトンデモ新税の創設計画が自民党内で秘かに検討されている──。 こんな衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、先月下旬のことだった。 増税といえば、今年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられたばかり。来年10月には10%へのさらなる引き上げが予定されているだけに、国民の間には「どのツラ下げて」との怨嗟と怒りの声が、燎原の火の [全文を読む]

TPP対策委員長に農業保護派筆頭の西川公也議員 巧妙な人事

NEWSポストセブン / 2013年10月14日16時00分

軌道修正のきっかけを作ったのは、自民党の西川公也TPP対策委員長だ。西川といえば、これまで徹底抗戦派の中心とみられていた人物である。それが交渉中のバリ島で、コメなど重要5品目について「関税撤廃できるかどうか検討する」と記者団に語った。菅義偉官房長官も「西川氏とすれば当然の発言」と路線転換を否定しなかった。 自民党は先の参院選で「守るべきものは守り、攻める [全文を読む]

衆院定数削減 大島理森、高市早苗、岡田克也らの戦いは?

NEWSポストセブン / 2017年04月13日07時00分

青森選出の自民党議員の秘書に対応を聞くと、「地元でもよく聞かれますが、『青森では自民党の4人全員が当選します』としかいえません」と答える。もちろん4人全員が通っても、1人はその後の領地召し上げとなることが不可避だ。◆熊本:「引退に追い込まれるのは野田か、園田か」 自民独占県の熊本には2区の野田毅氏(75)と4区の園田博之氏(75)という2人の長老がいる。 [全文を読む]

食品の消費税率、先進国中で最も高い…偽りの軽減税率、まったく「軽減」ではない

Business Journal / 2015年12月16日06時00分

3カ月に及ぶすったもんだの末、ようやく先週末(12月12日)、自民党が公明党の主張を丸呑みするかたちで、再来年4月に税率を10%に引き上げる消費増税の際に税率を8%に据え置く軽減税率の導入案がまとまった。とはいえ、その中身は問題の先送りと羊頭狗肉の“軽減”で、両党が貴重な時間を建設的な議論に使ったとは言い難い。 両党が真っ向から対立した対象品目については「 [全文を読む]

安倍首相 公示前からの圧勝ムードに党内の反安倍勢力を恫喝

NEWSポストセブン / 2014年12月15日16時00分

そんな惨状だから自民党内では選挙中から「この道の先」をにらんだ権力闘争が進んでいた。 ほんの1か月前、安倍晋三首相の政権基盤は明らかに弱体化していた。景気は急減速、閣僚スキャンダルが連発し、自民党派閥領袖や族議員の有力者からは、消費再増税を先送りして解散という首相の決断にも一斉に反発があがった。 「先送りしただけでは国民は納得しない」(古賀誠・岸田派名誉会 [全文を読む]

財務省シナリオ「増税決め安倍勇退、谷垣か麻生首相」だった

NEWSポストセブン / 2014年11月25日07時00分

そもそも消費増税は民主党の野田佳彦政権と自民党、公明党による3党合意で決まった。それを合意に加わった自民党の安倍晋三政権がひっくり返すというのだから、あらためて選挙で民意を問うのは、政治的にまったく正統性のある手続きである。 3党合意の増税路線に賛成して自民党に投票した有権者からみれば、安倍政権ができたと思ったら突然、公約を反故にして増税先送りでは納得が [全文を読む]

【激震】安倍政権が断行した容赦なき「官僚粛清」の知られざる内幕

デイリーニュースオンライン / 2016年01月21日12時00分

自民党政権時代の閣議案件は、前日の官僚トップで構成される「事務次官等会議」で全会一致で承認されない限り閣議にはかけられないという悪しき慣行があった。このために閣議は完全に形骸化し、単に閣議書に戦国武将ばりに「花押」をしたためる「お習字会」に成り下がっていたくらいだ。安倍総理は第二次政権を発足させるに当たり、「事前審査権」を剥奪し、金曜日の閣譲で決まった [全文を読む]

パチンコ税 勝った時だけ課税するのは税の平等原則に外れる

NEWSポストセブン / 2014年07月04日07時00分

政府・自民党内からはさらに次から次へと新税や増税計画がもちあがっている。怪しい新税計画の筆頭が「パチンコ税」創設だ。 パチンコの景品換金に課税することが検討されており、税収は「1%なら2000億円」という試算もある。徴収の対象はパチンコ店ではなく利用者だ。自民党内に今年2月に設立された議員連盟「時代に適応した風営法を求める会」が打ち出した。メンバーには会長 [全文を読む]

消費増税の理由 ありとあらゆる理屈つけ8回も政府は変えた

NEWSポストセブン / 2013年09月28日07時00分

借金穴埋めのための増税は財務省の悲願であり、同省出身の野田毅・自民党税調会長も「消費税を上げないと財政破綻する。国債大暴落になる」(2010年2月)と財政危機を煽った。 民主党政権は増税反対だったが、菅直人氏が首相になると180度姿勢を転換した。折からの欧州経済危機で「このままいったらギリシャのようになってしまう」(2010年7月)と消費税10%を参院選公 [全文を読む]

たばこ規制推進派の山東昭子議員「屋外喫煙所も整備すべき」

NEWSポストセブン / 2017年04月02日16時00分

超党派の議員らでつくる「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(会長/尾辻秀久・元厚労相)が、厚生労働省が示す屋内禁煙の方向性と歩調を合わせたかと思えば、自民党の「たばこ議員連盟」(会長/野田毅・前党税制調査会長)は、「世界に誇る分煙先進国の実現」を掲げ、一律の規制強化に反対の立場を貫いている。 また、今年2月には民進 [全文を読む]

飲食店禁煙案 BARでは吸えて居酒屋では吸えない矛盾

NEWSポストセブン / 2017年03月12日16時00分

2月中旬に行われた自民党厚生労働部会。河野太郎議員が〈喫煙者はこれまで隣にたばこを吸わない人がいてもお構いなしで吸ってきた〉と話すなど、規制強化に前向きな声が出る一方で、〈飲食業界は命をかけて商売している。喫煙も含めてどういうサービスを行なうか選択肢を残すべきだ〉(岩屋毅議員)と、強硬姿勢の厚労案に懸念を抱く議員も。 今国会での法案提出予定日が迫る3月に [全文を読む]

フォーカス