ドジャース 野茂英雄に関するニュース

【プロ野球】「球場へ足を運んでもらうため」 野球のベストパートナー、テレビ中継繁栄史

デイリーニュースオンライン / 2016年11月21日17時05分

10月2日、サンフランシスコ・AT&Tパークで行われたジャイアンツ対ドジャース戦を最後に、ドジャース専属アナウンサーとしての役目を終え、マイクの前から別れを告げた。 ビン・スカリーは1950年、22歳のときにブルックリン・ドジャースの専属アナウンサーに就任。1958年にドジャースの球団移転に伴い、ビン・スカリーもまたロサンゼルスに移り住んだ。 信条は、華美 [全文を読む]

EXILE ATSUSHI「日本人の心をアメリカの方々に届けたい」メジャーリーグ戦で日本人アーティスト初となる国歌斉唱

Entame Plex / 2016年07月02日16時58分

EXILE ATSUSHI(以下、ATSUSHI)が、7月26日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで行われるメジャーリーグベースボール(以下、MLB)のロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズ戦の試合前のセレモニーで国歌斉唱することが分かった。 ドジャースタジアムはロサンゼルス・ドジャースの本拠地で、かつては野茂英雄や 石井一久、黒田博樹が在籍し活躍 [全文を読む]

【プロ野球】則本昂大(楽天)ら4投手でMBL打線をノーヒットノーラン! 日米野球の名場面をプレイバック

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日17時05分

この年の最大の注目は前年ドジャースに入団し、全米に「NOMOフィーバー」を巻き起こした野茂英雄の凱旋登板だった。 野茂は東京ドームでの第2戦にメジャーリーグ選抜チームの先発として登板。試合は序盤から大きな盛り上がりを迎える。1回表、全日本の1番打者としてパ・リーグ3年連続首位打者のイチロー(オリックス)が打席へ。イチローにはプロ2年目の1993年、新潟・悠 [全文を読む]

ピアザ氏が救世主に名乗り!パルマ買収に興味示す

ゲキサカ / 2015年06月05日17時05分

かつて米大リーグのドジャースやメッツで活躍したマイク・ピアザ氏が、破産宣告を受けたセリエAのパルマの買収に名乗りを上げていることが分かった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 破産宣告を受けているパルマは、4月21日にクラブの売却開始を発表。売却最低額を2000万ユーロ(約28億円)に設定していたが、期日を過ぎても入札はなく、価格は減額されている [全文を読む]

野茂・伊良部・斎藤隆・ダル・上原 MLBが震撼の興奮シーン

NEWSポストセブン / 2015年05月23日16時00分

●野茂英雄「2度のノーヒットノーラン」 (1996年9月17日・ドジャース在籍のロッキーズ戦=クアーズフィールド、2001年4月4日・レッドソックス在籍のオリオールズ戦=キャマデンヤーズ) 両リーグでのノーヒッターは史上4人目(当時。現在は5人達成)。1度目は海抜1600メートルの「最も打球が飛ぶ球場」、しかも雨で試合開始が2時間遅れという悪条件。2度目 [全文を読む]

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日17時05分

球団とも大揉めした末に任意引退という形でドジャースに移籍した。 野球ファンにとってはメジャーリーグへの道が開けたことで「ケガの功名」ともいえるが、当時の近鉄ファンは涙を飲んだ。 ■「もうアンタとは終わってんの!」山崎武司(元オリックスほか) 監督と対立し、大暴れをしたと明かしているのは球界の一匹狼として中日、オリックス、楽天を渡り歩いた山崎武司(元オリッ [全文を読む]

ATSUSHI、日本人初のドジャースタジアムで『君が代』を熱唱

okmusic UP's / 2016年07月02日12時30分

EXILE ATSUSHIが現地時間7月26日、米ロサンゼルスで行われる大リーグ (MLB/メジャーリーグベースボール)、ロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズの試合前のセレモニーで国歌斉唱することが決定した。ドジャースタジアムで『君が代』を斉唱するのは、日本人アーティストとして初めての快挙となる。 【その他の画像】EXILE ATSUSHIドジャー [全文を読む]

【プロ野球】今シーズンに”大記録達成”が期待される選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日16時00分

もし記録達成となれば日米でプレーした投手では野茂英雄(元近鉄、ドジャースほか)以来、広島では北別府学以来の200勝達成となる。 今季は前田健太がドジャース移籍でチームを抜け、黒田に掛かる期待は昨年以上となるだろう。カープファンの心理としては、ぜひ日米通算200勝は本拠地・マツダスタジアムで達成してほしいと願っているに違いない。 ■新井貴浩(広島) その黒田 [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

井川慶(阪神・ヤンキースなど)や中村紀洋(近鉄・ドジャースなど)のように、メジャーではサッパリだった選手も少なくない。 しかし個人個人の日米成績を比較すると、「日本よりもメジャーでもてる力を発揮した」選手が散見される。 たとえば岡島秀樹(巨人・レッドソックスなど)。日本では15年間で38勝40敗50S74H、メジャーでは7年で17勝8敗6S84H。1年ごと [全文を読む]

元ド軍監督 「野茂英雄は日本のジャッキー・ロビンソンだ」

NEWSポストセブン / 2015年05月22日11時00分

「これからどんどん日本からメジャーに行く選手が出てきてほしい」 野茂英雄がドジャースタジアムの狭いクラブハウスで私にそう語ったのは1995年6月のことだった。 所属していた近鉄球団との全面対決、日本球界やメディアからの逆風を受けながらの渡米だった。この発言があったのは、ようやく本来の実力を発揮してトルネードがうなりをあげ始め、アメリカの野球ファンにも注目さ [全文を読む]

長谷川滋利氏のMLB挑戦 野茂が「通用する」と太鼓判押した

NEWSポストセブン / 2015年05月21日07時00分

1995年に野茂英雄氏がメジャーリーガーとして海を渡り、L.A.ドジャースで活躍してから20年。今や日本人メジャーリーガーは通算50人を超える。 その中でも、1997年1月に日本人初となる金銭トレードでオリックス・ブルーウェーブからアナハイム・エンゼルス(いずれも当時)に移籍した長谷川滋利氏は、実は1995年に野茂氏が海を渡る以前から、メジャー移籍に向けた [全文を読む]

MLBへのエース流出球団 翌年の成績が悪化しなくなった背景

NEWSポストセブン / 2014年03月16日16時00分

1995年の野茂英雄(近鉄→ドジャース)を皮切りに、メジャーに挑戦する日本人エースが増えている。ここでは、エースの定義を、移籍前の過去5年で3度以上2ケタ勝利もしくは25セーブを記録した投手としよう。 すると、野茂を始め、1997年の伊良部秀輝(ロッテ→ヤンキース)、1998年の吉井理人(ヤクルト→メッツ)、2000年の佐々木主浩(横浜→マリナーズ)、2 [全文を読む]

大谷翔平 ケガで投げていないことをメジャーはプラス評価か

NEWSポストセブン / 2017年04月18日16時00分

昨年、広島からドジャースに移籍した前田健太(29)は、入団時の健康チェックで右肘に問題が指摘され、契約金100万ドル(1億2000万円)、年俸は8年総額2400万ドル(28億8000万円、単年3億6000万円)と低額に抑えられた前例がある。 日本人選手をメジャーに移籍させた経歴を持つ代理人が声を潜める。 「メジャーのスカウトは本国の球団幹部に逐一状況を報 [全文を読む]

【プロ野球】上原浩治が初失点を喫したのはあの打者!? 日本人メジャーリーガーの米デビュー戦を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月07日16時05分

野茂英雄(元ドジャースほか)が1995年に海を渡ってから22年連続でメジャーリーガーが誕生している。 なかでも野茂、イチロー(マーリンズ)、松井秀喜(元ヤンキースほか)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)らのデビュー戦は注目度が高かったため語られる機会が多く、映像を目にしたことが多いファンも多いだろう。 しかし、現在の活躍の割にデビュー戦があまり語られない選手 [全文を読む]

【プロ野球】神ってるだけじゃない?流行語大賞に選ばれた野球用語…トラキチ、イチローも

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日16時45分

(肩書きは受賞当時) 1985年流行語部門・銀賞 「トラキチ」受賞者:松林豊(阪神タイガース私設応援団長) 1986年流行語部門・金賞 「新人類」受賞者:清原和博、工藤公康、渡辺久信(西武) 1987年特別賞部門・特別賞 「鉄人」受賞者:衣笠祥雄(広島) 1991年表現部門・金賞 「川崎劇場」受賞者:金田正一(元ロッテ監督) 1993年新語部門・銅賞 「 [全文を読む]

【プロ野球】今年はジョンソン(広島)が受賞! 沢村賞にまつわるアレコレを調べてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月27日16時05分

広島の投手としては、昨年の前田健太(ドジャース)に続き2年連続の受賞だ。 これまでに名投手と呼ばれる選手たちがこれまで受賞しきたが、今回は、その「沢村賞」にまつわるエピソードをいくつか紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■プロ野球創成期の名投手・沢村栄治をたたえた「沢村賞」 「沢村賞」は戦前の名投手・沢村栄治に由 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/「あの重大事件」座談会>(3)球団社長をわざと怒らせてメジャー移籍した野茂英雄

アサ芸プラス / 2016年10月16日17時56分

D メジャーリーグは今年、イチローイヤーだったけど、切り開いたのは95年にドジャースと契約した野茂英雄だった。A これは亡くなった近鉄の社長から聞いたんだが、球団が野茂と契約更改の下交渉の時、いきなりホテルの部屋に団野村が現れて、当時まだ認められていなかった代理人交渉をゴリ押し。「6年20億円」という法外な複数年契約を要求した。これは球団社長を怒らせて任意 [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりブッちぎりV」神ってる全裏話(3)広島優勝で前田健太は複雑な心境?

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時56分

A そのマエケンはドジャースで、メジャー1年目の勝利記録で野茂英雄を抜く14勝をあげて、カープの元エースの面目を保った。肘の不安が原因で出来高重視の契約になっているけど、結局、10億円以上稼ぐことになってウハウハ。でも、自分が抜けて優勝したことに、「なんで?」と複雑な心境らしいよ。C マエケンが抜けたことで、開幕前はカープOB以外のほとんどの評論家が広島を [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりリーグ優勝のトピックスは? 広島・劇的優勝の歓喜をもっと噛み締めよう!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日16時05分

その要因がチームを支えてきたエース・前田健太のドジャースへの移籍だった。前田の抜けた穴は埋まるのか……。そんな広島ファンの不安を覆したのは野村祐輔の活躍だった。 昨年はわずか5勝と悔しい結果に終わった野村。だが今季は、3月29日のシーズン初先発こそ黒星に終わるも、4月は3勝0敗と勝ち星を積み上げる。6月には4勝0敗、防御率1.44で月間MVPを獲得。チーム [全文を読む]

杉下茂氏「本物のフォーク投げたのは村田、野茂、佐々木」

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

僕のフォークは、川上さん専用のボール」 その杉下氏にフォークの歴代ナンバーワンを聞くと、「日本の球界で“本物のフォーク”を投げていたのは村田兆治(ロッテ、1968~1990年、通算215勝)、野茂英雄(近鉄→ドジャースほか、1990~2008年、日米通算201勝)と佐々木主浩(横浜→マリナーズほか、1990~2005年、日米通算381セーブ)の3人だけ」だ [全文を読む]

フォーカス