現在 芦田愛菜に関するニュース

イケメンに成長した加藤清史郎くん、濱田龍臣くんが話題に!気になる人気子役たちの「その後」

日本タレント名鑑 / 2016年05月26日12時55分

当時9歳でしたが現在は15歳に。加藤くんに負けず劣らずのイケメンに成長しています。ここでは、以前一世を風靡していた子役たちの近況を探ります。 久しぶりの連ドラ出演で“こども店長”時代とのギャップで驚かせた加藤くん加藤くんは現在14歳。2009年、大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続の幼少期を演じ一躍注目され。“こども店長”のCMで一世を風靡したあとも、映 [全文を読む]

芦田愛菜、思ったことを何でも口にしてしまい、周囲の評価が真っ二つに!?

サイゾーウーマン / 2012年06月27日08時00分

【芦田愛菜さんの仕事運】 芦田さんが、現在の仕事を辞めることはありません。なぜなら、現在の仕事は天性の才能であり、仕事を取ってしまうことは、芦田さんを迷子の状態にしてしまうことになるからです。また、仕事と学業に向けるエネルギーを上手に使い分けることができるので、短期間の小休止も完全な休業もないでしょう。 芦田さんは将来的に、平和運動的なことを考えるようにな [全文を読む]

久しぶりに見た芦田愛菜の“変化”に驚き!すっかり大人っぽい現在

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年04月19日12時05分

(山田貴子) [全文を読む]

芦田愛菜よりも…? 業界で最も評判の悪い子役を聞いてみた結果!

tocana / 2016年05月20日09時00分

現在放送中のドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)は視聴率こそ伸び悩んでいるが、豪華な子役陣が出演していることで話題になっている。いつの時代も子役はテレビドラマに欠かせない存在だが、小さいうちからチヤホヤされることで天狗になってしまうケースも多いと聞く。そこで、一体どの子役が評判が悪いのか関係者に聞いた。 「以前、芦田愛菜ちゃんはかなり調子に乗ってい [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

そして芦田愛菜さん時代を経て現在へ。 “子役ブーム”がとなるには、まずは芦田さんや鈴木梨央さんのように、大人の共演者も感心させる本格的な演技力を持つ“絶対的エース”が一人はいること。その存在があることでフォロワー的にどんどん有力子役が登場してきます。また、その時代を象徴するような、子役がメインで目立つドラマや映画、CMなどの作品が生まれることがポイントと思 [全文を読む]

実はプライドの高い芦田愛菜ちゃん、"いい子"キャラを演じるのはもう限界?

サイゾーウーマン / 2012年01月31日09時00分

現在、たかの友梨のエステのCMへも出演していますが、この起用についてネット上では「親も仕事選べよ」「なんかもう可哀想」「親と事務所は何考えてるんだ」など批判や怒りの声が多いよう。最近は、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)でブレイクした子役、本田望結ちゃんに注目が集まりつつあります。今年も昨年と変わらず、愛菜ちゃん人気は続くのでしょうか? 占い師の先生に鑑定し [全文を読む]

子役の生き残りが激化?芦田愛菜が”最難関校突破”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日11時30分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■水曜10時の女性タイム現在、連ドラで視聴率が取りやすい枠というと、『相棒』でお馴染みのテレ朝水曜9時枠と、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『DOCTORS』のテレ朝木曜9時枠。それに日テレの水曜10時枠である。あっ、ここへきて『逃げるは恥だが役に立つ』のTBS火曜10時枠も注目されつつあるけど――まっ、もう少し様子を見ましょう。中でも、日テレ水曜1 [全文を読む]

元人気子役 芦田愛菜・鈴木福に「TVにいくら映っても…」

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

現在は芦田愛菜や鈴木福といった子役が人気だが、子役の先輩としてどんなアドバイスをするのか。宮脇氏に話を聞いた。 * * * 子役時代は、何でも手に入れることができましたよ。平気で50万、100万の買い物をしちゃってね。車はムスタングを買いました。免許がないから運転手付きです。大人買いといえば駄菓子屋ごと買ったこともあった。たしか30万円でした。 そりゃ、自 [全文を読む]

マルモリからマルサへ!? "芦田マネー"に送られるコワい視線

メンズサイゾー / 2012年01月13日14時15分

現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)に「2億円は稼いだ芦田愛菜ちゃん きっと"マルサ"が狙ってる!?」という記事が出ている。 記事によると、CMのギャラは1本2,000万円近く、期間限定などの単発モノでも500万円程度にまで跳ね上がる。ドラマやバラエティへの出演はいずれも1本100万円の大台を超えており、ざっと概算して、彼女の稼ぎ出した数字は2億をゆうに上回 [全文を読む]

フォーカス