息子 千葉真一に関するニュース

寺尾聰がボコられながらも執念の勧誘! TBS『仰げば尊し』好調の理由は村上虹郎のトカゲフェイス!?

日刊サイゾー / 2016年07月25日20時30分

UAと村上淳の息子・虹郎、千葉真一の息子・真剣佑、中野英雄の息子・太賀、高畑淳子の息子・裕太と、二世俳優たちの出演が話題の同作ですが、中でも虹郎のUA譲りのトカゲフェイスが目を引きますね。 その後、美崎高校に「青島ー! 出てこーい!」ブ~ンブブ~ンとバイクで乗り込んでくる陣内一派。ここに、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)のごとく「ちょっと待ったー!」と丸 [全文を読む]

高知東生容疑者も注目!? 寺尾聰がバイクに轢かれ、頭から煙を……コントみたいなTBS『仰げば尊し』

日刊サイゾー / 2016年07月20日00時00分

不良グループを演じる生徒役には、UAと村上淳の息子・村上虹郎、千葉真一の息子・真剣佑、中野英雄の息子・太賀。さらに、対立する上級生役に、高畑淳子の息子・高畑裕太と、話題作りの意図があってか否か、二世俳優祭りとなっております。 そんな同作の初回平均視聴率は、11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。6.5%だった『HOPE』に圧勝しました。まあ、主 [全文を読む]

筧美和子、イケメン俳優の告白に照れ笑い

モデルプレス / 2015年06月10日16時29分

同作には、筧と同じく俳優の千葉真一の息子で俳優の真剣佑もゲスト出演。主演の竹内涼真は、真剣との共演を「二人のシーンが多く、楽しかったです」と振り返るも、筧とのシーンはほとんどなかったといい「(ほかの共演者との)楽しそうな様子を見ていただけなので、悔いが残っています」と告白し、残念な表情。竹内の思いを受けた筧は照れ笑いしながら「ちょっとご挨拶したくらいでし [全文を読む]

隠し子騒動も影響なし?イケメン俳優・真剣佑が”ブレイク必至”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日11時55分

俳優・千葉真一(77)の息子で、二世俳優としての期待が掛かる真剣佑は、これまでにロサンゼルスで父からの英才教育を受け、英語もペラペラ。空手や殺陣の腕前も一流だという。そんな真剣佑は、2014年から日本での芸能活動をスタートさせ、今年は映画『ちはやふる』や、ドラマ『仰げば尊し』(TBS系)といったヒット作に出演。大器の片鱗を見せつけつつある。来年へのブレイク [全文を読む]

夏ドラマの「主役」は二世俳優 千葉真一やUAの息子も

NEWSポストセブン / 2016年07月12日07時00分

7月8日に放送された『神の舌を持つ男』(TBS系)を皮切りに、夏ドラマがスタートした。今クールの注目は、出演者に二世タレントが多いことだ。中には親のように、演技力だけではなく大物感を醸し出している俳優もいる。注目の二世タレントとドラマの見どころについてテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * これほど二世俳優がそろったクールは記憶にありません。し [全文を読む]

千葉真一の息子・真剣佑 アクション俳優に「なるつもりない」

WEB女性自身 / 2014年08月20日00時00分

8月20日、映画『フライト・ゲーム』のトークイベントが都内で行われ、俳優・千葉真一の息子の真剣佑(まっけんゆう=17)と、お笑い芸人のあばれる君(27)が登場。世界的なアクション俳優を父に持つ真剣佑だが、将来について問われると「アクション俳優になるつもりはないです」とコメントした。 ハリウッドでも活躍しているアクションスター・千葉真一の息子として、幼いころ [全文を読む]

テリー伊藤対談「千葉真一」(4)ハリウッド進出のキッカケは?

アサ芸プラス / 2014年08月01日09時58分

それで今ちょっと息子に力を入れているんですけど。 テリー なるほど。 千葉 もちろん息子だけじゃなくて、僕が生きてるかぎり、日本の映画をどうやったら世界に持っていけるかを考えていきたいと思います。 ◆テリーからひと言 千葉さんは、やっぱり熱いなぁ。すばらしい時間でした! 千葉周作の千葉道場から日本を動かす人材が出たように、ぜひ、平成の千葉道場を作ってくださ [全文を読む]

テリー伊藤対談「千葉真一」(1)新ドラマでは“過去の千葉”像を捨ててみた

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

テリー 息子さんの真剣佑(マッケンユウ)さんはどうですか。17歳の息子さんも、俳優なんですよね。 千葉 俺がいつも台本読んで「うーん」とうなっていると、「どうしたの?」と。 テリー ああ、一緒に住んでいらっしゃるんですか。 千葉 そうなんですよ。今回、台本ができてすぐクランクインだったんですけど、トム・ハンクスを意識した時、あの軽いタッチ、ジャズのような [全文を読む]

「アナから女優へ」野際陽子が戦った偏見

プレジデントオンライン / 2017年06月23日15時15分

NHKの女性アナウンサーとして0.3%の狭き門をくぐり抜け、当時の上司・石田武さんの息子である俳優・石田純一さんからのちに「ちょっと普通じゃない美しさだった」と評されるほどの美貌と聡明さで、花形アナウンサーとして活躍。その後、4年でNHKを退職し、広告代理店を経て、女優へと転じる。留学資金200万円がたまったとして、念願のフランスへ留学し、語学学校へ通い [全文を読む]

“意地悪な女性”役なら天下一品だった故・野際陽子さん、実際には「優しい気遣いの人」だった素顔

日刊サイゾー / 2017年06月17日19時00分

92年のドラマ『ずっとあなたが好きだった』(同)では佐野史郎を演じる息子を溺愛する姑役がハマり、以降はその手のオファーが殺到した。 しかし、2014年にがんと診断され、闘病しながらの仕事となり、倉本聰の脚本作で4月スタートの『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が最後のドラマ出演となった。こちらは姑役ではなく女優役だったが、闘病のため出演は大幅に制限されてもいた [全文を読む]

フォーカス