ドラマ 原田知世に関するニュース

恋愛の神様が描く純愛物語からシュールな超低予算冒険活劇まで!お薦めの2016秋ドラマ作品5選!

日本タレント名鑑 / 2016年09月26日14時55分

ドラマも終わり、そろそろ秋ドラマが始まりますね。秋といえばやはり「芸術の秋」。そして映像の芸術とも言えるたくさんの新ドラマたち。今回は、そんな秋ドラマの中から、筆者の独断と偏見でお薦め作品を5作品ピックアップさせて頂き、ご紹介いたします。気温も下がり、過ごしやすくなる季節だからこそ、ぜひ素敵なドラマで充実した時間をお過ごしください。 「運命に、似た恋」毎 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】原田知世が谷原章介らと打ち上げ。48歳誕生日に「変わらないかわいさ」

TechinsightJapan / 2015年11月28日11時36分

原田知世がヒロインを演じたドラマ『三つの月』の打ち上げが行われた。共演した谷原章介、脚本を手がけた北川悦吏子さんやプロデューサーと素敵な夜景が楽しめるお店で再会。彼女がその風景を投稿したのが誕生日の前日だったこともあり、ファンから祝福の言葉が届いている。 CBCスペシャルドラマ『三つの月』がTBS系で放送されたのは10月3日のこと。北川悦吏子さんによる月シ [全文を読む]

振付師のワザ光る『逃げるは恥だが役に立つ』の恋ダンス

メディアゴン / 2016年12月19日07時40分

保科省吾[コラムニスト]* * *TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の「恋ダンス」はすぐれた演出力の高さを感じさせる職人芸である。まず、このシャレっぽいエンディングを考えた企画がすばらしい。筆者は原田知世版の映画『時をかける少女』(大林宣彦監督)のエンディング以来の衝撃を感じた。この映画のエンディングでは、印象的なシーンのセットそれぞれで、楽曲「時をか [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!金曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時53分

この秋から始まる金曜から土曜に放送する新ドラマの最速情報を紹介する! ■ “最凶の隣人”が菅野美穂を追い詰める 菅野美穂主演で、“最凶の隣人”に追い詰められる主婦を描くサスペンスドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」が金曜夜10時からTBS系で放送。平凡な主婦の亜紀(菅野)は、きらびやかなタワーマンションに引っ越し、同じマンションに住む通称“タワマン主婦”の独自 [全文を読む]

アラ40〜50女性が虜に!気になるドラマ枠「ドラマ10」

WEB女性自身 / 2014年02月02日07時00分

原田知世(46)が主演するNHK「ドラマ10」の『紙の月』(火曜夜10時〜全5回)に、アラ40〜50女性が大注目している。視聴率は初回6.5%から21日放送の第3回は8%に急上昇。世の女性の心に響く秘密はどこにあるのか? 第25回柴田錬三郎賞受賞・角田光代原作の同ドラマ。物語は、子供ができず夫と2人暮らしの主婦・梨花がパートとして銀行で働きはじめ、独居老人 [全文を読む]

ドラマ新シリーズがスタート 『時をかける少女』から羽ばたいた女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年07月05日10時55分

不朽の名作『時をかける少女』が、女優・黒島結菜さんの主演で連続ドラマとしてスタートします(7月9日スタート・日本テレビ系)。これまで何度も映像化され、ヒロインをはじめ多くの人気女優を輩出してきた本作。改めて、これまで映画、ドラマとして製作された『時をかける少女』、そしてどんな女優を輩出してきたかを振り返ってみましょう。 透明感あふれるショートカット美少女・ [全文を読む]

秋ドラマに異変?「平日は女優、週末は男優」に色分けの理由

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

日に日に注目度が高まっている10月スタートの秋ドラマ。人気シリーズの復活や人気俳優の主演など話題作が多いが、テレビ解説者の木村隆志さんが注目したのは主演俳優の性別と放送日の関係だ。深夜ドラマ、時代劇を除くと、放送日が平日の場合は女優の主演作、週末の場合は男優の主演作、ときっちり色分けできるという。いったいなぜか? そのナゾについて木村さんが解説する。 * [全文を読む]

「時をかける少女」が黒島結菜&菊池風磨でドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2016年05月10日05時00分

日本テレビ系では、7月クールの土曜ドラマとして「時をかける少女」を放送することが決定。同ドラマの主演を、これが連続ドラマ初主演となる黒島結菜が務めることが分かった。 原作は、筒井康隆の同名SF小説。'65年の原作発表から50年たちながらも、原田知世、内田有紀、仲里依紗といったその時々の「旬の女優」たちを主役に据えて度々映像化され、年代を問わず愛されてきた「 [全文を読む]

1位はやっぱりあの作品…主婦が選ぶNHK「ドラマ10」名作

WEB女性自身 / 2016年11月23日12時00分

「夫と一緒に見るのはなんだか忍びなくて 録画して、ひとりでこっそり楽しんでいます」 そんな40代以上の女性も多いのが、NHK総合テレビで、開始当初は火曜、今は金曜の夜10時台に放送されているドラマ枠が ドラマ10 。おもに女性視聴者を意識した番組作りが、40、50代女性からの支持を集めている。 「 月9 を卒業してから10年 40代以上の女性たちが『私のた [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】原田知世、谷原章介と“大人”ツーショット公開 「なんか雰囲気似てる」

TechinsightJapan / 2016年11月21日15時39分

女優で歌手の原田知世が、昨年ドラマで共演した谷原章介とのツーショットを披露した。彼女は谷原より実年齢では4歳年上だが、「永遠の時をかける少女」はそれを全く感じさせず若々しい。 カバー・アルバム『恋愛小説2~若葉のころ』リリース・ツアーが11月19日、都内で最終日を迎えた。同アルバムは原田知世の少女時代をテーマに1970~80年代のポップスと歌謡曲をカバーし [全文を読む]

イケメンだけど“棒演技”の斎藤工を巧みに使うNHKの手腕

アサジョ / 2016年10月16日09時59分

現在放送中のドラマ「運命に、似た恋」(NHK)でまたも既婚女性やバツイチ女性を翻弄するイケメン役を演じている斎藤工。「棒演技」で有名な斎藤だが、凛々しいルックスが男の色香を感じさせることから、現在恋愛ドラマに欠かせない役者の1人と言えるだろう。 今作では原田知世が離婚歴のあるクリーニング店で働く中年女性・桜井香澄を演じており、斎藤が演じる人気デザイナー・小 [全文を読む]

小学校までTVのない環境で育った斎藤工が語る北川悦吏子

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

『愛していると言ってくれ』『ロングバケーション』など、数々の名恋愛ドラマの脚本を手掛け、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる北川悦吏子が、NHKで初めて脚本を担当したドラマ『運命に、似た恋』(NHK総合 毎週金夜10時)。同作で高校生の子供を持つバツイチの女性・カスミ(原田知世)と恋に落ちるデザイナー・ユーリを演じるのが、斎藤工(35才)だ。自身も北川の作品 [全文を読む]

大コケ中の日テレ『時をかける少女』最終回にAKB48が生登場……“的外れ演出”にドラマファン困惑

日刊サイゾー / 2016年08月05日20時30分

黒島結菜主演『時をかける少女』(日本テレビ系)の的外れな演出に、ドラマファンから溜め息が漏れている。 同作は、これまで何度も映像化されてきた筒井康隆の青春SF小説の金字塔『時をかける少女』を、現代風にアレンジ。初回の平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずだったものの、第2話で6.6%に急落。第3話はさらに4.6%まで落ち込み [全文を読む]

<なぜ北川悦吏子ファンの演出家は多いのか?>シナリオライター志望者は脚本家・北川悦吏子の文体をマネてはいけない

メディアゴン / 2015年10月19日14時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *ドラマ制作者たちが「北川悦吏子の脚本のト書きは実に優れている」と言うので実際に読んでみた。大体、脚本というのは読み物としては、大変読みにくいものである。舞台の脚本はまだ読みやすい。動きが、舞台設定がわかりやすし、上手下手出入りがあるからだ。ニール・サイモンや井上ひさしにいたっては「舞台より脚本の方が [全文を読む]

“汚れ役”演じた原田知世 クリエイターと離婚も、本音は「もう働きたくない」!?

日刊サイゾー / 2014年02月12日09時00分

今月4日で最終回を迎えた、原田知世主演の話題のドラマ『紙の月』(NHK)。同作で原田が演じたのは、パート先の銀行から1億円を着服し、自主映画制作で多額の借金を抱える大学生に貢ぐ人妻のヒロイン役だ。 原田といえば、映画初主演作『時をかける少女』から清純派のイメージで、年齢を重ねても「ブレンディ」のCMなどで若くみずみずしい役を演じたが、今回のドラマでは本格的 [全文を読む]

NHK「紙の月」で原田知世演じる「中年妻の孤独」に共感集まる

NEWSポストセブン / 2014年01月28日16時00分

* * * 今クールのドラマは、「医療モノ」「刑事モノ」がやたら目立ちます。おそらく、「ドクターX」「相棒」「半沢直樹」といった人気ドラマが放った影響なのでしょう。 まったくの絵空ごとより、「社会と接点のあるリアルな舞台設定」の方が、視聴者の反応がいい。テレビ局がそう「学習した」結果、と言えるのかもしれません。 中でも今クールにおいて、刑事ドラマは約3分 [全文を読む]

いまから注目!朝ドラ「半分、青い。」フレッシュな若手俳優たち

CinemaCafe.net / 2017年08月23日13時00分

」は90年代~00年代にかけて「あすなろ白書」、「ビューティフルライフ」など、数々の大ヒットドラマを生み出した、通称“恋愛の神様”と呼ばれる北川悦吏子が脚本を担当するオリジナル作品。大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもま [全文を読む]

恋愛ドラマの女王・北川悦吏子の新境地! 進化系イケメンドラマ『運命に、似た恋』が面白い

リアルサウンド / 2016年10月21日10時16分

脚本は、連続ドラマは久しぶりとなる恋愛ドラマの女王・北川悦吏子。『セカンドバージン』や『はつ恋』など、NHKは大人の女性と年下のイケメン男性のラブストーリーを作り続け、大石静や中園ミホといった女性脚本家の新境地を切り開いてきた。参考:二階堂ふみのラブシーンはなぜグッとくるのか? 『SCOOP!』の成熟に見る“心のヌード” 本作もまた、その流れを汲む大人のラ [全文を読む]

Coccoの名曲「樹海の糸」がNHKドラマ10『運命に、似た恋』主題歌に決定

okmusic UP's / 2016年08月12日19時00分

Coccoの初期の名曲「樹海の糸」が、9月23日から放送開始のNHKドラマ10『運命に、似た恋』の主題歌に決定した。 【その他の画像】Coccoこのドラマは、“「ラブストーリー」の神様”と呼ばれる北川悦吏子のNHK初執筆作品で、純愛と、宿命と、救済の物語。 原田知世、斎藤工、山口紗弥加、大後寿々花、小市慢太郎、渋谷謙人、西山潤、久保田紗友、草笛光子、奥田瑛 [全文を読む]

6%台でも上出来? 日テレ『時をかける少女』AKB48の生歌にドラマファンはブーイングも、一定の効果

日刊サイゾー / 2016年08月09日21時00分

爆死を連発した黒島結菜主演の日本テレビ系連続ドラマ『時をかける少女』(土曜午後9時~)が8月6日、最終回を迎えた。 初回は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートした同ドラマだが、第2話で6.6%と急降下。第3話では4.6%まで落ち込み、ゴールデン帯では禁断の“5%割れ”を記録。第4話は5.1%と、やや持ち直していたが、最終回では6.6% [全文を読む]

フォーカス