現在 斎藤佑樹に関するニュース

高3夏の甲子園で活躍した投手はプロ野球で大成しにくいのか

NEWSポストセブン / 2013年08月25日07時00分

とはいえ現在、斎藤は二軍で調整中で、一方の田中はプロ野球新記録となる21連勝を達成した。なぜ、2人はこれほどまでに差が開いてしまったのだろうか。 まずは、今年のプロ野球で規定投球回数に達している投手(8月16日現在、記録は以下同)の高校3年時の夏の甲子園出場歴を見てみよう。セ・リーグは15人中3人(外国人投手2人除く)、パ・リーグは14人中4人と意外なほど [全文を読む]

ハム斎藤佑樹二軍落ちでチーム内から「すっきりした」との声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

現在も首位争いを続けている。チーム内からは、「斎藤がいなくなってスッキリした」という声も上がっているという。「持っている」男の復活はなるか。 ※週刊ポスト2012年9月7日号 【関連ニュース】横浜・細山田 柵の外から斎藤佑樹に声かけ「哀れ」の声出る斎藤佑樹 1年間二軍暮らしで鎌ケ谷市への経済効果11億円「鎌ケ谷の皆さんが嫌いでない」斎藤佑樹の経済効果58億 [全文を読む]

早実・清宮幸太郎「ドラフト拒否」の裏工作(2)今後の育て方と弱点

アサ芸プラス / 2017年05月13日17時56分

「侍ジャパンの強化委員会は、現在、プロアマの関係者から東京五輪に向けての強化策についてヒヤリングをしていますが、アマチュア側から『WBCはオールプロでいいが、五輪は、その精神から言ってもアマを加える方向に戻すべきではないか』という意見が強く出されています。1人か2人かアマチュア枠を設ける方向で調整が進みそうですが、そのアマ側の中心人物が東京六大学の幹部です [全文を読む]

さんまにタモリも!才能がすでに枯れていると思う有名人は

しらべぇ / 2016年08月12日05時00分

さらに、現在も活躍はしているが「もう才能は枯れているのでは?」と感じる有名人についても調査をおこなった。■クリエイティブな才能を発揮し続けるのは大変・秋元康48グループの総合プロデューサーの活動が有名だが、作詞を始め、映画の企画・脚本など、幅広く活躍している。バブル世代は、おニャン子クラブを思い浮かべる人も多いだろう。「最近の曲は、どれもピンと来ない。『恋 [全文を読む]

ハンカチ王子からの転落…日ハム・斎藤佑樹の”ごっちゃん体質”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日15時06分

現在は北海道日本ハム・ファイターズ所属の斎藤佑樹(28)投手の登場は、まさにスター誕生だったが──星は地に落ちてしまった。 老舗スポーツ出版社「ベースボールマガジン社」の池田哲雄社長に、斎藤がポルシェをおねだり。最低800万円以上する高級車ポルシェ・マカンを使わせてもらい(注1)、過去にはマンションにも住まわせてもらったことが「週刊文春」(文藝春秋)の取 [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

現在、Googleの検索窓に「斎藤佑樹」と入力すると「斎藤佑樹 引退」という何とも切ない予測ワードが出てくる。 このまま終わってしまうのか、それとも復活するのか。吉井コーチの教えを受けるには、まずは1軍定着が必要だ。 文=落合初春(おちあい・もとはる) スマホマガジン『週刊野球太郎』 『週刊野球太郎』はオフシーズンも毎日更新中!相次いで引退した大物選手の [全文を読む]

高卒後プロで指導者に恵まれた田中と斎藤に差が出るのは当然

NEWSポストセブン / 2014年06月12日07時00分

現在、プロ野球で活躍する1988年生まれ世代は「ハンカチ世代」と呼ばれている。ハンカチと呼ばれるようになったのは、日本ハムの斎藤佑樹が早稲田実業のエースとして、夏3連覇を目指す駒大苫小牧のエース、田中将大と投げ合ったとき、マウンド上で青いハンカチで額を拭う仕草が人気を集めたことからだ。斎藤は早大卒業後、ドラフト1位で日本ハムに入団するも、現在は二軍暮らしが [全文を読む]

斎藤佑樹 二軍で火だるまでも「走り込みは必要ないっス」 チームメイトは「アイツ抜きで優勝しよう」大合唱

アサ芸プラス / 2012年09月14日10時54分

現在の状況に『戻ってこなくていい』と言う裏方さんすらいます。そればかりか、チームメイトの口から『アイツ抜きで優勝しよう』との言葉まで聞こえている」(前出・球界関係者) 崖っぷちに立たされた斎藤は、まだ起死回生を起こせる何かを“持っている”のだろうか。 【関連記事】 「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者) 五輪 [全文を読む]

プロ野球選手の特技 昔は『口で屁の音出す』『江川いびり』等

NEWSポストセブン / 2012年02月15日16時01分

坂本勇人(巨人)は『佐々木希』、菊池雄星(西武)は『石原さとみ』と現在人気の芸能人をあげている。一方、フリーアナウンサー小林麻耶との熱愛報道もあった斎藤佑樹(日本ハム)は、『キャッチャーのような人』とあえて有名人を出さない戦略を採っている。 また、各選手の『趣味・特技』を読んでみると、田中将大(楽天)『ゴルフ』、斎藤佑樹(日本ハム)『釣り』、坂本勇人(巨 [全文を読む]

斎藤佑樹「背番号1」に変更 「あと1年?」「めざす勝ち星?」の声も

しらべぇ / 2016年12月20日11時00分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)プロ野球・日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(28)が、来季から背番号を現在の「18」から「1」に変更すると報じられた。18は、桑田真澄(巨人)松坂大輔(西武・福岡)や前田健太(広島)など、プロ野球界でエースが背負うナンバーとして有名。齋藤は、入団6年間で14勝しかしておらず、エースナンバーは返上することになった [全文を読む]

ダルビッシュも見放した日ハム・斎藤佑樹。栗山監督の“最後通告”で再生は?

週プレNEWS / 2016年12月14日06時00分

かつての甲子園優勝投手で、現在は背番号「18」を背負うふたりの“エース”が崖っぷちだ。 日本ハムの斎藤佑樹とソフトバンクの松坂大輔。文字どおり背水のオフを迎えたふたりの「18」は果たして来季、復活することができるのか!? ■栗山監督が斎藤にまさかの“最後通告” 11月29日に行なわれた契約更改後の会見のこと。記者たちから来季の目標を聞かれ、「目標とか言う感 [全文を読む]

「大谷翔平世代」が球界を席巻する! “最強94年組”の逸材たち

日刊大衆 / 2016年12月06日11時00分

日本シリーズでは日本記録を更新する時速165キロの球を投げ、国際試合では東京ドームの天井に突き刺さる大飛球を打ち、常に話題の中心にいましたからね」(スポーツ紙デスク) この大谷と同じ1994年度生まれ、現在21~22歳の世代が現在、球界を席巻しつつある。「球界には数年に一度、優秀な選手が大量に現れる、いわゆる“当たり年”があります。大谷の世代もそう見ていい [全文を読む]

汚れたハンカチ王子?日ハム・斎藤佑樹の”ポルシェ報道”に批判止まず

デイリーニュースオンライン / 2016年07月15日12時06分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

「プロ野球あるある」パ・リーグ編 「携帯はドコモ?」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日16時00分

2万人超のフォロワーから集まったネタは、現在15万点にも上るという。プロ野球OBに見せると「あるある」と唸り、ネタを逆提案されることも。 そんなあるあるを集めたのが、『みんなのあるあるプロ野球』(講談社)だ。カネシゲ氏が運営するツイッターに集められたネタは、2012年から毎年書籍として刊行中。現在まで5冊出ており、累計8万部を突破する人気ぶりだ。同書から厳 [全文を読む]

斎藤佑樹、大谷翔平に群がる報道陣の横を走り去る…5年でわずか14勝、迫る「決断の時」

Business Journal / 2016年03月04日07時00分

とはいえ、現在も斎藤には登板後などのタイミングで会見の場が用意され、多くの報道陣が集まる。ただ、取材での受け答えは入団当初から一貫して「当たり障りのない内容」に終始しており、大胆なリップサービスなどは少ない。甲子園で全国的な注目を浴びて以降、マスコミに対しては警戒心をゆるめず、一定の距離感で接している印象だ。 ときどき、現実を無視したかのような前向きすぎ [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

現在はトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの監督も務めている。 この父だけでもよほどのアスリート遺伝子が盛り込まれそうだが、実は清宮の母・幸世さんも慶應大のゴルフ部で主将を務めたスポーツウーマン。 幸世さんは中学時代に野球部のマネージャーを務めていた経験もあり、「少しでも一塁に近くなるように」と幼少時に清宮を左打ちに”改造”したのだ。 清宮が野球を選んだきっ [全文を読む]

日本ハム・斎藤佑樹の「推しメン」が乃木坂46白石麻衣であることが判明、ネット上で話題に

AOLニュース / 2015年02月16日12時00分

現在、開幕に向け、連日、春季キャンプで懸命に調整を続けているプロ野球選手たち。そうした中、今季、さらなる飛躍が期待されている北海道・日本ハムファイターズの「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手について、好きなアイドルが乃木坂46の白石麻衣であることが明らかとなり、注目を集めている。 これは2月14日付のスポーツ紙『日刊スポーツ』2面に掲載された『お題に答えます [全文を読む]

【印象操作】流行語大賞はなぜ「ダメよ~ダメダメ」なのか?

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日07時50分

『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。DMMニュースではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

「セ・リーグを背負ってほしい」ダルビッシュが“マエケン”前田健太に託した想い

日刊サイゾー / 2014年07月18日15時00分

現在セ・リーグ3位と、昨年の勢いのまま好調を維持している広島カープ。1998年から続いた15年連続Bクラスという暗黒時代がウソのような成績だ。もちろん、この好調を支えている要因が、前田の存在だろう。今季もすでに9勝を挙げており、防御率は2.08(7月18日現在)と、セ・リーグトップの記録を誇っている。 07年、ドラフト1位の指名を受けて広島カープに入団した [全文を読む]

田中将大と斎藤佑樹 ライバルといわれること好まず毛嫌いか

NEWSポストセブン / 2014年06月13日07時00分

8年前夏の甲子園で優勝した早稲田実業のエース斎藤佑樹は「ハンカチ王子」として全国区の人気者となり、早大進学後も勝負強さから「持っている男」と言われたが、現在は日本ハムで二軍暮らしが続く。一方で準優勝に終わった駒大苫小牧の田中将大はニューヨーク・ヤンキースで活躍中だ。今やメジャーで活躍する田中にとって、斎藤はすでに眼中にないかもしれない。しかし彼はかつて、確 [全文を読む]

フォーカス