引退 斎藤佑樹に関するニュース

斎藤佑樹がケビン山崎氏のジムでトレーニング!「清原の二の舞?」の声も

しらべぇ / 2017年01月26日19時00分

結局慢性的な脚の故障に苦しみ、野球選手としてプレー続行困難となり引退。西武時代はバランスのとれた身体で美しいホームランを連発し故障も少なかったため、「肉体改造をしなければもっといい成績を残せたのではないか」という声が根強い。いずれにしても、ケビン山崎氏と出会ったことが清原の野球人生を変えたことだけは間違いない。■斎藤佑樹はどうなる?清原や松中、千代大海など [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

現在、Googleの検索窓に「斎藤佑樹」と入力すると「斎藤佑樹 引退」という何とも切ない予測ワードが出てくる。 このまま終わってしまうのか、それとも復活するのか。吉井コーチの教えを受けるには、まずは1軍定着が必要だ。 文=落合初春(おちあい・もとはる) スマホマガジン『週刊野球太郎』 『週刊野球太郎』はオフシーズンも毎日更新中!相次いで引退した大物選手の [全文を読む]

解雇の元日ハム・木田優夫に「現役続けて欲しい」と栗山監督

NEWSポストセブン / 2012年11月27日16時00分

木田はこれまで、一度も「引退」を考えたことがない。引き際を自分で設定できないからこそ、信頼を寄せる人間から「十分やったのではないか」「もう無理だ」と声をかけられた時が、潮時とも決めていた。 「同年代の金本知憲や小久保裕紀が引退しましたけど、日本球界で偉大な成績を残した彼らは自ら『引退』を口にできる立場の人間。僕はそうじゃない」 日ハムが日本シリーズを終え [全文を読む]

通算1065盗塁の福本豊氏「イチローはまだ39歳。まだやれる」

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

引退前でもジャンプしてフェンスによじ登って、捕球できていたからね。それに足の速さも変わらない。 僕は引退直前、盗塁数は減ったけど、成功率は変わらなかった。盗塁数が減ったのは、単純に出場機会が減ったのと、チームに信用されてなかったのか、“待て”のサインが出て自由に走れなかったのが理由やね」 41歳で引退した福本氏だが、「足で若いヤツに負ける気はしなかった」と [全文を読む]

里田まいと結婚を決めた楽天・マー君に「ダルビッシュの二の舞」の声

メンズサイゾー / 2012年01月27日21時15分

一方の里田は島田紳助(55)が司会を務めたバラエティー『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で"おバカタレント"としてブレイクしたものの、紳助の引退のあおりを食らい、最近は露出が激減していただけに久々に明るい話題。同番組で音楽ユニット・Paboを組んだ木下優樹菜(24)、スザンヌ(25)に続いての入籍となる。「紳助の引退によって、彼の周辺にいた女性タ [全文を読む]

斎藤佑樹は活躍できないまま引退する?7割の答えは…

しらべぇ / 2017年01月28日07時00分

■ハンカチ王子はこのまま引退すると思う?あの栄光の夏を目撃した人間としてはなんとか復活してほしいところだが、メジャーリーグで大活躍中のライバル・田中将大との差は開く一方。野球ファンの中には「ハンカチ王子はこのまま引退してしまうのではないか?」と思っている人もいるのではないか? ということで、少し意地悪だが意識調査を行なってみることにした。しらべぇ編集部が彼 [全文を読む]

ポルシェおねだりの日ハム・斎藤佑樹、記者間では「バカ殿」呼ばわりの悪評ぶり

日刊サイゾー / 2016年07月21日11時00分

あるニュース番組でスポーツコーナーを担当するディレクターは「印象が良ければ引退してもスポーツキャスターの道があったんですが、性格が悪いので、誰も使いたがらないのでは」とまで言っている。 文春の記事では、昨年夏ごろ、斎藤が野球専門誌などを発行するベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に高級車のポルシェ・カイエンなどをおねだり、結局はワンランク落ちる約800万 [全文を読む]

迫りつつある「引退」の時? 日本ハム・斎藤佑樹投手が5回KOも栗山監督は「次回先発確約」で、広がり続ける両者の「温度差」

Business Journal / 2016年06月30日10時00分

29日、札幌ドームで行われた西武戦に、日本ハムの斎藤佑樹投手が今季初先発を果たした。「しっかり投げてくれると信じているし、是が非でも勝たせてあげたいと思う」日本ハムを率いる栗山英樹監督から大きな期待を掛けられて送り出された斎藤だったが、結果は4回2/3で87球を投げて4四死球、5安打で2失点。最後もランナーを2人残して交代するという、なんとも“微妙”な結果 [全文を読む]

テレ朝・宇賀なつみ 引退説飛び交う斎藤佑樹と合コンをしていたワケ

アサ芸プラス / 2016年05月04日09時57分

昨年も1勝しかあげられず早期引退説さえ飛び交っていますが、本人は自覚がない様子で、昨年暮れからの合コン三昧を周囲に吹聴しているんです」(球団関係者) 大卒の入団5年目で通算14勝と、いまだにチームの戦力として定着できていない。同期入団の乾真大が巨人にトレードされたが、まさにチーム構想外かの瀬戸際の時期に来ているにもかかわらず、夜遊びに余念がないようなのだ。 [全文を読む]

【プロ野球】斎藤佑樹(日本ハム)の背番号が「18」から「1」へ変更! 日本ハム歴代「背番号1」を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月10日16時05分

現役引退後にタレント活動もしていた広瀬哲朗は、「日本ハム背番号1=ファンサービスのパフォーマー」の起源かもしれない。今でも広瀬の応援歌「男はつらいよ」のテーマ曲が強く印象に残る。 ■北海道にチームを定着させたSHINJO! SHINJO(2004年~2006年) メジャーから日本球界に復帰したSHINJOの在籍3年間はきわめて濃密。 個性的なファンサービ [全文を読む]

“おねだり王子”斎藤佑樹がファン離れ加速で「再就職」も暗雲?

アサ芸プラス / 2016年08月02日09時59分

入団当初から「引退後は局アナ内定」「将来は野球解説者で引っ張りだこ」など、甘いマスクで将来の安定を確実視されていた斎藤だが、引退が現実味を帯びてきた最近になって、「そんなに甘いものではない」という声が囁かれ始めているという。「昨年までの5年間、特別扱いされ続けながら14勝しか挙げていないという実績のなさが響いています。彼に解説されても、誰も聞く耳を持たな [全文を読む]

斎藤佑樹のおねだり疑惑で意外な事実…プロ野球界にベンツ離れが!?

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

落合GMがアストンマーティン、引退した山本昌さんがランボルギーニと、球団実力者に非ベンツ派が多かったことも影響しているのかなぁ」(中日OB) パ・リーグ球団もやはり、ベンツ派は少数だ。 「『活躍したらベンツに乗りたい!』なんて話、最近では聞いたことがないですよ」(ソフトバンク関係者) 「ベンツは少ないね。大谷なんて年俸2億円だけど、車の免許も持ってない(笑 [全文を読む]

ポルシェおねだり斎藤佑樹、プロ活躍より「カイエン青山」の称号!? 「見栄」ばかりにこだわった末路

Business Journal / 2016年07月14日10時00分

いよいよ引退か……現実味を帯びてきたとしか思えない。 14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、北海道日本ハムファイターズ所属の斎藤佑樹投手が、出版社社長からポルシェのマカンを提供されていたことを報じた。完全な利益供与として、大きな問題となることは必至だ。 斎藤は他にもマンションも提供されていたようで、出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長にだいぶ「お [全文を読む]

中日・山本昌、50歳で来季の現役続行!「投げる伝説」32年間の足跡

AOLニュース / 2014年11月08日12時00分

給料は変えない」と言われていた山本は、来季について引退を覚悟している旨のコメントも行ったが、このまま順調に来季を迎えれば、ついに50歳での登板が実現する見通しだ。そんな山本投手は、入団以来、中日一筋で来季が32年目のシーズン。そこで今回は、この32年間を振り返り、その道のりがいかに長いものであっ たかを改めて確認してみたい。<1983~2014年>山本昌の [全文を読む]

2年ぶり勝利の“ハンカチ王子”日本ハム・斎藤佑樹、今季引退・転職も考えていた……

日刊サイゾー / 2014年08月01日22時00分

「実は、斎藤が今オフにも引退するんじゃないかと、少し前までテレビ局関係者の間で話題だったんです。それもそのはず、斎藤はあらゆるメディアに知り合いがいる。そこで、もし引退するなら、キー局や大手広告代理店がこぞって“転職先”として名乗り出るという話があったんです。本人も、まったく知らない世界に行くよりは、野球界に近い場所で転職することに否定的ではなかったそう [全文を読む]

戦力外通告候補に多田野、松中、辻内、吉見、細山田らの名前

NEWSポストセブン / 2013年09月28日07時00分

近年オフシーズンになると、戦力外通告から12球団合同トライアウトを経て、移籍球団決定もしくは引退までを追いかけるテレビ番組『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』(TBS系)が放送されることもあり、解雇選手がにわかに注目を集めている。 毎年、トライアウトは日本シリーズ終了後の11月中旬に行なわれるが、受験前に合否が決定しているケースも少なくないという [全文を読む]

2013年100大予測(2)斉藤佑樹の“電撃引退”が浮上!?「スポーツ界の明暗」

アサ芸プラス / 2013年01月15日09時59分

パ・リーグでは、今年優勝した日本ハムも連覇は厳しい」(プロ野球解説者の江本孟紀氏) 日本ハムでは、二軍での調整が続いている斎藤佑樹(24)の引退説も取りざたされている。 「すでにサボリ魔で有名ですが、気持ちもキレてしまっていてオフも趣味のラーメン食べ歩き三昧。小林麻耶(33)との結婚も先送りで、電撃引退してキャスターに転身するのではと球団関係者も注視してい [全文を読む]

中日・谷繁をして「やっぱ天才」と言わしめたイチローの逸話

NEWSポストセブン / 2012年10月28日16時00分

その後日本ハムに移籍しましたが、成績は低迷し、引退しました」 イチローとは横浜とのオープン戦で。篠宮球審は1球目、インコースのボールを誤ってストライクとコールしてしまった。 「やばいと思っていると、イチローが“今のはいっぱいですか”と聞いてきた。仕方なく、そうだと答えると、聞き逃さなかった谷繁(元信)捕手がまったく同じコースを要求した。うわ、見逃されたらど [全文を読む]

進路に関する話題は絶対NG…「早実・清宮の進学説」は本当か?

週プレNEWS / 2016年11月24日06時00分

先日、プロでも活躍した早大野球部の大物OBも『近々、清宮に会って、早大進学のほうがプロ引退後の進路の幅が広がるとアドバイスするつもりだ』と話していました」 実は、早実では1984年の板倉賢司(大洋、現DeNA)らを最後に、30年以上も高卒プロ選手を輩出していない。 「斎藤佑樹のように、甲子園で活躍した選手でも近年は早大を経てプロ入りするのが、早実野球部の定 [全文を読む]

武田勝 メッタ打ちされて見つけた「最高の2番手」という道

NEWSポストセブン / 2016年11月22日07時00分

「俺のために優勝しろ」──今年、日本シリーズを制した日本ハムの選手たちに、こうハッパをかけたのは引退を表明していた“遅咲きのエース”だった。 武田勝(38)は2006年、27歳で社会人野球のシダックスからドラフト4位で日本ハムに入団すると、抜群の制球力ですぐさま主力投手に。ダルビッシュ有との二枚看板は他球団の脅威となり、ダルビッシュのメジャー移籍後は開幕投 [全文を読む]

フォーカス