息子 三浦知良に関するニュース

【プロ野球】山本昌が提唱した「レジェンドカルテット」を覚えてる? カズ、伊達公子、葛西紀明ら残り3名は今!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月18日16時05分

キャンプでは、息子のような年齢のチームメートとともに汗を流し、元気な姿を見せている。 カズがサッカー王国・ブラジルでプロなることを目指し、彼の地へ渡ったのは15歳のとき。1982年、静岡学園を中退してのことだった。そして、1986年にサントスFCと念願のプロ契約を結んだ。 これを今の高校野球になぞらえると、例えば昨秋、清宮幸太郎のいる早稲田実で4番に座った [全文を読む]

三浦知良を育てた不肖の父の正体(4)“闇フィクサー”としてサッカー界 で暗躍

アサ芸プラス / 2013年07月04日10時00分

肝硬変で生命の危機に立たされたこともあったが97年に臓器移植手術で奇跡の復活を遂げ、日本とブラジルを往復しながら息子2人を応援し続けてきた。 「実は最近、納谷氏とカズが行動を共にしている姿が頻繁に目撃されています。納谷氏とカズらの実母がずいぶん前から静岡で同居しているのは有名なのですが、現在、カズが所属する横浜FCの試合後に、カズ、実母だけでなく、カズのマ [全文を読む]

三浦知良 驚異の「サンバな50歳」伝説11!(2)カズダンスは許可が必要!

アサ芸プラス / 2017年03月12日09時56分

開幕戦に訪れた実父・納谷宣雄氏が五十路を迎えた息子について語る。「今回の試合では65分ぐらい出て、ある程度は動けていたね。ただ、年々、ケガの治りが遅くなって、以前は1週間で治ってたものが1カ月かかるようになった。60歳まで続けるって?いや、本人はそれぐらいの気持ちでやっているということでしょう」 とはいえ、そうした気持ちを持てるのも、自信があるからだろう。 [全文を読む]

語っていいとも! 第20回ゲスト・ラモス瑠偉「六本木の帝王がね、なんで岐阜におるんやねん!(笑)」

週プレNEWS / 2016年03月27日12時00分

で、服部(年宏)選手がヴェルディから岐阜に移籍していて、たまたまうちの息子が服部さん引退するぞって。それで岐阜の試合をTVで観たことがあって。 正直、かわいそうだなって思った。周りのレベルの低さに驚いて。このチームに彼がいるのかって。2試合ぐらい観たんです。服部さんのために30分間は観たんですけど、ひどすぎて全部観てられなくて。…で、その後、たまたま知って [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】三浦りさ子「カズ長男引退」報道に「怖い」。

TechinsightJapan / 2015年09月12日13時50分

三浦りさ子のブログを愛読しているファンの中にも「息子さんはサッカー自体をやめたんだ」「完全引退だと思っていました」と勘違いした人もいた。今回の出来事でブログに近況を伝える難しさを実感した彼女は、「書くの怖い」と不安を漏らしている。 ※画像は『三浦りさ子オフシャルブログ「From RISAKO」』のスクリーンショット。 (TechinsightJapan編 [全文を読む]

芥川賞候補の又吉直樹はラブレターも長文!?

Smartザテレビジョン / 2015年07月02日18時00分

美空ひばりが息子へ宛てた最期の手紙や、三浦知良選手がブラジルのサッカー留学中に母へ宛てた手紙、福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督がファンへ宛てた手紙などが紹介されていく。 収録は、進行役の八嶋智人に「又吉直樹大先生です!」と又吉が紹介され、「(小説「火花」で芥川賞候補に選ばれたものの)一番後輩ですから。今まで通りでやっていただいていいですか(笑)? [全文を読む]

コカ・コーラボトル100周年キャンペーン第一弾は、歴史にスポットをあてた“Heritage” 新宿駅メトロプロムナードで1Day撮影イベント実施 マリリンやエルヴィスと並び、参加者の写真も歴史の一部に

PR TIMES / 2015年01月27日20時25分

実際に映し出された自分はとても新鮮に感じた」(22歳・女性)、「昔、コカ・コーラを飲みながら、息子とコミュニケーションをとっていたことを思い出す」(72歳・男性)、「あまり瓶ボトルは見かけないが、銭湯に行ったらコカ・コーラを必ず瓶で飲む。」(22歳・女性)と、幅広い方に体験いただき、イベントをお楽しみいただけたようでした。 [全文を読む]

キング・カズがもんじゃ焼きを食べない理由とは?

週プレNEWS / 2013年03月06日06時00分

息子に「サングラスだけは外して!」と怒られるも、キング・カズはブレない。子供がもんじゃ焼きを食べたいと言っても、「スーツが汚れるから」と拒否。それが、キング・カズの流儀なのだ。 また、一切の妥協を許さないキング・カズは、洋服もすべて自分で管理。妻・りさ子夫人には絶対に触らせないし、ハンガーにかけるのも、クリーニングに出すのも、すべて自分。洋服への愛情はハン [全文を読む]

フォーカス