作品 手塚治虫に関するニュース

手塚治虫の70年代シナリオ集のどこがスゴイかを 企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!

ガジェット通信 / 2017年02月18日10時00分

初公開のラフスケッチやシノプシスを含む決定版 『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』(2017年2月20日発売)、『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』(2017年3月17日発売)と、手塚治虫のシナリオやシノプシス(梗概)をまとめた作品集が2冊、出版されます! 企画・構成・編集を務めたアンソロジストの濱田髙志さんに、本書の魅力を語っていただきました [全文を読む]

“ケモナー”だけじゃない! エロスな秘蔵イラストが話題の手塚治虫は“フェチマンガ”の先駆者!?

おたぽる / 2016年11月08日22時00分

手塚治虫は代表作のイメージからか、一般的には「健全」などといった印象を持たれている節があるが、“黒手塚”と称される『人間昆虫記』『奇子』『ばるぼら』『MW』といった青年向けの作品では人間の心の闇や社会犯罪を描き、そして性的な描写もある。 その中で、先の「ケモナー」的な要素は『火の鳥』『ジャングル大帝』『W3』『ユニコ』をはじめ、数多くの作品で感じられる。 [全文を読む]

eBookJapan 戦後70年企画『手塚治虫と戦争』に特別協賛手塚治虫先生の遺した作品とメッセージ 電子書籍を通じて一人でも多くの方へ

PR TIMES / 2015年07月16日16時05分

」◆戦後70年企画『手塚治虫と戦争』サイト http://tezukaosamu.net/jp/war/戦後70年企画『手塚治虫と戦争』サイトでは、年表とともに関連作品をご紹介し、本人の声で戦争体験を聴くことができます。 ◆戦後70年企画『手塚治虫と戦争』協賛にあたり、当社代表取締役社長 小出斉よりコメント当社は手塚治虫先生の作品と、その遺伝子を引き継ぐ多 [全文を読む]

「マンガの神様」の秘蔵原画を特別収録!『手塚治虫生誕記念 治虫DIGITAL BOOK』無料配信、生田絵梨花(乃木坂46)稽古場潜入取材など読み応えたっぷり

PR TIMES / 2014年10月31日13時54分

電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタは、「マンガの神様」と呼ばれた手塚治虫の誕生日11月3日を記念して、手塚作品の魅力をまとめたオリジナル電子書籍『手塚治虫生誕記念 治虫DIGITAL BOOK』を、本日2014年10月31日(金)より無料で配信開始いたします。 『手塚治虫生誕記念 治虫DIGITAL BOOK』は、手塚プロダクション協力のもと、 [全文を読む]

手塚治虫の80年代シナリオ集はやっぱりスゴかった。企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!【PART 2】

ガジェット通信 / 2017年03月17日07時00分

例えば「ネオ・ファウスト」は、手塚先生の絶筆とされる3作品(「グリンゴ」「ルードウィヒ・B」「ネオ・ファウスト」)のうちのひとつですが、本書には、1984年にアニメ映画化を想定して書かれたシナリオが収録されています。これまで単行本に収録されていたのは第二稿のみですが、今回はその前に書かれた第一稿も併載しています。結果的にこの映画化は実現しなかったんです。ま [全文を読む]

【出版社「(株)ホーム社」プレスリリース】『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第1巻発売のお知らせ

DreamNews / 2016年09月21日18時00分

この作品が37年の時を超え、初のコミックスとなります。 第1巻は9月23日(金)に発売です。書籍概要1979年、手塚治虫の手によって物語が描き起こされた、 傑作テレビアニメーション『海底超特急マリン・エクスプレス』。 この作品が37年の時を超え、初のコミックスとなります。 手塚治虫が遺した膨大な絵コンテをベースに、新たな解釈を加え、 手塚プロダクション・ [全文を読む]

eBookJapanの「ブラウザ“楽読み”サービス」が 手塚プロダクションの新サービス「Tezukanizer」に公式採用されました!

PR TIMES / 2013年09月24日19時49分

■TezukanizerURL http://tezukaosamu.net/jp/nizer/ 「Tezukanizer」は、手塚治虫の作品世界を楽しむことができるスマートフォンサイトとして開発され、9月20日にリリースされました。手塚治虫全400巻の漫画・エッセイ等の電子書籍が読書できるだけでなく、「ブラック・ジャック」「ブッダ」等、映像化された動画作 [全文を読む]

eBookJapanで手塚治虫作品が累計35万ダウンロードを突破! 累計売上金額は1億円を超えました!

PR TIMES / 2012年12月19日09時19分

マンガNo.1※の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2012年11月、株式会社手塚プロダクション(東京都新宿区高田馬場4-3 [全文を読む]

3億円相当の“サファイヤの王冠”が展示!手塚治虫の美男美女展

Walkerplus / 2017年02月20日16時17分

手塚治虫作品の美男美女キャラクターが勢ぞろい。 「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」、「リボンの騎士」、「火の鳥」、「ブラック・ジャック」など、多くの名作漫画を描いた手塚治虫の展覧会「手塚治虫の美男美女展~優艶~」が、阪急うめだ本店9階で、3月29日(水)から4月10日(月)まで開催される。 手塚治虫は1989年に死去するまで、生涯に約700タイトル以上の作 [全文を読む]

立東舎文庫2月の新刊は、手塚治虫と手塚るみ子の競演!2月20日、2冊同時発売

PR TIMES / 2017年01月12日17時23分

『定本 オサムシに伝えて』は、幼少期からの著者と父・手塚治虫の交流を中心に、家庭での手塚治虫の素顔が愛情深く描かれた作品。現在、「手塚イズム」の伝道者として活躍する著者の、原点ともなる1冊です。今回は、文壇バーとして有名な「クラブ数寄屋橋」の園田静香ママと著者の対談も収録! 一方『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』は、アニメ「ジェッターマルス」(77 [全文を読む]

フォーカス