サッカー 小林悠に関するニュース

例年以上に守備的サッカーが目立つJリーグ…「浦和と川崎の優勝争いは歓迎すべき」とセルジオ越後

週プレNEWS / 2016年05月12日11時00分

ひょっとして、プレミアリーグで快進撃を見せたレスターのサッカーに刺激を受けたのかな。まあ、それは冗談にしても、今季のJリーグは例年以上に手堅い守備的なサッカーをするチームが多いね。 草創期のJリーグでは、ほとんどのチームが強烈な外国人選手を擁(よう)するなどして攻撃的なサッカーをやっていたことを考えると、隔世の感がある。 優勝は難しいけど、J2降格はした [全文を読む]

町田が8・7ホームゲームで「チーム・オスカー芸人」お笑いライブを開催!

ゲキサカ / 2016年08月04日11時32分

渕野辺高校サッカー部に進学し、全国大会にも2回出場。同級生にはオランダフィテッセのDF太田宏介、川崎フロンターレのFW小林悠、V・ファーレン長崎のMF小野寺達也がいる。 その他もみなサッカー好き。当日はサッカーをテーマにしたトークもあるかも!? 町田の担当者は「この日はわくわく縁日と題して、ヨーヨー釣りや射的などの催し、その他、浴衣・甚平の着用者には、特典 [全文を読む]

町田ユースが初の全国切符!ゼルビアとして初めての快挙達成

ゲキサカ / 2015年06月16日08時28分

FC町田ゼルビアユースは14日、平成27年度日本クラブユースサッカー選手権関東大会2次リーグ第5節のヴァンフォーレ甲府ユースに1-1で引き分け、2次リーグCグループで2位(3勝2分)を確定させた。 結果、7月22日(水)から行われる第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の出場権を獲得した。ゼルビアの前身であるFC町田時代には全国大会出場の経 [全文を読む]

川崎Fが小林悠の2発で逆転勝ち! 3連勝で上位追走《J1》

超ワールドサッカー / 2015年09月26日21時24分

中村を中心にポゼッションサッカーを展開した川崎Fだが、前節の名古屋戦でハットトリックを記録した“好調”大久保になかなかボールが入らず、攻めあぐねる時間が続く。39分には小林悠のダイビングヘッドでゴールに迫ったが、これは空砲。1点ビハインドで前半を終えた。▽しかし、迎えた後半も相手の攻撃を粘り強く凌ぎ続け、反撃に転じた川崎Fは63分、中盤の中村から出された絶 [全文を読む]

風間イズムを引き継ぎ、より攻撃的なサッカーを目指す川崎Fの鬼木達監督「縦に速くなることも」

超ワールドサッカー / 2017年01月22日23時57分

これからのサッカースタイルや新加入選手、FW小林悠の新キャプテン任命について語った。◆鬼木達監督(川崎フロンターレ)──今日の会見について「本当に大勢の方が来てくださったので緊張した。ただ、登場の仕方がイリュージョンだったので、そういう意味では最後の方はリラックスできた」──選手時代は寡黙な印象があり、今日は終始笑顔だったが、コーチを経験してこれから監督を [全文を読む]

憲剛の最新本を立ち読み!「史上最高の中村憲剛」(6/20)

ゲキサカ / 2016年04月20日07時30分

本当にやれるのか、自分がチームに必要な選手なのかどうか、証明しなければいけないゲームだった」 欠場前の中村は、サッカーをすることに苦痛を感じてしまうほど追いつめられていた。 そこまで追いつめられたのは、サッカー選手になって初めてだった。 日本代表で心を折られ、コンディションも整わなくて、心身ともに疲れ果てていた。 何を目標にすればいいのかわからなくなり、や [全文を読む]

J2町田、酒井良コーチをセルビアに派遣…JリーグとJFAの協働プログラム

サッカーキング / 2017年01月20日16時08分

Jリーグと日本サッカー協会(JFA)が協働で行っているJFA・Jリーグ協働プログラム(JJP)の一環で、派遣期間は今年2月から12月まで。 JJPは「将来有望な指導者を海外の育成トップレベルのクラブで研修することでより成長させ、その成果をもって再度、日本国内で選手育成することにより、日本サッカーの育成発展に貢献することを目的とするもの」で、町田は酒井コーチ [全文を読む]

川崎Fの小林悠が契約を延長!「フロンターレでタイトルをとりたい」

超ワールドサッカー / 2016年11月26日22時37分

僕はサッカー選手でもあり、いつもどんな時も支えてくれる妻の夫でもあり、2人の大切な子どもたちの父親でもあります。サッカー選手として何を目指すべきか、更には家族のことなど、様々なことをトータルで検討した結果、フロンターレが一番だと思いました」 「その中でも最大の決め手はサポーターの皆さんの存在です。2010年にフロンターレに入って以来、試合に出れない時も常に [全文を読む]

【川崎】20周年のメモリアルシーズンに狙うは悲願のタイトル!!《J1チーム診断》

超ワールドサッカー / 2016年02月26日19時15分

クラブ創設20周年を迎える新シーズンは就任5年目を迎えた風間八宏監督の下、円熟味の増したポゼッションサッカーで優勝争いに食い込み、 悲願の“初タイトル”獲得を目指す。◆2016シーズンのIN&OUT【IN】GKチョン・ソンリョン←水原三星(韓国)GK高木駿←千葉※復帰DFエウシーニョ←アメリカ・ミネイロ(ブラジル)※期限付き期間延長DF奈良竜樹←札幌MF原 [全文を読む]

「フロンターレらしいゴールは初」“馴染めた”阿部浩之が全3得点に絡む活躍

ゲキサカ / 2017年05月05日20時07分

川崎Fらしいパスサッカーからフィニッシュのイメージまで共有し、「チームには馴染めていたけどゴールシーンで馴染めたのは初」と笑顔を見せた。 この日は4-2-3-1の1トップで先発。序盤は拮抗した展開が続いたが、前半途中からは4-4-2にシステムを変更。FW小林悠とコンビを組み、息のあったコンビネーションから攻撃を活性化させた。「形にはこだわっていなくて、みん [全文を読む]

フォーカス