ドラマ 松たか子に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あのダンスだ。 かつてのポッキーダンスを彷彿させるガッキーの魅力全開である。TBSサン、ありがとう! ちなみに振り付けは、先のリオ五輪閉会式の東京プレゼンの振り付けも担当したMIKIKOサン。Per [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

2017年の年始特番も一通り終わり、いよいよ冬ドラマが始まります。昨年後半も『真田丸』や『逃げ恥』など、名作と呼ばれるドラマ作品がたくさん生まれました。今期はどんなドラマが話題になるのでしょうか?今から楽しみですね。 という事で、2017年の冬ドラマ(1月期)から、特にお薦めしたいドラマを、筆者の独断と偏見で5本選ばせて頂き、勝手に紹介させて頂きます。もち [全文を読む]

低視聴率なのになぜ?松たか子『カルテット』が”熱烈支持”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日18時00分

松たか子(39)が主演を務める火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)が、じわじわと人気を集めている。初回放送の9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が現在のところ最高の視聴率で、回を重ねるごとに視聴率はやや下降気味になっている。しかし、緻密な演出と胸にグッとくるセリフの数々に、ネットを中心にファンを増やしているようだ。2月21日に放送された第6話も、平均視 [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

「カルテット」が最優秀作品賞ほか6冠達成!『週刊ザテレビジョン』第92回ドラマアカデミー賞を発表!!

PR TIMES / 2017年05月10日12時30分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、創刊35周年イヤーに突入した『週刊ザテレビジョン』5月10日発売号にて、第92回ドラマアカデミー賞を発表いたしました。第92回は「カルテット」が作品賞、主演女優賞、助演女優賞、ドラマソング賞、脚本賞、監督賞の6冠を達成。松たか子、吉岡里帆、椎名林檎ら受賞者インタビューと共に受賞作 [全文を読む]

展開が気になって眠れない!最後はいったいどうなるの!?最終回が楽しみな2017冬ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年03月09日07時55分

1月から放送されてきたたくさんの2017年冬ドラマもいよいよ佳境に入り、もう少しでクライマックスを迎えます。放送開始時には、ほのぼの幸せだった家族も、いちゃいちゃしていた恋人たちも、クズ同然だった若者も、たくさんの出会いやきっかけによって大きく変化してきました。これからエンディングに向けてどんな展開が待っているのか、ドラマファンにはもっとも楽しみでたまらな [全文を読む]

フジテレビの救世主なるか…映画版「HERO」に立ち込める暗雲

デイリーニュースオンライン / 2015年01月28日11時50分

それが、前クールの月9ドラマ『信長コンチェルト』だ。 『信長コンチェルト』は、平均視聴率12.5%と期待したほど伸びなかったが、何よりまずかったのは最終回。“続きは映画で”の終わり方をしてしまったことだ。放送終了直後からネットには、 「視聴者をなめている」 「映画の宣伝でドラマを作ってほしくない」 という声であふれた。 フジテレビ関係者に聞くと、この反応は [全文を読む]

渡辺直美『カンナさーん!』が抱える不安要素! 期待度高い“当たり枠”に大コケの可能性

サイゾーウーマン / 2017年07月02日15時00分

お笑い芸人・渡辺直美が主演を務める連続ドラマ『カンナさーん!』(TBS系、火曜午後10時)の放送が7月18日から開始される。TBS系火曜午後10時といえば、『逃げるは恥だが役に立つ』や『あなたのことはそれほど』など人気作が続いているドラマ枠。渡辺はインスタグラムのフォロワー数の多さから“インスタ女王”の異名を持つが、果たしてドラマは成功するのだろうか? 「 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松井玲奈が『カルテット』の“すずめちゃん”ヘア 満島ひかりとコラボに期待

TechinsightJapan / 2017年02月07日11時30分

松井玲奈がドラマ『カルテット』の登場人物、世吹すずめ風なヘアスタイルをInstagramに公開した。いつもの彼女とは違ったイメージとなり「激カラならぬ 激可愛ですっ」「はい、かわいい。朝から癒された」とフォロワーの反響を呼んでいる。 2月7日、『松井玲奈 renamatui27 Instagram』に「今日はわくわくローケー ♪ローケー♪ ローケー♪」「す [全文を読む]

木村拓哉の”俺様プレイ”に賛否もバラエティでの新たな一面に安堵の声

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日09時02分

木村拓哉は1月9日に放送された特別番組『関口宏の東京フレンドパーク2017 新春ドラマ大集合SP!!』(TBS系)に出演。15日から放送される主演ドラマ『A LIFE~美しき人~』(同)チームとして、共演者の竹内結子(36)や松山ケンイチ(31)らと登場した。 番組の放送は6年ぶりで、木村にとっても2003年以来14年ぶりの出演となった。番組内では様々なア [全文を読む]

どうなる? フジ“月9”ドラマ 亀山社長は“打ち切り”を全面否定も……

日刊サイゾー / 2016年10月31日18時00分

『東京ラブストーリー』(1991年/鈴木保奈美&織田裕二主演)、『101回目のプロポーズ』(同年/浅野温子&武田鉄矢主演)、『ひとつ屋根の下』(93年、97年/江口洋介主演)、『ロングバケーション』(96年/SMAP・木村拓哉&山口智子主演)、『ラブジェネレーション』(97年/木村拓哉&松たか子主演)、『HERO』(2001年、14年/木村拓哉主演)など、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松たか子が好きだった“アニメ、アイドル、バンド”まで。意外な趣味にSMAPが世代感じる。

TechinsightJapan / 2015年07月15日11時55分

木村拓哉はドラマ『ロングバケーション』(1996年)、『ラブジェネレーション』(1997年)、『HERO』(2001年)、そして2007年に続き、今年7月18日に第2弾が公開となる映画『HERO』でも松たか子と共演しているが、意外に知らないことが多く驚いていた。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

2019年大河に向け、クドカンにリベンジの機会到来! TBS系・小泉今日子主演ドラマで脚本を担当

日刊サイゾー / 2017年07月31日23時30分

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、脚本家に起用されたクドカンこと宮藤官九郎が、小泉今日子が主演する10月期のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(火曜午後10時~)でも脚本を担当することになった。小泉が連ドラの主演を務めるのは、14年4月期の『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)以来となる。 随所にコミカルなネタを挿入す [全文を読む]

松たか子、主演ドラマ『カルテット』に「1人だけおばん」の声 “有村架純の二の舞い”を危惧する声も

おたぽる / 2016年12月19日08時00分

来年1月から放送開始予定のドラマ『カルテット』(TBS系)で、2012年に放送されたドラマ『運命の人』(同)以来、約5年ぶりに連続ドラマに出演することになった女優の松たか子に対して、ネット上では「ミスキャストでは?」「1人だけ浮いてる」などと指摘する声が飛び交ってしまっている。 ドラマ『カルテット』は、恋愛や人生に挫折した30代の男女4人が、弦楽四重奏のカ [全文を読む]

共演実現までに約3年!?東山紀之&松たか子、初共演

Smartザテレビジョン / 2016年05月17日06時00分

今夏放送予定のドラマ特別企画「ふつうが一番 ―作家・藤沢周平 父の一言―」(TBS系)で、東山紀之と松たか子が夫婦役で初共演することが明らかになった。 同ドラマは、不器用ながらも自らの夢を追い続け、家族への愛を貫いた直木賞作家・藤沢周平、本名・小菅留治の半生を描いた物語。東山は、主人公の留治を演じる。妻に先立たれ、一人娘の展子と母・たきゑと慎ましく暮らして [全文を読む]

今期ドラマ 大石静、尾崎将也、井上由美子ら売れっ子かけ持ち

NEWSポストセブン / 2014年07月14日16時00分

ドラマの良し悪しは脚本家でわかります。実力のある脚本家のドラマはやっぱり安定感がありますから。どれを見ようか迷った時には、脚本家それぞれの得意なジャンルを参考にして選ぶと間違いないかもしれません」 毎クールドラマ全作品を視聴するというドラマ評論家の木村隆志さんはそう提案する。 女性の幸せを書くのがうまい人や原作ものを脚色しながら映像化するのが得意な人、不 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「男は名取裕子のような上司を求めてる」(松尾)「石田ゆり子は役柄からエロスが漂う」(碓井)

アサ芸プラス / 2012年08月31日10時59分

* 松尾 数多くの熟女優が活躍するのが、1話完結の2時間ドラマ。仕事を終えたオヤジさんたちが帰宅して、9時頃から酒を飲みながら、カミサンと一緒に気楽に観られるドラマということで定着していた。連続ドラマみたいにややこしい展開はないんだけど、ある程度、大人の視聴者を満足させなくてはならない。そういうドラマのヒロインには、ピチピチした若手女優よりも、必然的に名 [全文を読む]

「吉岡里帆vs長澤まさみ」新旧グラマラス女優のバスト合戦(1)薄手のシャツに見事なラインが眩しい吉岡里帆

アサ芸プラス / 2017年07月09日17時57分

着衣の上から、隠しても隠しきれない谷間の揺れをぼよよ~んとアピールする新旧2大バスト女優の揺れ合戦を最速かぶりつきで実況! まずは、上半期のブレイク女優としてドラマ、Cmへと引っ張りダコとなっているのが吉岡里帆(24)だ。 スポーツ紙芸能デスクが解説する。「放送中の『日清のどん兵衛』のCMではしっぽと耳をつけたどんぎつねに扮し、共演する星野源に『ほら、触っ [全文を読む]

フォーカス