新曲 松田聖子に関するニュース

アイドル界の大甲子園「東京アイドルフェスティバル2015」レポ! アイドルだけ見てりゃいいんだ、オラ!【後編】

週プレNEWS / 2015年08月15日11時00分

そしてラストは新曲『ワンダーグラウンド』で締め。このステージを目撃したファンは「夏にリリスクあり!」と思ったはず。それくらい素晴らしいパフォーマンスだった。 ●STEREO JAPAN(SKY STAGE) 正午近く、日差しを浴びたSKY STAGEに響く本格的なクラブ系EDMサウンド。そこに登場したのは「STEREO TOKYO」と「STEREO OSA [全文を読む]

松田聖子、YOSHIKIプロデュース「薔薇のように咲いて 桜のように散って」 MV公開

okmusic UP's / 2016年09月13日20時00分

松田聖の新曲「薔薇のように咲いて 桜のように散って」のMV(Short Ver.)がYouTubeにて公開された。【その他の画像】松田聖子MVは8月都内某所で撮影。 数々の名曲を生み出してきた松田聖子の音楽史の中でも新境地を感じさせる、新たな日本のスタンダードソングとなる楽曲が誕生した。 その作詞作曲編曲を手掛けたのはワールドワイドに活躍するYOSHIKI [全文を読む]

中森明菜が“特別枠”で紅白出場に賛否両論

デイリーニュースオンライン / 2014年12月29日18時50分

米国のレコーディングスタジオから、2015年1月21日発売の新曲「Rojo -Tierra-」(ロホ ティエラ)を生中継で初披露する予定という。 アメリカから生中継に中森の体調を心配する声も 中森が公の場に登場したのは、2010年7月に行われたパチンコ機種「CR中森明菜・歌姫伝説」の発表会見が最後。4年5カ月ぶりに中森の姿を見れるとあって、ネット上では、 [全文を読む]

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

ネット上では披露される新曲の数や和田アキ子の歌う楽曲「笑って許して」が、視聴者から様々な意見が出ている。 今年は例年に勝るとも劣らぬ勢いで怒りの声が上がっている紅白。発表された曲目のうち、2015年にリリースされた楽曲は白組が10曲、紅組が10曲ずつとなっている。以下、発表された曲目を楽曲の発表年付きで紹介する(※先頭の数字は曲順。カッコ内数字は出場回数。 [全文を読む]

『紅白』出演も、様子がおかしい……それでも中森明菜の復帰を強行する“黒幕男”の存在

日刊サイゾー / 2015年01月07日13時00分

その後、明菜は発売前の新曲「Rojo-Tierra(ロホ ティエラ)」を熱唱したが、歌の途中で動物や景色の映像がカットイン。弱々しい外見とは裏腹に「声は出ていた」とネット上では話題になっていたようだが、これは“カブせ”と呼ばれる手法で、レコーディング済みの新曲に当日の明菜の声を足したもの。業界関係者の間では「口パクに毛が生えた程度」と評される。 NHKは [全文を読む]

浜崎あゆみ新曲、オリコン5位で“連続首位記録”ストップ!「なぜ、紅白で新曲を歌わなかったのか?」

日刊サイゾー / 2014年01月08日17時30分

「デビュー15周年の最後を飾るシングルでしたが、とにかくライブ以外で新曲を聞ける機会が少なかった。『Feel the love』にはダブルタイアップが付いていましたが、旅行会社H.I.S.の格安ツアーキャンペーンのCMと、『CDTV』(TBS系)のオープニングテーマという地味なもの。MVをYouTube上に公開した以外は、歌番組はおろか、おととしまで出て [全文を読む]


松田聖子、通算50作目の記念すべきオリジナルアルバム『Shining Star』を6月にリリース

okmusic UP's / 2016年05月05日12時00分

さらに、眼鏡市場 「サングラス」CM曲の新録「Summer Time Magic」をはじめ、新曲8曲を含む計10曲を収録。2種類ある初回盤のうち、初回盤AのDVDには、アルバムの新録曲を映像でも楽しめる『The Story of Shining Star』ミュージッククリップと50作目のオリジナルアルバムを記念したスペシャルインタビュー映像、さらに「永遠の [全文を読む]

ClariS、“春うた”カバーアルバムの描き下ろしイラスト公開

okmusic UP's / 2016年02月09日12時40分

【その他の画像】カバー楽曲4曲をイメージしたイラスト今作は“春のうた”をテーマにしたClariS初のコンセプトミニアルバムで、リード曲となるオリジナル新曲「ひらひら ひらら」をはじめ、春にちなんだ初のカバー楽曲4曲を含む全5曲を収録。今作のアーティストイラストを手掛けたのは、新メンバー“カレン”加入以降、ClariSを描き続けてきた高野音彦。夜桜を背景に [全文を読む]

近藤真彦、ツッコミどころ満載のタレント性

NewsCafe / 2015年12月21日16時00分

近藤は『紅白』に向けて新曲をリリースしたり、バラエティー番組に出まくって、存在をアピールしていましたが、『出稼ぎかよ』とツッコミの嵐です」 出演したバラエティー番組は、嵐やKinKi Kids、TOKIOら後輩タレントが持つレギュラー番組だったため、「おこぼれ出演」と失笑された。 「笑ったのは『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)。近藤は、Hey!Say!J [全文を読む]

フォーカス