現在 新庄剛志に関するニュース

新庄剛志&坂本ちゃんが金銭トラブルを告白

Smartザテレビジョン / 2017年02月13日06時00分

現在、インドネシア・バリ島に在住しているという新庄。今回は“これまで誰にも打ち明けたことのないしくじり”を初めて告白するため、緊急来日し教室に登壇した。番組史上最大級の金銭トラブルを打ち明ける。 坂本ちゃんは、'00年「進ぬ!電波少年」(日本テレビ)の企画『電波少年的東大一直線』に出演。そのひたむきな姿から一躍人気者となり、最高月収は900万円にもなる売 [全文を読む]

【日本ハム】「4割打者・近藤健介」について考えているうちに台湾に飛んでいた

文春オンライン / 2017年05月26日11時00分

5月23日現在、4割2分を依然キープしている。もちろんパの打率部門1位だ。いや、2位ソフトバンク・内川聖一(.350)、3位西武・浅村栄斗(.339)だってめちゃくちゃ打ってるというのにその上を行っている。ファイターズは開幕以来、チームが低迷してるから、スポーツ紙の「打撃30傑」のいちばん上にコンスケが載っているのが心の支えだ。 が、「4割達成可能か?」を [全文を読む]

新庄剛志「ヤバイね!」22億使い込まれていた

日刊大衆 / 2017年02月28日06時35分

番組の大ファンだという新庄はこの番組に出るために現在住むバリ島から緊急帰国。テレビ初告白の“桁外れのしくじり”を語った。 新庄は番組冒頭で、母親の勧めで金銭の管理を全面的に依頼していた実業家A氏に裏切られたと告白。その後、日本の球界からメジャーリーグに行った経緯、そしてメジャーリーグ時代の“スター伝説”を次々に披露。 ニューヨーク・メッツに入団した新庄は日 [全文を読む]

新庄剛志さんがイメージキャラクターを務めるワークウエアブランド 『Jawin』のプレゼントキャンペーンに「marcs」が採用

PR TIMES / 2014年08月22日13時43分

『Jawin(ジャウィン)』は、現場で働く若者たちのワークウエアとして、機能性はもとよりファッション性を兼ね備えた、新生カジュアルワークウエアのブランドで、現在新庄剛志さんがイメージキャラクターを務めています。今回「marcs」は、自重堂90周年を記念して実施されている『Jawin』の「2014AWウェブプレゼントキャンペーン」において、特設ページ内の新庄 [全文を読む]

モー娘。牧野、こぶし広瀬、つばき谷本…ハロプロはマニアックな「野球好き」がいっぱい!?

日本タレント名鑑 / 2017年03月27日11時10分

現在はグループの中心メンバーの一人へと成長した牧野さんですが、デビュー前の研修生時代からインタビューなどでファイターズ愛を語ったり、昨年にはスポーツ新聞にファイターズについての連載記事が掲載されたほど。 谷本さんよりも応援している期間はずっと長く、幼少時代、新庄剛志選手を観て惹かれ、それ以来のファンだといいます。今は特に主砲・中田翔選手の推しとのこと。忙し [全文を読む]

亀山つとむ MLBから日本球界に復帰した新庄の土産は自慢話

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

* * * 現在、これは我が家の傘立てに立っているので、お宝といっていいのか複雑な気持ちなんですが(笑い)、正真正銘、新庄剛志が阪神時代に使った最後のバットです。 新庄は2000年オフ、FAでMLBのメッツに移籍。僕は1997年に引退していたので、野球評論家として鳴尾浜球場の室内練習場へ最後の練習を取材にいったところ、練習後に直接手渡されたものです。彼は [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

ただ、現在3連勝中。本来の実力を発揮すれば、まだまだ連勝は伸ばせるだろう。 日本ハム ・クロッタ ソフトバンクには及ばないものの、今季好調の日本ハム。こちらも戦犯候補を見つけるのは難しいが、強いて挙げれば、中継ぎの台所事情を悪化させたクロッタか。 昨年は61試合に登板し、防御率2.62とセットアッパーとしてフル稼働したクロッタだが、今年は好不調の波が激しく [全文を読む]

新庄剛志 バリ島で悠々自適のフリーダム生活

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時57分

モトクロスもかなり激しくやっていると聞きます」(球界関係者) 一方で気になるのが、現在の新庄は遊んでいるようにしか見えないということだ。 11月23、30日と2週にわたり、新庄は「炎の体育会TVSP」(TBS系)で久々に日本のファンに健在ぶりをアピールした。 司会の今田耕司が、 「今、収入は? 何をしてるの?」 と疑問をぶつけると、 「フリーダム! 好きな [全文を読む]

【プロ野球】「高卒×野手×ドラフト5位=未来の強打者」。細川成也(DeNA)はブレイクの方程式に乗った!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日16時05分

■一気に2人の当たり年! 畠山和洋(専大北上高→ヤクルト5位/2000年) 中島裕之(伊丹北高→西武5位/2000年) (※中島の現在の登録名は「宏之」、所属はオリックス) 先述した2選手は引退しているが、現役では畠山和洋と中島裕之がドラ5の大成選手にあたる。 畠山は専大北上高時代に甲子園に出場。高卒でプロ入り後、33歳で初タイトル(打点王/105打点) [全文を読む]

新庄剛志の人生観が深すぎると話題に ポジティブな考え方に賞賛の声

しらべぇ / 2017年02月21日17時30分

ハイブランドの洋服を身につけていたころとは違い、現在では移住しているバリ島にある近所のスーパーで買った服をリメイクしてオシャレを楽しんでいるとのこと。また、お金についても「いつかまた稼げばいい」と前向きに考えるようにしていると言う新庄。こういったポジティブな考え方に賛辞の言葉を贈るファンや、勇気づけられた視聴者も少なくない。・ガラガラだった札幌ドームを満員 [全文を読む]

フォーカス