息子 石原慎太郎に関するニュース

ネット右翼に贈る「非国民のススメ」

週プレNEWS / 2012年12月31日12時00分

『希望の国』(12年)撮影時に思い出したのは、詩人の金子光晴が戦時中、息子に赤紙(召集令状)が届いたときのエピソード。無理やり息子の健康状態を悪化させて召集を免れて、赤飯炊いて家族みんなでバンザイをして喜んだんですよ。彼の行為は非国民かもしれないけど、そうやって息子の命を守った。今はそういう非国民こそ個人を守れるということを強調しておかないとやばい時代にな [全文を読む]

「石原慎太郎が狙うのは政界再編と首班指名」と田原総一朗氏

NEWSポストセブン / 2012年11月01日16時00分

「一つ目は、息子の自民党前幹事長、伸晃さんのこと。石原さんは『4選目は都知事選挙に出ない』とぼくにも言っていたんです。ところが自民党が連携できる有力な都知事候補が石原さん以外に見つからず、息子の伸晃さんが石原さんを懸命に口説いたんです。石原さんとしては、息子の顔を立てるために仕方なく出馬したという経緯がありました。 これまでにも新党結成の動きがありました [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

息子の伸晃が今回「分裂選挙」を演出してしまったからだ。 「自民党都連会長・石原伸晃の指導力の欠如からなかなか決定には至らない」(日刊スポーツ・7月6日)とまでふつうに書かれ、各世論調査では苦戦を伝えられた。そこでオヤジが応援に出てきた。まかせろ、息子よ。 すると余計に炎上させてしまった。もし、今回の結果がアレなら、増田候補にとっては伸晃に始まり慎太郎で終わ [全文を読む]

都知事辞職で国政へ! “石原新党”の命運は長男・伸晃が握る?

週プレNEWS / 2012年10月29日17時00分

「慎太郎さんはとにかく息子を溺愛しているんだ。今年の春に石原新党の話が持ち上がったときも、慎太郎さんが最終的な決断を渋った原因は伸晃の存在。 当時は息子(伸晃氏)が自民党の総裁になる目がまだ残っていたから新党に合流させることはできないし、息子とは敵対したくないしってことよ。 慎太郎さんにとって、国よりも尖閣諸島よりも、伸晃が最優先なんだ(笑)」 てことは [全文を読む]

モーニングショーで豊洲問題の“主犯“石原慎太郎の責任を息子・良純に直撃!と思いきや擁護と馴れ合いの茶番が

リテラ / 2016年09月19日13時30分

とくに、本日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)は息子の石原良純が出演するとあって注目が集まったが、まるで茶番劇のような展開だった。 番組では、慎太郎の発言撤回に話題が及ぶと、司会の羽鳥が「良純さん、お待たせしました」と話を振り、良純は「まだやるんですか?」「僕、結構、土日で観たんですけど」とおどけた様子で返答。良純は「『下から』とか覚えていな [全文を読む]

2位爆笑の太田!「政治家へ転身を狙ってそうな芸能人」1位はあの二世

VenusTap / 2016年08月13日17時40分

■1位はあの失言をした元政治家の息子“石原良純”!<今後、政治家転身を狙っていそうな芸能人ランキング>1位:石原良純(11.4%)2位:太田光(爆笑問題)(9.8%)3位:林修(8.2%)4位:田村淳(ロンドンブーツ1号2号)(7.6%)5位:菊池桃子(7.0%)6位:テリー伊藤(6.8%)7位:長嶋一茂(6.4%)8位:中田敦彦(オリエンタルラジオ)(6 [全文を読む]

小池百合子新知事に大惨敗した石原・内田・鳥越の"ジジイS"の醜態

東京ブレイキングニュース / 2016年08月06日16時00分

うんざりしている百合子さんに、鳥越氏がしつこく迫る様子は、まるで"くどい舅にへきへきしながら老老介護する息子の嫁"。そう見ると、世の中にけっこうありそうな構図......。 以上、都知事選を一応総括してみました!何もなければ次は4年後に行われる東京都知事選。その時は、果たしてこのうちの何人が御存命なんでしょうかね......。 Written by 安積明 [全文を読む]

石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭

NEWSポストセブン / 2012年10月29日07時00分

「慎太郎さんは2年前から新党結成を求められてきたが、息子の伸晃が自民党総裁になる目が残っていたためにこれまで引き延ばしてきた。伸晃が総裁選に勝っていれば新党もなかったはず。石原新党が東京で候補者を大量に擁立すれば自民党と競合する。息子が負けたから新党なんて、我々への意趣返しも甚だしい」 安倍晋三総裁誕生で気勢を上げる新執行部も危機感をあらわにする。 「現 [全文を読む]

石原慎太郎「尖閣買収」極秘交渉の全貌を教えよう!(2) ブローカーを通じて外国に…

アサ芸プラス / 2012年05月16日10時57分

最盛期には248人が生活したと言われており、辰四郎氏の没後は、息子の善次氏に引き継がれている。 1932年、日本政府が大正島を除く4島を善次氏に有償で払い下げたが、その後、太平洋戦争を挟んで無人化。72年、善次氏は家族同然のつきあいがあった栗原家に売却している。 さて、「機が熟した」という石原氏との交渉は、いかにして決着を見ることになったのか。石原氏はワシ [全文を読む]

「松井秀喜は、長嶋茂雄の唯一の理解者」一茂が秘話明かす

Smartザテレビジョン / 2017年05月16日11時00分

石原慎太郎の息子であり、“昭和の大俳優”石原裕次郎の甥でもある良純は、俳優として活動するようになった際、おなじ俳優の大先輩にもなる裕次郎のもとへアドバイスをもらいに行くと、挨拶をしろ、時間を守れ、という2つだけを教えられたという。 当時は「それだけなの?」と思ったが、今になって思うと「この2つができればどこでも食って行ける」と、人として普遍的なことを言っ [全文を読む]

フォーカス