劇団 大泉洋に関するニュース

キャラが濃過ぎ!? 福士蒼汰、亀梨和也、松田龍平…個性的な宇宙人を演じた人気俳優たち

dmenu映画 / 2017年09月08日07時00分

9月9日に公開される『散歩する侵略者』は、劇作家の前川知大が率いる劇団イキウメによる同名の舞台を映画化したもの。“夫が侵略者に乗っ取られて帰ってくる”という大胆なアイディアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描いています。 『散歩する侵略者』の松田龍平のように、過去にはさまざまな人気俳優が映画の中で宇宙人になりました。それぞれ個性的なキャラクターを [全文を読む]

大泉洋 TEAM NACSに「娘入れたい」と発言もメンバーは無視

NEWSポストセブン / 2015年09月06日16時00分

笑いの絶えない会見場は、もはやコントの舞台? 熱い友情の続く彼らに触発されてか、思わず劇団に入りたくなった女性記者も…。記者たちの座談会を開催! T美:大泉洋さん率いる、TEAM NACSの記者会見に行ってきたわよ。 S子:TEAM NACSってなに? I代:北海道ローカルの『水曜どうでしょう』で有名になった大泉さん、っていうことは、やっぱり北海道関係なの [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

バブル崩壊後には大監督の作品や予算が減ったこともあり、劇団主宰者や脚本家など若手の監督も増え、また安心して起用できる身内劇団員や、劇団系の俳優さんを抜擢し、演技力のある方を使い続ける傾向が強くなったといえるでしょう。 NHKでの長期起用 冒険をしない、良い意味での安定感という点では、NHKや地方局制作の番組で一度採用されるとその後も起用されやすく、着実に [全文を読む]

『モンキーパーマ』のアミューズメント施設用景品を7月中旬より展開

PR TIMES / 2014年06月19日13時25分

今、人気絶頂の劇団ユニットTEAM NACSが声を担当した現代版人形劇 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗)は、人形劇『モンキーパーマ』に登場するキャラクターのアミューズメント施設用景品(プライズ)を、7月中旬より全国のアミューズメント施設にて展開いたします。 『モンキーパーマ』は、今、人気絶頂の劇団ユニットTEAM NACSの [全文を読む]

大泉洋が語る、三谷幸喜との因縁 「三谷さんは、面倒くさい方ですよ(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月10日11時30分

一方の三谷も『新たなる希望』の中で、「彼が十年早く、もしくは僕が十年遅く生まれていれば、きっとどこかで出会って一緒に劇団を作っていたような気がして仕方ない」と自身の作品との相性の良さを語っている。 「学生時代、三谷さんの舞台『ショー・マスト・ゴー・オン』を観て演劇の面白さを知った僕からすれば、こんなに嬉しい言葉はなかったんですよ。ただ三谷さんは、大変やっ [全文を読む]

マニアに愛され続ける「水曜どうでしょう」は誰が作ったか

しらべぇ / 2016年07月21日06時00分

その後、紆余曲折をしながらも、劇団を作ったり、新しい仲間を見つけたり、ラジオのパーソナリティをしたり、映画を撮影したり、最終的には現在「オフィスCUE」の会長を務めるまでに。その中の最大の功績が『水曜どうでしょう』だと感じる。彼はその企画と出演をはたしているのだ。あの「オバケ番組」とも言える作品は、鈴井氏がいなければ誕生しなかった。例え自分のことを「ダメ人 [全文を読む]

意外においしそう!? カレーの具材にしたい芸能人4選

tocana / 2016年04月29日09時00分

三谷は大学時代に劇団「東京サンシャインボーイズ」を立ち上げ、シチュエーションコメディの名手としてドラマ『警部補 古畑任三郎』『王様のレストラン』(どちらもフジテレビ系)などのヒット作を飛ばし、当代きっての人気脚本家として君臨している。 彼の功績を振り返りつつ、ぼんやり顔を見ていると『そういえば三谷ってジャガイモに似ているなぁ」と思いたった。皮をぬいたらヌメ [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

オーディションといっても、俳優であれば誰でも受けられるというわけではなく、事務所や劇団にオーディションの案内が来て、初めて出演のチャンスを得られるのです。 そんな少ないチャンスだからこそ、事務所や劇団側は誰かひとりが役を貰えれば、その他のメンバーや所属タレントも猛烈にプッシュします。結果、同じ事務所や劇団の繋がりから、「やけに共演の多い俳優さんたち」が出来 [全文を読む]

戸次重幸 新作映画の役は「自分が演じているということを忘れて腹がたちました」

WEB女性自身 / 2015年10月05日06時00分

松野とは正反対の人生を歩み、 チケットの入手が日本1むずかしい劇団 といわれるほどとなった。その理由については――。「そこは明確にひとつだけですね。大泉洋の存在です。メンバーの全員がそう思っているでしょう。ああいう突出した人がいてくれたおかげで、地方のいち劇団で終わっていたかもしれないところに別な展開があった」 現在もレギュラー番組のため札幌には月1回以上 [全文を読む]

戸次重幸 新作映画の役は「自分が演じているということを忘れて腹がたちました」

WEB女性自身 / 2015年10月05日06時00分

松野とは正反対の人生を歩み、“チケットの入手が日本1むずかしい劇団”といわれるほどとなった。その理由については――。「そこは明確にひとつだけですね。大泉洋の存在です。メンバーの全員がそう思っているでしょう。ああいう突出した人がいてくれたおかげで、地方のいち劇団で終わっていたかもしれないところに別な展開があった」 現在もレギュラー番組のため札幌には月1回以上 [全文を読む]

「真田丸」で注目を集めた遅咲きの演技派女優にドラマ関係者が熱視線

アサ芸プラス / 2016年12月31日17時59分

長野は、早稲田大学出身で2012年に解散した「劇団第三舞台」の元・看板女優。“小劇場の女王”と称されるほど演技力には定評があったが、これまでドラマや映画ではそれほど注目を集めることはなかった。それが、今回の「真田丸」での演技によって業界内で高い評価を受けているという。「長野は脚本を手掛けた三谷幸喜さんの熱烈なラブコールにより出演したそうですが、高い演技力 [全文を読む]

秀吉役の小日向文世 3度目夫婦役の鈴木京香との共演を述懐

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

19年間劇団にて、その間はテレビをほとんど見ていないので、当たり役と言われた竹中直人さんの秀吉も見てないんですよね。逆に、見てなかったからよかったのかな、プレッシャーに押しつぶされず。 緒方拳さんが演じた死ぬ間際の秀吉が、ぼくの中では強く印象に最後に残ってただけ。あとはそれほど予備知識がなかったので、三谷さんが書いてきた秀吉像を想像しながら演じました。―― [全文を読む]

NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

HANJO HANJO / 2016年05月09日08時00分

1983年に劇団・東京サンシャインボーイズを結成して劇作家として高い評価を受けていた三谷は『古畑任三郎』(フジテレビ系)シリーズなどのテレビドラマで高い評価を受け90年代に人気脚本家として頭角を現した。近年では『清州会議』などを手掛ける映画監督としても活躍している。 完成度の高い構成力に裏打ちされたコメディテイストの群像劇を得意とする三谷は、子どもからお [全文を読む]

中居正広が「一人呑みが楽しい」発言でSMAPメンバーと絡まないことを正当化?

アサ芸プラス / 2016年02月20日09時59分

その安田はメンバーと一緒に飲むことはほとんどないと語っていましたが、中居はその話に乗っかることで、SMAPのメンバーと私生活で絡まないことを正当化したかったのかもしれません」 TEAM NACSは日本有数の演劇ユニットとして高い人気を誇る一方で、各メンバーが俳優としても活躍しており、安田や大泉が劇団をやっていることを知らない視聴者も少なくない。そんなTEA [全文を読む]

『真田丸』信幸の病弱妻大げさ“ゴホゴホ”咳の裏側

WEB女性自身 / 2016年02月19日06時00分

彼女は劇団「第三舞台」の元看板女優で、 小劇場の女王 と呼ばれていた。今回は三谷の指名で、大河に初出演した。 「三谷さんの舞台に2年続けて出させていただいたご縁で、去年、『大河ドラマに出ますか?』と聞かれて、『もちろん、出ます』と即答しました。正式におこう役に決まってからアドバイスを頂いたのですが、『病弱だが、体の弱さに自分で 酔って いて、笑えるほど負の [全文を読む]

さんま&カトパン 人気舞台にツーショットで駆け込みに騒然

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

今、日本でいちばんチケットが取れない劇団の1つといわれるのは、大泉洋(42才)を中心とする5人組の演劇ユニット『TEAM NACS』。その3年ぶりとなる公演『悪童』が9月初旬、東京・六本木の舞台で上演されていた。 お昼公演の幕が上がる午後2時。客席が暗転する直前に一組のカップルが駆け込んで着席した。その2人に会場はザワついた。明石家さんま(60才)とフジテ [全文を読む]

市川由衣&戸次重幸 大塚家具のブライダルフェアで結婚準備

NEWSポストセブン / 2015年09月17日16時00分

戸次は、大泉洋(42才)らが所属する人気劇団ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、昨春、NHKドラマ『おわこんTV』での共演から交際がスタートしたという。その交際は、ファンの間ではたびたび噂になっていた。 「おそろいの帽子をかぶっていたり、今年の5月頃には市川由衣ちゃんが左手の薬指に指輪をしていたりして、“もしかしてあのふたり…?”なんて話していたん [全文を読む]

初小説会見で大泉洋が暴露! 戸次は小学校高学年まで祖母のおっぱいを吸っていた!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月31日20時10分

戸次本人が「これはドキュメンタリー」と語るほど、劇団事情のリアルさを織り交ぜた一編のほか、他人のSNS会話を盗み見る男、召喚された悪魔が人間の愛を知る物語など、多彩な1冊になっている。 同書とリンクする内容の一人舞台「ONE」は、前売券が発売日に即日完売。また東京・北海道・大阪で行われる単行本『ONE』のサイン本お渡し会も、平日の昼間開催でありながら300 [全文を読む]

フォーカス