現在 渡哲也に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

現在放映中の最新作でシーズン12を数える。今作の開始直前、主人公・加納倫太郎を演じる渡瀬恒彦サンが亡くなられたのは承知の通りである。 しかし――同ドラマは代役を立てず、係長不在のまま放映に踏み切った。もはや弔い合戦だ。それはとりもなおさず、9係は渡瀬サンと心中するという意味合いを持つ。 思えば、日本の刑事ドラマの元祖『ダイヤル110番』が始まったのは、19 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

「NHKはモノを作るところじゃない」 最後まで不満タラタラだったが、ここで共演した仁科明子(現在は亜希子)と不倫から再婚へと発展している。 不祥事による交代は、現在の高畑裕太を見てもわかるが、中村獅童は飲酒運転事故で「ハゲタカ」(07年、NHK)を降板し、松田龍平に交代。獅童は岡本綾との不倫も発覚し、竹内結子との離婚につながった。 8月にテレビ復帰を果たし [全文を読む]

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

NEWSポストセブン / 2016年05月26日07時00分

胆のうに腫瘍が見つかり、現在闘病しながら仕事を続けている俳優の渡瀬恒彦(71才)。現時点ではまだ手術を受けておらず、転移の有無を検査中とのこと。転移がなければ手術に踏み切るのではないかと言われている。 そんな渡瀬は兵庫県・淡路島で育ち、早稲田大学法学部を卒業後、電通PRセンターに入社。芸能界に興味はなかったが、東映の故・岡田茂社長(当時)から熱烈なラブコー [全文を読む]

渡哲也の今…弟・渡瀬恒彦さんの最期を苦しめた肺気腫と闘う

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

「奇しくも、最期の病室を見舞っていた兄の渡哲也さん(75才)も現在、肺気腫と闘っていて、かなり体力を落としています。最近は兄弟で病気のことを励まし合っていたようです。実は、兄弟の母・雅子さんも肺炎で亡くなっている。もともと呼吸器系に疾患を抱えやすい家系なのかもしれません」(前出・関係者) 最期の演技で、胸に拳銃を向けた渡瀬さんの胸中はいかばかりだっただろ [全文を読む]

「渡哲也×吉永小百合」16年ぶりに“松竹梅”で共演

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日08時00分

その後、'88年からは渡に引き継がれ現在に至る。 また、'98年から'00年の間、計6回にわたり、渡と吉永は松竹梅シリーズのCMで共演。今回、吉永は7回目、16年ぶりの松竹梅シリーズのCM出演となる。 [全文を読む]

西部警察で活躍した劇中車が小樽で揃って見られるのもあと1年!

clicccar / 2016年08月04日19時03分

現在では考えられないようなカーアクションと銃撃戦、そして爆破が見どころのかなりバイオレンスな刑事ドラマでした。 その西部警察の主役である大門軍団が悪質な犯罪者と戦うために設計された特殊捜査車両が、小樽の石原裕次郎博物館で2011年6月から展示されていました。 2代目の日産S130フェアレディZをベースとした「スーパーZ」はガルウィングを採用し、軍団を率いる [全文を読む]

「マスコミに舐められただけ」!? 神田正輝、三船美佳との熱愛報道に激怒の“悲しい舞台裏”

サイゾーウーマン / 2016年01月03日16時00分

同記事で神田は、レギュラー出演する『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送)の収録のため大阪に前泊した際、現在大阪在住で、同番組にも出演する三船と密会していた――と伝えられた。神田は過去に、長谷川理恵と熱愛を報じられたが、「それも同番組がきっかけだったので、スポーツ紙側は『三船との熱愛の可能性も高い』とみたようです」(芸能記者)という。 しかし、神田が所属する [全文を読む]

「あぶない刑事」2016年公開で緊急アンケート、「俺たちが好きな刑事」ベスト10

アサ芸プラス / 2016年01月01日09時58分

現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」が30代~60代までの男性1000人にアンケート。男たちがシビれた「刑事ドラマ」の中から「俺たちが好きな刑事」ベスト20を発表している。その中からTOP10の顔ぶれを見てみると──。 栄えある1位には、なんと「あぶない刑事」のタカ&ユージがまったくの同票で輝いた! 「とにかくこの2人を見ていると楽しい」(神奈 [全文を読む]

渡哲也の窮地救った妻 病室に1カ月間泊まり込んで献身看病

WEB女性自身 / 2015年07月30日06時00分

しかし“主人に嘘はつけない”と決断したのです」(渡夫妻の知人) まるで看護に明け暮れていたようにも思える俊子さんの結婚生活だが、現在も渡のリハビリのフォローに尽力しているという。前出の渡夫妻の知人は言う。「渡さんの退院前から、俊子さんは自宅にリハビリ用のマシンを運び入れていました。室内ランニングやウォーキング用のトレッドミルや、自転車のようにペダルを踏んで [全文を読む]

石原プロ創立50周年! 伝説の警察ドラマ『西部警察』のハチャメチャっぷりがよみがえる!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月02日12時20分

現在も「石原軍団」としてその名を轟かせているが、その「軍団」の名前の元となったのが、ポリスアクションドラマの金字塔『西部警察』だ(それ以前に放送された刑事ドラマ「大都会」シリーズにも「黒岩軍団」があり、それも由来のひとつである)。そのドラマ制作を担当した石原プロが今年で創立50周年を迎えたことを記念した『西部警察LEGEND 大門軍団、いま再起動!』(石原 [全文を読む]

過去の作品を次々とたたき売り!! ますます苦しい石原プロの台所事情

サイゾーウーマン / 2012年09月17日09時00分

まき子会長はその新年会で、44年ぶりとなる裕次郎さんと故三船敏郎さん主演の映画『黒部の太陽』の再上映を発表し、現在全国縦断チャリティー上映をしている。さらに、今年に入ってからは、石原プロ制作の過去作品が次々とDVD化、販売されている。「『西部警察』『大都会』などの人気シリーズは刑事が取り調べシーンで当たり前のように容疑者を殴りまくるなど、かなり過激な内容が [全文を読む]

がん闘病の渡瀬恒彦が連ドラ復帰 兄・渡哲也と励まし合う

NEWSポストセブン / 2017年02月24日07時00分

内閣府の調査に約7割の人が「現在の日本社会では仕事とがん治療の両立が難しい」と答え、厚労省の調査によると、がんが発覚したサラリーマンの3人に1人が依願退職か解雇になっている。「テレ朝さんや東映さんが許可してくれなければできない。それを“みんなでやってみようよ”と言ってもらえた」 がんと闘いながらでも「演じられることの喜び」を噛みしめたのは、渡瀬恒彦(72才 [全文を読む]

V6・岡田「メンバーとも口をきかなかった」嵐・櫻井「嵐はなくなると思ってた」初サシ飲み全文

ガジェット通信 / 2016年12月09日17時30分

現在はビジネス仲良しなのでは? という疑惑から、番組では2人きりのサシ飲みが決行された。 2人の会話をほぼそのままお届けする。 初めてのサシ飲み リラックスして岡田を待つ櫻井に「(タッキー&翼の)滝沢さんのときとは違いますね」とスタッフが尋ねると、「緊張してたからね、あれは」と衝撃の告白をする櫻井。 以前放送された滝沢・櫻井のサシ飲みの様子はコチラ↓ 嵐・ [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(3)アクションに代役は不要だ

アサ芸プラス / 2016年11月02日05時57分

現在、渡瀬は手術をせず、放射線治療や抗ガン剤で回復を目指すと報じられた。何度も死線を乗り越えた野獣の魂に、復活の日は必ず訪れるはずだ──。 [全文を読む]

SMAP・木村拓哉が提唱する”ジャニーズ炊き出し”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日07時05分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

現在86才。名古屋弁のレジェンドである。 これまでの大河ドラマでは竹中直人主演の『秀吉』でなかを演じた市原悦子が、派手な身なりのうつけ者信長(渡哲也)を観て「そんでもええ男~」とつぶやいたり、ふんどし一枚で走り回る秀吉(竹中)を観て「なんでふんどしいちみゃあなんだ」と叫んだりと、名古屋弁母伝説を作ってきた。今回の山田昌はさらにネイティブ感あふれるなか像を見 [全文を読む]

『あぶない刑事』も凄い!昭和刑事ドラマのありえないシーン5選

しらべぇ / 2015年12月28日16時00分

現在は「頭脳捜査」をメインにする刑事ドラマが多いが、かつては発砲やカーチェイスがメインのドラマが主流。とくにカーチェイスは見せ場で、派手なドリフトシーンなどが放送された。ドラマに憧れ、無意味に前を走る車を追跡した人もいたと聞く。■刑事ドラマの真似をして前の車を追いかけたことがある?本当にそのようなことをしている人がいるのだろうか。しらべぇ編集部ではアンケー [全文を読む]

裕次郎のものまね芸人ゆうたろう、徳重と並び「ありえない構図」

Smartザテレビジョン / 2015年12月03日12時51分

現在37歳の徳重は、西部警察は再放送世代とのことで「最初に見たのが大学時代のサッカー部の寮でした。驚きと笑いで、こんなドラマ見たことないって思いましたね。」と感慨深げ。 デビュー作となる「西部警察SPECIAL」に出演した際の映像も流れ、バスの爆破シーンを体験した際は「実際に爆破を味わうと爆風が一番すごい。暑さや風の強さで背中を押される感じ。こぶし大の石 [全文を読む]

秋元康、AKBの次は「石原プロ」をプロデュース?

Smartザテレビジョン / 2015年10月12日10時01分

現在エントリーを受け付け中だが、秋元康が同オーディショングランプリ受賞者の“音楽プロデュース”を務めることが明らかになった。 秋元といえば、おニャン子クラブやAKB48など一世を風靡(ふうび)するアイドルを手掛けてきた名プロデューサー。 オーディションの1次選考を務める渡哲也が、秋元起用の経緯について「過去に秋元康さんと番組で共演したことがありました。その [全文を読む]

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

現在、視聴率で苦戦するNHK大河ドラマ「花燃ゆ」にも、長州藩主・毛利敬親の正室、都美姫(とみひめ)役で出演中。さらには新たな大胆写真集の出版説まで聞こえ始めている。 還暦を過ぎた松坂慶子が再ブレイクする日は近そうだ。 [全文を読む]

フォーカス