梨園 藤原紀香に関するニュース

藤原紀香 ノリノリ“出産宣言”に先輩梨園妻たちが送る冷視線

WEB女性自身 / 2016年04月05日00時00分

富司純子(70)、三田寛子(50)、前田愛(32)など、これまで梨園に嫁いだ女優たちは結婚を機に、仕事を休業もしくは自粛してきた。いわば紀香は 新しい梨園妻 を目指しているともいえるが、彼女のノリノリのやる気にも関わらず、受け入れる梨園からは冷ややかな反応が伝わってくる。ある梨園関係者は言う。 「愛之助さんは腰も低いし、性格も温厚なので、梨園でも好感度は高 [全文を読む]

藤原紀香、ノリノリですまない梨園

NewsCafe / 2016年04月17日16時00分

丁寧語が基本の梨園妻になったのに、相変わらずの軽い口調で、梨園関係者はもとより世間一般的にも、だめだこりゃ状態です」 しかし、急に言葉づかいやキャラを変更するのもどうか。 歌舞伎は日本の伝統芸能だが、興味のない側からすれば「なんぼのもんじゃの世界」と言いたい。 「そこは自由だとしても、しきたりには逆らえません。劇場にかけつけたご贔屓筋への挨拶を行う梨園妻デ [全文を読む]

藤原紀香“バッシング報道”に反論も歌舞伎界から浴びる冷視線

デイリーニュースオンライン / 2016年04月12日12時03分

そもそも、様々な報道への一連の対応は、梨園の妻としてあまり印象が良くないという声も上がっています。ブログでも前へ前へと出て行く紀香さんの対応に、歌舞伎役者の妻は影で支えるものとされる梨園からは、冷たい視線が向けられているようです」(歌舞伎関係者) 得意な手料理に磨きをかけるなど、梨園の妻として紀香なりに奮闘しているものの、自己主張の強さが災いしてしまうのが [全文を読む]

ノリノリは目障り? 藤原紀香を嫌う男の中にある「出しゃばる女への恐怖心」の正体は

WEB女性自身 / 2016年04月09日03時00分

しかしこのイベント報道をうけて、ネットでは「梨園の妻が何やっているんだ?」「はしゃぎすぎ!」と、かなりのバッシング。もはや仕事を真面目にこなしても叩かれてしまうとは 。なんだか可哀想でなりませんが、この炎上、見ていくとある特徴があるように思います。■「らしく」いないだけで罪なのか? 今回のバッシングの原因は、9日初日の「こんぴら歌舞伎大芝居」についての彼女 [全文を読む]

藤原紀香の芸能生活に黄信号?愛之助との結婚で失うものとは

デイリーニュースオンライン / 2016年04月05日12時02分

本来であれば祝福ムードが続くうちは、テレ番組へのゲスト出演が増えるのですが、実際にゴールインしてしまったことで、反対にメディアへの露出が激減することが予想されています」 離婚、二股騒動、梨園妻になる難しさなど、幾多の困難を乗り得てのゴールイン。プライベートの充実はえられようとも、女優・藤原紀香としての芸能生活にはまた大きな障害がうまれてしまったようだ。 文 [全文を読む]

アラフォー女優・藤原紀香が”結婚を急いだ”本当の理由

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日12時03分

本来、梨園に嫁ぐとなれば、跡取りとして男の子を産むことを急かされる。しかし、愛之助は、「僕自身はこの世界(歌舞伎界)で生まれた人間でもなく、養子で片岡家に入れていただきました。例えば愛之助という名前を使わせたいのに子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でもいろんな形がありますので、僕はそれでも構わないと思います」と、92年に自身が養子となったことを引 [全文を読む]

藤原紀香さん“梨園の妻”として、きもの選びも変化 『きものSalon2017-2016秋冬号』

PR TIMES / 2016年08月20日10時22分

歌舞伎役者・片岡愛之助さんとご結婚し、梨園の妻という新しい顔が加わった藤原紀香さん。「古典モダン」をテーマに5枚のきものを制作。しっとりと着こなしていただきました。 [画像1: http://prtimes.jp/i/9728/192/resize/d9728-192-363987-0.jpg ] ★藤原紀香さん 鮮やかに融け合うモダンと古典 先般、歌舞伎 [全文を読む]

藤原紀香はなぜ叩かれる?”隠し子”騒動再燃と孤立無援の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日18時05分

片岡愛之助(44)との結婚発表直後から、ネット上のみならず関係者からもバッシングを浴びてきた今回の“梨園入り”だが、ポジティブなシーンには一度もお目にかかれていない。「週刊文春」(文藝春秋/4月21日号)では、片岡愛之助が隠し子に対してDNA鑑定を要求したと報じられたが、これさえも“紀香の差し金説”が浮上してしまう始末だ。 そもそも、交際報道当初から「夫を [全文を読む]

藤原紀香に自覚なし?梨園の妻でも”仕事セーブせず”に広がる嫌悪感

デイリーニュースオンライン / 2016年12月01日07時05分

藤原紀香といえば、今年の3月に歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と結婚し、9月の披露宴で“梨園の妻”としての誓いを立てたばかり。にもかかわらず、稽古から本番まで長期に渡る時間拘束となる舞台に出演するというのだ。 また、この舞台以外にも『にっぽん演歌の夢祭り2017』や映画『サバイバルファミリー』の出演など、2017年の仕事が続々と公式サイトで発表されており、“ [全文を読む]

梨園の妻なのにコメディ舞台挑戦?藤原紀香の女優業に疑問の声

デイリーニュースオンライン / 2016年11月25日07時00分

同作でコメディに挑戦する藤原紀香は、観客を“笑わせる演技”ができるのか注目される一方、“梨園の妻”としての働きを疑問視する声も出ている。 ■コメディ作挑戦も…プライベートのほうが面白い? 11月14日、六本木ヒルズでイルミネーションの点灯式に出席して報道陣の注目を集めた紀香。来年6月には、三宅裕司(65)が座長をつとめる熱海五郎一座にゲストとして招かれ、推 [全文を読む]

隠し子や熊切問題が未解決?藤原紀香を悩ます”結婚後の火種”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日13時05分

■「梨園の良妻」イメージは紀香のせいで崩壊確定? 結婚後に夫がスキャンダルに巻き込まれると、その影響は梨園の妻にも及ぶことになる。今月話題になった、歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫騒動はその好例と言えるだろう。この騒動でもっとも話題になったのは、妻の三田寛子(50)のスマートなマスコミ対応だった。その三田の賢妻ぶりは高く評価され、結果として彼女の株を [全文を読む]

藤原紀香、梨園関係者に報復

NewsCafe / 2016年07月28日11時39分

ところが、舞台を見た梨園関係者が、「けしからん」と激怒しているという。 「紀香が今回のミュージカルを引き受けたことで、梨園と彼女の関係は最悪になりました」と言うのは夕刊紙デスク。 「舞台衣装に赤と白のボーダー水着など、セクシー衣装が目白押しだったのが問題だったようです。動き回るたびにこれでもかと胸が揺れ、ナマ足も出すことから『下品だ。梨園の妻としてふさわ [全文を読む]

もう愛されるしかない!?ノリノリ紀香の幸せ結婚会見が人を惹き付けるわけ

WEB女性自身 / 2016年03月31日20時00分

その前にきらびやかな和服姿で現れた紀香さんは、すでに梨園の妻の貫禄あり!物凄い華やかさでテレビやネットを始め、視聴者を魅了しておりました。そんな彼女に対して意見は色々あるようですが、注目したいのは女性を中心に集まる「一周回って好きになった!」という彼女への新たな好感度の高さを示す声です。それは何故だろう と彼女の振る舞いや決断を見ていくと、なるほど。藤原紀 [全文を読む]

藤原紀香の“裏方アピール”に世間から「ニュータイプ梨園妻を目指して」の声

アサジョ / 2017年03月28日18時15分

紀香は梨園(りえん)の妻として懸命に務め、夫が出演する劇場ではひいき客にあいさつするなど対応に追われているようだが、このコメントがなぜか世間から失笑を買っているという。「写真や握手を求めて来た人に、一人一人答えれば良い話なのに、わざわざブログで言うところが紀香らしいですね。しかし、実際は紀香に話しかけている人などほぼ皆無で、完全スルー状態。それを『断って [全文を読む]

2016年芸能界「あげまんVSさげまん」美女を総括レポート!(4)藤原紀香は夫・愛之助だけでなく関わるものすべてが…

アサ芸プラス / 2016年12月26日17時57分

歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と結婚して、梨園に嫁いだ藤原紀香(45)。 9月末の挙式から約3カ月たち、藤原は早くも「さげまん」の本領を発揮していた。梨園関係者がこう明かす。「ヘアスタイルから靴下の色まで、愛之助のコーディネートを紀香がしているのですが、若作りしすぎでセンスはイマイチ。梨園では、『舞台は夫の仕事場、ロビーや客席は妻の仕事場』と言われ、覚える [全文を読む]

同性からも…藤原紀香に「梨園の妻一本でがんばるべき」の声

しらべぇ / 2016年12月25日06時30分

女優としての活動を続ける一方、梨園の妻としての対応にも精進しているのか、公式ブログ「藤原紀香『☆氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ☆』」を見ると、愛之助が舞台を務める京都にいることをうかがわせるエントリーが目立つ。何かと批判的な報道を目にしがちだが、世間一般はどう見ているのだろうか。しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,214名を対象にを調査した。■男 [全文を読む]

三田寛子 中村芝翫を支える貫禄の「あくび姿」

NEWSポストセブン / 2016年11月09日16時00分

1991年に芝翫と結婚した三田は、女優としてのキャリアを捨て、“梨園の妻業”にいそしんできた。 「義理のお母さんからお手伝いさんを紹介されたけれど、“全部自分で頑張ってみます”と1週間ほどで女将さんを『独り立ち』したというのは有名な話です。 とにかく、歌舞伎の世界にはいろんな慣習やしきたりがあって気を使うことばかり。三田さん、後援会を通じてチケットを買っ [全文を読む]

愛之助を支えられるのか?藤原紀香“梨園の妻”とは思えぬ仕事ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年10月11日23時06分

10 月3日に夫である歌舞伎役者・片岡愛之助(44)の主演舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON』で“梨園の妻”デビューを果たしたかと思えば6日には、『虹の架け橋まごころ募金コンサート』に司会として出演。さらに翌7日には『台湾エクセレンス』のPRイベントにも出席し、あでやかなロングドレス姿を披露した。梨園妻として愛之助を支えるどころか、今が稼ぎ時とばかりに仕事 [全文を読む]

藤原紀香の“梨園の妻押し”は、焦りの裏返し?「まだ歌舞伎界で存在を認められていない……」

日刊サイゾー / 2016年10月06日11時00分

「私も欲しい」「しばらくしたら物置行き」などとネット上で大反響を呼んでいるが、舞台裏では露骨なまでの“梨園の妻押し”があったという。取材記者の話。 「開宴前、取材に応じたのは愛之助さんだけで、紀香さんは写真撮影の時だけ出てきて、コメントは『ありがとうございます』のひと言。あれだけ出たがりの人がおかしいなぁ~と思ったら、夫を立てる“梨園妻”としてのイメージ戦 [全文を読む]

研究機関が全否定?藤原紀香の恥ずかしすぎる”水素水信仰”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時10分

■周囲が心配…梨園の妻としての自覚ナシ 今回明るみになった水素水だけでなく、紀香の“イタい”言動はほかにもある。 特に美容面では自身のブログに、満月の翌日から新月の日にかけては、体内の「デトックス効果」が高まり、ダイエットに適しているといった“スピリチュアル健康法”を推奨していることでも話題を呼んだ。この健康法も、ドイツの美容家が提唱したものらしいが、ネ [全文を読む]

フォーカス