原作 半沢直樹に関するニュース

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

原作はご存じ、池井戸潤。『半沢直樹』(同)の大ヒットは記憶に新しいが、ここ最近の地上波だけでも『七つの会議』(NHK総合)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)、『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)と、ドラマ化が続く。現在の日本のテレビドラマ界は、池井戸なしでは成立し得ないのではないか、 [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

原作どおりらしいけど、あのエンディングには驚かされた。どう考えても続編ありきの終わり方ですもんねぇ。あざとい気はするけど、正直、早くも続きが見たくてたまらない(笑)」(30代・会社員)「関西の半分の人が『半沢直樹』を見たわけです(関西地区の瞬間最高視聴率は50・4%。ビデオリサーチ調べ)。続きやらないでどうするんですか!」(20代・女性) その続編のベ [全文を読む]

【Clorets スッキリ総研】国民的スッキリ 小説&映画ランキング Cloretsスッキリ総研サイトにて全ランキングを公開

PR TIMES / 2015年05月26日10時13分

小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が、映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!国民的スッキリ 小説&映 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の主演ドラマも低迷……そろそろ映像化作品がなくなりそうな池井戸潤の原作

日刊サイゾー / 2015年05月17日09時00分

同作は直木賞作家・池井戸潤氏原作のホームドラマ。平凡な一家がストーカー被害に巻き込まれるというサスペンスタッチのストーリーだが、初回視聴率は13.0%。地上波民放で放送された池井戸氏原作の連ドラの中でワーストスタートとなってしまったが、4日放送の第4話は10.0%と1ケタ陥落寸前だった。 「ドラマは相葉が演じる倉田健太が主役だが、原作の主役は寺尾聰が演じ [全文を読む]

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月13日05時50分

表情の作り方ひとつとっても、一からの勉強でした」 原作にも目を通し、ストーリーにすっかり引き込まれたと言う。 「非常にリアルな小説ですよね。銀行融資の内情、行内の出世争いなど、自分には縁遠い世界の話ですが、本当にありそうで怖さを感じました。原作がしっかりしていたからこそ、ドラマの脚本も面白く膨らませることができたのだと思います」 原作の黒崎は金融庁検査官と [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

『半沢直樹』といえば13年7月に放送され、池井戸潤(52)原作で最高視聴率42.2%を記録し「やられたらやり返す」「倍返し!」などのセリフが社会現象にもなった。 「TBSにとっては喉から手が出るほどほしい作品。水面下で堺の事務所サイドと交渉を続け、ようやくOKが出たようです。一時は映画化などの案も検討されましたが、2時間内でストーリーを展開するのは厳しい [全文を読む]

<ギャラクシー賞受賞「赤めだか」>二宮和也と北野武らによる落語家青春グラフィティ

メディアゴン / 2016年02月27日07時30分

昭和後期の名人、故・立川談志の弟子の立川談春が、2005年から雑誌に連載したエッセイを2008年に単行本化した「赤めだか」が原作だ。17歳で立川談志に弟子入りし、真打になるまでの青春グラフィティである。このうち、ドラマでは二つ目(前座の上、真打の手前)にあがるまでが描かれている。弟子たちに理不尽な注文をくりかえす立川流家元・立川談志と、その師匠の注文にくら [全文を読む]

中島裕翔主演!ごはんをめぐる恋愛小説『僕らのごはんは明日で待ってる』が映画化

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月01日05時00分

原作のあたたかな世界感を今注目の監督・キャストが彩るこの映画の原作となる作品は、笑って泣けるあたたかい世界観が若者に絶大な支持を受ける作家、瀬尾まいこの恋愛小説「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫、2月24日発売)。そして監督・脚本を務めるのが、近年では映画『箱入り息子の恋』(2013年)で第54回日本映画監督協会新人賞受賞、昨年はドラマW「十月 [全文を読む]

『あまちゃん』『半沢直樹』 タイトルにみるドラマヒット法則

NEWSポストセブン / 2013年09月07日07時00分

もちろん、原作があってドラマのタイトルを同じにしなければならない場合もあると思います。意外性のあるタイトルで視聴者に興味をもたせるというアプローチのしかたもあります。『ぴんことな』は個人的には原作もドラマも面白いと思っていたので、サブタイトルを付ける作戦もあったかと思います。ただ今回は、タイトルのつけ方においては、『半沢直樹』『あまちゃん』のほうがより成功 [全文を読む]

フォーカス