ドラマ 尾野真千子に関するニュース

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あのダンスだ。 かつてのポッキーダンスを彷彿させるガッキーの魅力全開である。TBSサン、ありがとう! ちなみに振り付けは、先のリオ五輪閉会式の東京プレゼンの振り付けも担当したMIKIKOサン。Per [全文を読む]

オダギリジョーが深夜枠で低視聴率男から脱却!? 占いで見る4月ドラマヒット予想ランキング

i無料占い / 2014年04月07日11時00分

4月から各局で続々と春の新ドラマが放送スタートします。平均視聴率15%以上で大成功、10%を切らなければまずまずといわれているテレビ業界。時には、『半沢直樹』(TBS系)のような、誰も予想しなかった空前の高視聴率をたたきだし、主人公の決めゼリフが社会現象にまでなるドラマもあります。 ストーリーの面白さ、注目度の高いキャストの採用など、ドラマがヒットする要因 [全文を読む]

夏ドラマ、女性記者たちがぶつかった“日9どっち見る問題”

WEB女性自身 / 2016年07月29日06時00分

夏もやっぱりドラマがおもしろい!ドラマ大好きの本誌女性記者たちが、夏ドラマの序盤を見て、本当に見てほしいドラマを教えます!題して「ドラマ大好き本誌記者による女性のための 16年夏ドラマ」座談会。 A「初回視聴率トップは『家売るオンナ』(日本テレビ系・水曜22時〜)でした」 B「GO!ってね」 C「問題を抱えて家を探す人が現れてちょっと変わった不動産屋さんの [全文を読む]

石原さとみが不倫妻で新境地開拓!? “官能ドラマ“に活路を見出すフジテレビの思惑

メンズサイゾー / 2014年10月30日10時00分

先日亡くなった作家の渡辺淳一による『失楽園』を例に出すまでもなく、今や"不倫"をテーマにした映画やドラマは数多く生まれ、1つのジャンルを築いている。話題作となれば、世間にセンセーショナルな風を吹かせ、今夏放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)も、社会現象とも呼べるほど大きな注目を浴びることとなった。 現在発売中の「週刊実話」 [全文を読む]

最高の離婚「反発しつつ高評価」の視聴者多い理由を作家分析

NEWSポストセブン / 2013年03月21日07時00分

今期注目のドラマ、奇抜なタイトルだけでなく視聴者をストーリーに巻き込むという意味でも新しい方向性を示したといえそうだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析する。 * * * 「ヤフーテレビ」の「みんなの感想」コーナーで、ドラマ部門コメント数トップの座を、『純と愛』から奪取したドラマ。それが、『最高の離婚』(フジテレビ系・木曜夜10時)です。いよいよ3 [全文を読む]

好調のNHKにあやかりたい!? 民放で重宝される‟朝ドラ"俳優たち

日刊サイゾー / 2012年07月18日08時00分

NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で幅広いファン層を獲得した向井理と、同じく朝ドラ『カーネーション』での演技が絶賛された尾野真千子の共演ということで話題になっている、医療モノの新ドラマ『サマーレスキュー』(TBS系)。 初回視聴率は14.7%とまずまずの好発進だったが、評判自体は「設定に無理がありすぎる」「脚本が悪い」など、あまり芳しくない。 また、前クールドラ [全文を読む]

尾野真千子がフライヤー配りを決行!「気持ち良かった」

Smartザテレビジョン / 2016年09月27日06時00分

10月2日(日)に放送される尾野真千子主演のドラマスペシャル「狙撃」(テレビ朝日系)。放送まで1週間を切った9月26日に、ドラマのヒットを祈願して尾野が自ら「狙撃」のフライヤー配りを東京・有楽町駅前で行った。それを聞きつけた共演の佐藤浩市もサプライズ参加し、街頭で大勢の人々にドラマの視聴をアピールした。 今回、演劇や映画で行うことはあっても、ドラマではめず [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!金曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時53分

この秋から始まる金曜から土曜に放送する新ドラマの最速情報を紹介する! ■ “最凶の隣人”が菅野美穂を追い詰める 菅野美穂主演で、“最凶の隣人”に追い詰められる主婦を描くサスペンスドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」が金曜夜10時からTBS系で放送。平凡な主婦の亜紀(菅野)は、きらびやかなタワーマンションに引っ越し、同じマンションに住む通称“タワマン主婦”の独自 [全文を読む]

最高の離婚 舞台連想させる生々しい演出が画期的と女性作家

NEWSポストセブン / 2014年02月08日16時00分

昨年数々の賞に輝いたドラマのスペシャル版が放送される。旬の役者が揃うこの作品の魅力について、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * * 離婚したのに一緒に暮らしている2人。別れようとしたのにやり直すことになった2人。4人の男女が、からみあい、ぶつかり、触れあい、そして別れ、結びつく。昨年の春に人気を博した異色のドラマ『最高の離婚』(フジ系 [全文を読む]

カーネーション主役交代 尾野真千子が老け役演じられぬ理由

NEWSポストセブン / 2012年02月25日16時00分

特に2月に入ってからは、ドラマをめぐって賛否両論の声が飛び交っています。直接の原因は、成長した3人の娘のキャスティングにありそう。 娘役の新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子は、主人公・母親役の尾野真千子と同世代。「見ていてあまりにも無理がある」「不自然」といった批判が飛び交っています。 しかし、今年に入ってドラマを観るのをやめた、という人にわけを聞いてみる [全文を読む]

視聴者だけじゃない!芸能人の地上波民放ドラマ離れが加速中!!

Business Journal / 2016年07月19日19時00分

7月に入り、続々と民放各局の新ドラマがスタートしたが、“夏枯れ”になりそうな低調ぶりだ。 今月の3週目までにスタートしたドラマの初回での最高視聴率は、今年にDAIGOと結婚した北川景子主演の「家売るオンナ」(日本テレビ系)の12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。 それに続くのが、桐谷美玲主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「好きな人がいること」の [全文を読む]

フジテレビが『ラヴソング』爆死で調査会社に“敗因分析”を緊急依頼! 結果は「設定が悪い」

日刊サイゾー / 2016年05月03日09時00分

福山雅治が3年ぶりに主演している月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ)の視聴率が低迷、関係者がその分析を依頼したという話まで聞かれる。 ビデオリサーチ調べの視聴率は、関東平均で初回10.6%だったが、第2回9.1%、第3回9.4%と1ケタに。局内からは「このままでは月9史上最低の数字となるかもしれない」という話すら聞かれ、定例会見で「もっと数字をとってほし [全文を読む]

尾野真千子“はすっぱ色香”の秘密「突然の結婚もプラスに作用」

アサ芸プラス / 2015年08月27日09時57分

「尾野はドラマ『名前をなくした女神』(2011年、フジテレビ系)などでLDHのタレントと共演しており、昨夏にドラマの打ち上げでM氏と知り合い、トントン拍子で結婚に至ったそうです。LDHも、このところ俳優業への進出に力を入れており、その意味では、幅広い役柄を演じることができる尾野とのコネクションは大きなメリットがある。尾野にとっても、これからは仕事に困ること [全文を読む]

春の新ドラマ一斉紹介!「極悪がんぼ」の公式Twitterはガチの●●!?

AppWoman / 2014年04月03日11時35分

4月といえば新ドラマの季節ですね! 今春の傾向としてはラブストーリーが少なく、刑事などの“職業ドラマ”が多い印象です。新生活を頑張る大人に元気を与えてくれるような作品が揃いましたよ。■ドラマ大本命は『MOZU』! 警察を舞台にしたドラマが今季も勢揃い!このクールでもっとも話題を集めているのが、西島秀俊主演の警察サスペンス『MOZU Season 1 ~百舌 [全文を読む]

「純と愛」の悪夢再び?尾野真千子主演ドラマの壮絶ラストに視聴者ドン引き!

アサジョ / 2016年09月20日17時59分

9月15日に放送された尾野真千子主演のテレビドラマ「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)最終回の視聴率が、11.6%だったことがわかった。同ドラマは、尾野と江口洋介演じる夫婦が虐待を受けていた子供を特別養子緑組制度を利用して引き取り、育てていくというホームドラマである。「『はじめまして、愛しています。』は、初回で視聴率10%と2ケタを記録しました [全文を読む]

速水もこみち、ストイックな一面披露!「今いちばんハマってるのは…」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年06月15日17時00分

後編はお勧めの調理器具や、速水さんが現在ハマっていること、新しいドラマについてなどをお届けします。 Woman Insight(以下、WI) 調理器具の重要性はどこに感じますか? 速水もこみち(以下、速水) それぞれに見合った調理器具がありますが、包丁ひとつとっても、切れ味が良いと綺麗に切れて料理も楽しくなりますし、食材の食感も変わってくるんです。やはり [全文を読む]

結婚って何ですか!? 離婚経験者から見たドラマ『最高の離婚』

メンズサイゾー / 2013年03月24日08時00分

評判になりながらイマイチ視聴率の振るわなかったドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)。最終回の視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全話平均は11.8%と、女性誌などで特集を組まれネットの評判も上々、業界内外からの評価も高かったドラマにしてはいささか寂しい数字が並ぶ。その要因として考えられているのが、録画機器の発達やパソコンや携帯電話によって [全文を読む]

尾野真千子主演ドラマの主題歌を槇原敬之が担当!

Smartザテレビジョン / 2016年07月05日05時00分

ドラマは、尾野真千子と江口洋介が初共演で夫婦役に挑み、「家政婦のミタ」('11年日本テレビ系)などで知られる遊川和彦が脚本を手掛けるホームドラマ。 特別養子縁組を題材に、一組の夫婦が見ず知らずの男の子を本当の家族にしようと奮闘する姿を描く。 槇原がドラマのために書き下ろしたという47枚目のシングル「理由」は、軽快でダンサブルなナンバーで、8月24日(水 [全文を読む]

尾野真千子が異常な殺人鬼役に! ドラマ化が相次ぐイヤミス界の旗手・真梨幸子作品に注目

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日11時00分

この秋、中でも「女の黒さを描かせたらピカイチ!」と評判のイヤミス界の旗手・真梨幸子の作品が、相次いでドラマ化されることになった。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 心の奥の闇までじわじわと描かれる作品世界は実に鮮やかな切れ味なのだが、なんと真梨作品の映像化はこの秋が初めてのこと。もしやイヤミス独特の毒に製作陣が尻込みしていた…!? 真相はどうあれ、 [全文を読む]

フジテレビ 視聴率奪還テコ入れ「1000人大異動」の阿鼻叫喚

アサ芸プラス / 2014年07月31日09時52分

バラエティやドラマ、音楽部門は事務所との癒着、ブッキングのやり取りが深く根を張り、番組の質の低下につながってしまったとの指摘がありますが、一理あるでしょうね」 とはいえ、大物プロデューサーが動いたことで、 「居酒屋で『FNS歌謡祭が失敗しても知らんぞ!』と叫んだ社員がいました」(ベテラン制作スタッフ) 一貫して制作畑を歩いてきたものの、営業部門に異動になっ [全文を読む]

フォーカス