高校 北川景子に関するニュース

2016年夏ドラマあらすじ一挙紹介 今クールの注目作は?

モデルプレス / 2016年07月11日07時00分

そんな折、高校時代の初恋の人・柴崎千秋(三浦翔平)と再会する。そしてなんと千秋に誘われ、彼が経営する湘南のレストランで住み込みのバイトを始めるという奇跡の展開に…。 ◆火曜日 『せいせいするほど、愛してる』7月12日スタート(毎週火曜日よる10時、TBS系)/武井咲、滝沢秀明、中村蒼、松平健 小学館「プチコミック」に連載されていた漫画家の北川みゆき氏の同名 [全文を読む]

指原も! 芸能人は「通信制高校出身」が多かった

日刊大衆 / 2016年11月14日15時00分

通信制高校は普通の全日制高校のように必ずしも毎日登校する必要はなく、自宅や学校の設置する学習センターなどで学ぶことができる高校。中でも池田の通うN高校は今年4月に開校したばかりの新設校で、授業やテストはすべてネットを通じて受けることが可能だという。さらに池田いわく「遠足とかもドラクエでやるんですよ」とのこと。生徒が操るキャラクターはみんなN高校の制服を着 [全文を読む]

美しすぎるのにワイルド! 話題の淡路島出身モデル・朝比奈彩はギャップも天然 「ダンゴ虫30匹手づかみにあばら骨折2回」って…

週プレNEWS / 2015年07月17日20時20分

―片道50分! …そういえば、そんな大自然の中で健康に育ったからか、高校まで陸上部で活躍したんでしょ。 朝比奈 小学校3年から始めて、短距離と走り幅跳びをずっとやってました。短距離は高校の時、県で8位がベストでしたね。負けたくないから毎日ずっと練習してて。 ―実は負けず嫌い? 朝比奈 かなりの、です。ふふふ。高校の時、走り幅跳びで大会記録に少しでも近づき [全文を読む]

キスマイ、指原莉乃、北川景子の母校が「北海道代表」で甲子園初出場!?

アサ芸プラス / 2016年07月25日14時45分

7月21日に高校野球の北北海道大会決勝が行われ、クラーク記念国際が初優勝。通信制高校としては初めて夏の甲子園に出場することになった。同野球部は創部3年目とあって全国的な知名度はほとんどなかったが、一躍脚光を浴びたことで、その卒業生にも注目が集まっている。芸能ライターが解説する。「仕事の都合から通信制高校を選ぶ芸能人は少なくありません。このクラーク記念国際高 [全文を読む]

“日本一かわいい高校一年生”を決めるミスコンのグランプリ決定、藤田ニコルが3年半ぶり父親と再会で2ショット公開 今週一番読まれたニュースは?【総合TOP10】

モデルプレス / 2016年08月27日19時00分

今週は、日本一かわいい高校一年生を決める「高一ミスコン」の話題が多数ランクインした。 ◆10位:りゅうちぇる“おめかし”姿が別人級「ギャップすごい」「男前」友人とのプライベートショットに反響タレントのりゅうちぇるが21日、ブログを更新し「昨日は、お久しぶりにちぇるちぇるらんどのお友達と遊んだよんよん~~」と地元の友人とお酒を楽しむプライベートショットを公開 [全文を読む]

超特急、20人の握手会から2万5千人動員ライブまでの軌跡―辛酸を嘗めた下積み時代 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年10月21日07時00分

ユースケが高校を卒業し、タカシは高校卒業を控え、僕たちは成人し、コーイチは大学に通いながらといろんなことが重なって、もう一度、一つにならなきゃいけないというときがあったんです。イベントの終わりに、しっかり7人で話し合って、「もう一回、7人でやっていこう。支え合っていこう」という気持ちが強くなりました。 リョウガ:僕はリーダーをユーキから受け継いだとき、先陣 [全文を読む]

2015年夏ドラマあらすじ一挙紹介 「デスノート」に“王道”月9、「花咲舞」続編も…注目作は?

モデルプレス / 2015年07月07日12時00分

◆金曜日 『表参道高校合唱部!』7月17日スタート(毎週金曜よる10時、TBS系)/芳根京子、志尊淳、吉本実憂、城田優 今作は、部活・勉強・恋愛に人間関係、いつも何かが足りないような不安を抱え、居心地の悪い思いで不協和音を奏でている高校生たちが「合唱大好き!」という破天荒なヒロインと出会い、“合唱”に巻き込まれていくうちに、本当に輝ける場所を見つけていく [全文を読む]

お天気お姉さんで話題を呼んだ小林麗菜は「ローション運動会」でも喜々とするギャップが魅力?

週プレNEWS / 2014年10月17日17時00分

2011年、高校1年生で芸能界デビューを果たし、映画『パラダイス・キス』(北川景子主演)はじめ、ドラマやCMに出演。現在は『村上マヨネーズ』『一夜づけ』(ともにテレビ東京系)にレギュラー出演するなど着実に人気を広げている。 そんな彼女が、発売中の『週刊プレイボーイ』43号でグラビアに登場。19歳のバランスのとれたフレッシュなボディをシックな水着に包み、艶 [全文を読む]

飯豊まりえ、広瀬すず、永野芽郁…春休み映画の主役は人気“STモデル”

Smartザテレビジョン / 2017年03月10日15時00分

本作は、2009年に福井県立福井商業高校のチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした実話を映画化した作品。 県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬)は、中学からの同級生の孝介(真剣佑)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし、彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)による「目標は全米大会制覇! おでこ [全文を読む]

嵐・櫻井翔が小中高生女子に鉄板人気を誇る理由は「ギャップ萌え」!?

アサジョ / 2017年01月27日10時14分

千葉県立犢橋高校を卒業しているマツコは、学歴は二の次。誰よりも的確な指摘やアドバイスをくれる毒舌ぶりが評価されたようだ。 櫻井の鉄板人気について「ギャップ萌え」だと指摘するのは、ベテランのアイドルライターだ。1月21日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の櫻井の単独コーナーに、その理由が隠されているという。「番組の『ニッポン再発見!櫻井翔のいきなり取材』 [全文を読む]

フォーカス