子供 鈴木保奈美に関するニュース

株主総会でも総叩き?フジ新ドラマ『ノンママ白書』に非難殺到のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月02日13時05分

『ノンママ白書』は、子供を持たずに生きる「ノンママ」をモチーフとしたストーリー。鈴木は子供のいない50歳のバツイチ管理職である土井玲子に扮し、大野愛美(菊池桃子・48)や渡辺真起子(渡辺真起子・47)とともに子供のいない“ノンママライフ”を描く。脚本は80年代から活躍する伴一彦(61)。 巷では、早くも非難が殺到。「10年前のキャスティング」「時代錯誤も [全文を読む]

鈴木保奈美さんCM!「オトナの可愛さ、見せてあげる」 大人のノンシリコンヘアケアシリーズ「gift」新TVCM 「モイスト」篇、「リペア」篇 11月14日(水)より順次全国一斉オンエア開始

PR TIMES / 2012年11月07日15時17分

いずれにしても子供ではない、「大人の女性」としての魅力を携え、日々可愛く生きている女性たち。そんなターゲット像をイメージした時に真っ先に浮かんだのが「鈴木保奈美さん」でした。折しも十数年ぶりにドラマへの出演を果たし、母としても女優としても、同世代に憧れられる女性。昔の可愛さはそのままに、大人女性の可愛さが増した鈴木さんを起用することで、「ギフト」のブランド [全文を読む]

紗栄子、小雪、神田うの…芸能人ママの“インターバブル”最前線

デイリーニュースオンライン / 2015年09月04日07時00分

芸能人の子供といえば、年中マスコミに取り上げられているのが“お受験”、そしてインターナショナルスクールへの入学。近頃では神田うの(40)、小雪(38)、紗栄子(28)、木下優樹菜(27)、伊東美咲(38)ら有名女性芸能人による“インターバブル”が起きていると、9月3日発売の『女性セブン』(小学館)が報じている。 特別扱いされないのが魅力 元来、インター志向 [全文を読む]

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希、「心の傷」を語る【インタビュー】

Woman Insight / 2016年10月02日20時30分

(c)2016「カノン」製作委員会 WI 本作は、子供のころ大人から受けた傷を探求します。ご自身は探求しますか。 比嘉 私も、それをすごく考えました。ここまでモラハラやアルコール依存症だったりって、言葉にできたらいいんですが、“そうじゃない(言葉に出せない)傷”もたくさんありますよね。抱えていない人っていないと思うんです。 WI 私も、多かれ少なかれ、皆 [全文を読む]

神田うの もっとレベルの高い英語教育をと娘を名門インターに

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

ここは両親が日本人の場合は原則的に入れないんですが、面談などによって入園が許可されるケースも増えているそうですね」(うのの知人) うのに限らず、子供をインターナショナルスクールに通わせる芸能人ママは増えている。小雪(38才)は4月から長男(3才)を都内のインターに。木下優樹菜(27才)は昨年末、2才の娘を幼稚園前のプレスクールに通わせていることをブログで報 [全文を読む]

日本ジュエリーベストドレッサー賞決定、松本潤「嵐で1番似合う」

FASHION HEADLINE / 2014年01月24日11時00分

吉瀬美智子は「最近は子育てに追われ、ジュエリーを付けることが少なくなりましたが、今日は子供が生まれる前に子供とペアで買っていたブレスレットを子供にも付けてきました。離れていても心がつながっている気がします。40代、50代になってもダイヤモンドのように輝く女性になりたい」 鈴木保奈美は「小学生の頃、祖父からもらったパールのネックレスが私にとっての初めてのジ [全文を読む]

連ドラ『愛ある』 「出来過ぎ」設定こそこのドラマの肝

NEWSポストセブン / 2017年07月26日07時00分

まず、登場人物が「出来過ぎ」 主人公の奥森黎(福士蒼汰)は、子供の頃から優秀で、現在は弁護士を目指す司法修習生として検察にいる。まじめで仕事熱心。第1話では自ら聞き込みなどして、傷害の再犯の疑いをかけられた青年の無実を証明、第2話では同級生を刺した少年の事情を知るため、わざわざ学校に出向くといった具合だ。 そんな彼には婚約者・爽(川口春奈)がいて、彼女もま [全文を読む]

福士蒼汰主演『愛ある』 急浮上の異母兄妹説に「エロゲかよ」の声も

しらべぇ / 2017年07月31日16時30分

(@shiina_tomo) 2017年7月30日黎と爽が異母兄妹だと思う… #愛してたって秘密はある— ぴっぴ (@WofF10th) 2017年7月30日ちょっとまて・・・ あれ、異母兄妹なのか??? なんてエロゲ(笑)#愛してたって秘密はある— ぴかりん (@777hage) 2017年7月31日■「託卵女子」は6%も©sirabee.comちなみ [全文を読む]

安藤サクラ 『ママゴト』でのやさぐれ母親役でさらに光る

NEWSポストセブン / 2016年09月22日16時00分

では、視聴者はいったい何に反応しているのでしょうか?「子供のいない中年女の悩み」「仕事と女の両立」「独身で将来どうやって生きていけばいいのか」。そうした「テーマ性」に関心を抱き、自分にひきつけて考えようとしている視聴者が多くいるのでは? つまり「中年女の生く末」というテーマ性は今後も扱う価値のある、インパクトと深みのある素材。でも、ドラマとしての出来ばえは [全文を読む]

比嘉愛未、まさかのアレで鈴木保奈美の地雷を踏んだ!?

Woman Insight / 2016年09月15日19時00分

公式ホームページ: http://kanon-movie.com 子供のころの傷やあの時の母の思いを探索する映画『カノン』は、10月1日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国ロードショーです。(平山正子) 【あわせて読みたい】 ※佐々木希がお手本!大人気「河北メイク」はラフなリップがポイント♡ ※佐々木希もビックリ!中村倫也「撮影中●●しちゃって、2時間待ち [全文を読む]

鈴木保奈美「シワもたるみも涙もさらけ出します!」

Smartザテレビジョン / 2016年08月10日05時00分

本ドラマでは、離婚歴があり、子供のいない独身女性が、恋と仕事に奮闘する姿を描く。今回、主演を務める鈴木保奈美に、作品に対する思いや役どころについて聞いた。――作品に対する意気込みをお聞かせください。恐らく今まではなかったんじゃないかと思う、“アラフィフ”をリアルに描くドラマです。今まで見たことのないようなものをお見せできるんじゃないかなと思っています。20 [全文を読む]

鈴木保奈美、菊池桃子のフジ連ドラに「時代遅れで観たい要素が一つもない!」

アサジョ / 2016年08月06日17時59分

鈴木が演じるのはバツイチ子供なしの広告代理店勤務のクリエイター。完全にバブル期の設定で、2016年に放送されるドラマのものとは思えません」(テレビ誌ライター) フジテレビの時代を読めないセンスには驚かされるが、それは鈴木からも感じられたという。発表会の衣装がバブル期とほとんど変わらないというのだ。「彼女が『東京ラブストーリー』で見せたファッションは、当時の [全文を読む]

フジで鈴木保奈美と菊池桃子共演 話題性重視の起用意図

NEWSポストセブン / 2016年07月08日07時00分

鈴木保奈美(49)が8月13日スタートのドラマ『ノンママ白書』(フジテレビ系)で、50歳目前のバツイチで子供がいない(ノンママ)キャリアウーマンを演じるという。 このドラマにはもう一人の注目キャストが出演する。鈴木と同じ時代にアイドルとして人気を博した菊池桃子(48)が、鈴木のノンママ仲間で婚期を逃した同期を演じるのだ。 菊池といえば、戸板女子短期大学の客 [全文を読む]

鈴木保奈美“ノンママ”役で18年ぶり連ドラ主演!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日20時55分

鈴木演じる主人公・土井玲子は50歳目前で、離婚経験があり、子供がいない独身女性管理職。土井は、仕事か出産か二者択一の時代に「子供を産まない」という選択をして20代、30代を無我夢中に駆け抜けた。 しかし、時代の移り変わりによってワーキングマザーが推進される世の中になると、“ノンママ”として肩身の狭い思いをしながらも、土井は社会の一員として闘い続ける。 1 [全文を読む]

「またか…」有賀さつきの不快すぎる元夫批判に主婦層が総スカン!

アサ芸プラス / 2015年01月14日18時00分

子供ができたから」「刑務所に入る覚悟で」泣く泣く結婚したことを明らかにした。 「結婚は間違いだったかもという思いから、『毎日吐いて、毎日やせていく。つわりが臨月まで続いた』と告白。『1人で寝るのが好きなので、1人で寝かせてください』と寝室を別々にし、結婚後の夫婦生活を拒否していたそうです」(テレビ関係者) 離婚から9年が経ったとはいえ、有賀の娘は思春期真 [全文を読む]

石橋貴明 母の死でふさぎ込み妻・鈴木保奈美は女優復帰を決意

NEWSポストセブン / 2013年06月15日07時00分

姑さんが近くに住むと、何かとトラブルになることもありますが、石橋さんのお母さんは本当にいい人だったらしくて、できちゃった結婚で夫婦の時間がないことを心配して、“子供は任せてくれていいから、デートしてらっしゃい”と言ってくれたこともあったそうです。お母さんは80才くらいで安らかな最期だったと聞きましたが、保奈美さんは相当ショックだったと思いますよ」(保奈美 [全文を読む]

打ち切りは既定路線?フジ『ノンママ白書』が2%台突入の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年09月07日12時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

フォーカス