家族 さだまさしに関するニュース

藤井フミヤが息子のフジテレビ入社式へ 親出席の式増える

NEWSポストセブン / 2016年04月06日16時00分

就職は“家族の問題”という意識が高まっているようで、リクルートキャリアの『就職白書』によれば、「就職活動の相談相手」として「家族」を選ぶ大学・大学院卒業予定者の割合は、2012年の45.1%から、2015年には53.9%に急増している。 紳士服チェーンのはるやま商事では、一昨年の入社式から父母への案内を始めた。 「ご家族のかたからの要望で始めたところ、ご両 [全文を読む]

歌手のさだまさし 闘病中の小林麻央に「予想外」のプレゼント

しらべぇ / 2017年02月13日20時00分

退院して自宅療養を続け、家族とのやりとりをブログに投稿している小林だが、こうした予想外の贈り物が病と闘う大きな支えとなるに違いない。・合わせて読みたい→退院した小林麻央 「日向ぼっこ」で元気な姿をブログ公開(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫) [全文を読む]

「劇的ビフォーアフター」復活! さだまさしが番組史上初の島リフォームに挑戦

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日05時00分

レギュラー放送としては、2016年に終了した同番組は、“リフォームで家族の問題を解決する”をモットーに、日本中の家族を幸せにする家族応援バラエティー。 狭さや老朽化など、さまざまな問題を抱えた家が、一流の建築士である“匠”たちの見事なリフォーム術によって、劇的に大変身する過程が話題を呼び、リフォームブームを巻き起こした。 番組の大ファンだったというさだは [全文を読む]

【雑誌「ゲーテ」本日発売!】カバー初登場!俳優・鈴木亮平「24時間俳優」でいるための空間とは!? プロフェッショナルたちのインテリア特集!

PR TIMES / 2015年01月24日14時55分

家族には感謝と申し訳なさを感じています。家の中にひとりになれる場所があることが大事。ベッドがあってDVDが見られれば十分です。部屋は小さければ小さいほど落ち着きます(笑)」 見た目の印象そのままの実直な印象。地に足のついた考え方をしているだけでなく、その資格取得の経歴などからみてもわかる通り、実は積極的な心の持ち主でもある。 「先日、新宿駅で大きな荷物を抱 [全文を読む]

映画原作をお手頃価格で。さだまさし著『解夏』から、映画化される「サクラサク」の原作小説のみを収録した特別版電子書籍を180円(税別)で発売

PR TIMES / 2014年02月03日17時11分

薄れゆく父の記憶を探す旅へ―― 「家族のため」仕事に邁進して来た俊介だが、気づくと家庭は崩壊していた。冷えきった夫婦関係、フリーターの息子にイマドキのムスメ……そして、厳格だった父は惚け始めてしまった。家族を、そして父を取り戻すため、俊介はワゴン車にみんなを乗せ、父の故郷・福井へ向けて旅に出る。 ・書名 サクラサク ~『解夏』より~ ・発売日 1月24日 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】さだまさし「音楽は無力でなく微力」震災復興へ思い語る。愛娘の結婚には「殴りもせず、粛々と」。ステージで未来の息子と共演、祝福も。

TechinsightJapan / 2015年08月11日18時31分

「北山のことは聞かれると思ったので」とあらかじめ心積もりをしていたさだは、「彼は17年前から気仙沼の方でアカペラの活動をしている」と新しい家族となる北山を歓迎しているようだ。 [全文を読む]

『ちゃんぽん食べたか』劇中歌は全部さだまさしが作詞・作曲

NEWSポストセブン / 2015年06月30日07時00分

昭和40年代初頭、家族に期待され、長崎から上京したバイオリン弾きの少年が挫折し、苦悩の中で成長する姿を描いている。 「さださん曰く、“のんきな少年がどんどん挫折していく物語”。夢を失った時、本人の苦悩だけでなく、周囲がどう思い、心を通わせていくのかも描いています。原作に出てくるエピソードはどれも本当に面白く、リアリティーのあるものばかり。さらに、ドラマ化に [全文を読む]

本郷奏多、新ドラマでギター「ボロが出ないように」 菅田将暉の“相方”に

モデルプレス / 2015年03月24日19時29分

「若さ故の心の葛藤や家族の大切さなど、どこにでもありふれているからこそ誰しもが共感できるテーマが描かれていくので、是非幅広い年代の方に見ていただけたら嬉しいです」と呼びかけた。 共演には泉澤祐希、間宮祥太朗、森川葵ら期待のフレッシュな俳優陣が集結。そのほか豊原功補、山西惇、岡田義徳、中村優子、阿南健治、熊谷真美、西田尚美、遠藤憲一ら、個性と実力を兼ね揃えた [全文を読む]

加山雄三、武道館公演のオープニングを務めるオヤジバンドが決定!

okmusic UP's / 2014年08月18日18時00分

一方客席に目を向けると、出演オヤジバンドの家族や友人等が手作りの横断幕や応援グッズを持って応援している姿も多数見られた。全出場バンドの演奏終了後には、審査員によるゲストライヴが行われ、加山雄三の代表曲「美しいヴィーナス」や「お嫁においで」が演奏され会場の盛り上がりも最高潮に達した。そして緊張感の中、遂に各賞の発表が行われ、ベストボーカル賞には「雪化粧」、ベ [全文を読む]

さだまさし 29歳で抱えた28億円の借金取り戻そうと本執筆

NEWSポストセブン / 2012年05月19日07時01分

読者の皆様にも家族の誰かを重ねながら読んでいただけると嬉しいですね。 ※週刊ポスト2012年5月25日号 【関連ニュース】孫正義の父 息子の100億円寄付に「いいことしたな」と電話孫正義氏 同郷のブリヂストンを抜ける根拠のない自信あった三國連太郎 よく殴る父親から逃げるため「家出を繰り返した」タイガースのメンバー「死を迎えるまでは今のような状態で」さだまさ [全文を読む]

フォーカス