小説 さだまさしに関するニュース

さだまさし、映画化にあたりの名曲「風に立つライオン」 をセルフカヴァー

okmusic UP's / 2015年02月18日10時00分

【その他の画像】さだまさし3月14日に公開される映画「風に立つライオン」は、28年前に発表されたさだまさしの楽曲「風に立つライオン」に主演の大沢たかおが感銘を受け、映画化を熱望したことから、さだまさし自らが同名小説を書き下ろし、映画化が実現したもの。大沢たかお、石原さとみ、真木よう子という豪華キャストと、監督を鬼才・三池崇史が務めるなど、この春日本中に感 [全文を読む]

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

さだは自身の曲の詞だけでなく、小説家としても『精霊流し』『解夏』『眉山』などのベストセラーを世に送り出している多才な人。だが、その彼が新著の中で「カバン持ちしてでも一緒にいたい」「表現の豊かさ、面白さにいつも驚いていた」と、その功績を大絶賛する作詞家がいた。出版関係者が語る。 「それは今年7月に亡くなった永六輔さんです。永さんは『上を向いて歩こう』『見上 [全文を読む]

さだまさし&大沢たかお対談 大沢熱望で名曲が小説化・映画化

NEWSポストセブン / 2015年02月27日11時00分

さだまさしの名曲『風に立つライオン』に大沢たかおが惚れ込んで、小説、映画化を熱望。さだが曲を発表してから28年の歳月を経て、ついに完成した映画『風に立つライオン』が3月14日に公開される。「この作品は早く見たいね」と微笑むさだと、「初日を迎えるまで、1ミリも気が緩みません」と語る主人公の医師・島田航一郎役を演じる大沢。そんなふたりが公開を前に作品への思いを [全文を読む]

曲について話すと怖いさだまさし 座右の銘は「惜しまない」

NEWSポストセブン / 2015年07月29日07時00分

5月に発表した小説『ちゃんぽん食べたかっ!』(NHK出版)がドラマ化されるなど、音楽に文筆業に幅広く活躍中のさだまさし。 さだまさしといえば、その昔、『関白宣言』で女性蔑視論者、『雨やどり』では軟弱、『防人の詩』では右翼、『しあわせについて』では左翼と呼ばれたほど、振り幅が広い。どうしたらそれほど振り幅の広い歌を書けるのだろう。 「そう聞かれるのがいちばん [全文を読む]

「頭の中に4~5人いる」さだまさし 小説執筆も音楽のため

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

5月に小説『ちゃんぽん食べたかっ!』を発表し、同作が原作のNHK土曜ドラマ『ちゃんぽん食べたか』もオンエア中のさだまさし。音楽に執筆にと幅広く活躍しているが、小説はいつ書いているのだろうか? さだはこう語る。 「時間があればいつでも書いてますよ。でも、ひとつの話だけでなく、7~8つの話を並行して書いている。小説って同じ話をずっと書いていると飽きてくるじゃな [全文を読む]

さだまさし 自分役演じる菅田将暉に「似ていて嬉しい」

WEB女性自身 / 2015年05月21日18時00分

5月21日、さだまさしの自伝的小説が原作のドラマ『ちゃんぽん食べたか』の試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、主演の菅田将暉(22)、原作者でシンガー・ソングライターのさだまさし(63)が出席した。 同作は、昭和40年代初頭の東京を舞台に、プロのバイオリストを目指す少年・雅志(菅田)が、挫折を味わいながらも周囲の人々と心を通わせ成長していく青春ストーリー。 [全文を読む]

女王・松田聖子の美しい歌声で特別なクリスマスを。日本最大級のクリスマスディナーショー 予約受付開始!

PR TIMES / 2016年09月01日13時35分

そんな「松田聖子」に加え、宝塚歌劇100周年の節目に宙組トップスターに君臨した、甘い歌声が魅力の「凰稀かなめ」、小説や映画など様々な方面で活躍し、数々の名曲はもちろんその話術でも不動の人気を誇る「さだまさし」、2015年に紫綬褒章を受章し、ミュージシャンとして名実ともに“チャンピオン”となった「谷村新司」、80年代のミュージックシーンを席巻し「音楽のプロが [全文を読む]

さだまさし 23時過ぎるとO型、深夜1時になるとB型キャラに

NEWSポストセブン / 2015年07月26日07時00分

縁って大事ですよね」 ――人を引き寄せる引力に、面白い話を見つけ出すパワーも備わっているとなると、コンサートでのMCトークも、小説のネタも尽きないですね。 「いい話、多いんだよ、世の中って。いい話だけやるテレビ番組、作りたいねえ」 ――それ、ぜひ見たいです! ※女性セブン2015年7月30日・8月6日号 [全文を読む]

さだまさし ライブ終了後は飲みにも行かずパソコンに向かう

NEWSポストセブン / 2015年07月25日07時00分

見城さんがぼくに小説を書かせたおかげで、原稿を書くという新しいゲームを覚えてしまったから。今はコンサートが終わっても飲みにも出ず、飯を食ったらすぐに部屋に帰ってパソコンに向かうという、悲しい毎日です」 ――森山良子さんが、さださんはマッチョだとおっしゃっていましたが、その体はゴルフによるものなんですか? 「マッチョ!? そうかな~。器械体操をやってたからね [全文を読む]

見城徹氏 さだまさしは感情の琴線に触れる50年に一度の天才

NEWSポストセブン / 2015年07月03日07時00分

彼の小説を1回読むとやめられない、中毒になる作家なんだよ。さだまさしは、どんなに忙しくてもゴルフには行く。これが気分転換になってるんだろうね」 さらに、医師で作家の鎌田寛さん(66才)に聞いた。 「さださんはボランティア精神旺盛な人。誰かのために自分ができることをしたいと言い、実行しています。 東日本大震災の直後、ぼくが南相馬に支援で入っていることを知ると [全文を読む]

『ちゃんぽん食べたか』劇中歌は全部さだまさしが作詞・作曲

NEWSポストセブン / 2015年06月30日07時00分

このドラマの原作は、さだまさし(63才)の自伝的小説『ちゃんぽん食べたかっ!』(NHK出版)。昭和40年代初頭、家族に期待され、長崎から上京したバイオリン弾きの少年が挫折し、苦悩の中で成長する姿を描いている。 「さださん曰く、“のんきな少年がどんどん挫折していく物語”。夢を失った時、本人の苦悩だけでなく、周囲がどう思い、心を通わせていくのかも描いています [全文を読む]

ミスキャストで大惨敗! 『64』大コケで、NHKの土曜ドラマ枠が消滅危機に!?

日刊サイゾー / 2015年05月09日11時00分

同作品は、2013年に「このミステリーがすごい!」で1位に選ばれた横山秀夫氏の同名小説を映像化した作品。地方県警を舞台に、昭和64年と平成14年にまたがる2つの誘拐事件を、県警の広報官の視点から描いた警察ドラマだ。横山氏にとっては7年ぶりの長編小説だったが、これまで“映像化はかなり難しい”といわれていた。 「渾身の作品だけに、なかなか横山氏を納得させられ [全文を読む]

さだまさしの自伝的小説を菅田将暉主演でドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2015年03月23日19時33分

さだが描く涙と笑い満載の自伝的青春小説「ちゃんぽん食べたかっ!」を基に、菅田将暉が主演を務める。 昭和40年代初頭、バイオリン弾きの子供が天才少年と期待され、一人で長崎から上京し下宿生活を開始。その後、バイオリンに挫折するが、音楽の道を諦められず、ユニット「グレープ」として歌い始める。友人、先生、アルバイト先のおじさんなどさまざまな人に囲まれて、一人の少 [全文を読む]

大沢&石原、『風に立つライオン』に懸けた思い

Movie Walker / 2015年03月12日21時24分

きっかけは、さだまさしが1987年に発表した楽曲の小説化と映画化を大沢たかおが熱望したこと。長い歳月をかけ、その思いは1本の映画として結実した。それが3月14日(土)より公開される『風に立つライオン』だ。本作に並々ならぬ思いで挑んだ大沢たかおと、出演したことで「人生観が変わった」と言う共演の石原さとみ。2人は、アフリカ・ケニアロケにどんな思いで挑んだのだろ [全文を読む]

さだまさし「風に立つライオン」を映画主題歌として28年ぶりセルフカヴァー、「レコチョク」「dヒッツ」にて独占先行配信!

PR TIMES / 2015年02月18日15時52分

また、この楽曲を聴いた俳優・大沢たかおが感銘を受け、映画化を熱望したことから、さだまさし自らが同名小説を書き下ろし、映画化。大沢たかお、石原さとみ、真木よう子という豪華キャストと、監督を鬼才・三池崇史氏が務めた話題の映画「風に立つライオン」が3月14日に公開されます。映画化にあたり「風に立つライオン」を28年ぶりに再録[画像2: http://prtime [全文を読む]

さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』

NEWSポストセブン / 2014年10月21日16時00分

【書籍紹介】『ラストレター』さだまさし/朝日新聞出版/1620円 長年、ラジオのパーソナリティーを務めた著者が、愛を込めて描く深夜ラジオ小説。ラジオ局の新米アナウンサー寺島は、聴取率0%台の深夜番組を担当することに。 新番組のコンセプトは昭和の深夜ラジオ。ライバル局に妨害される中、新番組がスタートする。寺島の軽妙な会話で古き良き深夜放送を再現しながら、現代 [全文を読む]

さだまさし 29歳で抱えた28億円の借金取り戻そうと本執筆

NEWSポストセブン / 2012年05月19日07時01分

父との思い出を綴った初の自伝的実名小説『かすてぃら』(小学館)が発売中のさだまさし。デビュー40周年を迎えていま何を思うのか、インタビューした。 * * * 4月10日に60歳になりまして、晴れて還暦を迎えることができました。とはいっても、めでたいなんて思いませんよ。「よくぞ60まで生きてきたな」くらいのもんです。親父が遺してくれた借金とか、おかげさまでい [全文を読む]

グルメや物件情報、秘密のスポットなど、オトナのための湘南を完全網羅!松田翔太に又吉直樹、旬なオトコのスペシャルインタビューも必見。

PR TIMES / 2016年07月23日11時53分

「2作目の小説は、年内完成を目指しています。3作目も「また出た!」って笑われるくらいのスピードで出していきたい」と意欲十分。2作目のテーマもゲーテだけに教えてくれました……! [画像3: http://prtimes.jp/i/7254/195/resize/d7254-195-159302-3.jpg ] ●好評連載中! 村上龍/松浦勝人/さだまさし/郷 [全文を読む]

連ドラ『民王』が、なんだかスゴいぞ!

Business Journal / 2015年08月02日06時00分

池井戸潤の小説が原作の『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)も、往年の人気アニメを実写化した『ど根性ガエル』(同)も結構だが、ゼロから物語を生み出そうとするオリジナル・ドラマは、テレビならではの楽しみだからだ。 『表参道高校合唱部!』(TBS系)の主人公は、香川県小豆島から東京の私立高校に転校してきた真琴(芳根京子)。親が離婚し、母親の実家で暮らすことにな [全文を読む]

菅田将暉と本郷奏多がバンド結成!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月21日19時33分

さだまさしの自伝的小説が原作、菅田将暉主演のドラマ「ちゃんぽん食べたか」(NHK総合)が5月30日(土)にスタートする。放送を前に、第1話の試写会と会見が行われた。同作はプロのバイオリニストを目指す主人公・雅志(菅田)が、バイオリンに挫折しフォークデュオ「グレープ」として活動していく青春ストーリー。長崎から上京して下宿生活を送る雅志は、志望していた公立高校 [全文を読む]

フォーカス