小説 さだまさしに関するニュース

天が二物を与えた「芸能人文学青年」の人気作品…火花に続く2位は?

Menjoy / 2016年06月11日10時20分

皆さんは読んだことがありますか? 芸能人の小説は映画化されることも大変多く、彼らは多彩な才能を遺憾なく発揮して私たちを楽しませてくれます。小説の中では普段テレビで見る姿とまた違う一面を見せてくれるのも楽しみの一つですよね。 そこで、今回『Menjoy!』が独自に調査した「男性芸能人が書いた小説のうち、読んだことがあるものランキング」の結果をご紹介します。 [全文を読む]

さだまさし、映画化にあたりの名曲「風に立つライオン」 をセルフカヴァー

okmusic UP's / 2015年02月18日10時00分

【その他の画像】さだまさし3月14日に公開される映画「風に立つライオン」は、28年前に発表されたさだまさしの楽曲「風に立つライオン」に主演の大沢たかおが感銘を受け、映画化を熱望したことから、さだまさし自らが同名小説を書き下ろし、映画化が実現したもの。大沢たかお、石原さとみ、真木よう子という豪華キャストと、監督を鬼才・三池崇史が務めるなど、この春日本中に感 [全文を読む]

大沢たかお・石原さとみらアフリカ・ケニアへ

モデルプレス / 2014年11月27日11時18分

今作は1987年にさだまさしが発表した楽曲「風に立つライオン」に惚れこんだ大沢が、小説化・映画化を熱望したことでプロジェクトが始動した。同楽曲は、アフリカ・ケニアの長崎大学熱帯医学研究所に赴任し、国際医療ボランティア活動に従事した実在の医師・柴田紘一郎氏から聞いた話にインスパイアされ、さだが作詞作曲。大沢からの熱烈オファーを受け、2013年にさだが同名小説 [全文を読む]

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

さだは自身の曲の詞だけでなく、小説家としても『精霊流し』『解夏』『眉山』などのベストセラーを世に送り出している多才な人。だが、その彼が新著の中で「カバン持ちしてでも一緒にいたい」「表現の豊かさ、面白さにいつも驚いていた」と、その功績を大絶賛する作詞家がいた。出版関係者が語る。 「それは今年7月に亡くなった永六輔さんです。永さんは『上を向いて歩こう』『見上 [全文を読む]

さだまさし&大沢たかお対談 大沢熱望で名曲が小説化・映画化

NEWSポストセブン / 2015年02月27日11時00分

さだまさしの名曲『風に立つライオン』に大沢たかおが惚れ込んで、小説、映画化を熱望。さだが曲を発表してから28年の歳月を経て、ついに完成した映画『風に立つライオン』が3月14日に公開される。「この作品は早く見たいね」と微笑むさだと、「初日を迎えるまで、1ミリも気が緩みません」と語る主人公の医師・島田航一郎役を演じる大沢。そんなふたりが公開を前に作品への思いを [全文を読む]

曲について話すと怖いさだまさし 座右の銘は「惜しまない」

NEWSポストセブン / 2015年07月29日07時00分

5月に発表した小説『ちゃんぽん食べたかっ!』(NHK出版)がドラマ化されるなど、音楽に文筆業に幅広く活躍中のさだまさし。 さだまさしといえば、その昔、『関白宣言』で女性蔑視論者、『雨やどり』では軟弱、『防人の詩』では右翼、『しあわせについて』では左翼と呼ばれたほど、振り幅が広い。どうしたらそれほど振り幅の広い歌を書けるのだろう。 「そう聞かれるのがいちばん [全文を読む]

「頭の中に4~5人いる」さだまさし 小説執筆も音楽のため

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

5月に小説『ちゃんぽん食べたかっ!』を発表し、同作が原作のNHK土曜ドラマ『ちゃんぽん食べたか』もオンエア中のさだまさし。音楽に執筆にと幅広く活躍しているが、小説はいつ書いているのだろうか? さだはこう語る。 「時間があればいつでも書いてますよ。でも、ひとつの話だけでなく、7~8つの話を並行して書いている。小説って同じ話をずっと書いていると飽きてくるじゃな [全文を読む]

さだまさし 自分役演じる菅田将暉に「似ていて嬉しい」

WEB女性自身 / 2015年05月21日18時00分

5月21日、さだまさしの自伝的小説が原作のドラマ『ちゃんぽん食べたか』の試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、主演の菅田将暉(22)、原作者でシンガー・ソングライターのさだまさし(63)が出席した。 同作は、昭和40年代初頭の東京を舞台に、プロのバイオリストを目指す少年・雅志(菅田)が、挫折を味わいながらも周囲の人々と心を通わせ成長していく青春ストーリー。 [全文を読む]

女王・松田聖子の美しい歌声で特別なクリスマスを。日本最大級のクリスマスディナーショー 予約受付開始!

PR TIMES / 2016年09月01日13時35分

そんな「松田聖子」に加え、宝塚歌劇100周年の節目に宙組トップスターに君臨した、甘い歌声が魅力の「凰稀かなめ」、小説や映画など様々な方面で活躍し、数々の名曲はもちろんその話術でも不動の人気を誇る「さだまさし」、2015年に紫綬褒章を受章し、ミュージシャンとして名実ともに“チャンピオン”となった「谷村新司」、80年代のミュージックシーンを席巻し「音楽のプロが [全文を読む]

さだまさし 23時過ぎるとO型、深夜1時になるとB型キャラに

NEWSポストセブン / 2015年07月26日07時00分

縁って大事ですよね」 ――人を引き寄せる引力に、面白い話を見つけ出すパワーも備わっているとなると、コンサートでのMCトークも、小説のネタも尽きないですね。 「いい話、多いんだよ、世の中って。いい話だけやるテレビ番組、作りたいねえ」 ――それ、ぜひ見たいです! ※女性セブン2015年7月30日・8月6日号 [全文を読む]

フォーカス