ドラマ ショーケンに関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ)11.0% ――なんと、見事に5つとも刑事ドラマである。 昨今、連ドラは刑事ドラマや医療ドラマばかりが目に付くが、遂にここまで来た [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

ドラマも日テレ とはいえ、バラエティばかりが際立つと、局のイメージとしてどうなのかという話にもなる。キャバクラで番組名を出しても若い女性にモテないかもしれない――なんて日テレの人たちが考えたのか知らないけど、実は日テレ、近年はドラマもそこそこ強いんですね。 現在、同局はプライムタイムに連ドラ枠を3つ持っているけど、このうち特に強いのが、水曜10時枠だ。同 [全文を読む]

<何年か後にテレビを懐かしむ資格>本気でテレビを愛さなかったあんた!テレビを金儲けとしてしか考えなかったあんた!

メディアゴン / 2015年01月24日04時11分

テレビ局に入ればドラマが作れる。当時テレビのドラマはある種、玉石混合であったが大傑作もあまたあったからだ。受験対策に何をしたか? 私の場合、こういう時の回答はいつもワンパターンである。「関連本を読みあさる」のだ。神田・神保町の本屋に行って手に入るだけの「テレビに関する本」を読み、夏の間、家から一歩も外へ出ず没頭した。そして「自分が試験官だったらどんな質問を [全文を読む]

「3月のライオン」で完コピ!あの伝説のドラマが始まる

Smartザテレビジョン / 2017年02月05日10時00分

それは'74年10月5日から1975年3月29日にかけて、日本テレビ系で放送されたドラマ「傷だらけの天使」のオープニングシーンのほぼ“完コピ”だったのだ。 同ドラマは、ショーケンこと萩原健一が主演を務めた全26話の探偵ドラマ。ビルの屋上にあるペントハウスに住む、オサムこと木暮修(萩原)と彼を慕うアキラこと乾亨(水谷豊)が、探偵事務所の調査員として働く姿を [全文を読む]

テリー伊藤対談「甲斐よしひろ」(2)“太陽にほえろ!”に誘われていた?

アサ芸プラス / 2014年10月29日09時58分

ドラマ「新・刑事吉永誠一」(テレビ東京系、毎週金曜・夜7時58分~)の主題歌になってるんですよね。 甲斐 はい。今年でバンドの結成が40周年なので、ライブチケット全部にマキシシングルを特典でつけたんです。それをテレビ局の関係者を通じて、船越(英一郎)さんも聴いてくれたようで、主題歌にどうですか、と。ちょっとびっくりするような展開でした。 テリー ああ、ドラ [全文を読む]

ブチ切れる萩原健一、怒鳴りつける岩下志麻……NHK BS『鴨川食堂』現場の地獄絵図

日刊サイゾー / 2016年04月01日18時00分

それだけ現場は“地獄”だったんでしょうね」(NHK関係者) 1月から2月末まで放送されていたNHK BSプレミアムのドラマ『鴨川食堂』。主人公を演じる忽那汐里の父親役としてキャスティングされたのが、12年ぶりのドラマ出演となる萩原健一ことショーケンだった。 「撮影中からブチ切れて監督や演出と衝突することは一度や二度ではなく、実際に撮影が中断したこともあった [全文を読む]

某大物俳優、連ドラ現場で若手イジメ降板…薬物・恐喝未遂で逮捕歴、撮影休止で多額損失

Business Journal / 2016年02月06日17時00分

内田は1月10日からスタートしたNHK・プレミアムドラマ『鴨川食堂』に、当初レギュラー出演が決まっていた。しかし撮影がスタートすると、共演者のショーケンこと萩原健一にいびり抜かれ、降板させられる羽目になった。そこで冒頭の発言を、親しい人間に漏らしていたという。『鴨川食堂』は、11年ぶりに萩原がテレビドラマに復帰するということで話題になっている。ストーリーは [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】忽那汐里、萩原健一との2ショット公開「やはりこの方は偉大」

TechinsightJapan / 2016年03月02日17時53分

女優の忽那汐里が、2月28日に最終回を迎えたテレビドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム)で父娘役の共演となった萩原健一とのツーショットをInstagramに公開した。11年ぶりとなった萩原のドラマ出演は、今まで演じたことがない“ホームドラマのお父さん”役。これまではアウトローな役柄が多かった彼にとって、今回のドラマは新境地と言える作品になったようだ。 [全文を読む]

ショーケン「日本人の心の原点」吉田茂演じる!…NHKドラマ「どこにもない国」

スポーツ報知 / 2017年09月15日05時50分

俳優の萩原健一(67)が来年3月放送のNHKドラマ「どこにもない国」(3月24、31日・後9時)に出演することが14日までに決まった。第2次世界大戦後、旧満州から日本人の帰国を導いた男たちを描いた作品で、萩原は吉田茂元首相(当時は外相)役。「吉田茂は日本人の心の原点。非常に光栄」とやる気をみなぎらせている。 昨年、NHK BSプレミアムの連続ドラマ「鴨川食 [全文を読む]

“ショーケン”萩原健一出演のドラマ『鴨川食堂』は大丈夫か「現場で暴れて撮影が飛んだ…」

おたぽる / 2015年12月24日12時00分

「もう撮影はほとんど終わったようですが、ドラマが放送されるまでは気が抜けないとプロデューサーが愚痴ってましたよ。やっぱり、それくらい彼を起用するのは大変だったってことですよ」(NHK関係者) 来年1月放送のNHK・BSプレミアムのドラマ『鴨川食堂』に主人公の父親役で出演するショーケンこと萩原健一。 「ショーケンがドラマに出演するのは04年放送の『女と愛とミ [全文を読む]

深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」

アサ芸プラス / 2012年11月20日10時00分

74年のドラマから約20年、ついにスクリーンで「深作欣二VSショーケン」が実現したのだ。70年代以降、監督と役者の立場で若者たちを熱狂させてきた2人は、真っ向から「90年代のアクション」に取り組んだ。 「萩原氏、病気が治ったら一緒にやろうや」 ふらりと、深作欣二が順天堂大学病院の病室にやって来たのは91年のこと。突然のことに萩原健一(62)が驚いていると、 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

あの名作の、意外なチェンジをここに!〈『K独のグルメ』のドラマ化の話が来たが、主演が長嶋一茂ということなので、丁重にお断りする。長嶋一茂は嫌いではありませんが、ちょっと〉 深夜の“夜食テロドラマ”としてコアな人気を誇る「孤独のグルメ」の作者・久住昌之氏が、10年にツイッターに書いたものだ。12年に始まったテレビ東京版のドラマでは、主役の井之頭五郎を松重豊が [全文を読む]

“男、ショーケンを知る全ての人に贈ります”LINEスタンプ『萩原健一 vs ショーケン』配信

PR TIMES / 2016年04月26日12時41分

[画像1: http://prtimes.jp/i/730/638/resize/d730-638-878781-2.jpg ] ショーケンこと萩原健一さんのスタンプが登場!最新ドラマから懐かしの傷だらけ風、板前風や愚か者、さらには極道風まで、ショーケンの栄光すべてがここに集約! [画像2: http://prtimes.jp/i/730/638/res [全文を読む]

“伝説のいい女”に会いたい!「<傷だらけの天使>ホーン・ユキ」

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時57分

そして翌74年、巡り合った作品が萩原健一主演のドラマ「傷だらけの天使」(日本テレビ系)だった。ショーケン演じる修の雇い主・綾部情報社社長(岸田今日子)の美人秘書役である。「萩原さんはもちろん、岸田今日子さんや岸田森さんなど、個性的で存在感ある俳優さんがたくさん‥‥。でも私としては、それだからこそ、あまり周囲を意識せずにドラマの世界に入っていけたというのは [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 滅びの美学・イケメンの流血等幕末に乙女萌ゆ

NEWSポストセブン / 2015年01月11日07時00分

スタートしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は幕末が舞台。吉田松陰を伊勢谷友介、松陰の門下生・久坂玄瑞を東出昌大など。注目の俳優がどんな志士たちを演じるのか楽しみ。幕末に生きた美しい男たちの血みどろのドラマには胸キュン要素がいっぱいです。 「若い男たちが己の志を貫くため、血を流しながら懸命に生き抜くさま――これぞ幕末ドラマのツボなんです」 こう語る時代劇研究家の [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 小柳ルミ子

アサ芸プラス / 2012年05月01日10時54分

このドラマで全国区の知名度を得て、翌71年4月25日に晴れて「わたしの城下町」で歌手デビュー。渡辺プロでは今も破られない135万枚の売上げを記録した。同年の最優秀新人賞を総なめにし、2年目には「瀬戸の花嫁」で歌謡大賞にも輝いた。念願だった「売れっ子歌手」の道を邁進しながら、もう1つの思いがあったとルミ子は言う。 「このまま、日本情緒にあふれた歌い手に専念 [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(1)「ボン」宮内淳「ロッキー」木之元亮

アサ芸プラス / 2012年03月06日10時54分

昭和生まれの男たちが夢中で見た刑事ドラマが再び元気だ。往年の名作の裏側から現在放映中の意欲作も交えてのランキングまで、刑事ドラマがもっと好きになる大特集! 刑事ドラマは数あれど、真に国民的な人気を博したのが「太陽にほえろ!」(1972~86年、日本テレビ系)だ。その絶頂期に「七曲署」の一員だったボンこと宮内淳(61)と、ロッキーこと木之元亮(60)が再会を [全文を読む]

2016年末場所 輝く!「有名人スキャンダル大賞」(1)ASKAとAKASAKA

アサ芸プラス / 2017年01月06日09時57分

水 高樹沙耶は95年ドラマ「柊又三郎」で共演したショーケンとの噂もありましたよ。吉 それなら、もうしようがないですね。玉 アジトは石垣島だっけ?吉 具志堅用高が言ってましたよ。「石垣島に戻ってほしくない」って(笑)。玉 そうだよ。どういう気持ちで具志堅さんが石垣島を出たと思ってるんだよ。一時、高城剛もいたな。あと島田紳助さんね。水 石垣島はヒャダインもそう [全文を読む]

VAPEとの遭遇――伊賀大介(スタイリスト)

太田出版ケトルニュース / 2015年08月31日19時00分

最近だと、『ハウスオブカード』っていうデヴィッド・フィンチャー監督のドラマでのタバコの使われ方が良かったっすね」 ——仕事やプライベートなど、ご自身にとっての喫煙時間はどうですか? 「仕事柄、行く現場や一緒に仕事をする人が変わることも多いので、そういう意味ではタバコに助けられてる部分はあると思いますね。撮影現場に置いてある吸い殻捨てるバケツのことを“ガンガ [全文を読む]

フォーカス