日本人 ハーバードに関するニュース

自己紹介すら通じなかった邦人女性弁護士のハーバード留学体験記

まぐまぐニュース! / 2016年10月03日23時41分

それでも、文法的に間違っていない、単語も間違っていない、そういう構文で話したつもりでも、私の日本人的な発音だと、全く聞き取ってもらえない。 優しい人たちはやや困惑した表情を私に向け、厳しい人たちは”Sorry?”と聞き返す。 その度に、私は心が折れそうになるのである。 2. “How many nationalities have you slept wi [全文を読む]

日本が呼ばれている。ハーバード大学が教える「日本の価値」

まぐまぐニュース! / 2016年06月21日19時45分

次ページ>>米国人の理想「フランクリンの十三徳」を元々備え持つ日本人 フランクリンの十三徳 米国在住のりばてぃさんが、ベンジャミン・フランクリンが理想とする人間の生き方や美徳をまとめた「フランクリンの十三徳」が、日本の武士道と同じ事を言っているという。 節度を持て。食べすぎ、飲みすぎに注意。 寡黙であれ。誰かのためや、自分のためにならないことを話すな。無駄 [全文を読む]

【ハーバード、プリンストンと並ぶ米名門校の英語メソッドが一冊に!】元イェール大学助教授が公開する!! 世界最強の英語勉強法

PR TIMES / 2014年02月20日09時38分

イェールでも「日本人だけ」、英語ができない!?イェールで教鞭を取っていたころの斉藤氏は、ある危機感を募らせていた。それはずばり「日本人の英語力」についてである。イェール大学には毎年のように、世界中から超優秀な若者たちがやって来る。とくに、中国・韓国・台湾からの留学生は増え続けており、その数は日本人留学生を圧倒するほどだ。彼らと日本人留学生を比較すると、日本 [全文を読む]

ハーバード大とイェール大合格の学生 毎日スタバで勉強した

NEWSポストセブン / 2012年06月03日07時00分

ベネッセコーポレーションが運営する、難関海外大学進学者向けの予備校「Route H」(ルートH)は、ハーバードやイェールといった最難関8大学へ日本人留学生を送りこむ実績をあげている。たとえば、ハーバードには7人の正規留学の日本人学生がいるが、このうち4人がルートHの出身者だ。 ルートHのOBで、「ハーバード大とイェール大に同時合格」したスーパー受験生がいる [全文を読む]

【対談】ハーバード流「挑戦し続ける力」

Forbes JAPAN / 2016年11月27日10時30分

木ノ内:現地で活躍している日本人にも刺激を受けることも多く、私は、MITメディアラボ所長の伊藤攘一さんの言葉に背中を押されました。アメリカは、日本よりも”失敗のコスト”が低い-。当時から感じていたそのことについて、伊藤さんが講演する勉強会で「この差についてどう思われますか」と質問したんです。そしたら、ご本人に怒られました(笑)。「俺は失敗を重ねてここにいる [全文を読む]

加藤嘉一「次のステージはワシントンD.C.。米政界の最前線で戦ってきます!」

週プレNEWS / 2014年08月25日11時00分

日本人留学生との交流も忘れることはできません。特に、各省庁から来ている若き官僚たちと毎晩のように語り合い、未来へつながる真の人脈を築けたのは大きな収穫です。もちろん中国人留学生たちとの交流も、ぼくのライフワークである中国の政治改革や民主化に関する研究を進める上で大いに刺激的でした。 この2年間でぼく自身に起きた変化といえば、ボーっとすることを覚えたことで [全文を読む]

今からでも入りたい!と思わせる、アメリカの美しい大学キャンパス6選

TABIZINE / 2017年04月28日10時00分

その中でも、特に日本人留学生が多いアメリカで、美しいキャンパスを持つ名門大学をご紹介します。 クラブハウスのようなスタンフォード大学 高級ゴルフコースのクラブハウスを彷彿とさせるこちらのキャンパスは、Google創業者のラリー・ペイジとジェリー・ブリンをはじめ、Yahoo!、ヒューレットパッカード、インテル、サンマイクロシステムズなど現代を代表するIT企 [全文を読む]

トヨタ、ANA、清掃会社テッセイ、チーム増田…米ハーバードが「日本企業」に学び続ける理由

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月06日06時30分

一般に日本人は「日本人について書かれた本」に関心が高い傾向があるが、中でも最近の社会情勢を反映してか、このところ「日本アゲ」の本が目に付く。確かにほめられるのは気分がいい一方で、根拠に乏しい精神論的なものも多く、正直「そうまでして自信を持ちたいのか、日本人」と思わないでもない。【人気連載マンガ】Twitterフォロワー数37万人超!! 日本一有名な男性保育 [全文を読む]

米オルブライト大学学長「日本人留学生の減少は気がかりだ」

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

喜ばしいことに多くの日本人の卒業生も社会的な成功を収めている。 その最たる例は今回聞き手を務めてくれるノビー(落合氏の愛称)だろう(笑い)。今後、私たちはこれまで以上に様々な国籍の学生に学びの場を提供し、教職員の国際交流も増やしていきたいと考えている。 その中で、日本人留学生の減少は私たちにとっても気がかりだ。2009年秋には15人の学生がオルブライト大学 [全文を読む]

北川智子、小山薫堂、福岡伸一、養老孟司・・・ “知の先達”による特別授業が電子書籍で登場!『未来授業~明日の日本人たちへ~』

PR TIMES / 2013年08月23日14時40分

計4巻 各162円(税抜)にて、本日8月23日、配信開始!TOKYO FMでは、ジグノシステムジャパンと共同で、“知の先達”を講師に迎える公開特別授業『FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ』の模様を載録した電子書籍版新書を刊行致します。「Amazon Kindle Store」「紀伊國屋書店Kinoppy」「honto 電子書籍ストア」「楽天k [全文を読む]

加藤嘉一「中国で蒔いた種が国境を超えて育ち、さまざまな場面でぼくを助けてくれてしまうんです」

週プレNEWS / 2012年11月12日15時00分

また、ぼくが在籍しているケネディスクールでは、今年度は過去最多といえるほど日本人の学生が多い。その多数を占めているのが各省庁の優秀な若手官僚たち。以前ぼくの本や文章を読んでくださった人生の先輩方もいて、勉強会やパーティに誘ってくれます。非常に高レベルな議論ができる場に、労せずして参加できてしまう自分がそこにいる。 感謝の気持ちでいっぱいです。と同時に、正 [全文を読む]

加藤嘉一「約9年半過ごした中国を離れ、アメリカへ渡りました」

週プレNEWS / 2012年09月18日15時00分

日本が入らないことは若干不本意ですが、そこに日本人がいるということ自体が発信力につながると思うので、きっちりと存在感を示していきたいです。 これまで築いてきた実績や人脈を考えれば、今後も中国で自分が望むような活動をしていくことは可能だったでしょう。しかし、同じことを同じ場所で10年以上やってはいけないという確固たる信念がぼくにはある。ドラスティックな変化こ [全文を読む]

<海外の名門大学を巡る>海外旅行の「タビタツ」世界11の大学見学ツアーを掲載スタート!

PR TIMES / 2016年10月20日19時36分

旅行会社が打ち出す定番商品に加え、海外在住の日本人が作ったユニークなツアーも多く掲載している。2016年10月時点では約4,500ツアーを掲載し、現地に住む日本人が日本語で海外を案内するコンセプトが話題を呼んでいる。♦︎観光ツアーだけじゃない!留学や移住の下見で利用される方が増えています[画像2: http://prtimes.jp/i/19752/5/r [全文を読む]

【書評】Gaba設立者が考案した、英語で自己表現できない人の学習法

まぐまぐニュース! / 2015年08月05日23時30分

日本人の最も重要で永遠の課題ともいえる「英語」。突然必要になったときに、何もできなかったという人は多いはず。無料メルマガ『毎日3分読書革命! 土井英司のビジネスブックマラソン』では、英会話教室Gaba設立者・青野仲達さん著の英語学習法を紹介されています。ハーバードっていうからには、難易度高そう…と思ったアナタ!まずはこちらの書評で判断してみてはいかがでしょ [全文を読む]

加藤嘉一「超保守的なハーバードでの2年間。自分としては“惨敗”でした!」

週プレNEWS / 2014年08月11日11時00分

ある意味で「なんでもあり」の中国では、日本人でも突破力さえあれば既存のメカニズムを切り崩すことができた。一方、アメリカではルールや慣例が極端に制度化され、権威主義が横行しているため、年齢や階級、そして人種がモノをいう。新しいことに挑戦しようとしない超保守主義者も多い。これでは斬新な勢力はなかなか食い込めない。 実は、ハーバードに行った当初はボストンを拠点 [全文を読む]

加藤嘉一「今 中国が崩壊したら、おそらく日本も一緒に沈むことになる」

週プレNEWS / 2012年10月01日13時00分

今も「日本人の分際で」という目でぼくを見る中国人は少なくありませんが、2010年に『从伊豆到北京有多(伊豆から北京へ)』という本を出版した際、白岩松さんという中国で非常に影響力のあるジャーナリストの方が、こんな推薦文を書いてくれました。 「加藤さんがこれまでやってきたことは十分称賛に値する。しかし、それがどういう意味、どういう価値を持つのかは10年、20 [全文を読む]

ハーバードで25年間、「最も影響を受けた授業」に選ばれ続けるハイフェッツ教授の超実践的リーダーシップ論『最難関のリーダーシップ』出版のお知らせ

DreamNews / 2017年08月21日10時00分

テーマ例・日本人の特性を活かすリーダーシップ実践法・公式の権威と非公式の権威・リーダーとリーダーシップの大いなる誤解・なぜハーバード生はハイフェッツの授業を選び続けるのか? ほか本件に関するお問い合わせ先 英治出版株式会社 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル4F Tel: 03-5773-0193担当:山下(yamash [全文を読む]

開成高校からハーバード大に合格。日本人の「東大スルー」は本物か?

まぐまぐニュース! / 2017年07月12日04時45分

開成出身の日本人がアメリカの名門大学で学ぶことがいかに大変か、その現実を明かしています。 開成からの米大学進学者増加について 4月の時点では海外の大学の合格者が21名ということで話題になっていた開成ですが、その後、複数校に合格した卒業生が進学先を決定したことから、重複数が調整されて、全体の数字は7名ということが判明しました。 そうではあるのですが、その内容 [全文を読む]

日本人の死因16%に影響する「運動不足」という問題

Forbes JAPAN / 2017年05月07日12時00分

日本人の死因のうち、16%は運動不足が影響─。医学雑誌「LANCET」の指摘である。ITで生活がラクになった現代において、運動不足を解消するよい方法とは。今年の2月、筆者は東京マラソンを4時間27分で完走した。55歳にして自己ベストを大幅に更新できた。何歳になっても新しいことに挑戦し続けられる喜びをあらためて実感している。少年時代より剣道に打ち込んでいたが [全文を読む]

日本企業の世界進出は、素晴らしき日本文化を拡散するための先兵だ

まぐまぐニュース! / 2017年03月30日02時15分

自己主張という低次元での戦争による問題解決から、全体の調和が必要という思想は、神道の神々の調和から日本人は大昔から知っていることである。負けた神も陪神として祭る。敗者の主張も取り入れて、敗者を取り込むことを積極的にして、調和を取る努力をしている。負けた出雲の神をまつる巨大な出雲大社もその例である。 また、仏教では、自己を無想の境地にする状態を作り問題解決 [全文を読む]

フォーカス