大人 芦田愛菜に関するニュース

芦田愛菜の検索候補に「胸」 「大人っぽくなったな。特に...」

J-CASTニュース / 2017年07月18日19時49分

ドラマ「Mother」(2010年、日本テレビ系)や「マルモのおきて」(2011年、フジテレビ系)の出演時には幼くあどけなかった顔も、随分と大人びてきた。「子役の愛菜ちゃん」から「女優」へと転身を遂げる芦田さんだが、その「成長」に戸惑う大人たちが散見される。 どうしても目が... 芦田さんは芸能活動の傍ら勉学に励み、複数の難関私立中学校に合格したことが各メ [全文を読む]

大人すぎる芦田愛菜に有吉も驚愕 鈴木福も「愛菜さんって感じ」とタジタジ

しらべぇ / 2017年06月30日16時00分

29日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した姿が「大人すぎる」と話題を呼んでいる。■2年ぶりの再会番組では芦田と同じく共演していた俳優・鈴木福(13)が、本番前の楽屋で2年ぶりに再会する様子を放送。再会前、番組スタッフに話す話題について聞かれた鈴木は「いや別に…はい。そんな感じですね、多分」と、やや寡黙で緊張気味。楽屋に着いてもなかなか芦田に [全文を読む]

池田教授&金田一教授がお菓子を監修 大人ダ!カラムーチョ スモーキーHotsチキン味 CM出演の二人とコラボを果たした新商品

PR TIMES / 2014年11月26日11時45分

株式会社フレンテの事業会社である株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:田子忠)は、辛味スナックの代表ブランド「カラムーチョ」の発売30周年を記念する第二弾商品の一つとして、「カラムーチョ」のTVCMに出演する池田清彦教授と金田一秀穂教授が監修する「カラムーチョ」の新商品「大人ダ!カラムーチョ スモーキーHotsチキン味」を2014年12月1日より全国コンビニ [全文を読む]

極楽とんぼ・加藤も苦言! “天才子役”寺田心くんを「作り上げた」大人たちの責任とは

日刊サイゾー / 2016年11月18日11時00分

心くんはおせちを見るなり、驚きの表情を見せ「鮮やかですごくキレイですね」「彩りがあって、もうぜいたくのぜいたくです」と、大人顔負けのコメントを連発。そして、料理を一口食べるや「チーズのふわふわが卵によく合って、とてもおいしいです!」と称賛した。 これには、監修の料理研究家・浜内千波氏も「心から言ってる?」と、ツッコミを入れるほど。この模様を紹介した11日放 [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

“子役ブーム”がとなるには、まずは芦田さんや鈴木梨央さんのように、大人の共演者も感心させる本格的な演技力を持つ“絶対的エース”が一人はいること。その存在があることでフォロワー的にどんどん有力子役が登場してきます。また、その時代を象徴するような、子役がメインで目立つドラマや映画、CMなどの作品が生まれることがポイントと思われます。今年、そういった象徴的な作 [全文を読む]

井上真央に見る、子役「勝利の法則」

NewsCafe / 2015年09月09日16時00分

これには事務所側の戦略もあるんです」 どんな戦略? 「大人顔に変わるまでテレビから消えることです。子役の場合、ずっと出ていると子役のイメージがついたまま成長してしまい、なかなか大人の一般的な役を演じるのが厳しい。そのため、子役はある一定の『充電期間』を置くケースが増えているんです」 だから彼らは姿を消していたの?! 「その代表的な成功例を挙げると、井上真央 [全文を読む]

芦田愛菜 ライバル子役をみずから“共演NG”に指定した!「大人にも『芦田さんと呼ぶように』と強制」

アサ芸プラス / 2012年07月19日11時00分

もちろん、共演する大人の俳優たちに『愛菜ちゃん』と呼ばれれば笑顔を浮かべますけどね」 ドラマ、映画、イベントにドバドバ引っ張りだこの愛菜ちゃんは局にとっては打ち出の小槌。機嫌を損ねるような事態はあってはならないのだ。 「呼び名についてはかなり徹底されていて、テレビ局のスタッフが芦田のマネジャーと電話で打ち合わせをしている時に、うっかり『愛菜ちゃん』と呼ぶと [全文を読む]

マルモリからマルサへ!? "芦田マネー"に送られるコワい視線

メンズサイゾー / 2012年01月13日14時15分

そうなると、大人になっていくにつれてシビアな状況になってくるのは目に見えています。しかし、ここで大事なのは、芦田の両親がいわゆる"ステージママ"ではないこと。父親は某メガバンク勤務だし、行き詰まった親側が子供の収入頼みで生活しているというケースではありません。そこまで芸能界に執着もないのだとすると、引き際もちゃんとわきまえていると思いますよ」(芸能ライター [全文を読む]

芦田愛菜も顔負け! 芸能界をあざとく生きる天才子役マンガ 『このゆびとまれ』

日刊サイゾー / 2016年09月12日19時00分

そんな天賦の才能を持った子役たちが魑魅魍魎はびこる芸能界で生き延びるには、大人顔負けのプロ根性や、世渡り上手さも必須です。当然、天使のような表の顔に対し、裏では性格が最悪だった……なんていうウワサも常につきまといます。今回ご紹介するのは、そんな天才子役にスポットを当てたマンガ『このゆびとまれ』です。 主人公は日本で一番忙しい子ども、藤江恵那(ふじえ・えな [全文を読む]

【可愛すぎ】台湾の超絶可愛い女子小学生双子姉妹が話題に!これは日本でも売れるか!?

秒刊SUNDAY / 2016年09月01日22時40分

もっぱらその中で成功している安達祐実さんは、大人なのにどこかあどけない雰囲気を醸し出す、不思議なポジションを確立しているわけですが、なかなか子役が子役のまま続けるのは難しい。さてこちらの双子、上がサンディちゃんしたがマンディちゃん。違いはほとんどないが、若干サンディちゃんのほうが、やんちゃな気もしないでもない。いずれにせよ、この可愛さと憎めない愛らしさは台 [全文を読む]

鈴木福が「いつもより大人っぽい」芦田愛菜の声に驚き?│「ILOVEスヌーピー」 公開D-2

Woman Insight / 2015年12月02日17時00分

世界中の子供から大人まで、幅広い世代から愛される国民的キャラクター“スヌーピー”が、この冬、スクリーンに登場します! 最大の見どころは、スヌーピーがパイロットになって繰り広げる、ダイナミックな空の冒険! さらに、スヌーピーの飼い主で、何をやってもうまくいかないチャーリー・ブラウンが、学校に転校してきた“赤毛の女の子”に一目惚れ。そんな彼をいちばん近くでサポ [全文を読む]

「つまらん偽善者になるな」 『明日、ママがいない』で行われた抗議に対する抗議

AOLニュース / 2014年02月20日22時30分

大人なら分かる。大人の中には価値観が固定され、自分が受け入れられないものを全て否定し、自分が正しいと声を荒げて攻撃して来る者もいる。それは......、胸にクッションを持たないからだ。そんな大人になったらおしまいだぞ。話し合いすらできないモンスターになる」。 そして、「魔王」は子どもたちに向かって「まだ間に合う」と言うのだ。「心に受け止めるクッションを [全文を読む]

『明日ママ』劇中でCM自粛中のスポンサーに説教!? 「お前たちは、何に怯えている?」

日刊サイゾー / 2014年02月20日17時30分

それで終わらせるつもりか? 大人なら分かる。大人の中には、価値観が固定され、自分が受け入れられないものをすべて否定し、自分が正しいと、声を荒げて攻撃してくるものもいる」「そんな大人になったらおしまいだぞ? 話し合いすらできない、モンスターになる」とたたみかけた。 このシーンを受け、ネット上では「スポンサーや、クレーマーへの説教だな」「番組スタッフは、相当憤 [全文を読む]

子役 仕事のオファー減少で子供なりに苦しみ使い捨てになる

NEWSポストセブン / 2012年09月18日07時00分

大人になるにつれて顔は変わる、声は変わる。どこかで視聴者のイメージとのバランスを調整しなきゃいけない。周りの大人が考えてあげないとただの使い捨てですよ。 人気に陰りがでると、スタッフの扱いも変わる。それまで“ケンちゃん”だったのが、“お前”に変わるときの悔しさったらない。仕事のオファーがなくなると子供なりに苦しみます。そこで受け止めてくれる家族さえいればぐ [全文を読む]

元人気子役 芦田愛菜・鈴木福に「TVにいくら映っても…」

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

大人買いといえば駄菓子屋ごと買ったこともあった。たしか30万円でした。 そりゃ、自分のことも勘違いします。スチュワーデスのお姉さんに会いたいといえば、現場に連れてきてもらえましたから。 ただし、代償は大きかったです。今ほど子役の労働時間が管理されてないから、仕事が終わるのが9時で家に帰るのは10時頃。夜中に家庭教師を付けてもらっていて、そこから勉強して寝る [全文を読む]

芦田愛菜 NG出された共演子役のために椅子取りゲーム提案

NEWSポストセブン / 2012年03月06日07時00分

共演の子供たちと監督から撮影趣旨を説明されたが、大人にもちょっと難しい内容に、最初こそ戸惑う愛菜ちゃん。 ところが、数回練習しただけで、あっという間にコツを覚えてしまった。いざ撮影が始まると、何通りもある振り付けに、共演の子供たちが何度かNGを出してしまい、しょんぼり…。そんな空気を読んだ愛菜ちゃんは、「椅子取りゲームしよっか」と提案。大人も子供も大笑いに [全文を読む]

「CMで見たくない有名人」でも1位に! 芦田愛菜バッシングが加熱!?

メンズサイゾー / 2012年02月16日15時45分

同記事に掲載されたアンチの声を拾ってみると「子供らしさがなく、どうすれば大人ウケがいいかだけを考えているように見える」といった意見が多かった。子供らしさを強調しようとするあまり、自然な子供らしさが消えてしまっているため、視聴者に違和感を与えているようだ。 特に『たかの友梨ビューティクリニック』のCMが不評だったらしく、「あんな小さい子供に『エステに行って [全文を読む]

山田孝之が3D映画に! カンヌ映画祭に正式応募も

Entame Plex / 2017年03月25日11時00分

いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます」 ◆松江哲明監督コメント 「山下くんから『山田くんが自分を題材にした映画を撮りたいと言ってるんだけど』と相談され、カメラ目線でこれまでの人生を語る山田孝之を見た時、この映画は彼の脳内にダイブするようなドキュメンタリーにしなければならないと覚悟を決めました。山田くんが目からビ [全文を読む]

山田孝之ドキュメンタリー「赤羽」「カンヌ」を経て「3D」へ

Smartザテレビジョン / 2017年03月25日01時30分

いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます。 ■松江哲明監督コメント 山下くんから「山田くんが自分を題材にした映画を撮りたいと言ってるんだけど」と相談され、カメラ目線でこれまでの人生を語る山田孝之を見た時、この映画は彼の脳内にダイブするようなドキュメンタリーにしなければならないと覚悟を決めました。 山田くんが目からビ [全文を読む]

芦田愛菜さん “2回めの人生”疑惑「黒の組織に薬を飲まされた大人説」が再浮上

ガジェット通信 / 2017年02月13日16時30分

数年前よりネットでは、芦田の演技力と大人びた対応、周囲からの賞賛の声に、「芦田愛菜さんは黒の組織に薬を飲まされて子供になった大人説」がささやかれるように。 “黒の組織”とは、人気作品『名探偵コナン』に登場する謎の組織。高校生の天才探偵である主人公は、黒の組織が開発した薬(アポトキシン)を飲まされ、人格はそのままに、子どもの姿に変えられてしまう。 受験勉強 [全文を読む]

フォーカス