両親 芦田愛菜に関するニュース

マルモリからマルサへ!? "芦田マネー"に送られるコワい視線

メンズサイゾー / 2012年01月13日14時15分

しかし、ここで大事なのは、芦田の両親がいわゆる"ステージママ"ではないこと。父親は某メガバンク勤務だし、行き詰まった親側が子供の収入頼みで生活しているというケースではありません。そこまで芸能界に執着もないのだとすると、引き際もちゃんとわきまえていると思いますよ」(芸能ライター) 2012年も映画『LIAR GAME -再生-』『のぼうの城』の公開を控えてい [全文を読む]

読書家の芦田愛菜 小学校低学年で年300冊読んでいた

NEWSポストセブン / 2017年02月17日16時00分

愛菜ちゃんが活躍するのは、純粋に本人がやりたいから、それだけなんです」(芦田家の知人) そんな両親が一人娘の教育方法として最も力を注いだのは「読書」だった。 「父親が読書家で、幼い頃から愛菜ちゃんに本を与えていました。彼女が何かに興味を持ったら、答えやヒントになるような本を選んで、“この本を読んでごらん”と手渡したそうです。たとえば、彼女は幼い頃から“細胞 [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』雑すぎる“引越しオチ”に視聴者ポカーン、打ち切り決定のシワ寄せか

日刊サイゾー / 2016年05月24日00時00分

実は別居中ながら、体裁を気にして離婚をしていない省吾の両親ですが、百合子はアリスに「(夫は)とても忙しい人で、あちこち飛び回って、実質、私と省吾、母子家庭のように2人きりなんです」とウソをつきます。 このセリフを、矢田に言わせるとはなんとも生々しいですね。実際、矢田の息子さんは現在8歳のようですが、お父さんの押尾学のことを、どう説明しているのでしょうかね [全文を読む]

第3話は過去最高視聴率15.0% 芦田愛菜『明日ママ』週2回再放送する「日本テレビの強気ぶり」

日刊サイゾー / 2014年01月30日17時30分

だが第3話では、両親がいながらも孤独を抱える少女たちの姿を目の当たりに……。「実の親がいても、寂しいと思うやつがいるんだな」「何が幸せなんだか、分からなくなるよ」と、悩ましい表情を浮かべるポストが印象的であった。 今回、ネット上で意外と多いのが「今まで見てなかったけど、あまりにも騒がれているので初めて見た」という視聴者。その感想は、「描き方が過激すぎる」「 [全文を読む]

『明日ママ』騒動渦中の芦田愛菜 初主演映画にも過激すぎる場面が!?

日刊サイゾー / 2014年01月29日20時30分

三つ子の姉と両親、祖父母と暮らしている。円卓で食事をするにぎやかな家庭を舞台に、家族や同級生、在日韓国人やベトナム人との交わりなどユーモアを交えて描いた、少女の成長物語である。設定だけ見ると『明日ママ』とは違い、明るい芦田を安心して見られそうな、ほのぼのとした作品に思えるのだが……。 なんとこの原作には、主人公の少女がロリコン変質者にSMまがいの行為を強要 [全文を読む]

子役 仕事のオファー減少で子供なりに苦しみ使い捨てになる

NEWSポストセブン / 2012年09月18日07時00分

結局、僕が20歳のとき両親は離婚しました。 子役の親は、子供に期待し過ぎないほうがいい。子役は子供の思い出作りと割り切るべきです。大人になるにつれて顔は変わる、声は変わる。どこかで視聴者のイメージとのバランスを調整しなきゃいけない。周りの大人が考えてあげないとただの使い捨てですよ。 人気に陰りがでると、スタッフの扱いも変わる。それまで“ケンちゃん”だったの [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

「昨年秋ごろから本人を交えて、両親、事務所が何度も話し合いを重ねてきたようです。その結果、出た結論が今回の引退だった。4月に中学校に入学するこのタイミングで、学業に専念すると決めたそうです」(スポーツ紙芸能記者) 映画『崖の上のポニョ』の主題歌などで話題となった大橋。NHK紅白歌合戦にも出場し、愛くるしい笑顔と明るいキャラクターで支持を集めていた。最近で [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・山田涼介、月9は『エデンの東』リメーク! 企画が“二転三転”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年08月27日09時00分

ヒロイン役は倉科カナで、両親役は高嶋政伸と南果歩だそうです。ラブストーリーが主流の月9らしくない作品で、山田は日本版ジェームズ・ディーンを担うことになりますが、正直視聴率的には、嫌な予感しかしないというか……」(同) 8月末にも正式発表されるという『エデンの東』。業界の下馬評は「測定不能」のようだが、まずは山田の初月9主演に期待したい。 [全文を読む]

NHK朝ドラ『ごちそうさん』脚本が極端で演出過剰という声あり

NEWSポストセブン / 2013年10月05日16時00分

他の子どもが座っている中で、立ったままガツガツ食べる我が子を、ニコニコ見ている両親。 はた、と気付かされました。普段あまり意識していなかったけれど、日本人は幼い時から「食べることとしつけ」とが一体になった環境で育つのだなと。そういう歴史が長いこと続いてきたのだなと。 「箸をちゃんと持て」、「お行儀よく食べろ」、「口に入れたまましゃべるな」と、食卓で細々とし [全文を読む]

桐谷美玲、理想の愛について語った クリスマス女子会

モデルプレス / 2012年12月22日19時09分

クリスマスの思い出を聞かれた桐谷は「小さい頃から現実主義者で、サンタさんなんか絶対にいないという子供でした」と夢のない現実的な幼少時代を振り返り、「プレゼントは両親がやっているんだろうと思って、クリスマス直前になると家中の押入れを探し回っていましたね」と勝ち誇った表情。それでも「リカちゃん人形が好きなので、洋服セットをもらったときは嬉しかった」と乙女チック [全文を読む]

フォーカス