母親 安達祐実に関するニュース

辻ちゃんや紗栄子より勘弁!「自分の親だったら嫌なママタレ」1位は

VenusTap / 2016年01月28日20時40分

では、その逆は……? そこで今回『VenusTap』では、「“自分の母親がこんな親だったら絶対ヤダ”と思ってしまう女性芸能人は?」というアンケート調査(協力:クリエイティブジャパン)を実施。その結果をランキング形式でご紹介します。 ■「自分の母親だったら絶対ヤダ!」と思う女性芸能人は…加護亜依! 男女503名に「“自分の母親だったら絶対ヤダ”と思ってしまう [全文を読む]

「すでに同居中」安達祐実が、ついにスピードワゴン井戸田との復縁・再入籍を決意か

日刊サイゾー / 2012年06月10日08時00分

加えて、安達の母親である安達有里と井戸田との間に確執があったともいわれている。 安達は日本テレビのドラマ『家なき子』で子役として大ブレークしたが、その頃から母親の有里は、安達に所属事務所サンミュージックの正式なマネジャーが付いているにもかかわらず"ステージママ"としてテレビ局に出入りし、出演者やスタッフに余計なことを言っては、安達の足を引っ張ってきた。安達 [全文を読む]

安達祐実、久々のドラマ復帰に「可愛すぎる」の声が殺到! “狂気の母“役でさすがの演技力も発揮

メンズサイゾー / 2016年11月25日18時05分

また、昨年放送されたドラマ『デザイナーベイビー 速水刑事、産休前の難事件』(NHK)でも赤ちゃんを誘拐された母親を演じ、実生活と同じママ役はすでにお手の物。子役時代から数えて30年以上となるキャリアは伊達ではないということでしょう」(芸能関係者) [全文を読む]

安達祐実、第2子出産後初のドラマ出演 “怪演”で女優業復帰

モデルプレス / 2016年11月23日08時00分

はたして、美奈子は本当に被害者の母親なのか。すでに30年近いキャリアがあり様々な役どころを演じてきた安達が、今回は特異な状況に追い詰められた母親の複雑な精神状態を巧みに演じる。杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)も惑わされる安達の“怪演”に注目だ。 ◆8カ月の産休育休を経て女優業復帰 安達は「出産後初のドラマ出演が『相棒』に決まり、本当に光栄に思ってい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安達祐実&メイプル超合金 初対面3ショットに「永遠の少女と怪しげな館の蝋人形」の声

TechinsightJapan / 2016年11月03日16時20分

ちなみに安達の母親はカズレーザーのファンであり、娘との共演をとても喜んでいたそうだ。 出典:https://www.instagram.com/kazlaser (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

木村文乃、連ドラ初主演 檀れい・長谷川京子らと“ママ・カースト”描く

モデルプレス / 2015年03月09日06時00分

◆女の友情と成長を描く同作は、名門幼稚園を舞台に、子育てに励む母親たち、現代を生きる女たちの友情を描く痛快なヒューマンドラマ。希子は、セレブ幼稚園の内実に驚きながらも、自分を敵対視する母親たちにストレートに自分の思いをぶつけ、凝り固まった母親たちの考えを変えていく。物語では、別世界に飛び込んでいく希子をハラハラしながらも見守る家族の絆も描き、コミカルな中に [全文を読む]

安達祐実 恋愛について「いい機会があれば、やはりしたいですね」

NEWSポストセブン / 2014年09月13日07時00分

しかし、8才になる娘は母親のヌードや濡れ場を複雑に感じているのではないか。そう質問をぶつけてみた。 「娘は、自分の母親が演技でいろんなことをするのに慣れていて、『ママが何かの役を演じている』という感覚は持っています。具体的に濡れ場があるとは言わなかったけれど、『周りの人に、ママが裸になっていると言われても、それは役のうえでのことだから気にしなくていいのよ』 [全文を読む]

ヌード披露の安達祐実 「子役」イメージからの脱皮に葛藤抱えた

NEWSポストセブン / 2014年09月11日07時00分

記憶に残る映画やドラマに多数出演する一方で、結婚、離婚を経て、8才になる長女を育てる母親でもある。そんな彼女が11月8日公開の映画『花宵道中』で初めてヌードに挑んだ。その胸に秘めた覚悟とは──。 9月上旬、どこか寂しく冷たい雨が降りしきるなか、黒と白のシックな和服に身を包んだ安達祐実は姿を現した。東京・台東区にある吉原神社。吉原遊郭の鎮守だった社で、彼女は [全文を読む]

『明日ママ』に安達祐実登場で「新旧“家なき子”共演」も……アピールできない日テレの苦悩

日刊サイゾー / 2014年02月24日20時30分

これにネット上では「ついにポストの母親が登場か?」「ポストの母親役は安達だったか!」「娘を亡くした瞳が、ポストと娘の面影を重ねている場面では?」などの臆測が見受けられる。 安達といえば、ちょうど20年前に、同局の連ドラ『家なき子』で、不遇な境遇を懸命に生きる少女を演じ、ブレーク。同作は、脚本家・野島伸司が携わっている点など、『明日、ママがいない』と共通点も [全文を読む]

剛力彩芽“可愛い”から“美しい”へ…「大人化計画は密かに」1番変わったことは?<モデルプレスインタビュー>

モデルプレス / 2017年04月21日12時00分

◆女同士のバトルは…? ― 今年に入ってからドラマ主演が続き、体調管理も大事だと思いますが、何か気をつけていることは? 剛力:食事に関しては母親が作ってくれているので、それが何よりありがたです。後は、野菜とか、体にいいものが元々好きなので、そこはラッキーでした。母親に「お肉食べなさい」って言われるくらいです(笑)。 ― ご家族の支えは励みになりますよね。 [全文を読む]

フォーカス