応援 安倍晋三に関するニュース

日本初の女性首相が生まれるとしたら? 支持される3人の候補とは

週プレNEWS / 2016年01月15日06時01分

昨年末、『週刊プレイボーイ』本誌の読者アンケートで「応援する政治家」「嫌いな政治家」を上げてもらったところ、490人から回答が寄せられた。 その結果は「応援する政治家」の1位が197票と断トツで小泉進次郎(自民)、2位がだれもいない(116票)、3位に100で橋下徹(おおさか維新)。 一方、「嫌いな政治家」は1位が163票の安倍晋三(自民)、2位に129票 [全文を読む]

安倍首相が「子どもの貧困」対策イベントで“他人事“メッセージ! 子どもや地域に努力を要求し国は知らんぷり

リテラ / 2016年11月12日12時00分

それは、「日本の未来を担うみなさんへ」と題されたもので、子どもの貧困対策の一環として立ち上げた「子どもの未来応援国民運動」1周年の集いで公表された。その文章は、〈あなたは決してひとりではありません〉というポエム調の一文からはじまる。〈こども食堂でともにテーブルを囲んでくれるおじさん、おばさん。学校で分からなかった勉強を助けてくれるお兄さん、お姉さん。あな [全文を読む]

ネットの“愛国者” 敵に回せば面倒も味方にしたら頼りない

NEWSポストセブン / 2012年12月10日16時00分

一連の主張や手法を疑問視する声が多いなか、ネットでは「愛国者」と持ち上げられ、「応援するデモ」まで行なわれ、片山氏自身も駆けつけて参加者を激励した。だが、彼らの多くはネトウヨ(ネット右翼)と見られ、片山氏はこのことを知っているユーザーからは呆れられている。 熱心なネットユーザーはボルテージが高く、頻繁に書き込みを行なうので、人数が多いと錯覚してしまうが、 [全文を読む]

石原伸晃が不甲斐ないから政治が動く?政界の新たな定説|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日18時05分

党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならないとして、『各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる』と書かれていた。石原伸晃や都連幹事長の内田茂都議らの連名で出された。 なんと、他の候補を応援したら親族まで除名という。伸晃は、自分が親父の都知事選を応援したときのことを考えたのだろう。 「私は父の当選後4年間、都連には一歩も足を [全文を読む]

北朝鮮のミサイル発射は安倍晋三首相の自作自演!? 作家やジャーナリストもツイートして話題に

ガジェット通信 / 2017年03月06日23時35分

参考:北朝鮮のミサイル打ち上げはアベのせい(Togetter) https://togetter.com/li/1087731 また、某作家は ついに北朝鮮が、安倍応援の新型ミサイル発射。それも3発も。それだけ森友学園事件に危機感を覚えているのだろう。最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる。そろそろ、と予想していたら、案の定で [全文を読む]

森友学園理事長長男「関係が深い自民党の先生の名前明かす」

NEWSポストセブン / 2017年03月06日07時00分

国有地払下げ問題の疑惑拡大とともに森友学園と“親交”があった政治家たちが一斉に手の平を返すなか、「あんなに応援したのに、政治家の先生方の物言いには納得がいきません」と怒る新たな証言者が現われた。 森友学園が幼稚園児に教えている君が代や軍歌の斉唱も、教育勅語の朗読も、「安倍首相ガンバレ」の激励を含めて、安倍首相の教育観と親和性が高い。だからこそ首相は国会で同 [全文を読む]

さいたま市内で相次ぐ選挙妨害~民主主義を冒涜する最も卑劣な行為

クオリティ埼玉 / 2014年12月11日14時56分

埼玉県内にも安倍晋三総理大臣が入り、牧原ひでき(5区)、中根一幸(6区)両陣営への応援と檄を飛ばした。9日火曜日は、村井ひでき(1区)陣営にも岸田文雄外務大臣、新藤義孝元総務大臣(自民党埼玉県連会長)が共に入り、大勢の有権者に向け、街頭演説と個人演説会で村井候補への支援を呼びかけた。現在、さいたま市内の3選挙区では自民党が攻勢を強めており、最終日まで手を緩 [全文を読む]

モー娘。が盛り上げる ソチ五輪、日本代表選手団壮行会を開催

モデルプレス / 2014年01月20日20時52分

応援メッセージが続々 若田氏は「アスリートのみなさんは人間としての能力の限界にチャレンジしていると思います。科学技術も同じで、新たな技術にチャレンジしている部分は共通していると思います。日本国民のみなさんに勇気と感動を与えてください、宇宙から競技を観戦しています。持ってる力を存分に発揮してください」と選手にメッセージを送り、「頑張れニッポン」と元気に締 [全文を読む]

産経・読売すら冷ややか 「政権が応援」大阪万博の行方

J-CASTニュース / 2017年05月21日11時00分

カジノ問題 [全文を読む]

渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」

文春オンライン / 2017年04月01日07時00分

14年の総選挙では辛口コラムニストの勝谷誠彦さんや一水会創立者の鈴木邦男さんが応援弁士として街頭に立った。ブロガーの山本一郎さんや一水会代表の木村三浩さんと親交があり、私淑する知識人に元文藝春秋編集長で作家の半藤一利さんやノンフィクション作家の保阪正康さんら保守論壇の泰斗を挙げる。辻元は昨夏まで民進党代表だった岡田克也の補佐役を務め、前原誠司とも近い。 ひ [全文を読む]

フォーカス