応援 安倍晋三に関するニュース

日本初の女性首相が生まれるとしたら? 支持される3人の候補とは

週プレNEWS / 2016年01月15日06時01分

昨年末、『週刊プレイボーイ』本誌の読者アンケートで「応援する政治家」「嫌いな政治家」を上げてもらったところ、490人から回答が寄せられた。 その結果は「応援する政治家」の1位が197票と断トツで小泉進次郎(自民)、2位がだれもいない(116票)、3位に100で橋下徹(おおさか維新)。 一方、「嫌いな政治家」は1位が163票の安倍晋三(自民)、2位に129票 [全文を読む]

安倍首相が「子どもの貧困」対策イベントで“他人事“メッセージ! 子どもや地域に努力を要求し国は知らんぷり

リテラ / 2016年11月12日12時00分

それは、「日本の未来を担うみなさんへ」と題されたもので、子どもの貧困対策の一環として立ち上げた「子どもの未来応援国民運動」1周年の集いで公表された。その文章は、〈あなたは決してひとりではありません〉というポエム調の一文からはじまる。〈こども食堂でともにテーブルを囲んでくれるおじさん、おばさん。学校で分からなかった勉強を助けてくれるお兄さん、お姉さん。あな [全文を読む]

ネットの“愛国者” 敵に回せば面倒も味方にしたら頼りない

NEWSポストセブン / 2012年12月10日16時00分

一連の主張や手法を疑問視する声が多いなか、ネットでは「愛国者」と持ち上げられ、「応援するデモ」まで行なわれ、片山氏自身も駆けつけて参加者を激励した。だが、彼らの多くはネトウヨ(ネット右翼)と見られ、片山氏はこのことを知っているユーザーからは呆れられている。 熱心なネットユーザーはボルテージが高く、頻繁に書き込みを行なうので、人数が多いと錯覚してしまうが、 [全文を読む]

石原伸晃が不甲斐ないから政治が動く?政界の新たな定説|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日18時05分

党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならないとして、『各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる』と書かれていた。石原伸晃や都連幹事長の内田茂都議らの連名で出された。 なんと、他の候補を応援したら親族まで除名という。伸晃は、自分が親父の都知事選を応援したときのことを考えたのだろう。 「私は父の当選後4年間、都連には一歩も足を [全文を読む]

北朝鮮のミサイル発射は安倍晋三首相の自作自演!? 作家やジャーナリストもツイートして話題に

ガジェット通信 / 2017年03月06日23時35分

参考:北朝鮮のミサイル打ち上げはアベのせい(Togetter) https://togetter.com/li/1087731 また、某作家は ついに北朝鮮が、安倍応援の新型ミサイル発射。それも3発も。それだけ森友学園事件に危機感を覚えているのだろう。最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる。そろそろ、と予想していたら、案の定で [全文を読む]

森友学園理事長長男「関係が深い自民党の先生の名前明かす」

NEWSポストセブン / 2017年03月06日07時00分

国有地払下げ問題の疑惑拡大とともに森友学園と“親交”があった政治家たちが一斉に手の平を返すなか、「あんなに応援したのに、政治家の先生方の物言いには納得がいきません」と怒る新たな証言者が現われた。 森友学園が幼稚園児に教えている君が代や軍歌の斉唱も、教育勅語の朗読も、「安倍首相ガンバレ」の激励を含めて、安倍首相の教育観と親和性が高い。だからこそ首相は国会で同 [全文を読む]

さいたま市内で相次ぐ選挙妨害~民主主義を冒涜する最も卑劣な行為

クオリティ埼玉 / 2014年12月11日14時56分

埼玉県内にも安倍晋三総理大臣が入り、牧原ひでき(5区)、中根一幸(6区)両陣営への応援と檄を飛ばした。9日火曜日は、村井ひでき(1区)陣営にも岸田文雄外務大臣、新藤義孝元総務大臣(自民党埼玉県連会長)が共に入り、大勢の有権者に向け、街頭演説と個人演説会で村井候補への支援を呼びかけた。現在、さいたま市内の3選挙区では自民党が攻勢を強めており、最終日まで手を緩 [全文を読む]

安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の会」がNEWS 加藤シゲアキにまで「偏向」と攻撃! 言ってもない台詞をでっち上げ

リテラ / 2017年03月29日23時30分

本サイトではもうおなじみだろうが、「視聴者の会」とは、『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)なる"安倍ヨイショ本"でデビューした自称文芸評論家・小川榮太郎氏を筆頭に、安倍政権を応援する右派文化人らが2015年秋に結成した会。不気味極まりない新聞意見広告を打って、放送法や「国民の知る権利」を曲解し、政策批判をしたというだけで報道を糾弾。当時『NEWS23』(T [全文を読む]

安倍晋三の名が消された寄付金振込票に続き、籠池長女による100万円受取り直後の目撃証言が!

リテラ / 2017年03月17日23時45分

安倍応援団からはさっそく「安倍さんを陥れるためのフェイクだ」との声が上がっている。 しかし、日付を見ると、この振込票が作成されたのは平成27年9月7日であることは間違いない。当時、籠池理事長は狂信的なまでに安倍氏を信奉しており、安倍首相を陥れるための行動を取るとはまったく考えられない。 また、修正テープの下には「安倍晋三」という名前と重なる形で「匿名」と見 [全文を読む]

小池7人の侍が決死の告発「都議会自民のウラの顔」

プレジデントオンライン / 2017年01月13日09時15分

■逃げ回る内田茂、閉鎖的な都議会 今回私が除名処分されることになったのは、「都知事選で自民党の方針に反して小池さんを応援したから」です。ですが、私は大学在学中に小池事務所のインターンとなり、卒業後は区議選に立候補するまで秘書として働かせてもらいました。そんな私が都知事選で小池さんを応援するのは当然のことです。あのときに戻れるとしても、もう一度同じ選択をす [全文を読む]

鳥越氏の出馬は”反日”の策略?中国人が見た東京都知事選

デイリーニュースオンライン / 2016年07月27日14時05分

政党による候補者の応援は投票時の不平等をまねく可能性があります。 僕自身、政党が推薦する候補者の政策を見ると疑問を感じざるをえません。当初は「少子化問題改善」を公約に掲げる小池、増田両氏に対し僕は大きな期待を抱いたのですが、増田氏は岩手県知事時代に外国人参政権を容認するという意見をとなえていたそうです。他にも出張時のファーストクラス利用など舛添前都知事と同 [全文を読む]

報道圧力団体「視聴者の会」賛同者はやっぱり安倍応援団と日本会議だらけだった! 憲法改正のための報道統制が狙い

リテラ / 2016年02月20日18時00分

本サイトが追及してきたように、「視聴者の会」の実態は、"安倍応援団"に他ならない。代表呼びかけ人のすぎやまこういち氏は、「安倍総理を求める民間人有志の会」の発起人を務めた人物。事務局長の小川榮太郎氏は『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)という"安倍礼賛本"を出版してデビュー。同書を700万円分、安倍事務所に"爆買い"してもらったことで有名な安倍首相お抱え [全文を読む]

TBS前で視聴者が集結し抗議行動!TBSは要請文受け取り拒否!「言論弾圧許さない」

Business Journal / 2016年01月28日06時00分

日曜日の朝9時30分、東京赤坂のTBS放送センター近くに十数名の市民が集まり、「岸井さん応援しています」「表現と言論の自由を」「岸井さん元気出して!」「報道弾圧許さない」「岸井さん続投して!!」などというプラカードを一斉に掲げた。 抗議行動2日前の1月15日、TBSでは岸井氏が3月で『NEWS23』を降板し、“スペシャルコメンテーター”なるものに就任する [全文を読む]

「応援する政治家」アンケートNo.1は小泉進次郎、他に期待する首相候補はなし?

週プレNEWS / 2016年01月14日06時00分

昨年末、『週刊プレイボーイ』本誌の読者アンケートで「応援する政治家」「嫌いな政治家」を上げてもらったところ、490人から回答が寄せられた。 その結果は「応援する政治家」の1位が197票と断トツで小泉進次郎(自民)、2位がだれもいない(116票)、3位に100票で橋下徹(おおさか維新)となった。 一方、「嫌いな政治家」では1位が163票の安倍晋三(自民)、2 [全文を読む]

安倍首相が「日本の美」懇談会座長に据えた津川雅彦の“ネトウヨ脳“がスゴい! 徴兵制復活、「東北は贖罪適格者」発言も

リテラ / 2015年10月15日08時00分

津川といえば、芸能界きっての安倍応援団のひとり。2012年9月に発足した「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」では発起人をつとめ、自身のブログでも再三「安倍晋三氏は政治家には勿体ない程の、人徳と誠実さの持ち主」「安倍総裁ばんざい!」「安倍総理はつくづく純粋な政治家」とエールを送ってきた。もちろん、例によって安倍首相とは会食友だちで、奥田瑛二や中井貴一 [全文を読む]

洪水災害の中、安倍首相が櫻井よしこ主宰の極右ネットテレビに生出演! 国民の生命より右翼仲間が大事なのか

リテラ / 2015年09月12日01時00分

そう、完全に安倍首相を手放しで絶賛&応援する番組に、呑気に出演していたのである。 「歴史的使命を完うする覚悟と戦略」の前に、いまはまずやるべきことが目の前にあるだろ!と言わずにおれないが、安倍首相は先日の『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)に引き続き、自分をヨイショしてくれるメディアに癒やされに行っていたのだ。 その上、司会を務めたのは、今年8月6日 [全文を読む]

安倍政権の犬か、はたまた革新者か?銀行業界大再編の仕掛け人・佐久間氏とは何者?

Business Journal / 2015年02月16日06時00分

14年3月28日、首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが広がり、6月27日には「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」(事務局は内閣府男女共同参画局)が「行動宣言」を策定・公表。佐久間氏は「行動宣言」策定メンバーとして参加した。 それを受け同年7月に千葉銀行は、行 [全文を読む]

アベノミクスのジレンマ「日中関係は悪化したほうがいい」

デイリーニュースオンライン / 2015年02月10日07時50分

安倍総理を応援する人たちからは「日中関係なんて、むしろ悪化した方がいい」という声が漏れたのである。 安倍総理の演説後には、もっと凄惨な光景が繰り広げられている。演説後、支持者は取材に来ていた報道陣に対して「NHKは売国!」「反日の朝日新聞は帰れ!」といった罵声を浴びせたのである。あるテレビ関係者は、その様子をこう語る。 「うちの局は自民党寄りだと言われます [全文を読む]

安倍昭恵夫人を支える熱烈ファン「握手に2年待ち」の声も

WEB女性自身 / 2014年12月12日07時00分

主人は福島をスタートし全国の同志の応援に回っております」 滞在時間はわずか3分間。だが地元では安倍首相より人気があるようで、集まった支援者たちからは「選挙のたびに昭恵さんが来てくれるからいいね」、「晋三さんが総理になって忙しいほうが、昭恵さんが地元に来てくれるからいいんだよ」などの声が集まった。 翌朝、7時半には早々に長門市の旅館を出発。本誌記者が声をかけ [全文を読む]

元参院ドン 維新は石原・橋下による「日本野心の会」と評す

NEWSポストセブン / 2014年02月12日11時00分

それなのに今回、節操もなく田母神(俊雄)の応援に立った。あなたも責任取る立場だろって。街頭に立つ資格があるのかね。 結局、維新の会は石原・橋下の二人の野心がくっついた、「日本野心の会」だったってこと。つまり、欲と恨みと嫉妬に支配されて、政治から情がなくなってるんだね。情がないから、国民から本当に尊敬されることもない。 昔の政治家は違ったよ。たとえば田中角栄 [全文を読む]

フォーカス