祖父 安倍晋三に関するニュース

安倍首相を形成した母・洋子の執念。マザコンを作り上げた一般人に理解できない血脈の濃さとは

週プレNEWS / 2015年04月14日12時40分

その源泉を祖父・岸信介から始まる「名門の血脈」に求めたのが『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』だ。著者の松田賢弥(まつだ・けんや)氏に聞いた。 ―安倍首相といえば、自由民主党初代幹事長にして“昭和の妖怪”の異名を取る岸信介元首相が祖父である「政界のプリンス」。この本を読んで、彼を取り巻く「華麗なる一族」の解像度が一段とアップしました。 [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

祖父・岸信介、父・安倍晋太郎、伯父・西村正雄、異父弟(晋太郎の隠し子とされる人物)、妻・昭恵、そして母親・洋子......。 この6人と安倍首相の関係性を追いかけることで、内田、白井、田中らも指摘していた、安倍首相のメンタリティの正体が実証的に解き明かされていく。 その最大のものが安倍首相の母方の祖父・岸信介への異常なまでの思い入れだ。安倍が憲法改正に突き [全文を読む]

参院選で「戦後」が終る。憲法改正草案を読んでわかった危険性

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日19時30分

A級戦犯だった祖父・岸信介の意志を継ぐ安倍首相の野望 憲法改正が祖父、岸信介から引き継いだ安倍晋三の悲願であることはよく知られているが、そもそも彼の憲法観は、根本から間違っている。 平成26年2月3日の衆議院予算委員会で畑浩治議員(当時)の「憲法とはどういう性格のものだとお考えでしょうか」という質問に安倍首相はこう答えた。 「いわば国家権力を縛るものだと [全文を読む]

岸信介と真逆...安倍晋三が一切触れない“もう一人の祖父“は反戦政治家だった!

リテラ / 2015年05月24日08時00分

安倍晋三首相が母方の祖父である岸信介を敬愛、心酔し、その祖父を追いかける形で、「戦争ができる国づくり」にひた走っていることはもはや知らない者はいない有名な話だ。4月29日、米議会で行った演説の際も、安倍首相は冒頭に岸の言葉を引用し、"おじいちゃんコンプレックス"を全世界に開陳した。 しかし、その過剰とも思える岸への思い入れの一方で、安倍が"もう一人の祖父" [全文を読む]

渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」

文春オンライン / 2017年04月01日07時00分

》(2016年9月30日、「辻元清美が稲田朋美を泣かす快挙」) 《辻元清美は夏のお盆の時期を「全国戦没者追悼式」に参列するか、年老いた両親を連れて、父方の祖父が眠る戦没者の墓へ墓参するかの、どちらかで過ごしているという。辻元はサヨクで、稲田はホシュなどという区分で人を見てはいけないということの証明のようなものだ。》(同10月4日、「稲田朋美の化けの皮が剥が [全文を読む]

安倍一強の最大の敵は、民進党ではなく小池百合子

文春オンライン / 2017年03月10日17時00分

60年前に、当時のアイゼンハワー大統領と祖父の岸信介もゴルフ外交を展開したことも引き合いに出した。祖父は、思うようにいかないショットに「くやしい」と顔をしかめたアイゼンハワーを間近に見て、「人間模様を垣間見られた」と語っていたと述懐した。僅か30分ほどで退席したが、「3期9年」への総裁任期延長正式決定を控え、その顔には強い自信がみなぎっていた。 きさらぎ会 [全文を読む]

官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(4/4)

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

1953年、麻生の祖父で時の宰相・吉田茂の要請を受け自民党の前身である自由党の初代憲法調査会長に就任したのが安倍の祖父、岸信介だ。この時のことを岸は後年、次のように振り返っている。「(私は)新憲法はいかんと考え、改憲論者になっているけれど、その私に憲法調査会長をやれというのはどういう意味かと問うた。すると吉田さんは、お前の思うようにやったらいい。俺も今の [全文を読む]

安倍晋三氏 地元ではない北九州から衆院選出馬の動きあった

NEWSポストセブン / 2015年06月10日16時00分

(文中敬称略) * * * 「お前、参院選に出ないか」 祖父・岸信介は亡くなる2~3か月前、病床に安倍を呼び、そんな“遺言”を与えた。父・晋太郎の秘書になって5年目、32歳の時だった。 その年(1987年)、山口選出の自民党参院議員・江島淳の急死を受けて、補欠選挙が予定されていた。卒寿を迎えていた岸にすれば、自分の目が黒いうちに孫を政界に送り出しておきたか [全文を読む]

5歳の安倍晋三氏 デモ隊まね「アンポハンターイ」繰り返す

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

数の論理を背景に集団的自衛権行使容認、憲法改正へと前のめりになるその姿は、60年安保締結を断行し、「昭和の妖怪」の異名をとった祖父・岸信介とも重なる。 一方で、前回登板が敵前逃亡に終わったように、ガラスのシンゾウ、小心者との月旦評も少なくない。40年超の政治記者人生を安倍家取材に費やしてきた政治ジャーナリスト・野上忠興氏が、膨大な取材資料を元に人間・安倍晋 [全文を読む]

日本文明の墓場行きTPPバスに絶対乗ってはいけない[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月15日07時30分

その安倍晋三氏は、祖父の岸信介氏の代からの米国のエージェントであると思われる(訴訟リスクを避けるため、文末に「評論」と弁明できる語尾を付す)。岸信介氏は戦犯容疑者として収監されたが、釈放された。米国によって事実上、助命されたが、その条件は、米国のエージェントになることであったと推察される。その系譜を完全に引いているのが安倍晋三氏であると推察される。だから、 [全文を読む]

フォーカス