祖父 安倍晋三に関するニュース

安倍首相を形成した母・洋子の執念。マザコンを作り上げた一般人に理解できない血脈の濃さとは

週プレNEWS / 2015年04月14日12時40分

その源泉を祖父・岸信介から始まる「名門の血脈」に求めたのが『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』だ。著者の松田賢弥(まつだ・けんや)氏に聞いた。 ―安倍首相といえば、自由民主党初代幹事長にして“昭和の妖怪”の異名を取る岸信介元首相が祖父である「政界のプリンス」。この本を読んで、彼を取り巻く「華麗なる一族」の解像度が一段とアップしました。 [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

祖父・岸信介、父・安倍晋太郎、伯父・西村正雄、異父弟(晋太郎の隠し子とされる人物)、妻・昭恵、そして母親・洋子......。 この6人と安倍首相の関係性を追いかけることで、内田、白井、田中らも指摘していた、安倍首相のメンタリティの正体が実証的に解き明かされていく。 その最大のものが安倍首相の母方の祖父・岸信介への異常なまでの思い入れだ。安倍が憲法改正に突き [全文を読む]

参院選で「戦後」が終る。憲法改正草案を読んでわかった危険性

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日19時30分

A級戦犯だった祖父・岸信介の意志を継ぐ安倍首相の野望 憲法改正が祖父、岸信介から引き継いだ安倍晋三の悲願であることはよく知られているが、そもそも彼の憲法観は、根本から間違っている。 平成26年2月3日の衆議院予算委員会で畑浩治議員(当時)の「憲法とはどういう性格のものだとお考えでしょうか」という質問に安倍首相はこう答えた。 「いわば国家権力を縛るものだと [全文を読む]

岸信介と真逆...安倍晋三が一切触れない“もう一人の祖父“は反戦政治家だった!

リテラ / 2015年05月24日08時00分

安倍晋三首相が母方の祖父である岸信介を敬愛、心酔し、その祖父を追いかける形で、「戦争ができる国づくり」にひた走っていることはもはや知らない者はいない有名な話だ。4月29日、米議会で行った演説の際も、安倍首相は冒頭に岸の言葉を引用し、"おじいちゃんコンプレックス"を全世界に開陳した。 しかし、その過剰とも思える岸への思い入れの一方で、安倍が"もう一人の祖父" [全文を読む]

官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(4/4)

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

1953年、麻生の祖父で時の宰相・吉田茂の要請を受け自民党の前身である自由党の初代憲法調査会長に就任したのが安倍の祖父、岸信介だ。この時のことを岸は後年、次のように振り返っている。「(私は)新憲法はいかんと考え、改憲論者になっているけれど、その私に憲法調査会長をやれというのはどういう意味かと問うた。すると吉田さんは、お前の思うようにやったらいい。俺も今の [全文を読む]

大下英治氏が長期政権の秘密を探る「安倍は透明なカリスマ」

NEWSポストセブン / 2017年06月12日16時00分

そうした父譲りの人の良さを持ったまま、祖父・岸信介のような保守色が強い政策を実現しようとしたところに無理があった。 第二次政権以降の安倍晋三はどうか。アベノミクスを唱えながら、同時に安保関連法案を強行採決させたようなところは、まさに岸信介的だ。岸は安保闘争のとき、大野伴睦らに政権を譲ると念書を書いて取り込んでおきながら、それを反故にするという、“政治的悪党 [全文を読む]

安倍晋三氏 地元ではない北九州から衆院選出馬の動きあった

NEWSポストセブン / 2015年06月10日16時00分

(文中敬称略) * * * 「お前、参院選に出ないか」 祖父・岸信介は亡くなる2~3か月前、病床に安倍を呼び、そんな“遺言”を与えた。父・晋太郎の秘書になって5年目、32歳の時だった。 その年(1987年)、山口選出の自民党参院議員・江島淳の急死を受けて、補欠選挙が予定されていた。卒寿を迎えていた岸にすれば、自分の目が黒いうちに孫を政界に送り出しておきたか [全文を読む]

5歳の安倍晋三氏 デモ隊まね「アンポハンターイ」繰り返す

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

数の論理を背景に集団的自衛権行使容認、憲法改正へと前のめりになるその姿は、60年安保締結を断行し、「昭和の妖怪」の異名をとった祖父・岸信介とも重なる。 一方で、前回登板が敵前逃亡に終わったように、ガラスのシンゾウ、小心者との月旦評も少なくない。40年超の政治記者人生を安倍家取材に費やしてきた政治ジャーナリスト・野上忠興氏が、膨大な取材資料を元に人間・安倍晋 [全文を読む]

日本文明の墓場行きTPPバスに絶対乗ってはいけない[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月15日07時30分

その安倍晋三氏は、祖父の岸信介氏の代からの米国のエージェントであると思われる(訴訟リスクを避けるため、文末に「評論」と弁明できる語尾を付す)。岸信介氏は戦犯容疑者として収監されたが、釈放された。米国によって事実上、助命されたが、その条件は、米国のエージェントになることであったと推察される。その系譜を完全に引いているのが安倍晋三氏であると推察される。だから、 [全文を読む]

安倍一族の“愛”が日本を巻き添えにする?

週プレNEWS / 2014年05月29日06時00分

どんな思いで主人を見守っているのだろうか… 父や祖父やご先祖様のお陰で今の主人があることに感謝します」 あの記者会見が行なわれたのは、安倍首相の父・安倍晋太郎氏の命日だったのだ。 総理大臣目前と言われながら、67歳で病に倒れた父。そして祖父は、1960年に新日米安条約を締結した岸信介元首相。「自主憲法制定」への強い意欲や、「東京裁判」の評価を含めた歴史認 [全文を読む]

総理と双璧「半径2メートル男」の野望

プレジデントオンライン / 2017年05月28日11時15分

祖父は吉田茂元総理、さらに辿れば元勲・大久保利通や皇族の親戚も多く、安倍総理とも遠縁。実家の会社社長を経て1979年に初当選。「半径2メートル男」と言われるように直接話せば気さくで明るい人柄に魅せられる人も多く人気が上昇。08年には総理にまで上り詰めた。だが、医療費削減に絡み「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」と発言し、「病人 [全文を読む]

ポスト安倍に橋下徹氏も 小池都知事らと3都市連合か

NEWSポストセブン / 2016年08月15日16時00分

「首相の祖父の岸信介氏は、首相退陣後も生涯、自主憲法制定国民会議(新しい憲法をつくる国民会議)の会長を務め、キングメーカーとして政界に影響力を持った。安倍氏も祖父にならって、退陣後は同会議の会長に就任して9条改正に向けた国民運動を推進するのではないか」 安倍氏が“タカ派のドン”なら、それに対抗するのが二階俊博・幹事長や菅氏の流れだろう。 菅氏はおおさか維 [全文を読む]

安倍晋三 選挙のため「消費増税やめる」衝撃発表の可能性

WEB女性自身 / 2016年01月08日06時00分

「 改憲 は、祖父の故岸信介氏以来3代にわたる首相の悲願。安倍政権の大目標です。アベノミクスによる景気対策や、最近も高齢者への3万円給付金を決めて、バラマキを強行するようですが、すべて憲法改正のためでしょう」 安倍政権は昨年9月、集団的自衛権の解釈改憲を行い、安保法案を成立させたばかり。 「本音では、解釈改憲でなく、憲法そのものを改正してすっきりさせたい [全文を読む]

議事録や著作から安倍晋三氏の思考や思想の真意を読み解く本

NEWSポストセブン / 2015年12月02日16時00分

祖父・岸信介との関係にも言及。 ※週刊ポスト2015年12月11日号 [全文を読む]

安倍首相の「医師団緊迫」「恥ずかしい過去」露見し永田町騒然

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

そんななかで、祖父・岸信介、父・安倍晋太郎の両氏にも深く食い込んだことから“安倍家と最も親しいジャーナリスト”と評される野上忠興氏の新刊が物議をかもしている。11月12日発売の『安倍晋三 沈黙の仮面』は、発売前から永田町で「総理のイライラが募る内容になるらしい」(自民党中堅議員)と警戒されていた。同書のなかで野上氏は、直近の安倍氏の体調についてかなり踏み [全文を読む]

安倍首相は地元でも評判最悪! 安倍家発祥の地で憲法学者・小林節が行った安保批判講演に人口の10分の1がつめかけた

リテラ / 2015年09月12日21時30分

山口県北西部、日本海に面したこの小さな町は10年ほど前に同県長門市に吸収合併されたが、晋三の父方の祖父・安倍寛の生家のあった場所で、父親の晋太郎も幼少期をここで過ごしてる。今も父・晋太郎の墓所はここにあり、晋三もここに事務所をおいている。 そんな町でまさか、と思うかもしれないが、これは事実だ。 この知られざる地元事情について指摘したのは、「AERA」(朝 [全文を読む]

安倍晋三氏 父の秘書官就任で会社退職時人目はばからず落涙

NEWSポストセブン / 2015年06月05日11時00分

その夜か翌日か、課長の記憶も定かではないのだが、課の全員で送別会を開き、二次会はカラオケ大会、そして三次会の後、かつて祖父・岸信介の職場だった首相官邸に近い東京・赤坂で安倍を胴上げした。 「落城」から間髪を入れない「別れの儀式」には、〈安倍の気が変わらないうちに退路を断って送り出そう〉──そんな“親心”が働いていた。 ※週刊ポスト2015年6月12日号 [全文を読む]

9条改正より怖い! 内閣独裁の布石となる“お試し改憲”推進中

週プレNEWS / 2015年05月27日06時00分

ちょっと待った! それって9条の改正よりもヤバくないか? ■「改憲アレルギー」を取り除くことが狙い 5月20日、首相としての通算在職日数が戦後6番目に長い1242日となり、祖父・岸信介を超えた安倍首相。 「まだまだこれからだ。在職日数ではなく、何を成し遂げたかが重要。政策に全力で取り組んでいきたい」 そう語る首相は今、国会で審議中の安全保障関連法案とともに [全文を読む]

中曽根氏 安倍氏の前回の首相退陣は国政に対する責任感による

NEWSポストセブン / 2012年10月12日16時00分

中曽根:安倍君の祖父である岸(信介)さんは一念を持って愛国に徹していた。その背中を見ていたからだろう、安倍君にその信念は受け継がれている。本格派の政治家だと期待していたし、今も期待している。あのときは体調も考えて、国の政治に対する責任感から身を引いたのだと思う。その後も志を変えないで歯を食いしばって政治家としての修養に努めた。吉田松陰以来の長州の政治家の [全文を読む]

改憲安倍を悩ます「前次官の乱」

文春オンライン / 2017年06月15日17時00分

改憲発議に必要な勢力と時間を手に入れたことで、再び、祖父の元首相・岸信介以来の悲願である9条改正への野望が頭をもたげてきた。改憲に悲観的だった官房長官・菅義偉も参院選後、一転して「総理に改憲をやらせたい」と前向きになった。 しかし、9条の全面改正となると公明党の賛成を得るのは間違いなく不可能だ。創価学会名誉会長の池田大作が憲法9条の重要性に度々言及してきた [全文を読む]

フォーカス