今日 安倍晋三に関するニュース

森友学園問題、参議院の議事録に記録されていた「安倍総理の動揺」

まぐまぐニュース! / 2017年03月14日00時05分

そこで、そこで、言わば私と妻が、この理財局等に、あるいは学校の認可等々に私たちが結果として影響を与えていたかのごとく議論をしておられますが、まず第一点、第一点、西田委員が今日質問をする中で明らかになりましたよね、この売買においては値引きをする法的根拠について明確にしたじゃないですか。それを、それについて、言わばこれもあのやり取りはおかしいということであれ [全文を読む]

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

(安倍首相が現職に就いてからも、寄付を募る際に安倍晋三記念小学校という名を振込用紙に使っていたことについて)事実関係がはっきり分かれば、今日答弁したことがあなたにとっていかに人生にとって重い言葉になるか分かる」と強い口調で、質問を終えた。 午後4時57分頃、証人喚問は終了した。今回の発言が、問題の国有地売却について今後どのように影響するのかが注目される。( [全文を読む]

「人柄が嫌で不支持」なのに「他の内閣より良さそうだから支持」されてしまう安倍政権

文春オンライン / 2017年06月15日07時00分

そんなことを悶々と思っている今日のトップニュースは、ジャイアントパンダが出産したとかいう記事でした。馬鹿か。タクシーの中で見た瞬間、変な声とともに鼻水が出たわ。おかしいだろ。すべてが間違ってる。どういうことなんだ。少なくともパンダじゃねえだろ。怒りを通り越して悲嘆に暮れるわ。世の中おかしい。安倍ちゃん頼むマジでこの状況どうにかしろ。 「人柄が信頼できない [全文を読む]

もう一度言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽...

リテラ / 2016年03月11日19時30分

東日本大震災から今日でまる5年。いまだに17万人以上の被災者が避難生活を強いられているなか、昨日夕方、安倍晋三首が官邸で記者会見を行った。「皆さんのふるさとへの熱い思いが大きな力となって復興は1歩1歩確実に前進しています」「東北の復興なくして日本の再生なし。その揺るぎない信念の下に希望に満ちあふれた東北をつくり上げていく」。そう、決まり文句のようなスピーチ [全文を読む]

安倍昭恵夫人を支える熱烈ファン「握手に2年待ち」の声も

WEB女性自身 / 2014年12月12日07時00分

今日はお寒いなか安倍の出陣式にお集まりいただいて、本当にありがとうございます。主人は福島をスタートし全国の同志の応援に回っております」 滞在時間はわずか3分間。だが地元では安倍首相より人気があるようで、集まった支援者たちからは「選挙のたびに昭恵さんが来てくれるからいいね」、「晋三さんが総理になって忙しいほうが、昭恵さんが地元に来てくれるからいいんだよ」など [全文を読む]

昭恵夫人との金銭授受、口止めを具体的に証言! 「文春」籠池インタビューから証人喚問の中身を読み解く

リテラ / 2017年03月23日09時46分

そんな籠池理事長の証人喚問に先駆け、今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)3月30日号が、「『8億円値引きの背景』と安倍夫妻との特別な関係 籠池泰典独白60分」と題した"独占インタビュー"を掲載している。 収録は19日に行われ、60分にわたったという。このギリギリのタイミングで独白記事をねじ込んでくるとは、そこはさすがの「文春」と言っておきたいが、しかもその [全文を読む]

忘れるな!福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽...

リテラ / 2017年03月11日12時00分

3月11日の今日、この問題をもう一度、見つめ直してほしいと思わざるを得ないが、原発事故をめぐっては、もうひとつ、日本国民が絶対忘れてはいけない重大なことがある。それは、そもそもこの原発事故の"戦犯"は、安倍晋三であるということだ。 実は、安倍首相は、第一次政権時の2006年、国会で福島原発事故と同じ事態が起きる可能性を指摘されながら、「日本の原発でそうい [全文を読む]

慰安婦日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」の大合唱! でも安倍の謝罪は二枚舌、歴史修正主義はさらに進行する

リテラ / 2015年12月29日10時00分

「完全に裏切られた、騙された気分です」「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」「クソ韓国の言いなりになりやがって...安倍晋三総理...あなたは、アホですか?」「腐れ売国奴 山口県に足を踏み入れるな 最低なゴミ」「今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない」......。 28日、韓国との慰安婦問題をめぐる協議で合意に達した [全文を読む]

沖縄知事選から始まる?安倍総理の「逆ギレ大暴走」(1)冗談を言わなくなった総理

アサ芸プラス / 2014年11月18日09時56分

この5日前の10月30日の衆議院予算委員会では、民主党の枝野幸男衆議院議員(50)の質問に対して、 「今日の朝日新聞ですかね。これはねつ造です」 と言い、不気味な笑顔を浮かべた安倍総理。さらに追及する枝野氏にはこう切り返した。 「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が主導的な立場に浸透していると見られる団体から、枝野議員は約800万円献金を受けて [全文を読む]

ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし(1/4) オープニング~テーマ「国民に向けてのメッセージ」

ニコニコニュース / 2013年06月28日22時20分

今日の閣議決定で、参議院選挙が来月の4日公示、21日投開票ということが決まりました。さて、この参議院選挙で、日本の行方、これからの日本はどうなって行くのか。できるだけ時間の許す限り、今日は各党党首の皆さんにお話を伺いたいと思っております。 さて、ネットでこの党首討論を見ている皆さん、見てますか~!?(コメントを見ながら)こんな風に書き込みがありますけど、 [全文を読む]

ロンブー田村淳 安倍昭恵さんからの猛烈ラブコールに困りぎみ

NEWSポストセブン / 2013年02月01日07時00分

今日は淳が来るのよぉ~”なんて昭恵さんは嬉しそうに話しています。ただ、今年に入ってから明らかにお誘いのペースが増えたので、何か意図がありそうなんですよね…」(全国紙記者) そもそも2人の出会いは、もともとお笑い好きだった昭恵さんが、2008年に淳のラジオ番組にゲスト出演したことがきっかけだった。夫の安倍晋三首相(58才)も淳も山口が地元ということで、山口 [全文を読む]

辻希美 平日に子供を夢の国に連れて行きネット上で非難殺到

NEWSポストセブン / 2012年11月27日07時00分

の辻希美さんが、「最近、希空とママの二人の時間がなかなかなかったので、今日は1日青空をバァバにお願いして希空と二人きりでデートに行って来ます」とブログに書きました。 「この計画は2週間前位にし始めたんだケド、その時希空にどこに行きたい!?と聞いたら『〇〇ー〇〇〇』と言っていたので今日は電車に乗って夢の国へ行って来ます」と続けたワケですが、これが「娘の幼稚園 [全文を読む]

河野太郎氏・インタビューテキスト版 「新しい自由民主党をつくる」

インフォシーク / 2012年11月26日16時00分

私が目指す自由民主党の姿は、日本の経済を成長させる、今日よりも明日、我々よりも我々の子供、あるいは孫の時代がより豊かになっていく、そういう日本を実現するのが、新しい自由民主党の目指すところだと思います。中道左派の民主党が、3年間政権を担いました。民主党は、労働組合をバックに、大きな政府をつくり、そこへ税金を集め、政府がそれを配りなおす、つまり、パイの大きさ [全文を読む]

「本当にいい選挙をさせてもらった」 自民・石破氏、総裁選を振り返る

ニコニコニュース / 2012年09月28日19時15分

自民党はそういう方々に支えていただいて今日がある。もっと頑張ります」と晴れがましい顔で話した。 党員票の多くを獲得することは、"来るべき総選挙の顔"として、石破氏を押す声が多かったことを示す。番組で「(大臣や党役員などのかたちで)安倍新総裁に協力するのか」と問われると、石破氏は「閣僚になってくれと言われた時、党役員になってくれと言われた時、お断りしたことは [全文を読む]

ポスト平成 宮内庁から宮内省になり宮内大臣誕生も

NEWSポストセブン / 2017年06月14日07時00分

だが、それは今日に始まったことではない。昭和天皇の崩御を契機に、戦後日本の宿題が顕在化し始めた。同時期、国内政治では、五五年体制の終焉という大きな節目を迎えている。田中角栄氏が亡くなり、五五年体制が終焉した平成4~5年について、作家・佐藤優氏と慶應義塾大学法学部教授の片山杜秀氏が語り合う。 片山:平成は、昭和には露わにしないで済ませてきた戦後日本の歴史的課 [全文を読む]

国連の慰安婦日韓合意見直し勧告に発狂する安倍政権とネトウヨの身勝手な論理! おかしいのは少女像撤去求める日本だ

リテラ / 2017年05月13日22時00分

〈詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!〉〈国賊、安倍晋三は今すぐ死ね〉〈今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない〉などと怒り狂って"合意無効"を主張していた。 ところが、合意から1年を迎えた16年末、韓国の市民団体が新たな少女像(「平和の碑」像)を設置したことが伝えられると、ネトウヨたちは一転、今度は「合意を守れ!」の大合唱。結局のところ、連中の目的は [全文を読む]

日本の「ポチ外交」 首相の理解者、亀井静香氏はどう見る?

NEWSポストセブン / 2017年04月06日16時00分

「仲良くなりすぎると言いたいことが言えなくなる」と批判派は口を揃えるが、そこを割り切っていくのが外交であり、昨日は笑っていても今日は鬼になることもある。 外交と違って、男と女の関係は手のひらを返すことはできないけどな(笑)。 【Profile】かめい・しずか/1936年広島県生まれ。東京大学経済学部卒業後。1962年、警察庁に入庁。1977年に退官。19 [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

「批判する人の多くが思想の違う人」、と感じている昭恵夫人のあまりの鈍感さと、この大騒ぎの最中にそれを人前で言葉にしてしまう軽率さ、あえて言えばいまだに篭池夫人にメールしている軽さ、が今日の状況を生み出していることにまったくお気づきではないようです。総理夫人、天真爛漫もけっこうですが、なにはともあれ、まずはご自分できちんと説明したらいかがですか。子どもじゃな [全文を読む]

「着物の魅力を中国の人々に」、中国で奮闘する日本女性―中国メディア

Record China / 2017年03月21日01時20分

■「着物の魅力」とは五十嵐さんにとっての着物の魅力を問うと、「今日の着物は母が数十年前に着ていたもので、帯は着付けの先生である大先輩が、ピアノを教えている自分にプレゼントして下さったもの」とその日、身に着けて来た薄桃色の着物を例に、日本伝統の衣文化である着物の魅力はしっかりと手入れや管理をすることで、何十年も着続けることができるため、次の代へどんどん受け継 [全文を読む]

小池百合子 自民党との「都議選ゲリラ暗闘」一部始終!(3)自民党本部を敵に回しても離党はない?

アサ芸プラス / 2017年01月25日12時55分

二階氏「今日の対談はどうだった?」記者「(小池氏から離党発言もなく)肩透かしに終わりました」二階氏「そうやろ、そうやろ。(官邸に)宣戦布告に来るわけないでしょ。あんた(=小池氏)も自民党員なんだから、あんまり生意気なこと言いなさんな」 と、本人に伝わることを意識したかのように、警鐘を鳴らした。また連日小池氏を取り上げるマスコミについても二階氏は、「都議会は [全文を読む]

フォーカス