映画 奥菜恵に関するニュース

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が『君の名は。』を超える10の理由

しらべぇ / 2017年08月21日07時30分

©sirabee.com2017年8月18日から全国の映画館で上映が開始されているアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。主人公とヒロインの声優に、俳優の菅田将暉と広瀬すずを起用していることから話題になっていた作品だが、残念なことに映画サイトでは酷評レビューが目立つ。■レビューは酷評が続いているが…「近年まれに見る駄作」「意味不明」といっ [全文を読む]

2度の離婚、芸能界引退…「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の“子役たち”の24年経ったイマ

dmenu映画 / 2017年07月31日07時00分

テレビドラマシリーズ「If もしも」の1作品として放送され、1995年にはオープニングやストーリーテラーのタモリの出演シーンをカットしたバージョンが映画公開されました。まだ若手の監督・脚本家だった岩井俊二の評価を一気に高め、映画界に進出させるきっかけとなった作品です。 あれから24年……。岩井俊二は日本を代表する映画監督として確固たる地位を築いていますが、 [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

現在ドラマや映画で活躍する人気女優の中には、以前歌手としてデビューした経験のある人も多いものです。内田有紀さん、広末涼子さん、上戸彩さん、沢尻エリカさんといったヒットチャートを賑わせた人もいますが、「えっ!?この人も?」という意外な女優もいます。 デビュー当時、音楽活動にも積極的だった仲間由紀恵女優業と並行し、音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める [全文を読む]

小橋賢児、24年前の実写版『打ち上げ花火~』を振り返る

ORICON NEWS / 2017年09月08日08時40分

現在、大ヒット中のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。元々は1993年に放送された岩井俊二監督によるドラマ作品であり、同監督の評価と知名度を一気に上げ、映画製作に進出させるきっかけとなった作品。そんな“記念碑的”作品に出演していたのが、国内最大のダンスミュージックフェス『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターを務める小橋 [全文を読む]

話題の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』ヒットメーカー・川村元気が語る制作秘話 「実写でリメイクしろと言われたら僕はやらなかった」

週プレNEWS / 2017年08月22日06時00分

少年少女の淡い恋愛模様を描き、岩井俊二監督の出世作となった名作『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』が、20年余の時を経てアニメ映画化! 絶賛公開中の本作は、広瀬すずら豪華声優陣が話題を集めるが、『君の名は。』を250億円超のメガヒットへ導いた川村元気のプロデュース作品であり、総監督にテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』で社会現象を巻き起こした [全文を読む]

大政絢、スッピンで映画主演!化粧品会社のスパイを熱演

Smartザテレビジョン / 2016年11月28日14時30分

'17年3月11日(土)より公開される映画「コスメティックウォーズ」で、大政絢が主演を務めることが決定した。化粧品会社を舞台とした本作で、国産コスメブランド・株式会社アルビレオンが全面協力をしているという。 大政が演じるヒロイン・三沢茜は、老舗化粧品会社のロングセラー化粧水の機密情報を盗むため、社員として潜入する産業スパイ。 正体を隠し任務を実行するが、日 [全文を読む]

“魔性の女”奥菜恵の魅力はオッドアイにあり!? 離婚慰謝料で9歳下の俳優・木村了を飼い馴らすか

日刊サイゾー / 2015年08月21日17時00分

2006年公開の映画『スーパーマン リターンズ』でヒロインを演じたケイト・ボスワースに至っては、『人生で恋人を切らしたことがまったくない』と豪語し、オーランド・ブルームをも魅了した過去を持ちます。オッドアイに憧れて、欧米では、わざわざ片方の目だけカラーコンタクトを装着する女性もいるようです」(同) 実際にオッドアイの女性に見つめられると、吸い込まれるような [全文を読む]

斎藤工のエロがスゴいことに! 写真集の半分以上が裸ショットで「服をください」と悲鳴

リテラ / 2015年07月04日12時00分

実際、斎藤工と奥菜恵は2006年に映画『ユリシス』で共演しており、当時、奥菜宅でのお泊りデートを報じられたこともある。MCの八代英輝弁護士に「わりと名前がシンプルな字を書く人ですか?」と聞かれた堀江氏が「はいはいはい、そうです」とも答えているため、これはもう間違いないとネットで大盛り上がりだった。 しかし、26日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)の [全文を読む]

頬のたるみ、ほうれい線、目尻のシワetc...“容姿劣化“がウワサされる女性芸能人たち

tocana / 2014年04月07日14時30分

1月中旬に行われた映画『バイロケーション』の完成披露試写会に登場した際、容姿の劣化ぶりがネット上で話題になった。むっちりした二の腕、くっきりとした二重あごとほうれい線...。酒井は2005年に出演予定だった初舞台を降板し、女優業を1年間休業。「(舞台降板後の)最初の数年間は地獄のような日々でした」と、酒井はTwitterで告白していた。試写会後の3月27~ [全文を読む]

『打ち上げ花火~』はアイドル映画― 新房昭之総監督が明かす、ヒロインの魅力と原作“継承”への思い

dmenu映画 / 2017年08月17日07時00分

文=武井風太/Avanti Press 『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』など、独特な映像美を展開する映画監督として、多くの支持を集める岩井俊二。そんな氏の代表作であり、今なお熱狂的なファンが存在するテレビドラマ「if もしも」(フジテレビ系)の一編として放送された「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」(以下、「打ち上げ花 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】木村佳乃の“ゾンビ愛”に共演者もタジタジ 「困るわ、旦那さん!」

TechinsightJapan / 2016年06月23日21時00分

女優の木村佳乃がバラエティ番組でホラー映画、なかでもゾンビものにハマっていることを明かした。彼女がゾンビについて熱く語るほどそのギャップに共演者も大ウケするが、ゾンビに関する悩みを夫に相談すると聞いてさすがにドン引きした。さらに彼女は家でやっているというゾンビの真似を披露する。 木村佳乃と言えばドラマ『僕のヤバイ妻』で迫真の演技が評判だったが、あるいは趣味 [全文を読む]

奥菜恵の夫・木村了が正念場 ミュージカル出身俳優躍進の裏で“舞台に逃げた”ツケが……

日刊サイゾー / 2016年04月22日13時00分

ただ、それですぐドラマや映画の世界に戻れるかというと、そこはちょっと難しいと思いますよ」(芸能事務所関係者) 古屋兎丸原作のマンガ『帝一の國』を舞台化したシリーズ3作目『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』で、主人公の赤場帝一を演じていた俳優の木村了。舞台の直前には、女優の奥菜恵と入籍して話題となった。 「入籍の時期は、ホリプロの戦略もあ [全文を読む]

不倫、自殺、泥沼…魔性の女優7人に共通する特徴とは?

ハピズム / 2013年07月05日12時40分

映画で復帰を図るなど、マイペースな女優だ。■高岡早紀、葉月里緒菜 高岡早紀や葉月里緒菜になると、魔性度はさらにグレードアップ。異性を惑わせる怪しさを秘めたミステリアスな魅力が漂う。そのうえ、恋愛に対する自分の主張をしっかりと持っているから「強い女」の魔性が際立つ。 高岡早紀の場合、06年にギタリストの布袋寅泰との不倫ディープキス現場を“フライデー”されると [全文を読む]

市原隼人、ちょんまげ姿を解禁<サムライせんせい>

モデルプレス / 2017年09月06日10時00分

【市原隼人/モデルプレス=9月6日】俳優の市原隼人が主演を務める映画『サムライせんせい』(11月18日高知・鹿児島・山口・佐賀先行上映、2018年春東京公開)のポスタービジュアルが解禁された。今作は、幕末・明治維新150周年記念作品として製作。原作は、黒江S介の同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)。物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を [全文を読む]

玉山鉄二×佐々木希共演のHuluドラマに陣内孝則、木村多江、奥菜恵ら参戦!

映画.com / 2017年08月21日16時12分

映画.com ニュース] 玉山鉄二と佐々木希が共演し、野島伸司が脚本を執筆したHuluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」に、陣内孝則、木村多江、古谷一行、奥菜恵、笛木優子が出演していることがわかった。陣内が野島作品に出演するのは、1989年のドラマ「愛しあってるかい!」以来、約28年ぶりとなる。 「高校教師」「未成年」などで知られる野島が3年もの歳 [全文を読む]

「打ち上げ花火~」が追求するアニメの表現力 新房総監督&東宝・川村Pが語る実写版との差

東洋経済オンライン / 2017年08月18日20時00分

『リップヴァンウィンクルの花嫁』『Love Letter』の岩井俊二が1993年に発表した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、テレビドラマ作品として放送されながらも、岩井監督が日本映画監督協会新人賞を獲得するという快挙を成し遂げた名作だ。そんな名作が「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之総監督の手によってアニメ化され、8月18日より公開される。 [全文を読む]

広瀬すず、セクシーボイス披露で映画『打ち上げ~』に期待高まる 初のCM女王に「時代到来!」の声

おたぽる / 2017年07月15日09時00分

来月18日から公開予定のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の制作報告会見が11日に行われ、広瀬すず、菅田将暉ら主要声優キャスト陣が集結。ヒロイン役を演じた広瀬の声について聞かれた菅田が、そのセクシーさを絶賛したこともあり、「劇場で観るのが楽しみ」「公開が待ちきれない!」などと広瀬ファンの期待が高まっている。 同作品は、世界的な映画監督 [全文を読む]

渡部建・佐々木希結婚「祝賀ムード」に水を差す“呪いの噂”

アサジョ / 2017年04月12日10時15分

「佐々木は14年6月公開の映画『呪怨 終わりの始まり』で主演を務めているのですが、この映画『呪怨』シリーズで主演を務めた女優のうち、奥菜恵、酒井法子、加護亜依が、後に離婚しているのです。離婚していないのは、よゐこ・濱口優と交際を続けているものの未婚の南明奈、今年1月に結婚した平愛梨の2人。佐々木や平が離婚することになれば、ますますこの“呪い”が話題になるで [全文を読む]

奥菜恵が主演舞台で熊本のあのゆるきゃらと共演!

Smartザテレビジョン / 2017年03月11日06時00分

佐伯大地くんは映画『ピースオブケイク』の劇中劇の構成演出を僕が担当したことから実現した、劇団めばち娘の旗揚げ公演『ツチノコの嫁入り』のオーディションを受けにきてくれたことから、いつかまた舞台共演しようと心に決めていました。久世星佳さんはパルコプロデュースの『カフカの変身』で共演した時、僕ら小劇場出身には出せない気品あふれる演技に憧れと尊敬の念を持っていまし [全文を読む]

魔性と呼ばれた女、葉月里緒奈 久しぶりの女優仕事が「痩せすぎて怖い」!!

messy / 2017年03月01日00時00分

17歳の時に連続ドラマで芸能界デビューした葉月は、大きな瞳と白い肌、折れてしまいそうな華奢な体型で多くの若者を魅了し、アイドル的なポジションの清純派女優としてデビュー直後から数々のドラマや映画、CMなどに出演していく。順風満帆だった葉月が魔性の女と呼ばれた原因は、なんといっても俳優・真田広之(56)との不倫にあるだろう。1995年、葉月は映画『写楽』で初 [全文を読む]

フォーカス