加山雄三 若大将に関するニュース

加山雄三、ファイナルツアー中野サンプラザ公演にて旭日小綬章をお披露目

okmusic UP's / 2014年11月17日20時00分

2014年4月11日に喜寿を迎えた加山雄三が、11月10日の伝達式後、はじめてのコンサートを11月15日(土)に中野サンプラザで開催した。 【その他の画像】加山雄三ツアー形式としてはFINALの全都道府県ツアーを行なっている加山雄三。伝達式後、はじめてのコンサートとなった東京・中野サンプラザ公演のステージ上で、「77歳になってえらいものをもらっちゃいました [全文を読む]

『若大将のゆうゆう散歩』は、殿様のカルチャーギャップ番組仕様にすべき?

サイゾーウーマン / 2012年05月13日12時00分

その後番組で散歩することになったのが、加山雄三だ。タイトルは、『かや散歩』ではなく、『若大将のゆうゆう散歩』。なんでも、加山雄三の「雄(ゆう)」と、代表作である若大将シリーズでの役名・田沼雄一の「雄」、それから「遊ぶ」の「遊」、「悠々」の「悠」をかけているらしい(番組より)。 散歩番組の代表だった人気番組の後だけに、どんな散歩になっているのか気になるところ [全文を読む]

「ARABAKI ROCK FEST.13」、“若大将"加山雄三に10000人が熱狂!

okmusic UP's / 2013年04月30日12時58分

4月27日に「オレ達だって若大将 加山雄三 ホールコンサートツアー」をBunkamuraオーチャードホールで終えたばかりの加山雄三。4月11日で76歳を迎え、ますます精力的に活動する中、4月28日(日)「みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく」(宮城県)で行われた野外フェスに初出演した。このフェスは東北エリアでも最大規模の音楽イベントで、加山が出演した2 [全文を読む]

桑田佳祐、加山雄三…茅ヶ崎は才能の宝庫!?サザンの名付け親が理由を探る

dmenu映画 / 2017年09月15日07時00分

一方、宮治は、茅ヶ崎といえば!の御大加山雄三とのインタビューを実現させた。加山は、宮治と桑田にとっては音楽業界の大先輩というだけでなく、中学の先輩にもあたる。今夏もフジロック・フェスティバルに出演するなど、80歳になってなお若者からも多大なリスペクトを受ける若大将自身が語る茅ヶ崎と音楽の関係も興味深い。 桑田佳祐が人前で初めて歌ったシーンを神木隆之介、野 [全文を読む]

アルフィー、秦基博、ももクロも!「MUSIC FAIR」で加山雄三“80歳”記念

Smartザテレビジョン / 2017年03月25日18時00分

現在放送中の「MUSIC FAIR」(毎週土曜夜6:00-6:30、フジテレビ系)で、4月8日(土)と4月15日(土)の2週にわたり、「加山雄三80歳記念スペシャル」が放送されることが決定した。 1964年の放送開始以来、過去に80回という出演回数を誇る加山を祝うため、さだまさし、THE ALFEE、ゴスペラーズ、秦基博、miwa、ももいろクローバーZらゆ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「加山雄三」(2)黒澤明監督の現場はどうでしたか?

アサ芸プラス / 2016年01月27日01時57分

テリー 僕らの世代で加山さんといえば、やっぱり「若大将」シリーズなんですよね。振り返ってみて、いかがですか。加山 いや、何か楽しい思い出ばっかりでね。やっぱり田中邦衛さんとの出会いがすばらしいなと思った。田中さんは“青大将”と違って、むしろ「北の国から」のイメージの方ですからね、すごくいい人でびっくりしちゃった。僕はこれ、最初の1作(「大学の若大将」)で終 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「加山雄三」(1)学生時代は硬派でモテなかったんだ

アサ芸プラス / 2016年01月26日01時57分

●ゲスト:加山雄三(かやま・ゆうぞう) 1937年、神奈川県生まれ。60年東宝に入社、映画「男と男」で俳優デビューし、翌61年から始まった「若大将」シリーズで人気を博す。この頃から歌手としての活動も開始、「弾厚作」のペンネームで作詞・作曲も手がけ、代表作「君といつまでも」は350万枚の大ヒットを記録した。2014年、旭日小綬章を受章。同年、ロックバンド「T [全文を読む]

加山雄三 数十億円あった借金を完済するまでの道のりを語る

NEWSポストセブン / 2015年12月13日16時00分

「永遠の若大将」こと加山雄三(78)が最近、「再び船を乗り回している」という。一時は数十億という莫大な借金を抱えて「船も手放した」と報じられた加山に何があったのか。 1960年のデビュー以降、一貫してスター街道を歩んできたイメージの強い加山だが、昔から借金で苦労もしてきた。1970年代には叔父が経営する神奈川・茅ヶ崎のホテルが倒産し、連帯保証人として20億 [全文を読む]

高田純次、テレ朝「じゅん散歩」が放送前からネット上で話題沸騰中 「楽しみすぎる」「録画予約!」

AOLニュース / 2015年09月28日00時30分

2代目加山雄三の「若大将のゆうゆう散歩」が9月末で放送終了し、新たに3代目の散歩人に就任した高田純次の「じゅん散歩」が9月28日(月)9:55~から放送スタート、早くも「月〜金で高田純次のテキトートークが聞けるなんて最高すぎる!」とネット上で話題沸騰中だ。 会見では「残りの人生30年、歩いてみたい。どのような方にお会いできるのか楽しみ。」としおらしい意気込 [全文を読む]

高田純次があの散歩番組を継承 「実力は折り紙つき」と識者

NEWSポストセブン / 2015年09月26日16時00分

地井が急逝して、同番組枠は俳優・加山雄三に引き継がれたが、少なくとも私はめったに見なくなった。スター加山の町歩きは、なんだかローマの休日みたいで目線が市井の民のものと合わず、視聴者も彼と同化できないのである。あれはキャスティングがよろしくなかった。 でもって、このたびその加山雄三が「80歳になるまでに設計している船を完成させたい」という、そう言ってのけて [全文を読む]

大人の『キン肉マン』トークイベントがほろ酔い気分で大盛況「細けぇことはいいんだよ(笑)!」

週プレNEWS / 2015年07月06日06時00分

さらに新シリーズでは主役を奪う勢いの活躍を見せる悪魔将軍の登場シーン、完璧(パーフェクト)超人の本拠地“聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)”を対岸の海辺から望む姿が映されたところでは、またもや足もとに注目! 「この片足を岩に乗せて海を見る感じ、若大将(俳優の加山雄三氏)を彷彿(ほうふつ)とさせますね!」(ケンコバ氏) この指摘に対し、嶋田先生はその視 [全文を読む]

若大将さんも気に入った! 創作沖縄料理店・太陽人(てぃ~だんちゅ)の「アサイースムージー」

ぐるなび / 2014年10月22日15時10分

加山雄三さんは、道中に立ち寄ったバルーンショップの店員さんからおすすめされた創作沖縄料理店「太陽人(てぃ~だんちゅ)」(東京都港区)を訪れた。 同店は7年前にオープンした沖縄料理店。夜の営業だけでなくランチも好評で、一番人気は定番の「ゴーヤチャンプルのセット」だという。また店主の住田さんは元お笑い芸人だった経緯もあり、引退後も「笑い」の絶えないお店作りを目 [全文を読む]

門前茶寮彌生座:加山雄三さんも感動した信州食材の宝庫「山のせいろ蒸し」(若大将のゆうゆう散歩)

ぐるなび / 2013年09月30日12時10分

9月28日の「若大将のゆうゆう散歩・人気の観光地スペシャル」(テレビ朝日系、土曜午前10時)では、通常枠を拡大したスペシャル編として俳優の加山雄三さんが長野県の善光寺を歩き、長野市の「門前茶寮彌生座」を訪れた。 若大将・加山さんは善光寺に参拝した後、門前町で食事をするため「門前茶寮彌生座」に向かった。江戸時代の店を18年前に再生させた同店は、せいろを使った [全文を読む]

グラビアを席巻する“リアル峰不二子”染谷有香が匂わせる官能美。ファン騒然のあの話の真相は…

週プレNEWS / 2016年02月02日16時00分

あとは加山雄三さんとか。 ―健さんと若大将、渋い! 今時の爽やかなイケメンじゃないんだ? 染谷 むしろ苦手かも(笑)。昭和の映画も大好きなんですよ。 ―ヤクザ映画とか『トラック野郎』みたいな東映任侠ものとか? 染谷 そうそう。母も好きなんで一緒に観たり。『極道の妻たち』なんて10代の頃、いつか出てみたいなって憧れてましたね。 ―“極妻”いいですね~。実はや [全文を読む]

加山雄三がかつてTVで「ウンコチンチン!」と叫んだ深い理由

NEWSポストセブン / 2014年04月29日16時00分

ある回で、大スター・加山雄三が出演したとき、東宝テレビ部は、スターのイメージを傷つけるようなバカなことをやらせないことを条件に、ゲストオファーを呑んだ。ところが、本番当日のリハーサルで、加藤茶のギャグである「ウンコチンチン」を、加山本人がやると言い出した。プロデューサーが東宝とのやり取りを伝えると、加山はこう言ったという。 「バカなことだろうと何だろうと [全文を読む]

1987年版のプロ野球カード発掘 当時は選手の小遣いまで掲載

NEWSポストセブン / 2013年10月24日07時00分

【原辰徳】 家族:●●夫人34才 所有車:ベンツ 月の小遣い:30万 趣味・特技:ゴルフ、映画鑑賞、ボクサー犬の飼育、加山雄三のものまね 星座・血液型:蟹座・A型 球界の若大将は“元祖”若大将のものまねが特技。きっと当時は、“鉄板ネタ”にしていたのだろう。 【荒木大輔】 理想のタイプ:斉藤慶子タイプの可愛いい人 所有車:スープラ 月の小遣い:10万 趣味 [全文を読む]

国分太一、中田喜子、原日出子も参戦 お散歩番組の戦国時代

NEWSポストセブン / 2013年06月29日07時00分

地井さんが病気治療のために降板すると、跡を継いだのが加山雄三(76才)の『若大将のゆうゆう散歩』だった。 「加山さんは地井さんの歩き方を引き継ごうとされていたようですが、やはり大スターだけに地井さんとは違った雰囲気が出ていますね。散歩する人によって気がつくところ、興味の向くところが違う。実はそうしたタレントの素顔が垣間見えるのも、バラエティー番組にはない、 [全文を読む]

フォーカス