現在 吉永小百合に関するニュース

大和ネクスト銀行調べ シニアが一緒にスポーツ・運動を楽しみたい芸能人3位「吉永小百合さん」2位「タモリさん」、1位は?

@Press / 2017年03月30日15時45分

(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/125468/img_125468_1.jpg [調査結果] ■シニアの生活意識・健康に関する意識と実態■ ◆「現在の生活」に満足しているシニアは4人に3人 ◆半数以上のシニアが「スポーツ・運動、レジャーの実施状況」に満足 ◆スポーツ・ [全文を読む]

嵐・二宮がアカデミー賞! 『母と暮せば』公開時に吉永小百合と山田洋次監督が語っていた安倍政権と安保法制批判

リテラ / 2016年03月04日23時22分

そんな『母と暮せば』が公開されるにあたり、監督の山田洋次、主演の吉永小百合、音楽を担当した坂本龍一は、これまで守り続けてきた平和から逆行するかのように戦争への道をひた走る現在の政権の安全政策に対し、強い危機感を表明した。 当サイトでは映画公開時に彼らの発言をまとめた記事を配信している。ここに再録するので是非読んでみてほしい。(編集部)********** [全文を読む]

誰も書かない「吉永小百合タブー」 なぜここまで神格化される?

tocana / 2015年12月18日09時00分

齢70歳ながら、それを一切感じさせない美貌で、長年にわたって支持を集め続け、現在も「サユリスト」と呼ばれる熱狂的なファンを虜にしている。 そのサユリストにはあのタモリや東映の会長・岡田裕介氏、先日逝去した野坂昭如氏ら、とんでもない大御所たちが名を連ねる。団塊世代を中心に熱い支持を集める吉永だが、一方で、その絶対的存在が周囲に過剰なまでに気を使わせてしまう側 [全文を読む]

“女優失格”から這い上がった「小池栄子」の素顔とは?(1)ここまでいい女優になるとは…

アサ芸プラス / 2015年03月15日09時54分

これまで地道な仕事を積み重ねてきた結果が現在の成果につながっているんでしょうね。もともと芸能界で性格のよさは有名ですし、女優としても、これからさらなる成長が期待できます」 ここ最近の活躍ぶりを絶賛するのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。女優業での活躍ぶりには脱帽の様子だが、一般視聴者にも“女優・小池栄子(34)”の魅力がジワジワと浸透していることは間違いな [全文を読む]

嵐・二宮も出演『母と暮せば』吉永小百合が「戦前のような状態」と危機感、山田洋次監督は「SEALDsは希望」

リテラ / 2015年12月12日08時00分

原爆を、戦争を風化させてはいけない──『母と暮せば』は、そんな思いが詰まった作品といえるが、そこには当然、"現在"への危機感も内包されている。「戦後ではなく戦前のようなニュースを見て、言葉を失います。それでも発信していかなければいけない気持ちがあります。世の中が不穏な時代を迎えつつあるような気がする中で、それでも希望があると私は思いたい」 このように語っ [全文を読む]

武井咲、オスカーの一番手から降格!? すでに新たなゴリ押しタレントも

サイゾーウーマン / 2013年01月20日09時00分

オスカー主催の『全日本国民的美少女コンテスト』は、元々、同社最大のアイドルといわれる後藤久美子の後進を探そうというものでしたが、K社長は現在でも後藤久美子の幻影を追い続けていると言われています。そして現在K社長が後藤と重ねあわせているのは、すでに武井や剛力ではなく、吉本と宮崎ということなんです」(同) とはいえ今後、武井の出番がまったくなくなってしまうとい [全文を読む]

吉永小百合が福島を訪問、140人涙させた「激励のスピーチ」

WEB女性自身 / 2016年03月19日06時00分

ビッグパレットふくしまでは現在、「第二楽章 男鹿和雄展~吉永小百合と語り継ぐ~」が開催されている。『第二楽章』は、吉永小百合が31年間続けてきた 詩の朗読 を集めたCD作品集。スタジオジブリの美術監督も務めた男鹿和雄さんが、文庫化に際して挿絵を描いている。この展示会は、男鹿さんの『第二楽章』の挿絵原画、桜の名所として知られる富岡町の桜のスケッチなど約10 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、オールタイムの“神7”は誰になるのか?

アサ芸プラス / 2015年09月07日09時58分

50年以上も第一線にいる吉永小百合の偉大さは、現在の「モノノフ」のルーツと呼べる「サユリスト」という総称が生まれたこと。スターとファンの“信頼関係”が生まれた貴重な瞬間だ。 そして70年代には「アイドル」という言葉が日本に定着し、きらびやかな逸材が続々とデビューする。第1号となった南沙織、歌だけでなくドラマや映画でも支持を得た山口百恵、そして解散を国民的 [全文を読む]

女優業にも知性は必要!?あまり知られていない“実は高学歴”な女優さん達!

日本タレント名鑑 / 2015年08月06日11時15分

現在、知的な役どころも多い北川さん。それまでの努力や経験を無駄にせず、しっかり生かした良い例といえるかもしれません。 え?あの人も!?園子温監督の『リアル鬼ごっこ』に主演中のトリンドル玲奈さん。清楚でかわいらしいイメージの彼女ですが、実は慶應義塾大学環境情報学部卒。芸歴も考慮されるAO(自己推薦)入試ですが、出身高校も進学校として有名な国際基督教大学高等学 [全文を読む]

吉永小百合、松田聖子、AKB48‥‥戦後70年「日本のアイドル」を振り返る!

アサ芸プラス / 2015年08月06日09時58分

そして現在のアイドルシーンの原型を作ったのが70年代だ。アイドル第1号と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子の「新・三人娘」、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「中3トリオ」らが続々とデビュー。70年代半ばにはキャンディーズ、ピンク・レディーが登場し、数多くのアイドルが火花を散らした。 山口百恵がマイクを置いた80年、彗星のごとく現れ、ファンの喪失感を拭い去っ [全文を読む]

<戦後70年「戦争と原爆」を語りつぐ>吉永小百合の朗読とジブリ美術監督・男鹿和雄の挿絵で企画展

メディアゴン / 2015年07月19日22時43分

さて現在、広島駅からクルマで30分の熊野町の山間ある文化施設「筆の里工房」において「戦後70特別企画 第二楽章 男鹿和雄展~吉永小百合と語り継ぐ~」(7月4日~8月31日)が開催中です。女優・吉永小百合さんは主演作「夢千代日記」(NHK)以来、1986年から17年間にわたり広島や長崎にまつわる朗読をライフワークとして続けてきました。 そんな吉永さんが朗読を [全文を読む]

「奇跡の40代」バトルが白熱! 永作博美・石田ゆり子のツートップ、それを追いかけるYUKI

メンズサイゾー / 2014年11月09日15時00分

2009年に映像作家と結婚し、2人の子を持つ母だが、ママタレというイメージは皆無で、現在もアイドル時代と変わらないほどの美貌を維持し続けている。 2位は女優の石田ゆり子(45)。得票数は全体の12.0%で永作と競り合った。昔から髪型も含めて容姿にまったく変わりがなく、あれだけの美女にもかかわらず現在に至るまで一貫して独身。可憐でミステリアスな雰囲気があり、 [全文を読む]

70年代シネマ女優たち ヌードは「恥ずかしさの極致」

アサ芸プラス / 2012年02月18日10時54分

吉永小百合の自慰描写や、新人・大竹しのぶの乳房にも驚いたが、何よりも目を見張ったのは関根恵子──現在は高橋惠子(57)が演じた高校の音楽教師・梓旗江だった。 信介にとって憧れの対象である美しい女教師には、アメリカ人記者の恋人がいた。信介は偶然、その情事をのぞいてショックを受けるのだが、筆者にとっても衝撃は今なお残る。初めて巨大スクリーンで観た「濡れ場」の迫 [全文を読む]

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(1)車の中での密会

アサ芸プラス / 2012年01月02日12時00分

デビューから現在に至る「女優・吉永小百合」をつぶさに記したこの著書には当然のことながら、彼女のターニングポイントとなった「事件」、すなわち男性関係も詳細に描かれている。 いったい、吉永サイドが“警告”をしたほどの内容とはどんなものなのか。 まず登場するのは、中尾彬(69)との密会だ。著書には、本誌75年9月18日号の、中尾のインタビューが抜粋されている。 [全文を読む]

追悼...野際陽子が語った戦争を知らない政治家へのメッセージ「戦争の真実を知ってほしい」

リテラ / 2017年06月17日12時00分

3年前よりがんを患い、闘病しながら仕事を続けており、現在放送中のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)にも出演していた。『キイハンター』、『ずっとあなたが好きだった』、『ゲゲゲの女房』など多くの人気作品に出演し、日本の映画・ドラマには欠くことのできない名女優だったことは誰もが知る通りだが、彼女にはもうひとつ重要な顔がある。 野際は、特定秘密保護法や安保法制な [全文を読む]

橋幸夫が振り返る1960年代、吉永小百合とのデュエットと共演

NEWSポストセブン / 2017年05月10日07時00分

現在のNHK朝ドラ『ひよっこ』はこの時代を描いた作品である。そんな1960年代の想い出を、歌手で俳優の橋幸夫が語った。 * * * 当時は歌謡映画の時代でした。ヒット曲はすぐに映画化されました。1962年、(吉永)小百合ちゃんとのデュエット曲『いつでも夢を』がヒットして、同じ題名の映画を作ることになって、出演しました。 映画の相手役も、小百合ちゃんでした。 [全文を読む]

名プロデューサーが語る70年代のアイドル「原点は近所にいる知り合いの女のコ」

週プレNEWS / 2016年11月07日06時00分

今年50周年を迎えた『週刊プレイボーイ』45号では、70年代から現在まで、彼女たちを間近で見てきた人物とともに“正統派アイドル”の歴史をふり返っている。 今回は、山口百恵、ピンク・レディーなどに曲を提供した作曲家/プロデューサーの都倉俊一氏にアイドルの原点について聞いた。 * * * “アイドル”という言葉が使われだしたのは、1970年頃からでしょう。そ [全文を読む]

吉永小百合が「戦争反対を言えない空気」に危機感を表明し「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言

リテラ / 2016年08月15日08時00分

現在発売中の「女性自身」(光文社)8月23・30日合併号に、吉永と政治思想学者・姜尚中氏の対談が掲載されている。タイトルは「みんな、声をあげて! 命が押し潰される前に」。冒頭、吉永は自身のこんな体験を語っている。「私は若いころ、母に『なぜ戦争は起こったの? 反対はできなかったの?』と質問したことがあるのです。 そしたら母は、ひと言『言えなかったのよ.... [全文を読む]

SNSに君臨し続ける“ねこ界の吉永小百合”って?

WEB女性自身 / 2016年07月25日06時00分

そんなうらちゃんは、現在17歳。腎不全と向き合いながら、おっとり、まったり、ゆっくり暮らしているのだとか。 「真っ白ふわふわボディから、いつもやさしいオーラを出してくれるコです。とてもやさしく穏やかで、一緒にいると本当に心が安らぎます」 かぶりもの 姿もとってもキュート。ときには、季節に合わせた扮装をすることも。どんなものでも美人に仕上がってしまうのは、 [全文を読む]

二宮和也と交際の伊藤綾子アナ さんまも舌を巻く「魔性」

NEWSポストセブン / 2016年07月07日16時00分

現在、夕方のニュース番組『news every.』(日本テレビ系)で、「カルチャー&スポーツ」などを担当する伊藤アナ。もともとは大学卒業後、2003年に地元の秋田放送に局アナとして入社。2007年9月にフリーに転じると、翌月から『news every.』の前身のニュース番組に抜擢され、現在も出演を続ける。 地方局出身の女子アナというと「上昇志向が強く、野 [全文を読む]

フォーカス