ドラマ 吉瀬美智子に関するニュース

伝説の漫画作品、韓国の大ヒットドラマ、注目作はどれ!?お薦めしたい2017年夏ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年06月30日12時05分

照り付ける太陽とじめじめした雨模様が繰り返される毎日ですが、ドラマの方は続々と春ドラマが終了し、いよいよ今年も夏ドラマが始まろうとしています。 昨年の夏ドラマと言えば、世の女子たちがイケメン3兄弟にキュンキュンにされた『好きな人がいること』や、北川景子さんの「ゴー!」が印象的だった『家売るオンナ』、人生を乗っ取られた主人公を描いた藤原竜也さんの『そして誰も [全文を読む]

キョンキョンに篠原涼子に浅野温子!センチな秋にしっとり楽しめる大人の恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月24日14時45分

そんな涼し気な季節に似合うのは、きっと落ち着いた大人の恋ではないでしょうか? そこで今回は、日本のドラマの中から秋の夜長にぴったりな、大人の恋愛を楽しめる名作ドラマをいくつかピックアップしてみました。若者向けの熱い恋愛も、胸がくすぐったくなるような初恋も良いですが、2016年の秋は、しっとりとした大人の恋愛ドラマを楽しむ、そんな過ごし方はいかがでしょうか? [全文を読む]

BS普及でオリジナルドラマ挑戦のBS日テレ 渡部篤郎の起用理由

NEWSポストセブン / 2012年03月29日16時00分

BSといえばスポーツやアニメなどの充実が挙げられるが、この度BS日テレが初のオリジナルドラマに挑戦。海外ドラマの放送も多いなか、今、BSでオリジナルドラマを制作する理由は? BS日テレ広報の加藤さんに話を聞いた。 加藤さんは、まず「BSにおいても、視聴者がどういうドラマを望んでいるのかということがかなり分かってきたのと、視聴可能世帯が増えたという追い風が来 [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(5) 封印エピソード

アサ芸プラス / 2012年06月18日10時54分

普通、主演俳優はみんなと飲みに行ったりスタッフに差し入れしたりと、気配りしてドラマを引っ張っていくものです。ところが、吉瀬には視聴率が悪かろうがそんな気遣いがまったくなく、現場がだんだん消沈していった」(芸能記者) ワインが題材のマンガを原作にした「神の雫」は平均6.2%を記録し、36年続いた日テレの火曜ドラマ(夜10時)の歴史に歴代最低平均視聴率で幕を下 [全文を読む]

ガリガリなのに巨乳が揺れる…『セシルのもくろみ』真木よう子の違和感

しらべぇ / 2017年07月21日17時30分

(写真は公式Twitterのスクリーンショット)7月20日(木)、連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の第二話が放送された。真木よう子(34)演じる元ヤン風のパート主婦・宮地奈央(通称・みやじ)が成り行きで読者モデルになり、奮闘するストーリー。第二話は、吉瀬美智子(42)演じるトップモデルとの交流がメインの内容だった。■真木よう子の容姿に違和感を [全文を読む]

夜の本気ダンスが木曜劇場『セシルのもくろみ』主題歌を担当

okmusic UP's / 2017年06月15日13時00分

夜の本気ダンスの最新楽曲「TAKE MY HAND」が7月13日からスタートするフジテレビ系全国ネット木曜22時ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌に決定! 夜の本気ダンスがドラマの主題歌として楽曲を提供するのは今回が初となる。 『セシルのもくろみ』の主演は真木よう子。その他キャスト陣は、吉瀬美智子、伊藤 歩、板谷由夏、長谷川京子など超豪華な顔ぶれとなってい [全文を読む]

映画『昼顔』脚本家が語る、“オス化”する主婦たちのいま

WEB女性自身 / 2017年06月03日06時00分

ドラマの結末について、批判もありましたが、それも1つの反響 それだけ皆さんがちゃんと見てくれていたと受け止めました。同時に私の中でも、『あれでは終われない。2人のその後を書いてみたい』と思ったんです」 そう語るのは脚本家の井上由美子さん(55)だ。「昼顔妻」と呼ばれる、平日の昼間に夫以外の男と恋に落ちる主婦をテーマにしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人た [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木砂羽、篠原涼子や吉瀬美智子と新ドラマで共演。「神キャスティング!」と期待の声。

TechinsightJapan / 2015年09月18日15時25分

女優の鈴木砂羽が、10月から始まる新ドラマ『オトナ女子』のスタッフやキャストから一足早く誕生日を祝ってもらったことをInstagramで報告している。このドラマはアラフォー女性3人が主要人物とあって、鈴木も「きっと楽しい現場になるなぁ~」と楽しみにしているようだ。 10月スタートの新ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)は、夢を叶えるために奮闘する40歳女性 [全文を読む]

「家族狩り」で難役こなした松雪泰子の力量に女性作家が脱帽

NEWSポストセブン / 2014年09月13日16時00分

夏のドラマもそろそろクライマックス。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が総括した。 * * * 猛暑の中を走ってきた「夏ドラマ」。いよいよ秋になり、大団円を迎えつつあります。「刑事モノ」「医療モノ」ドラマはぐんと減り、「不倫モノ」が注目された今クールを振り返ってみると……ドラマに、ある「ものさし」をあててみる。すると面白いように、くっきりと傾向性が二つに [全文を読む]

<「オトナ女子」がおもしろくない理由>完璧なキャリアウーマンに都合の良すぎる物語展開では誰も共感できない

メディアゴン / 2015年11月08日10時30分

河内まりえ[メディアゴン編集部]* * *主役を務める篠原涼子のブランド衣装が話題になっているドラマ「オトナ女子」(フジテレビ)。女子会を繰り広げる中原亜紀(篠原涼子)、坂田みどり(鈴木砂羽)、大崎萠子(吉瀬美智子)のアラフォー女子三人。主役の亜紀を中心に、この三人の恋愛模様が話の中心に据えられている。筆者はこのドラマを観て、全くおもしろいとは思えなかった [全文を読む]

最終回を迎えた『セシルのもくろみ』で得した人と損した人

しらべぇ / 2017年09月08日18時00分

(写真はInstagramのスクリーンショット)女優の真木よう子(34)が主演を務めたドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が、7日放送の第9話で最終回を迎えた。スタート時から視聴率が低空飛行を続けていたが、後半になりわずかに盛り返した感もあった同作の評判を、女性向け掲示板の投稿を軸にチェックしてみた。■主人公より脇役が人気?最終回では、ファッション雑 [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(2)ハセキョー参戦でさらに…

アサ芸プラス / 2017年07月04日05時57分

「昨年10月に2人目の子供を出産したばかりですが、現在NHKで放送中のドラマ『ブランケット・キャッツ』で、白衣姿の獣医師に扮して女優復帰を果たしています。モデル出身の吉瀬ですが、今回のドラマでは、看板モデルとして真木を上回る肌出しを毎回見せつけることになりそうです」(芸能デスク) まさに2人は好対照の役柄になるというが、「初共演ということもありますが、撮影 [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(1)第1話から真木のバストが大暴れ

アサ芸プラス / 2017年07月03日17時57分

いずれ劣らぬバスト自慢の女優3人が集まれば、さながら「バスト祭」のような男性諸君にとってはたまらないドラマが実現。肝心の内容も谷間見せ、チラ見せ、ボヨヨン揺れ‥‥予想どおりのバスト乱舞。まさにオトナの美女3人の競艶が見ものだという。1粒でも3度おいしい7月スタートの夏ドラマの垂涎中身を先取り! この夏放送のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)で一堂に [全文を読む]

鈴木砂羽 役中の篠原涼子・吉瀬美智子との衣装格差に不満げ

NEWSポストセブン / 2015年11月26日07時00分

事の発端は、同日発売の『週刊女性』に掲載された《鈴木砂羽 ドラマ撮影現場で起きた4つのブチ切れ事件》という記事。鈴木は現在、篠原涼子(42才)主演のドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)に出演中だが、その撮影現場でスタッフに向かって、 「ちょっと、こんなダサい服、着てられないわよ」 「オイ、いつまで待たせるんだよ。助監督呼んで来いよ!」 「うるさいよ、ひっ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽の“オトナ女子”スリーショット。「素敵女子」絶賛の声。

TechinsightJapan / 2015年10月15日12時25分

10月に入り続々と秋の新ドラマが始まる中で、視聴者の興味を集めているのがフジテレビ系ドラマ『オトナ女子』。2年ぶりに主演を務める篠原涼子や、彼女を囲む豪華キャストなども話題となっている中、共演する女優・吉瀬美智子が自身のInstagramを更新。篠原と吉瀬、同じくドラマの中心人物である女優・鈴木砂羽との“オトナ女子”スリーショットを投稿し、その美しさでフォ [全文を読む]

今期ドラマ 大石静、尾崎将也、井上由美子ら売れっ子かけ持ち

NEWSポストセブン / 2014年07月14日16時00分

ドラマの良し悪しは脚本家でわかります。実力のある脚本家のドラマはやっぱり安定感がありますから。どれを見ようか迷った時には、脚本家それぞれの得意なジャンルを参考にして選ぶと間違いないかもしれません」 毎クールドラマ全作品を視聴するというドラマ評論家の木村隆志さんはそう提案する。 女性の幸せを書くのがうまい人や原作ものを脚色しながら映像化するのが得意な人、不 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊藤歩、『セシルのもくろみ』の“本気ダンス”に反響「アドリブですか!?」

TechinsightJapan / 2017年08月09日12時53分

昨年に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”がそうだったように、ドラマのエンディングで出演者たちがパフォーマンスを見せるのはもはや定番になっている。現在放送中のドラマ『セシルのもくろみ』も、真木よう子や吉瀬美智子らがテーマ曲に乗せて様々な表情を見せている。そんななか、メインキャストの1人である伊藤歩がSNSでその撮影風景を投稿。役柄とは [全文を読む]

篠原涼子の『オトナ女子』 夢なき独身女性の共感得られるか

NEWSポストセブン / 2015年10月20日16時00分

* * * 2013年の『ラスト・シンデレラ』で喝采を浴びた篠原涼子が、2年半ぶりにドラマの主役に戻ってきた。『オトナ女子』(フジテレビ系木曜夜10時)の主人公・中原亜紀(篠原)は、アプリ開発の制作会社でバリバリ働く独身アラフォー。大崎萠子(吉瀬美智子)、バツイチで子持ちの坂田みどり(鈴木砂羽)と、女子会でつるんで励ましあったり愚痴ったりしながら、何とか [全文を読む]

『Dr.倫太郎』ハリセンボン近藤春菜の“女優ぶり”に各方面から絶賛の声「オファー相次ぐ」

日刊サイゾー / 2015年04月28日09時00分

ある映画監督は“シリアスな話でも主役クラスでいける”と、太鼓判を押してましたよ」(ドラマ制作会社スタッフ) 近藤が出演したのは、4月15日にスタートした連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の初回放送。主演の堺雅人が1年半ぶりの連ドラとあって注目される精神科医の物語で、内田有紀や吉瀬美智子らと共演した。 この回の視聴率は平均13.9%(ビデオリサーチ調 [全文を読む]

「一緒に堕ちよう...」 蒼井優、話題の新ドラマで美しく謎めいた“心に闇を抱える“芸者を好演

メンズサイゾー / 2015年04月16日23時00分

15日スタートの連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)に出演した蒼井優(29)の芸者姿がネット上で話題になっている。 数字を稼げる演技派俳優・堺雅人(41)が主演を務める同ドラマ。初回の平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ/以下同)と、フジテレビ系の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』の13.0%を超えて、いまのところ今クールの連ドラではト [全文を読む]

フォーカス