ドラマ 吉川晃司に関するニュース

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2015年のテレビ事件簿【ドラマ編】

日刊サイゾー / 2015年12月30日15時00分

2015年のドラマを振り返る際、真っ先に挙げなければならないのは『下町ロケット』(TBS系)だろう。多くのドラマが視聴率1桁台と2桁台の境目でもがいている中、20%超えする回もあるなど、高視聴率を獲得。いわば、ひとり勝ち状態だった。 これには、さまざまな要因がある。中でも大きいのは、伊與田英徳プロデューサー&福澤克雄演出というチームの完成度が、いよいよ円熟 [全文を読む]

松重豊、吉田鋼太郎、遠藤憲一……実力派アラフィフ俳優が脚光を浴びる理由とは?

リアルサウンド / 2016年02月02日07時00分

ここ数年、50代以上の俳優が主役を張るドラマがヒットする傾向にある。『三匹のおっさん』や『孤独のグルメ』は、あまりの人気で即シリーズ化され、昨年1番のヒットである『下町ロケット』は、大手企業に対抗する町工場の中年社員たちの葛藤を描いたドラマだ。今シーズンも『お義父さんと呼ばせて』や『東京センチメンタル』など、アラフィフ男性を主役としたドラマが軒並み好調であ [全文を読む]

「下町ロケット」で吉川晃司の鼻からとんでもないモノが発射する放送事故!

アサ芸プラス / 2015年11月06日17時59分

11月1日に放送されたテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)第3話の視聴率が18.6%だったことがわかった。同ドラマは放送開始以降、視聴率が右肩上がりとなっている。「近年のドラマ視聴率は、初回で最高視聴率を記録した後、徐々に下がっていくというパターンが多い。しかし『下町ロケット』は回を増すごとに数字を上げてきています。また原作は1度、WOWOWにてドラマ [全文を読む]

吉川晃司 30周年!スペシャルライブハウスツアー!30th Anniversary Live“SINGLES+ RETURNS”TBSチャンネル1にて7/30(木)テレビ初独占放送!!

PR TIMES / 2015年07月28日17時50分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、「吉川晃司 30th Anniversary Live“SINGLES+ RETURNS”」を7月30日(木)午後11時00分からテレビ初放送する。[画像: http://prtimes.jp/i/3065/5 [全文を読む]

宇垣、赤江、高島彩…「女優」で輝いた女子アナたち

日刊大衆 / 2016年12月24日23時00分

2015年10月から放送された、阿部寛(52)主演の大ヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)に、フリージャーナリスト役で登場したのは、元フジテレビアナウンサーの高島彩(37)。第9話に、局アナ時代とは違ったパンツスーツ姿で登場。阿部を始め、吉川晃司(51)、杉良太郎(72)と、実力派俳優がズラリとそろったこのドラマで、高島は見事な存在感を放ち、作品に華 [全文を読む]

「『下町ロケット』高視聴率の理由は[勧善懲悪]と評論家

WEB女性自身 / 2015年11月12日06時00分

今秋のナンバーワンドラマ『下町ロケット』が早くも社会現象になりつつある。阿部寛(51)演じる町工場の社長・佃航平が「ロケットを飛ばす」という長年の夢を追い続ける物語だ。 「長年、企業の知的財産への意識の低さを訴えてきましたが、ここまで正確に、かつ、わかりやすくそのことについて取り上げているドラマはありません。原作が直木賞を獲った翌年から、大学院の授業や社会 [全文を読む]

一時は死も覚悟…杉良太郎さん、大動脈弁狭窄症手術を語る

QLife / 2016年11月10日10時00分

退院後、すぐにドラマ「下町ロケット」の収録に。体重も15キロ減 杉良太郎さん(左)、東京ベイ・浦安市川医療センターハートセンター長 渡辺弘之先生(右) 2016年の文化功労者に選出された、俳優で歌手の杉良太郎さん。2015年末に、心臓弁膜症のひとつである大動脈弁狭窄症の手術を受けました。日本心臓財団が11月7日に開催したプレスセミナーで、杉さんが自身の治療 [全文を読む]

脚本とキャスティングの勝利!?『下町ロケット』の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2016年02月08日14時55分

2015秋ドラマ、もっとも話題になった作品といえば、やはり『下町ロケット』ではないでしょうか。秋ドラマだけではなく2015年の最高ドラマのひとつと言っても過言ではないかもしれません。 池井戸作品にはずれなし!『半沢直樹』の原作『オレたちバブル入行組』がもっとも有名と思われがちな池井戸潤氏の作品ですが、もしも一作だけ代表作をあげるとしたら、この作品『下町ロケ [全文を読む]

「下町ロケット」は理系プロデューサーが作る“理系☓文系”のハイブリッドドラマ【後編】

Smartザテレビジョン / 2015年11月21日20時39分

(「下町ロケット」は理系プロデューサーが作る“理系☓文系”のハイブリッドドラマ【後編】) いよいよ11/22(日)、「下町ロケット」の第2部に当たる「ガウディ計画編」がスタートする。「ロケット編」では宇宙開発の分野を描き、「ガウディ計画編」では最先端の医療を題材にしている「下町ロケット」。まるで「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」('00年~'05年NHK総合 [全文を読む]

白髪ブーム到来か!?「下町ロケット」吉川晃司の上司ぶりに惚れる男たちが急増

アサ芸プラス / 2015年11月10日09時58分

初回16.1%、第3話では18.6%というの高視聴率を記録している阿部寛主演のドラマ「下町ロケット」。夢に真っ直ぐに生きる阿部演じる小型エンジン開発・販売を行う佃製作所の社長・佃航平の姿に心を打たれる視聴者が続出中だ。 第3話で阿部以上に高い好感度を得たのが、純国産のロケット計画を進める大企業・帝国重工の宇宙航空部部長の財前道生役を演じている吉川晃司だ。「 [全文を読む]

石田ゆり子が“まだ独身”のワケは…「結婚しない美女優たち」のウラ事情

日刊大衆 / 2016年12月05日10時00分

開設から1か月で、フォロワーは40万人を超えてしまいました」(芸能記者) 彼女は現在、新垣結衣主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演中。同作が、回を重ねるごとに視聴率を上げ、秋ドラマ2位の好成績となっているのは、石田人気のおかげともいわれるほどだ。そんな石田を、周囲の男たちが放っておくわけがないはずだが、なぜか彼女は、これまで一度も結婚し [全文を読む]

「画面から伝わる熱量が圧倒的」下町ロケットが作品賞ほか5冠達成!

Smartザテレビジョン / 2016年01月08日12時00分

'15年10~12月にかけて放送されたドラマを対象に開催した「第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の投票が終了し、作品賞、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞、脚本賞、監督賞の全8部門の優秀賞が決定した。最終回の平均視聴率22.3%を記録し、民放の連続ドラマで最高視聴率を叩き出した「下町ロケット」(TBS系)が、作品賞のほか、主演男優賞、助演男優賞、脚 [全文を読む]

『下町ロケット』原作者:池井戸潤氏が撮影現場を訪問し、阿部寛、吉川晃司らを激励!

Entame Plex / 2015年12月17日12時14分

そんな中、ドラマ撮影現場を原作者の池井戸潤氏が訪問し、出演者を激励した。 池井戸氏が訪問したのは、帝国重工・財前が執務をする部屋のシーンを撮影している、つくば市の現場。緊張した雰囲気の中、池井戸氏と阿部寛、吉川晃司、安田顕、高島彩など出演者陣は終始和やかに会話を楽しんだという。 現場を訪問した池井戸氏は「久し振りに福澤組の現場を拝見しましたが、相変わらず熱 [全文を読む]

吉川晃司が明かす「下町ロケット」製作秘話―俳優生活初の試みとなる一風変わったセリフの覚え方とは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月28日09時00分

ドラマ「下町ロケット」の財前部長役で見せる唯一無二の存在感が話題の吉川晃司に、2015年11月24日(火)発売の『アエラスタイルマガジン』vol.29が単独ロングインタビューを敢行。とっておきの制作秘話や、日本のモノづくりに対する熱い思いを語っている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ ◆財前部長の長セリフ、その覚え方も唯一無二 「もう、頭が凝っ [全文を読む]

『下町ロケット』支える杉良太郎 挨拶シーンだけで2日撮影

WEB女性自身 / 2015年11月12日06時00分

阿部寛(51)主演のドラマ「下町ロケット」(TBS系)が絶好調だ。池井戸潤原作で、スタッフも『半沢直樹』(TBS系)と同じチームで行われているというこのドラマ。16.1%の好スタートを切った初回以降も、右肩上がりで視聴率を伸ばしている。 そんな絶好調ドラマを支えているのが、脇を連ねる俳優陣たち。ベテラン俳優の杉良太郎(71)はTBSのドラマにレギュラー出演 [全文を読む]

今クールもっともアツいドラマ『下町ロケット』!! ネットでは土屋太鳳の肉感的ボディにも熱視線

メンズサイゾー / 2015年11月10日10時00分

初回平均視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好発進した連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)。第2話で17.8%、第3話は18.6%と回を追うごとに数字を伸ばし、ネット上でも大きな反響を巻き起こしている。 8日放送の最新話は17.1%と微減したものの、同時間帯には『世界野球WBSCプレミア12』の初戦となった「日本対韓国」が放送され、 [全文を読む]

「下町ロケット」意外な人選が裏目!?あの大物芸人出演でさらなる炎上か?

アサ芸プラス / 2015年10月22日17時58分

10月18日に放送されたテレビドラマ「下町ロケット」の視聴率が16.1%を記録し、好スタートを切った。しかし、同ドラマの意外なキャスティングが視聴者の間で賛否を巻き起こしているという。「放送前、原作のイメージと違うと批判が殺到していた弁護士役の恵俊彰ですが、放送後は一転して迫真の演技を評価する声が相次ぎ、批判は少なくなっています。しかし、他の出演者である落 [全文を読む]

「下町ロケット」阿部寛、土屋太鳳が完成披露に感激!

Smartザテレビジョン / 2015年10月13日21時16分

TBS系で10月18日(日)にスタートするドラマ「下町ロケット」の完成披露特別試写会が行われ、主演の阿部寛をはじめ、土屋太鳳、立川談春、安田顕、真矢ミキ、恵俊彰、吉川晃司が登壇。 同ドラマは池井戸潤の直木賞受賞作品をドラマ化したもので、阿部演じる元宇宙科学開発機構の研究員・佃航平が父の工場を継ぐものの“宇宙への夢”を諦めきれずに奮闘する姿を描く。 阿部ら役 [全文を読む]

「ラストコップ」イベントでも唐沢寿明が大暴れ!?

Smartザテレビジョン / 2015年06月18日18時04分

日本テレビ系にて明日6月19日(金)に放送される「金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『THE LAST COP/ラストコップ』日テレ×Hulu共同製作ドラマ』の完成披露試写会が行われ、主演の唐沢寿明と、窪田正孝、佐々木希が登壇した。 本作は、30年の昏睡状態から目を覚まし、時代とずれてしまった熱血刑事・京極(唐沢)が、事件解決のため奔走する、コメディーとア [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

プライベートが忙しいのか、近年、映画やドラマで見かけなくなった織田裕二。最近の活動といえば、「オープンハウス」のCMで犬になったり、「イーデザイン損保」のCMで背広を羽織ったりしているくらいだ。「織田は長男が生まれてから仕事をセーブしているのは事実ですが、実は俳優として使い勝手が悪いために仕事が減っているんです。織田はアラフィフですが、同年代の江口洋介が演 [全文を読む]

フォーカス