ラジオ 吉田拓郎に関するニュース

菅田将暉、自身初のラジオパーソナリティー就任「パンツだけは穿こう」

モデルプレス / 2017年03月08日16時27分

【菅田将暉/モデルプレス=3月8日】俳優の菅田将暉が、4月3日(月)より放送される『菅田将暉のオールナイトニッポン』(毎週月曜深夜1:00~3:00)で自身初のラジオパーソナリティーを担当することがわかった。8日、都内で行われたニッポン放送「春の新番組」パーソナリティ発表記者会見で発表。会見には、シンガーソングライターの吉田拓郎とともに出席した。同番組のオ [全文を読む]

AKB48、福山雅治、中居正広ら豪華メンバーが集結

モデルプレス / 2013年01月31日12時11分

深夜ラジオ「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)の45周年を記念したスペシャル番組「おかげさまで45周年 オールナイトニッポンスペシャルウィーク」が、2月18日から24日まで放送される。1967年の放送開始以来、400組以上のパーソナリティが担当し、数多くのタレントを輩出してきた同ラジオ。その集大成となる今回のスペシャル版では2月22日22時から24日2 [全文を読む]

吉田拓郎×井上陽水、15年ぶりにラジオで共演

リッスンジャパン / 2012年05月28日19時00分

6月20日に3年ぶりにオリジナル・アルバム『午後の天気』をリリースする吉田拓郎と、井上陽水が6月11日にオンエアされるニッポン放送「坂崎幸之助と吉田拓郎 オールナイトニッポンGOLD」(月曜22時~)で約15年ぶりに共演することが明らかになった。吉田拓郎 - アーティスト情報1997年に同局「吉田拓郎のオールナイトニッポンDX」に陽水がゲスト出演して以来の [全文を読む]

人気ラジオ番組「緊急ハプニング集」!

アサ芸プラス / 2013年03月29日09時54分

そんな性質のラジオだけにハプニングも少なくない。 まずは、リスナーやマスコミを巻き込んでの騒動となったケースでは、75年の「オールナイトニッポン」で、吉田拓郎(66)が週刊誌の取材を受けた直後、 「週刊誌にウソを書かれる前に自分の口で伝えたい」 と、最初の夫人である四角佳子との離婚を発表。放送を聴いたマスコミは激怒し、放送後にニラみ合いになった。6年後の同 [全文を読む]

吉田拓郎、50歳差“ミセス”に賛辞連発「ぶっ飛んだ」「しびれるね~」

ORICON NEWS / 2017年05月29日18時10分

シンガー・ソングライターの吉田拓郎(71)が、28日深夜放送の冠ラジオ番組『吉田拓郎 ラジオでナイト』(毎週日曜 後11:30 ニッポン放送)で自身のトリビュートアルバム『今日までそして明日からも、吉田拓郎tribute to TAKURO YOSHIDA』(6月7日発売)を紹介。井上陽水、THE ALFEE、奥田民生、ポルノグラフィティらそうそうたるアー [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

婚姻中に当時人気女優だった浅田さん(当時21歳)をラジオに呼ぶなどして強引にプロポーズ。そして現在は女優の森下愛子さんと結婚されています。 森下さんは結婚後の体調不良もあり芸能活動を制限していましたが、1999年に復帰後は『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』などの人気作に出演。その頃に知った方にとっては、吉田拓郎さんの恋愛遍歴や、森下さんと現 [全文を読む]

伝説の深夜ラジオ番組が書籍で復活!「パック・イン・ミュージック」オフィシャルブック発売

FASHION HEADLINE / 2015年09月01日16時00分

西田敏行や愛川欽也などがパーソナリティを務めた、人気深夜ラジオ番組「パック・イン・ミュージック」のオフィシャルブック『パック・イン・ミュージック』(2,500円)が、9月18日に発売される。 1967年から15年間に渡り放送された「パック・イン・ミュージック」は、“ラジオブームの元祖”とも言われる伝説の深夜ラジオ番組。歴代パーソナリティは、西田敏行、愛川欽 [全文を読む]

2年ぶりツアー吉田拓郎 外食嫌いも妻への感謝込め焼肉店へ

NEWSポストセブン / 2014年07月13日07時00分

唯一、ファンと繋がっていたのがTHE ALFEEの坂崎幸之助(60才)とともにパーソナリティーを務めていたラジオ番組だった。しかし、昨年9月、4年間続けてきた、そのラジオを降板。一切のメディアから姿を消した。あまりに突然の番組降板に、ファンの間からは彼の体調を心配する声が数多くあがっていた。 なぜなら、拓郎は2003年4月の肺がんの手術を皮切りに、2007 [全文を読む]

森永卓郎の俺が震えた1曲、吉田拓郎「人間なんて」

アサ芸プラス / 2012年10月29日10時54分

テレビ、ラジオなどでのやさしい経済解説に定評のある森永卓郎氏(55)は、吉田拓郎(66)の古くからのファンである。その森永氏の心を揺さぶった1曲、「人間なんて」(71年)に込められた思いとは──。 「コード3つで弾けてどの曲よりも易しかった」 私の中学時代にはすごいフォークブームが来て、男子生徒のほぼ全員がギターを持って歌っていたんですけど、当時のフォーク [全文を読む]

K-POPも小林幸子もいない『紅白』......NHKが狙うのは山下達郎&吉田拓郎の"フォークW出演"!?

日刊サイゾー / 2012年10月18日08時00分

中堅レコード会社幹部は「先日ラジオで初共演した吉田拓郎さんと"セット出演"させて『いまこそ日本のフォークソングだ!』というノリにしたいそうです。その熱意が伝わればいいのですがね」。仮に山下と吉田の"W出演"が実現すれば、これ以上の目玉はない。一度でいいから見てみたいものだが......。【関連記事】・「違和感しかない......」韓流歌手PSY「江南スタイ [全文を読む]

フォーカス