ギター 吉田拓郎に関するニュース

KinKi・剛はプロが”ざわつく”レベル…!? ジャニーズが生んだ名ギタリストたち

dmenu映画 / 2017年08月30日17時00分

というのも、剛のギターの腕前は、音楽業界でも定評があるからだ。 『ギター・マガジン』表紙を飾ったほどの好評価 剛は、ギター専門雑誌『ギター・マガジン』2015年6月号に、“ギタリスト”として表紙を飾り特集されたことがある。「ジャニーズのタレントがギター専門誌の表紙!?」と、ビックリさせられた人は多かったはず。しかし、氣志團の綾小路翔が自身のTwitterで [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】綾小路翔が堂本剛のギターを絶賛「尋常じゃない」

TechinsightJapan / 2016年01月04日17時53分

KinKi Kidsについて「二人共ギター上手いんだよなぁ」と高く評価しており、TOKIOでボーカルとギターを担当する長瀬智也を「すげーかっこいいギター弾き」と絶賛した。 『堂本兄弟2016あけましておめでとうSP』(フジテレビ系)にゲスト出演した綾小路翔が、1月3日深夜に放送を見ながら『綾小路翔(ShowAyanocozey)ツイッター』で収録を振り返っ [全文を読む]

カワイすぎる19歳女子・名倉七海がエアギタ一世界一になれた理由がスゴすぎた!

週プレNEWS / 2014年09月19日23時00分

テニスもスゴいけど、エアギターの世界でも日本人はスゴかった! 8月末にフィンランドで行なわれた「エアギター世界選手権」で、各国の代表を破って世界一に輝いたのが、名倉七海(なぐら・ななみ)ちゃん。芸人のダイノジ大地氏以来、ふたり目となる日本人王者だ。 ご覧の清楚(せいそ)なルックスとは裏腹に、ひとたび(見えない)ギターを手にするや、髪を振り乱して激しすぎるプ [全文を読む]

ゴルフシニアプロが結成したバンド 活動場所はツアー前夜祭

NEWSポストセブン / 2016年01月18日07時00分

「ゴルフ以外の趣味を持ったのは生まれて初めて」──とノリノリでギター演奏をするのは、レギュラーツアー6勝の奥田靖己プロ(55)。 ギターを初めて2年という奥田プロをはじめ、加瀬秀樹プロ(ボーカル)、芹澤信雄プロ(ウインドチャイム)、高松厚プロ(ドラム)、中西信正プロ(ギター)、高見和宏プロ(ボーカル&MC)など、1959年と1960年生まれのシニアプロを中 [全文を読む]

J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い

NEWSポストセブン / 2014年03月09日07時00分

「ぼくはわんぱくな田舎の子で、ピアノを弾いているような奴をバカにしていたのが、中学生になってからギターを始めたわけです、モテたい一心で。当時、ギターを教えてくれていた兄の友人から、長渕剛さんが教えるギターの弾きかた講座のカセットテープを借りて聞いたら、長渕さんが、ボブ・ディランや吉田拓郎さんの弾きかたの癖を分析し、彼らのマネをしてギターを弾いていたんです [全文を読む]

森永卓郎の俺が震えた1曲、吉田拓郎「人間なんて」

アサ芸プラス / 2012年10月29日10時54分

「コード3つで弾けてどの曲よりも易しかった」 私の中学時代にはすごいフォークブームが来て、男子生徒のほぼ全員がギターを持って歌っていたんですけど、当時のフォークのカリスマ的な存在が吉田拓郎さんだったんですね。みんな拓郎さんの歌をやった。でもすごーく難しいんですよ、ギターで演奏するというのは。その中でいちばんみんなで歌ったのが「人間なんて」。「♪人間なんて [全文を読む]

KinKi Kids&吉田拓郎&菅田将暉のコラボも!16年ぶりに復活「LOVE LOVE あいしてる」

CinemaCafe.net / 2017年07月21日16時30分

番組放送中に「KinKi Kids」はCDデビューを果たし、番組内では吉田さんからギターを教わって番組のテーマ曲作りに挑戦。共演したミュージシャンたちと共に番組オリジナル・バンドを結成するなど、この番組で吸収したことが、「KinKi Kids」のその後の音楽性を大きく広げたと言われている。 16年ぶりの復活となる今夜のスペシャルでは、いま、人気、実力ともに [全文を読む]

「胸さわぎの腰つき」の具体的意味は何か

プレジデントオンライン / 2017年08月13日11時15分

著書に『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法』『1979年の歌謡曲』『1984年の歌謡曲』がある。 ---------- (音楽評論家 スージー鈴木) [全文を読む]

堂本剛「出会えて本当によかった」吉田拓郎への熱い思い

ザテレビジョン / 2017年07月21日20時50分

でも、この番組があったから僕らはギターを始めた。最初は無理やりでしたけど(笑)、僕自身はやりたいことでもあったので、改めてKinKiにすごく影響を与えてくれた番組やなって思います。それに吉田拓郎さんという存在も、とても大きかった。アーティストとして尊敬しているのはもちろんですけど、拓郎さんって、すごく純粋で真っすぐな方なんですよ。その姿を間近で見ていて、真 [全文を読む]

吉田拓郎「KinKi Kids含め、僕らは本当に仲が良い」

Smartザテレビジョン / 2017年05月16日10時00分

たいしてまだギターがうまくない時に“曲を作れ”と言われたりして、自然と学んでいって、自分でも本当に恵まれた環境だったなと思います。そのとき学んだ音楽が今でも息づいているのは間違いないですね。いつの頃からか、また拓郎さんと復活みたいな感じでやれたら素敵だね、とスタッフと話していたんです。当時の番組もとても自由だったのですが、今回も打ち合わせだけでワクワクする [全文を読む]

マキタスポーツの定例ライヴ&トークイベントに西野亮廣(キングコング)が登場

okmusic UP's / 2017年04月15日13時00分

ギターを弾きながら朗々と歌い上げるマキタ。その背後のスクリーンには、森友学園、籠池理事長、安倍首相、昭恵夫人……など、巷間にぎわせている場所や人々の姿が、次々とスライドで映し出されていくのだった。静かにざわつく客席。そして、マキタが歌う楽曲の歌詞とスライドが奇妙な因果関係を想起させるなか、そこに重ねられるマキタの《人間はもう終わりだ!》という歌声。 そんな [全文を読む]

ボブ・ディラン、“反骨の詩人”の「破天荒伝説」

日刊大衆 / 2016年11月01日11時30分

しゃがれた声でぶっきらぼうに歌う姿は変わらないが、フォーク、ブルースに根差した初期のスタイルから、生ギターをエレキに持ち替えてのロック。さらにカントリーやゴスペルに傾倒していた時期もあった。 「ディランの新しさは、音楽にメッセージを盛り込んだことにある。それまで歌手と作詞・作曲家の完全な分業制だったアメリカの音楽業界に、彼は自らの詩で風穴を開けたんです」と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉田拓郎の『報ステ』出演に東国原氏が感慨「元気で良かった!!」

TechinsightJapan / 2016年02月12日19時55分

民放番組では『マークII』をギターで弾き語ったが、ハーフコーラス(1コーラスとサビ)だと知らずにフルコーラスのつもりで歌っていたら進行がわからなくなり、司会者から「バカ野郎!」と叱られて「もう、泣こうかなと思った」。そんな経験からテレビ局に嫌な印象を持ったそうだ。また、作詞家の安井かずみさん(1994年3月17日没)から「芸能界はもっとチャーミングな世界な [全文を読む]

長渕剛に激似アーティストとしてマニアが絶賛、Takuya Nagabuchiにハマる魅力とは?

週プレNEWS / 2016年01月08日18時00分

今のようなメッセージ性が強すぎる歌はちょっとね…」 さらには80年代にオールナイトニッポンで長渕がDJをやっていた頃の名物コーナー「裸一貫ギターで勝負」でのみ歌われたという未発表曲「消夢(しょうむ)」や79年の全国ツアーでよく歌われた未発表曲「女と母」なども披露。 やはりフォーク時代の長渕の歌を聴きたくて山梨からやってきたという40代後半の女性がこう言う。 [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

最近では東京女子流など、いわゆるアイドル系のアーティストの作品にも参加し、70年代から現在に至るまで幅広いファン層の心をギター・サウンドでとらえてきた、現在でもスタジオ・セッションからライブ・セッションまで積極的にこなす天才ギタリストである。かたや、渡嘉敷祐一と言えば、ジャズドラマーとして世界を股にかけワールド・ツアーにも参加、かつては伝説のテレビ番組、『 [全文を読む]

シニア向けギター教室が盛況 人気は吉田拓郎やハードロック等

NEWSポストセブン / 2014年11月26日16時00分

その頃、学生だった現在の50代は「楽器を弾ける男」に憧れ、実際にギターやベースを購入したという人も少なくないだろう。そんな50代の男たちのための楽器音楽教室が大盛況だ。第2の人生を視野に入れ、再び、あるいは初めて楽器を手にして楽しむためには、何をすればいいのだろうか。 楽器はやってみたいが、楽譜なんて読めないし、そもそも一度もやったことがない。そんなド素人 [全文を読む]

堂本剛が開拓したジャニーズ「アーティスト路線」 発信型の音楽活動はいかにして支持を得たか

リアルサウンド / 2014年02月23日17時31分

しかし、彼の歌唱力と、ギター、ベース、ピアノ、ドラム…と楽器をソロで演奏してしまうストイックな姿に、誰もが才能を認めざるを得なかったのだ。だからこそ、今作にもスティーヴ・エトウやkenken、屋敷豪太など、多くのミュージシャンが参加しているのだろう。 思えば、テレビ番組で彼が初めてギターに触れたときの師匠は吉田拓郎だった。世代を超えて愛される曲を生み出す巨 [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<最終回>甲斐バンド(2)

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時58分

ただ、KBCの岸川さんには『これはないぞ、これで打ち止めかい?』って怒られましたね」 上京した甲斐、長岡、ギターの大森信和、ドラムの松藤英男は、高円寺の2LDKのアパートで共同生活を送る。夜中にギターを弾いて曲を作ったり、それぞれのアイデアを出し合ったり、とてもまとまっていたと長岡は言う。 博多から出てきた若者が東京で価値観の違いや新たな人間関係にぶつかる [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第6回>チャゲ&飛鳥(1)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時58分

「特にギターの人はプロ志向だったから、悔しそうでした。でも私たちはアマチュアバンドで、7人一緒だと先々は食えなくなるかもしれない。そこまでの責任は取れないという苦渋の選択がチャゲさんにもあったと思います」 デビューが決まり“仲のいい兄ちゃんたち”が遠くへ行ってしまうことのみ、高校生の身には寂しかったという。今なお東京でキーボード奏者として活躍する八藤丸は [全文を読む]

もはや伝説!? KinKi Kidsが作った「幻の名曲」とは

日刊大衆 / 2017年08月10日07時05分

二人は『LOVE LOVE あいしてる』がスタートしてから、番組のレギュラーメンバーだった吉田拓郎の指導でギターの練習を始めた。バンドでは、同じく音楽経験のなかったレギュラーメンバーの篠原ともえがベースを担当。当初は吉田がドラムを担当していたが、後に光一がドラムを担当。吉田が脱退すると、入れ替わるようにして松任谷が参加し「ビートがルーズだから」という自虐 [全文を読む]

フォーカス